07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

団子もどき 2007年11月26日

今日もイギリスは寒いです。
毎日のように、窓の外はグレーの空で雨か霧か、運が良くて霜のみ(笑)。
最後に太陽を見たのはいつのことだったかしら・・・?(-◇-) 

暖房を入れて室内でも厚着をしているんだけど、それでも寒くて寒くて。。。
私は日本でも比較的気候の緩やかなとこ出身なので、寒さにはいつまで経っても慣れなくて辛いです。(T_T)

そして寒さのおかげで、うちの姉弟たちもやっと猫団子の準備を始めてくれました。だんご 
足

グンタが一方的に雪ちゃんに寄って来て、姉に蹴りを入れながら寝に入ってるだけだけど(笑)。
雪ちゃんはゆっくり寝ることもできず、ちょっと不機嫌。汗

でもそのうちグンタも理解してくれたのか、仲良く頭を突き合わせて寝てくれました♪
頭

そしてお次は、2匹揃ってお尻を突き出して寝る(笑)。
時間経過とともに、寝姿も変化します。^^
お尻

そしてやっぱり・・・
蹴り

グンタに蹴られる雪ちゃん。羅琉 泣き
雪ちゃんの、プ二プ二とした肉つきのよいお腹が気持ち良いのでしょうか。^^;

そして明日、またタマを連れて動物病院に行きます。
朝、受付に予約の電話を入れて 「うちの猫はすごく凶暴なんだけど・・・、どの先生に診てもらうのが1番いいかな?」 と言ったところ

 「あ、例のタマでしょ?みんな凶暴なのは知ってるから大丈夫(笑)!」

とのことです。 ̄□ ̄

きっと、タマのカルテにはドクロマークが付いてるに違いない~~!!^^;

検査には鎮静剤が必要になると思うんだけどどうしよう?
と受付の人に伝えると、絶食させなきゃいけない兼ね合いなどもあるので、折り返し電話をくれるとのこと。

そしてその後、いつもタマに襲われている女医さんが電話をくれました(笑)。

本当はこの女医さんに会いたかったんだけど、この先生は今年赤ちゃんを産んだばかりの先生なので、今は週に2日しか勤務していない(妊娠中にタマに襲われた経験もありがっくり)。
そして勤務時間も水曜日の夕方と土曜日とのこと。

絶食させる必要があるので朝一の診察の方がよく、仕方ないので明日の朝一にタマを連れて行って鎮静剤を打ち、他の先生に診察してもらうことにしました。^^;

今回は定期健診も兼ねて、血液検査と口腔内チェック、体の触診も思う存分してもらう予定です。
鎮静剤なしでは、これら一般の 普通の診察 さえも無理なので。(-◇-)

 ☆☆ そして Gaviちゃん のとこで読んで ちょっと気になった記事 ☆☆

3種混合ワクチンに、想定外のウイルスが混入してたそうです。

混入量は少なかったので感染の恐れはほとんどないとのことだけど、ちょっと気になります。
これからワクチン接種を受ける方は、獣医さんに一言聞いてみると良いかもです。

そして、お外へ出て行く猫たちについて。。。

うちの場合、タマは外へ出て行くし、ターディス嬢も私と一緒にリードなしで庭へ出る。
この問題は本当に難しいと思うけど、きっと猫を大切に思っててそれでも何らかの事情があって外出許可している飼い主さんたちの心境は、猫が無事に帰宅するまでは 「ガン宣告」 みたいなもんだと思います。

私もできれば外へは出したくないので、雪&グンタはリードなしでの外出は禁止にしてます。
2匹ともリード付きで外に出るのは楽しいらしいけど、脱走を試みることもないので室内生活に満足してるみたいです。^^

そして以前、タマを完全室内飼いにしようと試みたことがあったけど、あれは家族の理解と協力がなきゃ無理!
うちの場合、どんなにうるさく注意しても英国カモシカがタマを外に出してしまいます。´д`トホホ
そしてタマの凶暴性のため、室内に閉じ込めようとするとストレスで他の猫たちを襲うので、完全室内飼いは難しい。。。

そこでうちでしていることは

☆夜間、早朝は 絶対に 外出禁止(事故に合いやすい)
☆首輪着用
☆マイクロチップ挿入
☆名前、住所、電話番号を書いたタグを付ける


ということ。

ターディス嬢は、私と一緒に庭に出て行くだけだから大丈夫なんだけど。^^;

