05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

無事に帰宅 2007年10月07日

雪ちゃん、無事に処置を終えて帰宅してます☆  

当日は朝9時に雪ちゃんを連れて病院へ。
体重測定などをしたあと、雪ちゃんは別室で肛門腺絞り&血液検査のために待機することになり、私は一旦帰宅しました。
雪ちゃんの体重は現在 5.4キロ

看護婦さんには

 「減量クラブがあるけど参加する?」

と聞くかれ、顔なじみの女医さんには

 『久しぶりに雪ちゃんを見たけど・・・巨猫になったわよね。(-◇-)』

と言われ・・・小柄な雪ちゃんに5.4キロはさすがに減量が必要だと実感。落ち込み
雪ちゃんを病院に残していくのは心配だったものの、 『減量』 の一文字が頭から離れず。(-▽-)

そして午後になって病院から連絡をもらい、雪ちゃんを連れに行きました。^^
肛門腺絞りは鎮静剤なしでできたそうです☆
でも、詰まり方は半端ではなくて、茶色の液体と一緒に出口を塞いでいた  が排出されたそうです。
どうして詰まったのかは不明なんだけど、1度こうやって処置をすればもう詰まらない子もいれば、何度も繰り返し詰まってしまう子もいるそうで、再チェックをしたほうが良いかも・・・とのことでした。

ドイツ人先生の説明によると、肛門腺は本来 テリトリーを守るために 存在していたものなんだそう。
肛門腺から匂いが発せられて、自然界で猫はその匂いを残して自分のテリトリーを主張するんだけど、雪ちゃんのように完全な家猫の場合は匂い付けをする必要はない。

肛門腺から分泌液が排出されるキッカケはまだあって

 ●ウンPのとき
 ●興奮したり恐怖を感じたとき


だそうです。
でも、これまた完全家猫の雪ちゃんの場合、家の中でヌクヌクと生活しているために刺激が少なく、ウンPも柔らかめなのをしていたら肛門腺からも分泌液が排出されにくくなってくる。

こんな理由から、もしもこれから何度も肛門腺が詰まるようであれば、手術して肛門嚢を摘出した方が良いかも・・ということ。
とりあえず、これからの経過観察をして手術しなくてもよいことを願うばかり。

帰宅後の雪ちゃん、顔が疲れ切ってます。^^;
お疲れ

今回は、アレルギー検査のための血液検査も兼ねていたので、首には大きなおハゲも。^^;
猫の場合、血液採取は前足から行ったり、暴れて難しい場合は首から採取したりするので、首をそられている雪ちゃんは相当大暴れしたということ(汗)。
道理で疲れてるわけだ。うーん

 あと、ドイツ人先生が興味深いことを言っていた。
前もって 「これは先生の独自の推理なんだけど・・・」 と前置きして話してくれた内容です。 

雪ちゃんのアレルギーらしき反応は、猫ホテルに泊まると少し良くなる。
これに関して先生は、猫ホテルに泊まるということは “いつもと違う環境” ということなので、興奮したり怖かったり、色々な刺激を感じているはずだ、ということ。
ということは、その刺激のおかげで肛門腺から液が分泌され、詰まりがラクになってお腹を舐める頻度が減ったんじゃないか? という推理。
これから、もしもお腹の禿げや炎症が良くなったならば、肛門腺の詰まりが原因でお腹をしきりに舐めたり噛んだりしていたということになる。

この推理はとっても興味深いです。
今まで、こんなことは考えてみたこともなかった!!
これに関しても、しばらく様子を見てみようと思います。

病院で私の顔を見ると 「ニャーニャー亮ちゃん と鳴きっぱなしで、家に帰ってからもかなり甘えてきた雪ちゃんだったんだけど、帰宅後ものの10分も経たずに立ち直ってました(笑)。
若い子は立ち直りも早いみたいで良かった。^^

そして、グンタは雪ちゃんが居なくて相当寂しかったらしく、帰宅後の雪ちゃんを見て大喜び!
体中の毛繕いをして、ひたすら雪ちゃんにくっついて歩いてました。にっこり
姉弟

