07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

引っ越せるかしら・・・? 2007年10月10日

シェアブログ1735に投稿

本日、ネットの不動産情報のページをチェックしたところ、私たちの購入申し込みが受領された家のページに  

  SOLD STC』

の文字が!にっこり
STCとは Subject to Contract の略で、いわゆる 仮契約 の状態。

「本契約を交わすまでは購入成立じゃありませんよ~~」
という意味です。^^;
でもこれで、この家の売り出しは終了したので、全てが上手く進めば本契約までたどり着けることになります。

でも前回のように
●カモシカ家の購入者が他にもっと良い物件を見つけて、そっちに乗り換えたためにドタキャン

または購入先の家の持ち主が
●引っ越しを辞める
●もっと良い買い値のオファーが来たので、私たちとの売買を白紙に戻す


最悪の場合は
●相手先の引っ越し先が見つからないので、カモシカ家は家は立ち往生し、カモシカ家の買い手は他の家の購入に乗り換える

なんてトンデモナイことが、イギリスでは 非常に よくあります。(>_<)
イギリスの仮契約は、日本の仮契約のように力を持っているものではないので、白紙に戻しても全くルール違反ではないのが困りもの。
だから、仮契約にしてとりあえず1軒 「確保」 して、他の物件も物色、もっといいのが出てきたら乗り換え♪・・・みたいな人も居ます。(-▽-)

私たちにはこういうドタキャンがまだ1回しか起きてないんだけど、知人の中には3、4回もドタキャンされている人が居て、1年以上も引っ越せてない! なんて状況の家族も。sc07

中には、この引っ越し騒動に疲れきって、引っ越し自体を諦める人もいます。(-▽-)

私たちが購入予定の家の持ち主は60歳代の夫婦。
息子2人はオーストラリアに移住、娘も結婚して家を出たという定年を迎えた夫婦です。

引っ越しの理由はなんと

 “ギリシャに引っ越すから”

いいなぁ。
ドンヨリといつも薄暗いイギリスから、太陽サンサンの明るい国に引っ越すなんて羨ましい限り。
ギリシャでは、毎日海で釣りをしてノンビリ過ごすんだそうです。^^

この夫婦は、引っ越し時期は早ければ早いほど良いと言っていたので、
 
 『それなら私たちも言うことなしよ~~!^^』

と喜び勇んで、この家族の話を聞いていた。
でも、途中からちょっと雲行きがオカシクなって来て、話続けるのは旦那の方のみ。
そして奥さんは・・・ 目に涙を貯めている!?(>_<)

そして、やっと奥さんの方が口を開いた。

『この家には思い出がたくさんあるのよ。
ホントは売りたくないの。
あなたたち、庭も変えるんでしょ?
絨毯も全部剝ぎとるんでしょ?
それ、やめてくれないかしら?』 
と。

気持ちは分かるけど・・・
家を購入したあとは、私たちの好きにしても良いんではないでしょうか?
庭に関しては、野菜を育てたいので部分的に芝生を取ってしまうとは思う。
でも、最近のイギリスの庭でよくあるように、コンクリートで塗り固めるようなことはしないし。。。

そして床に関しては、英国カモシカはダニアレルギーなので、家中の床に絨毯が張られている家に住むことは不可能!!
イギリスの家には、大抵の場合はホテルの床のように床一面に絨毯が張られている。

“置いてある” のではなく “床に張り付けてある” ので、掃除するのは本当に大変で、外に干すこともできない。←干せたとしても、冬場は太陽を見かけないんだけど(笑)

毎日掃除機をかけたとしても、それだけではダニ問題は解決できないし。
おまけに雪ちゃんもグンタもアレルギー持ちなので、絨毯の敷き詰められた家には住めません。
1番の解決法は、床一面をフローリングにしてしまうこと。

まぁ・・今のところは相手の気持ちを立てておかないと

 『あんたたちには売らない!!

