07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

骨骨ご飯 2007年10月04日

昨日、例の 猫大好きドイツ人獣医さん から電話をもらいました。 
今後の雪ちゃんの治療方針について、他の獣医さんと話し合ったから・・ということの報告♪ 
まさか電話を貰えるとは思ってなかったので、なんだか嬉しいです。*^-^*

獣医さんたちの話し合いの結果、雪ちゃんの今後の治療に関しては3つの選択肢があるとのこと。

①ウォルサムが雪ちゃんに合わなかったようなので、他のアレルギー対応フードを試す
②とりあえず、アレルギーチェックのための血液検査をしてみる
③皮膚科専門医のいる、ここから車で1時間ほどの病院で皮膚パッチテストをする


で、①の選択肢は即却下しました。^^;
これまで、猫ホテルに泊まると症状が改善したりしていた雪ちゃんを見てて、食べ物が原因とは思えなかったから。

③の選択肢は魅力的ではあるんだけど、片道1時間、往復で2時間もかかる車での旅を、雪ちゃんが喜ぶとは思えないし・・・ってことで、とりあえず今は却下しました。

②の血液検査は、猫の場合はあまり当てにはならないとのことだったけど、とりあえず試してみる価値はあるかなぁ・・と思ったし、それでも納得がいかなければ皮膚科専門医に会いに行くこともできる。
今は、雪ちゃんにとって1番負担の少ない②の方法を選択しておくことにしました☆

明日、朝一で雪ちゃんを連れて病院へ行き血液検査の予定です。
そして・・・雪ちゃんにとってはかなり苦痛と思われる(汗) 肛門腺絞り も一緒に行う予定で、かなり詰まっている様子なので鎮静剤を打っての処置になるかもしれないとのこと。
一応、念のために本日は夜9時を最後に絶食させることになりました。
※注)鎮静剤や麻酔をすると吐き気を催して、意識がないために吐瀉物を喉に詰まらせての窒息の危険性があるため

そして、Gaviちゃん からの情報で、明日の雪ちゃんの お尻絞り羅琉 ニヤリ に備え、今日は骨ご飯を提供することにしました~。骨

骨を食べると硬いウンPが出るので、その時に肛門腺からの分泌液も出やすくなるんだそうです。^^

昨日は鶏を丸ごと1羽(頭と内臓はなし^^;)ほど猫用に買ってきてて、私たち人間はその オコボレ を食べたんだけど(笑)、その際に切り取っておいた手羽先部分を雪ちゃんにあげることに♪
タマはお出かけ中だったし、グンタとターディス嬢は2階で昼寝中だったし、1階に居たのは窓際で昼寝中の雪ちゃんのみ。
今がチャンス~~にっこり と思って手羽先を出したんだけど、5分後にはこの有様。。。
皆にゃん勢揃い~~★
鶏肉

ターディス嬢は、手羽先は気になったものの 生肉 だったので食べモノとは認識せず(笑)。
そのまま立ち去りました。^^;
残った雪&グンタは、久々の骨つき肉に大興奮!
グンタ

1番食べて欲しかった雪ちゃんを尻目に、肉にかぶりつくグンタ。。。(-▽-)
そして、それを横で静かに見つめる雪ちゃん(笑)。
この2匹は喧嘩するということを知らないので、何をするにもこんな感じデス。^^;

そのうち、暗黙の了解なのかグンタが雪ちゃんに手羽先を譲った。
そしてグンタは・・・
 雪ちゃんの体の毛繕い・・・(笑)??
雪&グンタ

本当に羨ましいほど仲が良いというか薔薇、食べ物を目の前にしても緊張感のない姉弟(笑)。
とりあえず雪ちゃんが骨を食べてくれたので、これで私の目的達成です。^^;

でも、手羽先を譲ったのはいいもののやっぱり気になって仕方のないグンタは、手羽先に齧りつく雪ちゃんに何度もちょっかいを出して・・・
やっぱりこうなりました(笑)。
捕り合い