みんな色んな考え方があって 理想のネコの飼い方羅琉 喜 というのも違うと思うんだけど、自分とは違う猫の飼い方をしている人を責めるのは良くないなぁ、と思います。

外出自由にしてて交通事故に合って死んでしまった子が居たとしたら、それはとっても可哀そうではあるけど、猫にとっては短くも充実した猫生だったことだと思います。
猫飼いとしての責任が足りないと責める人もいるけど、それは人間が勝手にそう思い込んでいるだけであって、猫たちは 「短い猫生でもいいから、自由に歩き回りたい」 と思っているかもしれない。。。

室内だけで健康に長生きして一生を終えるのと、外出させてもらって短くも充実した一生を終えるのと、どちらが猫にとって幸せなのかは私たち人間には分らないと思います。

でも可愛い我が子なので、できればウチの子たちには長生きしてもらいたい。
出来ればお別れの時を先延ばしにしたいと思うのが普通だろうし、私もできればタマを室内飼いにしたい、というのが本音。^^;
でも、各猫の性格もあれば、各家庭の事情もあると思います。

できれば、最愛の猫の外出を許可している人たちの “胸の内の本音” を考慮して、愛猫を亡くしたばかりの人を責めるような状況がなくなれば良いなぁ、と思います。
猫を何らかの形で外出させている猫飼いさんたちは、無責任だから外出させているのではなく、何らかの事情があってのこと・・・というパターンも多いと思います。


そしてここイギリスでは、猫が外出するのは当たり前のことです。 
純血種の子でも外出してることがあるので、室内飼いという概念に慣れていた日本人からすると本当にビックリ!^^;
「完全室内飼い推奨」なんて考え方も浸透していない代わりに、日本よりも田舎の地域が多いので交通量も少なく、比較的安全ではあるかも。。。
でもたまに、大通りに面した家の人が猫を外に出しているのはどうかと思いますが・・・。汗

とりあえず私は、早く引っ越しして庭をグルンと囲んで猫天国にしたいと思ってます。^^
2007年11月26日 | Comments(9) | Trackback(0) | 多頭飼い
コメント
連チャン(死語? 苦笑)カキコで失礼しま~す。「完全室内飼い」・・・。難しい問題ですよねー。

ウチも猫を飼っているのですが、同じ棟(私の家はアパートですので・・)の老夫妻の(現地イギリス人)方たちにも、「お宅の猫ちゃん、外に出してあげなさいよ!」とつねづね言われ続けています。。。

ですが、この「老夫妻」が飼ってた猫ちゃん、「ウイスキー君」も、私達がイギリスに来る前に、アパートの前の道路で引かれて死んでしまっていたのです。。。

私も、日本カモシカさんの今回の、「室内飼い」についての意見に、同意見です。

外に出すメリット、デメリット。駆除しても、回虫は外に出すとでますし、事故の危険性も大きいですよね?室内飼いでも、上下運動等でストレスは防げると言いますし。(本当は外を元気に走り回らせたい気持ちもあるのですが。。)

・・・なんだか、暗いカンジに・・。カキコ内容を少し変えますが、ウチの日本から来た猫に触発(?!)されたのでしょうか、同じ棟の独身女性の方が子猫を飼われ始めたのです^^ウチの猫は、毎朝彼女を1Fの窓辺でお見送りしていたので、「ネコネコ・コート(アパート)」化してきてるみたいです^^

それと、タマ君、病院ガンバレー!!日本カモシカさんに心配かけるんじゃーないぞっー!!

ザ・フリー・ネコ・お庭計画、素敵ですねー。ウチは「リードでお散歩」派なのですが・・(泣)長文で失礼しま~す。
tonycmact URL 2007年11月27日 03:16:41 編集
タマさん、何でもないと良いなぁ。。。
ついでに歯石も取れますね、鎮静剤打ったら。
雪ちゃん、大きい!後姿の写真、遠近法でしょうか?
お外に出ていた猫を室内飼いにするのはストレスがかかりそうですよね。
日本の獣医さん曰く「引越し」は良いキッカケだそうです。
新しい場所になって新しくテリトリーを作る時に室内のみに
させやすいとか。リセットみたいな感じらしいですよ。
ウチも実家は外に出します。でもサクラみたいな事故にも
繋がるし・・・。私は室内で頑張って欲しい派です。
サクラも3本足だからもうお外は無理なのですが。
そんなキッカケで・・・なんて可哀想な事だと思います。
旦那の実家の猫達もお外です。でも自然が多くて家もデッドエンドの
場所なので、大丈夫そう。環境にも拠りますね。