なんて言われると困るので、適当に対応していた。

でもそのうち、大変なことに気が付きました・・・。
ギリシャに引っ越したいのは、実は旦那さんだけのようで

 奥さんはこの家を離れたくないようです。がっくり

これは・・・
寸前でギリシャ行きをやめてしまう可能性があるかも?sc07

最悪の状況にならず、契約までスムーズに漕ぎつけることを願うばかりです。(>_<)
2007年10月10日 | Comments(14) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
うわあ!やったね!(=^-^=)b
・・・って思ってたら・・・
あにゃにゃ(´・ω・`)奥さんとダンナさんの考えが違うんですねー
(´-ω-`)ウ~ン
でもさー、なんとか契約しちゃえばこっちのもんにゃっ!じゅうたん残す・・・はいくらなんでも・・・ですよねー?
・・・それにしてもイギリスっておウチの買い替えもとってもスリリングでミステリアスなのにゃあ(=^m^=)
日本カモシカおねえちゃん、(=^・・^)ノ エイエイオーッ!
Gavi URL 2007年10月11日 00:44:21 編集
家を移るまでには、難関山積みですね(>_<)!
イギリスの気候のように、どんより陰湿な感じがしますが・・・

老夫婦のお話、まるでイギリスのホームドラマを見ているようです。
何とか、この難関を突破してお引越しができますように
遠くから、祈ってま~す!!
nekoboci URL 2007年10月11日 14:35:46 編集
う~ん・・・。
この持ち主さんの後にチェーンが無いだけ良いと思わないと
やって行けないですよね・・・。
私の友人も何人かチェーンに嵌ってしまって。
前の人が引っ越さないので引っ越せない、次の人も次の人も・・・って。
やっぱり長年住んだ家には思い入れもあるのは理解出来るけど
引っ越しちゃうと意外に忘れたりしますよね!
この場合、ご年配の方なのでやっぱり新しい事するのは勇気がいると
思いますが、何ヵ月後にはギリシャでまったりしていそうですよね!
頑張れ、おばあちゃん!!
サクっと進む事をお祈りしていますヨ~☆
キャト URL 2007年10月11日 14:45:38 編集
知らなかった・・・イギリスの契約ってすごーく意味が軽いんですね。
仮契約でも契約は契約なのに~!と オファー段階では前金とか頭金とか払わなくていい制度なら それも仕方ないのかもしれません。
オーストラリアは何日までに頭金を支払うこと(これは売り手側との交渉で決定。うちの場合は50000ドルでした) と決められていて それを払わないと流れます・・・。
ワタシがその手続きをしたんですが 銀行の人に払い出した小切手の裏に宛先の名前を書いてください、 と頼んでもダメで 後からもめましたが とりあえずOK。

キャトさんも書いていらっしゃいますが 奥さんの方 もしかしたら 子供たちが巣立ってしまって ポッカリ穴が開いたみたいな感じがしてるのかも。
だんなさんにしたら
やっと自由!
みたいなのが 奥さん側は寂しくてたまらない・・・んでしょうね。
でも 絨毯はがすのもやめて という気持ちもわからないでもないので できるだけそのままの状態を保つようにしますから と 言って上げたほうがいいですよね。勿論 日本カモシカさんなら そういう気遣いなさってるとは思いますけど^^

無事 こちらのお宅が手に入るといいですね。

プリシラ URL 2007年10月11日 14:56:33 編集
いよいよ、いよいよですね~。
やっと、ここまで漕ぎ着けたんだから契約上手くいきますように!!
売り手の奥様のお気持ちは分かるけれど、思い入れのあるお家とはいえ、賃貸ではなくて売り出すわけだから、飼い主さんの好きなようにリフォームしるのは、仕方の無いことですよね。
もちろん、その辺のことは分かっていても、言いたくなる事情も色々とあるみたいで可哀想な気もしますが、それはご主人と解決していただきたい問題ですものね。
英国カモシカさん、うまいこと、その奥様の気持ちを損ねないよう交渉して、今度こそゲットできますように。
最初買おうとしていたお家より、いい物件だったみたいですし、決まれば最高ですね♪

nyanmyupurin URL 2007年10月11日 16:16:24 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年10月11日 16:27:15 編集
>Gaviちゃん
私は今も複雑な気分で、契約書にサインするまではホッとできないよ~~。(T_T)
旦那さんは本当によく喋る人で、奥さんが何か言おうとするたびに中断して 「僕は湾岸戦争で戦って、いっぱい人を殺したんだよ」 とか 「イタリアで仕事をしたことがあるんだけど、マフィア相手に取引したんだ」 とか、私たちからすると素直に感心できない内容の話を延々と続けるから困っちゃったよ。^^;
ちょっと奥さんが可哀想だったんだけど、この家にはにゃんこが2匹いたの。
奥さんは、そのにゃんこたちが居るから大丈夫みたいだったよ。
それに、2匹ともちゃんとギリシャに連れて行くみたいで安心☆
もし「置いて行く」なんて言ってたら、私たちが引き取るか、頑張って新しい家族を探そうと思ってたの。^^