雪ちゃんの血液検査の結果だけど、なんとイギリスではちょうど

 郵便局がストライキ´д`トホホ

を行っていたので(-▽-)、郵便物の発送も回収もしていない。
だから結果が判明するのはちょっと遅れて、10日後くらいになるかも。
気長に待ちます。^^;
2007年10月07日 | Comments(3) | Trackback(0) | 猫の健康
コメント
雪ちゃんっ!顔がっ!顔が疲れきってマス(><)
でも何だか雪ちゃんの症状改善の道がパァっと開けてきましたね(^^)
さすが猫派獣医さんです☆
これで症状が軽くなったら、後は…えーとダイエットでしょうか…ね^^;
グンタ君との姉弟愛に心がホッとします♪
Chie URL 2007年10月08日 06:00:13 編集
ホント、雪ちゃん人生に疲れた顔・・・可哀想です。
でも無事取れて良かったですね~。
そしてグンタちゃん、やっぱり姉思いの良い子・・・♡
猫のダイエット、成功している人いるのでしょうか?
難しそう。ウチも気を付けないと・・・ですね。
ドイツ人の先生、やっぱり良いですね。
この先もどうぞ報告お願いしますね。興味深い☆
実はキャトも昨日お尻をズリズリ床になすりつけ、猫ではなく
何か妖怪のような動きをしていたのでビックリして
「ヤバイ、肛門線詰まったか!」と思ったのですが
タダ単にウンの最後に柔らかいのが出てお尻に付いたのが
不快で床になすりつけていたのです。
猫なら舐めようヨ!って所ですが、どうもキャトは
お尻メンテが苦手なようで。毛がその辺りだけ
長毛なので届かないらしく。お風呂で洗いましたよ。
キャト本人+ラグ・・・▄█▀█●
所で、グンタちゃんのしている首輪はKittyCatBoutique
の物でしょうか?今ウチは日本から取り寄せていて・・・
次回ココで購入しようか検討中です。
使い心地は如何ですか?
キャト URL 2007年10月08日 10:17:58 編集
>Chieさん
白猫だと、妙に額の皺が目立って(笑)、疲れきって見えるんですよねぇ。^^;
確かに本猫も、泣き疲れとストレス疲れでヘトヘトだったみたいです。
でもお陰で原因究明も着々と進んでいることだし♪
頑張った甲斐はあったかな?^^
ダイエットはー・・・今も頑張ってるんですが(笑)、人間のダイエットと同じく効果が見えるまでには時間がかかるようで。
しかも、雪ちゃんの食欲は凄くて、人間が何か食べていると襲いかかって奪略しようとするので困ります。(-▽-)
目指せ!1キロ減量!

>キャトさん
たぶん泣き疲れが1番の疲労の原因だったんじゃないかと・・・(汗)。
グンタもそうなんだけど、この姉弟はとにかく鳴くんですよ。
病院での雪ちゃんは普段にも増して 「ニャーニャー」 何か言っていて、それで疲れちゃったんじゃないかと。^^;
でも、今の時点で肛門腺の詰まりが改善できて良かったです☆
炎症起こしちゃったら大変だったし!

キャトちゃんもお尻ズリズリしちゃったんですか?
実は・・・肛門腺絞りをした日の夜のことなんだけど、雪ちゃんもお尻からウンPをぶら下げて家中を走り回ってました。(-▽-)
ちょっと柔らかめのヤツで、キャトちゃんと同じように床に擦りつけてて。。。
うちはフローリングだったから、拭き取って消毒しておきました。^^;

うちの猫たちの首輪はみんな KittyCatBoutique の物ですよ~~。
かなり良いです☆
デザインも可愛いし、発送も早くて言うことなし!
以前、何度か KittyCatBoutique についてのブログ記事を書いてると思うんだけど、どのカテゴリーに書いたんだろう・・・(汗)??
自分の書いたものなのに、記憶が定かでなくてゴメンなさい!
たぶん “猫グッズ” かどこかに書いてると思うので、興味あったらチェックしてみてくださいね~。^^
日本カモシカ URL 2007年10月08日 19:06:06 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。