キャト URL 2007年11月27日 04:42:52 編集
>tonycmactさん
そうなんですよね。。。
イギリス人には、完全室内飼いしてるというと動物虐待扱いされることがあるので困ります。
以前、私が雪ちゃんをキャリーに入れて玄関前でタクシーを待っていた時に(動物病院に行こうとしてました)、近所のおばちゃんが通りかかったんです。
そして 「それ、あなたのネコなの?このへんで見かけたことないけど、ちゃんと外に出してるの?」 と。。。
私が出してないと言うと 「まぁ、なんて酷い!」 とかなり批判されました(汗)。
外に出す危険性は十分理解してるつもりなので、本猫がストレス溜まらないのであれば室内飼いがやはり1番だと思います。
あとは、やはり地域にもよるんじゃないかと思います。
田舎の一軒家で周りは牧場とかなら外に出しても良いと思うんですよねぇ・・・。
ノミも虫も駆除すれば済む話なので。
私が1番心配なのは交通事故の可能性と感染症なので、その点さえ安全が確保できるのなら、猫たちにとって1番自然な姿である屋外に出してあげたいけど、現実はそう簡単にはいかないですもんね。
リードで散歩も、猫にストレスがかからないのであれば全く問題ないと思いますよ。^^
うちも雪ちゃんなんかは本当にリード散歩を楽しんでいるし、庭がない場合だとリード散歩以外に外に出る方法はないし・・・。
本当に、この問題は難しいです。

>キャトさん
そうですね!
ついでに歯石チェックもしてもらいます。^^
今日、獣医さんと話してた時には完全に忘れてました(汗)。
ちなみに雪ちゃんの後ろ姿は遠近法でも何でもなく、実際の姿です(笑)。

引っ越しが良いキッカケになるというのは納得!!
タマが外に出たがる理由というのは、タマはこの付近で生まれ育った元野良ボス猫なのでテリトリーチェックに抜かりがないんだけど、近所の黒猫さん(飼い猫)がテリトリーを横取りしようとしてるみたいだからなんです。(-◇-)
だから、タマも家の中にいると落ち付かないらしくて。。。
心配で心配で、室内に居ることがかなりのストレスになってるみたいです。
でも引っ越しするということは、自分の守るべきテリトリーがなくなるってことですもんね!^◇^
家の中だけを自分のテリトリーと決めてくれれば、テリトリーを守るために家から離れなくなるかも!?
でも逆に、家にやって来る客を全て襲うようになったりして・・・(滝汗)。

サクラちゃんは、本当に残念でしたよね・・・。
でも今まで外の世界を満喫して生活できたので、幸せだったと思いたいです。。。
3本足になって今は不便でも、近い将来、3本足での生活に馴染んでくれることを願ってます。

外に出す、出さないは、イギリスの田舎在住の場合は日本の考え方が通用しない場合も多いと思うので、本当に環境によりけりですね。^^;
日本カモシカ URL 2007年11月27日 06:32:10 編集
何がその子にとって本当の幸せなのかということであって、飼い主さんの押し付け的な考えや、安易に他の子がそうだからウチの子も…とか、考えて欲しくないですよね。
自分と違う考え方の飼い主さんがいても、それって子育てと同じで余所のお家の人が批判的なことを口にするは問題外ですよね。

タマちゃんの診療担当って、以前に雪ちゃんを担当されたおしゃべりな猫好きな先生いましたよね?あの方は、担当になってくれないのかしら。ぜひぜひご対面して欲しい~と密かに思っているのですが(^m^)。
nyanmyupurin URL 2007年11月27日 13:35:46 編集
室内飼いについて
はじめまして(^^)
うちも10年以上外に自由に出していた猫を、室内飼いにしようと試みてるんです(日本です)。最初は「不可能だ」と思ったんですが、リードをつけて庭だけ散歩するのを日課にして、なんとか成功してます(^_^;)時々逃亡しますけど^^; そうしてから4,5年経ちます。

なぜその猫を外出禁止にしたのかといえば、やはり事故に2回もあってるからです(:_;)
前足のけがで済んだのですが、毎日ももちゃん(←猫の名前)が外に出るたびに、「大丈夫かな・・・」と心配でたまりませんでした(:_;)
以前飼っていたほかの猫たちは、同じように自由に出しても、慎重な性格で、道路に飛び出したりしないので、全然大丈夫でした。やっぱり猫の性格にも関係してきますよね。
タマちゃんはかなり気強い性格みたいですが(^_^;)……それに家族の協力がないと室内飼いに転向させるのは本当に難しいですよね^^; うちのももちゃんも、自分で窓や戸をあけちゃう派なので、たいへんですもの^^;