>nekobociさん
この引っ越しの制度に不満を持っている人はたくさん居て、みんな嫌がっているのにどうして制度を変更しないのか・・・って不思議になります。
伝統を重んじる風潮が、様々な場面でマイナスに出てしまっているのがイギリスだと思います。(>_<)
老夫婦に関しては・・・私も日本を離れるときに複雑な思いだったし、今も里帰りするたびに故郷を捨てるのが辛かったりするから、気持ちは分かるんですよ。。。
でも、それを赤の他人にぶつけるのは反則だよなぁ、って思います。
夫婦間の問題は、夫婦間で解決してほしいですよね。^^;
かといって、ギリシャ行きを止められても困るんだけど(汗)。
家を正式に売りだした時点でもう夫婦間だけの移住計画ではなくなっているので、なんとか奥さんも理解してくれることを願います。
日本カモシカ URL 2007年10月11日 17:42:01 編集
>キャトさん
私も最初は 「わ~~~い!!チェーンなしだわ。*^0^*」 って思ってたんだけど、そう上手くいくわけがない(笑)!!
でも私たちの家を買ってくれる人も、家を買って貸し出す予定だそうで、これもある意味 「チェーンなし」♪
誰かがすぐに引っ越してくるわけじゃないので、私たちも1日で引っ越しを済ませなくて良いのが嬉しいです。^^
だから、このギリシャ行きの件だけをクリアしてくれれば、またとない好条件揃いなんです。
本当に、憎っくきチェーンですよね。
私たちの知人で、私たちよりも何か月も前に家を売りだして何度か売れたのに、そのたびにチェーンが崩れて出戻ってきてる人が居て、本当に可哀そうです。(>_<)
前回、仮契約が成立したときに、私たちは嬉しくてすぐにローン設定や査定料金を払っちゃったんですよ。
そしたらチェーンが崩れてお流れになって、でも査定直前だったので、査定料金を失わずに済みました。
でも・・・これを失っている人ってかなりいますよね?(-◇-)
私たちの場合、査定料金200ポンドでした。
チェーンが崩れるたびに200ポンドを無駄にするのは痛いです。(T_T)
日本カモシカ URL 2007年10月11日 17:52:01 編集
>プリシラさん
オファー出すだけなら、イギリスだと何軒出してもOKなんです。
どこかの物件がオファーを受けてくれるまで、2、3件の家に同時にオファー出している人たちも居るし、あんまり意味ないんですよ。
そしてイギリスの場合、仮契約をしてから買う予定の家の査定をしたり事務弁護士を立てたりするので、そこでもかなりの金額が出て行きます。
もちろんそのお金は、私たち持ち。
全ての工程が終了するのに、最短でも2か月くらいかな?
そして途中で仮契約が流れても、私たちが1度払ったお金は返ってきません。(>_<)
だからローンを組む際も査定をする際も、銀行等では 「すべて上手く進むといいわね」 という言葉をかけられます・・。

これが頭金として相手に払うお金なら、仮契約ももっと意味を持ってくると思うんだけど、相手を信じて引っ越し手続きを始めて、相手にいきなり引っ越し辞めるとかされても、何も文句は言えないんですよ(汗)。
法律上、なにも悪いことはしてないから。(-▽-)
イギリスでも、スコットランドだけはこの制度が別なので、仮契約で頭金を払うことになってます。
やっぱりそれが賢い制度だよ!!と思いマス。。。
相手先の老夫婦だけど・・・気持ちはわかるんですよね。
立場は違っても、自分の国と親を捨てて他の国へ移住するっていう経験は私もしているし。
絨毯に関しては、英国カモシカが 「そのままにしておくのは無理だ!アレルギー持ちなんだから絨毯のある部屋では暮らせない!」 と強く言い始めたので困りました・・・。(-◇-)
他人にそんなこと言う必要はないでしょ~~~!(T_T)
私はとりあえず 「いや、でも・・・剝した絨毯は少し取っておいて、猫用に使いたいと思っているんだけど」 とフォローにならないフォローを入れておきました(笑)。

