07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

気ままなタマ 2008年01月25日

ここ1週間ほど捕鯨問題について調べていたため、ブログ更新怠り中。^^;
というのも、英国カモシカが環境保護の関係でグリーンピースと関わっているため。(-▽-)

私は今回の件に限らず、昔からずっとグリーンピースが大嫌いだったので(問題ばっかり起こして人間に危害を加えるので・・・)、英国カモシカがグリーンピースと関わってると知ったときはドン引きでした。汗
でもまぁ・・・個人の思想に口出ししても仕方ないし、今までは無視してたんだけど、グリーンピースの方々には何度も差別的発言をされていたので怒りもつのっていて、そして今回の妨害行為の勃発でキレました(笑)。

なんたって、グリーンピースには私が猫を飼っていることに関して嫌味言われてたから、その恨みは根深いです。

「あなた、思ったよりちゃんと猫の世話してるようで安心したわ」


と言われ、彼らが旅行に出かけるというので、好意で留守中の猫の世話を申し出れば

「いや、信用できる人に頼むから」


と言われ、挙句の果てには英国カモシカのみを食事に招待し 「日本カモシカを1人置いてくのはやっぱり駄目だと思うんだけど・・・」 という英国カモシカの言葉に対し

「あ、じゃあまた今度誘うわ」

とのこと。
何を根拠に、私が猫の世話をしてないと思うんでしょ? 全く・・・。

しかも、旅行に行くというのでどこに行くのか聞いてみると

     海外までクジラを見に行く

とのこと。
しかも 飛行機 を使って。(-▽-)
私に散々 「飛行機を使うのは大気汚染につながる」 などと説教しておきながら、自分たちはクジラを見に行くために長距離フライトとは・・・矛盾してません?

そしたら

 『クジラ保護のためだから飛行機に乗る自分に誇りを持っている』

とのお答えでした。
まぁ・・・この人たちは矛盾だらけなのでお話になりません。
矛盾と言うならば、英国カモシカも人に対して 「環境に優しい生活をしろ」 と説教するのなら、飛行機も使わず仕事も辞め(飛行機関連の仕事なので^^;)、車も売り払って生活してほしいものです。
でも、そんなことされると困るのは私なので(汗)、人の上に立って、寄付金などが派生する団体のもとで環境保護運動を推進するのを辞めてほしい・・・。
自分ができないことを、人に押し付けちゃダメでしょー。

そこで、もう我慢も限界ということで英国カモシカにもグリーンピースがどれだけオカシイ団体かを知ってもらおうと捕鯨問題についても調べ始めたんだけど、知れば知るほど奥が深い問題。
宗教観や政治も絡んでくるので本当に難しい問題だと思います。

ちなみに、英国カモシカはうちの4匹の中でタマが1番好きだと言うんですが、理由は

  タマが1番賢くて人間みたいだから

だそうです。(-▽-)
これは 「クジラちゃんは賢いから食べちゃダメ」 と言う理屈で反捕鯨をしてる人たちと同レベル。がっくり
それじゃあ頭が悪いと可愛くないのか?? と問いたいです。。。うーん

そんな “賢い” タマですが、先日マーカス先生に会ってからは食欲も復活して元気です☆
ちぐら

実は月曜日から英国カモシカはベルギーに出張に行ってたんですが、その間もいつも以上に凶暴になることもなく(普通レベルの凶暴さでした・・・笑)いい子で過ごしてくれました。
床

そして今日はちょっと暖かかったので、ベッドの中でも寝るのは暑かったらしく久々に床で伸びてました(笑)。
でも・・・目が怖い。^^;
顔

そして気が向いたようでグンタのお世話を♪

タマは気が向いた時だけグンタの世話をするので、いきなり舐められてちょっとビックリしたようです(笑)。
舐める


で・・・やっぱりグンタは嬉しそうじゃない(笑)。
タマ

それでは、英国カモシカにグリーンピースの矛盾だらけの主張について論破するため、また情報集めに戻ります(笑)。
コメント
1年ほど前から定期的に見させてもらってます、同じくイギリス在住のokokoと申します。
下から2番目の写真のグンタちゃんかわいーっ!ですね。
日本の実家に置いてきた愛しの猫を思い出します。。