とにかく、タマちゃんは早朝深夜の外出禁止作戦を続けてがんばってくださいね!
tarosara URL 2007年11月27日 17:13:35 編集
>NYanmyupurinさん
そのうちの子のことは、外で見ている人ではなく、いつも一緒に暮らしている飼い主さんが1番よく理解してますよね。。
傍から見て好ましくないように見えても、幸せには様々な形があると思うので、ときおり見かける「飼い方の不一致」による猫飼いさん同士の責め合いを目にすると、本当に悲しくなります。
人間は何でも型にはめたくなるのかもしれないけど・・・人間と同じで猫にも個性というものがあるので、個性を大切にしつつ猫の幸せを1番に考えた飼い方をしたいなぁ、と常々思います。^^

タマの診察予約を入れたときに、「マーカス(おしゃべり先生です^^)は診てくれないかな(笑)?」といつもの女医さんに言ってみたんですよ、実は(笑)。
そしたら 「私にはタマをマーカスに押しつけることなんてできないわ。マーカスが可哀想だから(笑)」 って言ってました。^^;
やっぱり、1度もタマを見たことのない先生に任せるのは不安だったようです(汗)。
私も、是非ともあの先生に診て欲しかったんだけどなー!
でもマーカス先生は、専門が外科なんですよ、実は(笑)。

>tarosaraさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!
10年以上外出自由だったら、完全室内飼いに移行するのも大変そうですよねぇ。。
本当にご苦労さまです。^^
うちも頑張ったけど、とにかくタマは凶暴なんです。。。
首輪をつけるのも一苦労なので(完全防備で臨みます^^;)、ハーネスなんて絶対に無理だと思います(汗)。
もうちょっと普通並みに家猫の性格してくれてれば助かるんだけど。^^;

外に出す際に1番怖いのはやっぱり交通事故ですよね・・・。
うちは幸い1度も事故にあってないんですが、これからも事故に合わないという保証はないし、できれば室内、または庭のみで生活させるのが理想です。
ただ、tarosaraさんの言うように、猫それぞれの性格も考慮しないと難しいし、自分で窓や戸を開けちゃう場合は更に難しいですね。^^;
とりあえずうちは引っ越しを控えているので、引っ越しを機会に室内飼いに転向できるように頑張りたいです☆
日本カモシカ URL 2007年11月27日 20:32:54 編集
(>▽<)oギャハッ グンタくんは何かにつけてケリが標準仕様なのにゃあ!
ケリつきネコ団子いいですねー♪
えとね・・・きっとカルテにはタマちゃんがやっつけた看護士さんと獣医さんの数だけドクロマークがついてると思うのにゃあ(* ̄ー ̄)
タマちゃんカルテにはドクロが並んでるのにゃ!(* ̄m ̄)

記事紹介してくれてありがと!
ワクチンのこと、今まで調べてなかったっていうのがコワイのにゃあ!
元気なにゃんこならいいけど、健康じゃない子も日本の場合は獣医さん判断でうつから、ワクチンの免疫抑制がかかった時にホントに大丈夫なのかなぁ?
他のウィルスまざってないかって、ちゃんと調べてほしいよねー(`・ω・´)

お外のことも、ホントにああいう場じゃなきゃみんなで考えあえるいいお話だったと思うんだ。
そのにゃんこちゃんがどうってことじゃなくてさ。
立場や状況が違えば考えもちがってあたりまえだと思うのにゃあ・・・
日本だって20年位前はネコをおウチから出さないなんて意地悪してるみたいに思われてたしさ。

例えばウチでも、アタシがお病気で死んだら、きっと「この治療でよかったのかな?」とか「別の獣医さんだったら?」とか「漢方だったら?」とか「▽×使ったら?」とか「もっと早く獣医さんに行ってれば」・・・とか、絶対ウジウジ考えて後悔すると思うの。
にゃんこが亡くなった時って、みんな「これでよかったのかなぁ?幸せだったのかな?」って後悔すると思うんだ・・・

そういうことをどうにもできないような状況になってから、よその人が言うのはおかしいよね。ああいう場じゃなかったら、いろんなこと話し合うのっていいことだと思うんだけど・・・
そのおウチそれぞれの事情もあるだろうけど、人のお話聞いて、「 (-o- )ノ パンッ いい考えにゃ!これならウチもやってみよ!」って思うこともあるかもしんいなしさ。
楽しいことばっかり書いたり読む方が楽しいけど、たまにはみんなでかんがえっこするのもいいと思うんだぁ・・・

