07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

フランダースの犬 2008年06月10日

庭で睡眠中のグンタ。
寝る

かなり気持ち良さそうに寝てますが、時間はすでに夕方7時過ぎ・・・。
そしてグンタがベッドとして使っているものは、庭に干していた洗濯物を取り込むための籠デス。(-_-;)
籠

そこをどいてくれないと、私は洗濯物を取り込めないんですが。がっくり
グンタは体を触られるのがあまり好きじゃない猫なので、いつも私がナデナデするとプイっと逃げて行ってしまうんですが、この時はいくら撫でても動きゃしない。(-◇-)

きっと 

     『籠から出て欲しいのよ~~~~~´д`トホホ

という私の心を読みとって、わざと動かなかったんでしょう・・・。
目、開いてます。(-▽-)
寝た振り

そして、先日作り始めた池の周辺がちょっぴり完成☆
池

しかし・・・
スレート(薄い板状の粘板岩)を敷きつめようと思っていたのに、スレートの袋を3つしか購入していなかったため、全く量が足りてません。 ̄□ ̄
私は人生の半分以上を川と海の近くで育ったので、今住んでいる海から1番遠い “Midlands” と呼ばれるイングランドの中央部はあまり好きではなく、うちの町にある川もなんだか汚くて自然な感じに見えないので(-_-;)、池の周りに岩や石を置けばちょっとはキレイな小川の雰囲気を再現できるかも~♪ なんてことも思っていたんですが、完成にはまだ時間がかかりそうです。^^;

それではベルギー旅行の続き、アントワープの様子でも☆
ベルギーで、ブリュッセルの次に大きいアントワープは工業の町といった感じ。
その昔はダイアモンドの貿易で栄えたり、毛織物交易で栄えたりしていた町です。
(天気が悪かったので写真が暗めデス)
町並み

ベルギー自体は観光で有名な国ではないので、観光名所であるブルージュの町を除くと、有名なものは博物館だったり美術館だったり・・・これといって有名なものがない国。^^;
1番目を引くものといえば、古い建築物かもしれないです。

そして大抵の町には広場があり、ここアントワープにも。^^
グロート・マルクト
グロート・マルクト

遠くに見えるのは、ブルージュより規模は小さいものの観光用の馬車です。

そんな工業の町、ダイアモンドの町として有名なアントワープですが、ここアントワープは日本人の皆さんには名作 『フランダースの犬』 の舞台となった町として有名なんだそうです。
実は私、母親に言われるまで全く知りませんでした。。。汗

おまけに 『フランダースの犬』 の話は欧米人にはほとんど知られてなくて、アントワープの人さえもしらなかったんだとか。^^;

そしてこれが 『フランダースの犬』 の話の中で、少年ネロ(今の若い人たちは知っているのかしら・・・汗)が大好きだった ルーベンス の絵が飾られている ノートルダム大聖堂 です。
大聖堂

ノートルダム大聖堂

近くで見ると、入口にはビッシリと彫刻が刻まれてます。
彫刻

中の様子は撮影禁止だったので写真は撮れなかったんだけど、子供時代に 『フランダースの犬』 を見たことのある人は思わず 「お~~~!!マンガと同じ!!」 と叫んでしまうルーベンスの名画が飾られてました。^^

近くには 「ルーベンスの家」 も博物館として残ってます。
画家ルーベンスの家
ルーベンスの家

これまた豪華な家で、門柱が凄い。^^
門


アントワープですが、ブルージュのようにキレイな町ではないものの、上を向いて歩いているとビルの彫刻が目を引いたり、金色に光り輝く飾りが付いてたり(笑)、なんだか豪華な町でした。

そして、個人的に目を引いたものが アントワープ中央駅
駅

電車に乗ってアントワープに着いて、いきなりこんな駅に降りてしまったもんだからビックリ(笑)!
かなり豪華です。
駅2

この建物は ネオバロック様式 と呼ばれる建築物だそうで、私が今までに見た駅の建物の中でも1番豪華なものかも。

今回も駆け足で観光をして、食べ物&ビールだけはガッツリと頂いてきた感があるんだけど(笑)、最後の感想は

 『やっぱりベルギーは美味しい!!!』 
 デス。

そして・・・次はイギリスに戻って 湖水地方 見学へ出かけます。
2008年06月10日 | Comments(8) | Trackback(0) | ベルギー旅行
コメント
No title
お!私もアントワープ行きましたよ~。
個人的にはアールヌーボーの建物を見に行ったのですが
私は好きでした♪また行きたいです。
ビール、美味しいですよね!(もうお酒やめたけど)
グンタちゃんの寝ながら目を開けている写真はいつ見ても良い味出てます!!
キャト URL 2008年06月10日 22:52:45 編集
お帰りなさい
このままブログが途絶えてしまうのではと心配しておりました。
DoctorWhoも、さすがモファット登場で今週は大盛り上がりで、且つこちらにもお邪魔出来てうれしさ倍増です。
ベルギーは楽しまれたようでよかったです。
親友が住みついて(!?)いるのでたまに遊びに行きますが本当に食事とビール美味しいですよね。

フラフィ達も気になりますが(苦笑)めげずにがんばって下さい。
パッパターチ URL 2008年06月11日 01:20:07 編集
No title
日本カモシカさん、おかえりなさい~。
ご両親に甘えられたかな^-^
ベルギー、自分は行ったコトないけど
話は良く聞いてて、その話も
「アレがウマイ」「アレもウマイ」です^m^
ルーベンス、家に飾るような絵ではないけど
ドラマチックでステキですよね。
実物もいいんだろうなあ。