そのグリーンピースのお友達の物言いはなかなか手ごわいですね、、、。自分の事のようにムカッときました。

私も捕鯨問題やグリーンピースの感傷的な主張にかなり辟易している人間の一人なので、常々きちんと調べたいと思ってます。

下記のブログでも話題になっているのですが、コメントの中の「反捕鯨の欧米人にとって鯨はすでにGod」by CWニコルっていうのが印象的でした。
良ければご一読してみてください~
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2008/01/post_6975.html
okoko URL 2008年01月28日 05:07:53 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2008年01月28日 15:13:51 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2008年01月28日 22:46:57 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2008年01月31日 00:36:16 編集
>okokoさん
コメントありがとうございます!
同じくイギリス在住なんですね。^^
今回の捕鯨関係の一件ですが、イギリスに住んでいて捕鯨問題を考える良いキッカケになったと思ってます。
今までは漠然とグリーンピース嫌いなだけで、捕鯨問題に関してはあまり考えたことがなかったんですが、これが機になってきちんと調べることができました。

リンク先のブログ、読ませていただきました☆
「鯨がGod」って確かにその通りだと思います。
「賢くて崇高な動物=人間の象徴」だし、反捕鯨派のほとんどが 「捕鯨は道徳的に間違っている」 と言っているし、その道徳的な部分が科学的ではなく、科学的根拠なしに神の存在を信じているのと似ているように感じます。
あと、捕鯨委員会の科学委員のトップの方が辞任した件ですが、あれに関してはビデオで詳細が見れますよ。
ちょっと長いですが、科学的な面から考えた捕鯨問題です。^^;
http://video.google.com/videoplay?docid=5975316283253912988

捕鯨に関しては人それぞれに考え方が違って当たり前なので、違う考えを持つことが悪いとは思わないんだけど・・・。
とりあえず思うのは、反捕鯨派の方々も科学的根拠なしに捕鯨に反対するのはやめてほしいですね。
自国の食文化を、日本のことをろくに知らない人間から野蛮と言われて良い気分はしないかなぁ・・。^^;
ウサギを食べるイギリス人のくせに(笑)。
日本カモシカ URL 2008年02月01日 20:45:04 編集
>鍵コメ1さん
馬に関しては私も同じことを言われました。
しかも英国カモシカとその両親からです・・・。
そして野蛮だと。。。
腹立ったので 「ウサギを食べるあんたたちに言われたくはない」 と反論しておきました。
理解はできなかったようで 「ウサギなんかと比べられてもねぇ」 と言われましたが。(-▽-)
私はウサギをペットとして飼っていたので、ウサギ食べるのと馬を食べるのは同じレベルだと思うんですが(笑)。
あ、でもウサギ料理が出れば食べます。^^
生きてくためには命を頂かなきゃならないので、そのことに抵抗は全くないので。^^;
日本人の 「いただきます」 の精神を学んでほしいと思います、あの方たちには。

>鍵コメ2さん
ありがとうございます。。。
詳しくはmixi日記に書いておきました。
今現在、日記は友達まで公開にしてあります。^^
タマに対するあの言葉は・・・どう考えても愛は感じられないですよね。
タマが可哀想になります。
そして、鍵コメさんと同じく 「私も同レベル??」 と思ってしまいました(汗)。
まぁ・・もうそんなことはどうでもいいかな、と思ってます。
そしてアメリカ行きは、残念ですが断念せざるを得なくなりました(涙)。
これから私は極貧生活を送らなければならないので、アメリカに行くお金はありません。
猫たちの食費と医療費確保が1番大切なので(英国カモシカが 「勿体ない」 と言って支払いを拒否すると大変だし・・)、何でも良いので仕事を見つけたいと思ってます。
もう、都会に出稼ぎにでも行きたいくらいです。(T_T)
猫を置いて行けないので無理だけど。
日本カモシカ URL 2008年02月01日 21:04:51 編集
>鍵コメ3さん
mixiでお世話になってる方のマイミクさんですよね?
お名前だけは拝見してます☆
コメントありがとうございます。^^
オーストラリアだと、イギリス以上に反捕鯨国ですよね?
うちは旦那がグリーンピースに関係してるので、オーストラリア在住だったらもっとヒドイ家庭状態になっていたんじゃないかと思います。。。
あとでmixiの方に寄らせていただきますね!!
声かけてもらってありがとうございます☆
日本カモシカ URL 2008年02月01日 21:10:30 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。