>Nyanmyupurinさん
やっとここまで来ました。
でも今回は、もう気持ちが麻痺しているというか、そんなに嬉しくないんですよね、なぜか。^^;
最後の最後まで安心できないなぁ、という想いがあるので。
だから今回は、ローン設定も査定も慎重に行こうと思ってます。
そうしないと、私たちがお金を失ってしまうだけなので。
この老夫婦に関しても、夫婦間の問題なので私たちに当たられてもどうにもできないし、頑張って夫婦間で解決してほしいと思います。
夫婦の問題に他人が口出しすると、大抵ロクなことにならないですもんね。^^;

英国カモシカは、すでに奥さんの気持ちを損ねまくりです。(>_<)
絨毯は絶対に無理!とハッキリ言い切りましたよー(汗)。
私は 「猫用に少し取っておきたいんだけど」 とフォローしたんだけど、余計に逆効果でした(滝汗)。
この夫婦も猫2匹飼ってたから、「猫のために」 って言えば少しは喜んでくれるかな?って思ったんだけど。^^;
家に関しては、最初に買おうとしていたものよりも、猫のために良い家です(笑)。
家の中に日向ぼっこできる場所が多くて、庭もある程度の広さがあるんです。
でも、家の大きさは今の家よりも小さくなるんですよ。(>_<)
なので将来、お金にもう少し余裕がでたら(笑)少し増築しよう、と話してます。^^
日本カモシカ URL 2007年10月11日 18:18:37 編集
>鍵コメさん
良かった。
私も最初、鍵コメさんのとこのコメントで見かけてずっと気になっていたんです。
mixiの方でやっと発見することができました。
気持ちとしては、鍵コメさんとほぼ同じです。
もしも(どうなのかわからないけど)、猫の親子がやらせだったとしても、わざとああいう場面を作り 「人間が、いかに身勝手に命を粗末にする愚かな生き物なのか?」 というのを見せるのは良いことじゃないかな、と思いました。
実際に、よく起きていることだと思うし。。。
でも、TV局側としても施設側としても、「動物受け入れ」 を前提としているので、ルール上は強く言えないんじゃないかと思います。
逆上する元飼い主さんも居るかもしれないし・・・。
でもたぶん、猫家族の母親のコメントの 「間違い」 は見ている人には伝わったんじゃないかな?(父親も、子供にあんな選択を押しつけること自体、間違ってると思うけど・・・)
母親の言っていること全て、間違ってましたよね。。。
子供に「優しさ」が芽生えたのではなく 「要らなくなったら捨てる」 ということを教えただけなのに。
子供の前で、あんな発言はしないで欲しいと思いました。
そして今後一切、ペットと名の付くものを買って欲しくないと思います。
ホント・・・切なくなってきますよね。
尻尾を振って、喜んで最後の食事を食べている犬を見て、本当に悲しかったです。
このたった20分間の映像ですが、実は制作に半年もかかったんだそうですよ。
もっとこういう番組を、夕方以降に特番組んで見せてくれると嬉しいな、と思います。
子供は、朝の9時じゃ見てないだろうし。。。
現実を知ったら、「自分の家族」を簡単に捨てたり、保健所へ連れて行くなんてできなくなると思います。
日本カモシカ URL 2007年10月11日 18:48:47 編集
はじめまして
はじめまして、日本カモシカさんの猫blog、本当ーに楽しみにして、いつも読んでいます^^私もイギリスに現在住んでいるので、日本カモシカさんのブログに、共感多し!です。

動物センターの画像、昨日仕事から帰った主人と観させて頂きました。観終わった後、主人(日本人)と色々と話ました。
私達も日本カモシカさんと、同じ意見です。
あの動物達もそうですが、あそこで働くおじさんも、本当に辛いだろうな、と感じました。こういう画像は、私達の様に「分かる人」ではなくて、「分からない人(動物センターへ処理する為に動物を連れて行く人達)」に観て頂きたいですよね。