池、いいですね~♪
カエルさんも来るといいですね。
ぴか URL 2008年06月11日 01:41:33 編集
祝・ブログ再会☆彡
この日を今か今かと待っておりましたよ~
ブリュージュは「天井のない美術館」と言われるくらい美しい街なのだそうですね。
アントワープも素晴らしいです!!
お天気が悪かったとのことですが、写真とってもキレイですね♪ 

ニャンズの平和な写真にも癒されております。
何より、日本カモシカさんの心が元気になって、意欲的になられたことが嬉しいです。
池作りは大変そうですが、出来上がったら疲れも吹っ飛ぶくらいにステキなのでしょうねぇ。
あとは、例のニャンズの問題さえ解決すれば、カモシカ家に真の平和が訪れるのですが・・・
いや、きっとギリシャからお迎えに来てくれると信じることに致しましょう。
Marylebone URL 2008年06月11日 03:51:31 編集
No title
アントワープも良いですね!
前行ったときはブリュッセルにしか行かなかった(というか、ブルージュには行くつもりしていたのですが、バゲージトラブルのせいで行けなかったのですよ~。泣)ので、次回はぜひブルージュとかアントワープにも足をのばしてみたいです♪
あの「フランダースの犬」のルーベンスの絵も生で見てみたいですし^^(あのアニメ大好きで何度も見てました~。そして見る度に泣いてました(>_<。))

イギリス料理はやっぱりうわさ通りなのですねi-201心して行くことにします。^^;

ほんと猫って洗濯籠が好きですよね。うちもすぐ入られていつも困ってます(^ ^;Δ
ああけど、日本カモシカさんには迷惑な図なんでしょうが、籠の中で寝るグンタ君可愛いです~w
椎名 URL 2008年06月11日 14:04:51 編集
No title
>キャトさん
アールヌーボ建築は有名ですよね、ベルギーって。
ブリュッセルにも有名なのが3つくらいあるんだけど、私は1つしか見に行く時間がありませんでした。^^;
実は、今住んでいる家が30年代の家なので、アートデコ風にしたいなぁ・・・と思って今回は建築物も色々と見てたので、前回とまた違った見方をすることができました。
キャトさん、お酒全く飲まないんですか?
ベルギービール、美味しいのになー(笑)。
そういう私もお酒はちょっと控えなきゃ・・と思ってます。^^;

>パッパターチさん
ありがとうございます。
なんとか復活しました。^^
私も英国カモシカもモファット大好きなんです!!
次回シリーズにて、ラッセル・T・デイヴィスが退いてモファットが代役となるということで、かなり嬉しいです。
でもこれは、ファンの間ではなんだか賛否両論みたいだけど(汗)。
そしていよいよローズが帰って来るので、こちらもかなり楽しみですよね!
mixiのDoctor Whoコミュもチェックはしてるんだけど、全くコメントを残せずにいます・・(笑)。
ベルギーに友達がいるとは羨ましいです。
とりあえず、私もビールと食事目当てで行ってます、ベルギー(笑)。
日本カモシカ URL 2008年06月11日 18:06:40 編集
No title
>ぴかさん
ただいま~~。
両親には逆に甘えられちゃいました(笑)。
でも、それもまたいいかなぁ。^^
ベルギーは、本当に誰に聞いても 「あれが旨い!!」ってコメントばかり。
イギリス人からはそういう感想を聞かないから、きっと日本人の舌には合っているのかも!?
いや・・・きっとイギリス人には理解できないのかしら?^^;
ルーベンスも、宗教画が多いからちょっと家に飾るのは難しいと思うんだけど、実際に目の前で実物を見ると良かったですよ~~。
池は、ターディス嬢がそりゃー気に入ってて、毎日のように池の側で水を見つめてます(笑)。
そのうちまた池に落ちるんじゃないかと、ちょっと心配。(-▽-)
実はカエル用に、猫フェンスの外側にもう1つ池を作ろうかと検討中です。*^-^*

>Maryleboneさん
待っててくれてありがとうございます☆
ブルージュは、町そのものが博物館のようですよ。
中世そのままの街並みがそっくりそのまま保存されていて、時間が戻ったような感覚に陥ってしまいます。
建築物も素晴らしくて、ベルギーはもっと評価されても良い国なんじゃないかと思ってしまいます。
猫たちは、最近の好天のおかげでみんなご機嫌です。^^
池も、1番大変な作業はもう終わったので、あとは細かい箇所を仕上げていくだけで終了なんですよー。
猫たちにも好評なので、やっぱり作って良かったです☆
フラフィーたちの飼い主ですが・・・まだ連絡なしです。
本当に、このまま捨てられちゃいそうです。
日本カモシカ URL 2008年06月11日 18:15:08 編集
No title
>椎名さん
アントワープも良かったですよー。
ノートルダム大聖堂は、近くで見るとかなりの迫力でした。
私も、フランダースの犬は何度も見ましたよー。
そして、やっぱり同じく最後は泣きました。^^;
大聖堂の前に、日本の会社が資金提供して作った“ネロとパトラッシュの像” というのがあって、ちょっと笑ってしまったんだけども(笑)。
ブリュッセルは首都なだけにやっぱり都会なので、建物も近代的なものが多かったりしますよね。
ブルージュに行けなかったのは本当に残念でしたね・・。
次回は是非とも!!

イギリス料理は・・・あまり期待せずに(汗)。
とにかく、値段がめちゃくちゃ高いので、それに泣かされます。。。
猫と洗濯籠は切っても切れない関係なので(笑)、これはもう怒るに怒れないですよね、全く。^^
日本カモシカ URL 2008年06月11日 18:21:23 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。