イギリスはマイクロチップが普及してていいなあ♪
日本は地域にもよるのかもしれないけど、ネコはリーダーかけないとことかあるのにゃあ・・・(´・ω・`)
おウチの人もそれぞれいろいろ気をつけてがんばってるけどさ、お役所ももうちょびっとがんばってほしいなぁ・・・って思っちゃうよ・・・

Gavi URL 2007年11月27日 20:59:58 編集
何度も、「乱入カキコ」で失礼します(汗)nyanmyupurinさんと、日本カモシカさんの書き込みを読んでの再度のカキコになります!(何度も・・・ゴメンなさいっ!)「余所のお宅への余計なお世話」・・・。そうですよね?室内飼いについて批判的な方って、そう言う形で割り切るのもアリですね・・。

室内飼い、「軟禁&せっかん」の形を取らない限り「OK」だと思っているのですが・・。

猫トーク・ドクターのマークス先生!タイムリーですね^^「タマ君を他の先生に見せられない」との女医さんの発言もナイス!爆笑ポイント!

タマ君、おとなしくしててくれるといいのですが・・・。日本カモシカさん大丈夫かな?

tonycmact URL 2007年11月27日 23:05:43 編集
>Gaviちゃん
グンタはね、私のことも蹴るの。(-▽-)
これだからお行儀悪い男の子は困るよねー。
Gaviちゃんはこんなお行儀悪いこと、もちろんしないよね?^^

ワクチンのことだけど、本当に怖いね。
普通は抵抗力の弱ってる子にワクチン接種はしないとは思うんだけど、それでも3種混合に混ざってたってことは、3種プラスもう1個ってことで、いろんなウイルスのカクテルってことでしょ??
それって、健康体の子に対してでも本当に怖いと思う。。
どんな反応が出るのか予想も付かないだろうし。
これからはもっとちゃんと検査して欲しいよね。
そして、お外に出ることもだけど、理想のネコの飼い方ってみんな違うと思うんだよね。。。
病気の時の治療法の選択肢や、薬の種類も西洋医学に基づいたものからホメオパシーや漢方まで色々あるし、でもみんなそれぞれ “ウチの子” が可愛くて考えた末に選択した治療法だろうし、みんな違って当たり前だよね。
周りから色んな情報を貰えるのはすごく助けになるし、Gaviちゃんが記事にしてくれた内容って、本当に大切なことだと思う。
「色んな考え方がある」ってのを頭に置いて、ああいう内容のことも皆で落ち着いて話し合えればいいよね、ホント。
日本って、やっぱりマイクロチップはまだまだなんだよね。。。
なんだか前に 「マイクロチップを入れるなんて猫が可哀想!」 って言ってる人が居たんだけど、日本ってそういう意見も多いのかな?
もっと需用が増えてくればリーダーを置いてくれるトコも増えるんだろうけど、リーダーがないからチップは入れない、って状況になっちゃうと堂々巡りになっちゃうね。(>_<)
頑張れー、お役所。

>tonycmactさん
みんな違う考え方や価値観持ってて当たり前なので、他の人からの一方的な意見の押し付けを割り切ることができればいいんだけど、周りから意見を押しつけられた場合って、きっとみんな自分の猫の飼い方に対する自信が揺らぐと思うんです。
ましてや、自分の飼ってた子が亡くなってしまった場合などは、何も悪いことしてなくても自分自身を責めてしまう場合がほとんどだろうし。。。

人の意見を聞くのは大切、でも人に自分の意見を押しつけたり非難したりするのはNGですよね。
室内飼いが良いのか、外出させるのが良いのかって、きっと誰にも分らないと思います。
私自身も分かりません。
でもタマを見てて、きっとこの子は早死にしてでも外での生活を選ぶだろうなぁ・・とは思います。
それを無責任と責める人も居るかもしれないけど、これが今までタマと生活してきて感じる素直な気持ちです。
そして、他の子たちは室内で、人間と一緒の生活をのほほーんと楽しんで一生を終えるんだろうな、と。
私は、その子が幸せそうにしているのなら、どんな飼い方も間違いではないと思います。^^
タマは今のトコ、病院で待機してます。
鎮静剤からは覚めているようなので、のちほど迎えに行って検査結果を聞くことになってます☆
日本カモシカ URL 2007年11月27日 23:38:42 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。