日本カモシカさん、色々と本当に大変だと思います。私も日本人の主人と結婚して、1年半ですが、環境も違う&新婚でケンカも多し!なので、日本カモシカさんは、もっと大変だろうな、と思ったりします。

一人ひとりへコメントをこまめにつけている日本カモシカさん。猫たちにも細やかに愛情を注いでいる日本カモシカさん。優しい方だな、と思います^^
英国カモシカさんも、そういう日本カモシカさんを好き(愛してる)んだろうな、と思います!
tonycmact URL 2007年10月11日 21:38:40 編集
友達も老夫婦から家を買って、しばらくは改築状態を見に来てたみたいなんですが、夫婦自慢のキャビネットとかを取り除いた瞬間、その老夫婦は全く友人夫妻を訪れなくなったみたいです。愛着が沸くのは分かるけどね~。ま、とりあえずは、契約終了するまではナイスに(笑)

上の画像、私もmixiの友人から回って来ました。日本って何でもバーチャルになって来てるから、動物センターへ連れて行く事と、ゲームを強制終了する事と、同じくらいにしか考えてないんでしょうね。そういう根本を理解出来る生活環境が必要ですよね。
mika URL 2007年10月12日 02:07:52 編集
>tonycmactさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!^^
旦那さんが日本人の方なんですね。
駐在のご家庭でしょうか?
日本人同士でも外国人が相手でも、やっぱり結婚生活を毎日穏便に続けるのって難しいですよね。^^;
今まで他人だった人間が一緒に暮らしているんだから、衝突するのも当たり前ですよね、ホント。
それが新しい環境で、家族や親しい友人を日本に残してきてしまった環境であれば、尚更だと思います。

私のことをそんなに美化していただいて・・・ホントに恥ずかしいです(汗)。
お互い頑張りましょうね!

上の映像は、ネット等で話題になっていたので見たかったんです。
私も英国カモシカに見せたかったんだけど、日本語の分らない人間に見せても意味合いが伝わらないかも・・・と思ってまだ見せていない状態です。
それに、イギリスの動物保護の現状と比べると、日本の現状は恥ずかしい限りで。。。
たまに、ネットの掲示板などで保健所職員の方を責めるような書き込みを見かけるんですが、私もtonycmactさんと同じように、職員さんたちが1番辛いのではないかと思います。
世の中には、辛くて転職したくても仕事の選択肢がない場合もあると思うし・・・。
それを「犬のため」と言ってお世話できるのは、素晴らしいことだと思います。

少しでも多くの人に、この現状を知って欲しいと思います。
ペットを飼う前に、一歩立ち止まって 「10年先にもちゃんと面倒を見られるか?」 と考えてほしいですよね。
日本カモシカ URL 2007年10月12日 05:57:19 編集
>mikaさん
ひえ~~~、改築現場を見に来ていたんですか??
それはプレッシャーになりそうです(滝汗)。
私も引っ越した後の今の家はちょっと気になるけど、わざわざ見に行ったりはしないかな(笑)。
思い入れのある家だったら、見たら余計に悲しくなりそうだし。^^;
契約終了までは、ギリシャはいかに良い国か、イギリスがいかに住みにくい国か(笑)というのを、奥さんに力説したいと思います。
実は、英国カモシカの結婚前の彼女はギリシャ人だったんですよ。
だから、ギリシャに関しては詳しいです(笑)。

上の映像は、私もmixiで発見できたんですよ。
それまでは、ブログ友達さんのコメント欄で存在を知っていただけでした。
こうしてイギリスに住んで、外側から日本を眺めると、色々と問題は山積みだなぁと思います。
とくに大人の意識改革も大切なんじゃないかと。
うちの親も、動物を簡単に捨てに行くような人たちだったので、そういう親を見て育つと「捨てるのが当たり前」という感覚が生まれかねないですよね。
日本人に住んでいると、「死」というもののイメージが湧かないのかもしれないな、と思います。

イギリスは、よくも悪くも貧富の差が激しかったりするような辛い現実に囲まれてて、現実味の溢れた人間に成長することができると思います。^^;
日本カモシカ URL 2007年10月12日 06:14:16 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。