2つに切り分けてあげるべきだったかしら・・?汗
でもそこは仲良し姉弟だけあって、結局2匹で一緒に食べることに決定したようです。^^
一緒に

でも、こんな姿を見ていると、いくら雪ちゃんのためとはいえ鎮静剤を打ってまで肛門腺を絞るのが可哀想に感じてしまいマス・・・。(T_T)
おまけに、鎮静剤を打ったらすぐには帰宅できないので、ちゃんと薬が覚めるまでは病院で足止めを食らってしまう。
できれば、鎮静剤なしで処置が済んでくれればいいんだけどなぁ。
心配症なので、明日、雪ちゃんが帰宅するまではどうも落ち着かないと思います。^^;
2007年10月04日 | Comments(7) | Trackback(0) | 猫の健康
コメント
雪ちゃん、鎮静なしでキュッ!してもらえるといいねー。
まだ1歳だしそんなにたまってないといいねー。
・・・アタシも昨日は鶏の手羽元ごはんだったんだあ・・・
おねえが「分けて♪」って言ってもさ、グンタくんと雪ちゃんみたいに仲良く分けて食べられるかはギモンだよ・・・(=^m^=)
Gavi URL 2007年10月05日 07:41:59 編集
ホント、良い獣医さんですね~。雪ちゃんのお行儀の良さも
効果を成している感じで☆鎮静剤無しで出る事をお祈りします。
でも最終的には出た方が良いですよね。肛門嚢炎になったら
可哀想・・・。ドイツ人の先生も良いタイミングで気づきましたよね。
グンタちゃんと雪ちゃん、仲良しでホノボノ♡
イギリスの鶏肉、生でもサルモネラとか大丈夫なのでしょうか?
ウチも試したいけど、そこが心配で完全に熱通しているのですが。
キャト URL 2007年10月05日 15:14:12 編集
猫とお話ができて、猫の目線で診てくれるお医者さん
良いお医者さんにめぐり合われましたね。
雪ちゃんにとっても、完治までに一歩前進だと思います。

日本も、秋らしい季節をむかえていますが
そちらは一足飛びに冬ですか!?
暑いのも嫌ですが、寒いのも・・・ね。
タマ君もお洒落な猫ちぐらにすっぽりと埋まっていますね(笑)

ところで、肛門腺絞り初めて知りました。
アレルギーと関係があるんですか!?
うちでも、あみがお腹を良く舐めるんですよ
今年、そのお腹に汗疹のようなものが出来て
心配しましたが、涼しくなってきたら治ったみたいです。

雪ちゃんとグンタくん仲良く骨付き生肉にかぶりついていますね
うちでは、まだまだささ身を湯がしてあげるのが精一杯です。

nekoboci URL 2007年10月06日 19:15:56 編集
生の手羽先、美味しそうに食べてますね。以前、手羽先の骨をゴミ箱からあさって、食べられた時はみんな病院でレントゲンを撮ってもらって大変でした。手羽先1本分位なら消化できるそうですが、それでも危険なので食べない様にとの事。生骨は良いと聞いてたんですがちょっと怖くて、与えられないですねー。
アリエス URL 2007年10月06日 21:56:24 編集
肛門しぼりって犬は聞いた事あるけど猫のは初耳です。
うちの9歳のニャンコが3ヶ月位前からお腹を舐めて、今は後ろ足の内側までハゲてるんです(>_<)
所々発疹もあるので、病院に行ったら[これは仕方ないね、エイズキャリアだし体質的なもの]と言われただけでした。
やっぱりアレルギー?
自然治癒を期待してたけど徹底的に調べてもらった方が良いですよね。
ちなみにウォルサムのPHコントロールからPHケアに変えたから原因はそれ?
tomo URL 2007年10月07日 23:49:43 編集
>Gaviちゃん
骨ご飯が効いたのかな?
鎮静剤はなしで処置できたよ~~。^^
かなり暴れちゃったらしいんだけど(汗)。
今までは手羽元しかあげたことなくて、今回は初めて手羽先をあげたんだけど、手羽元の方が断然食いつきが良かったよ。
味が違うのかな?
手羽先の方がコラーゲンも多くていいかも!なんて思ってたんだけど。。。
Gaviちゃんは、おねえと分けあいっこしなくても大丈夫だよー。
きっとおねえなら許してくれると思うから(笑)。

>キャトさん
外科専門にしとくのは勿体ないくらい良い先生です、ホント。
こんな猫好きの人には、猫専門の病院でも開院してもらいたい(笑)!
雪ちゃんは、なんとか鎮静剤なしでOKでした。^^
でも、詰まり具合は半端じゃなかったそうなので、今の時点で気付いてもらえて本当に良かったです。
生肉だけど、これに関しては日本でも海外でも賛否両論だと思います。
手作り食推進派(?)の中でも、生食を食べさせろっていう人がいたり、生は危険だから完全に火を通すように!って言う人もいたり・・。
こればっかりは個人の判断に任されるんだと思います。
私は、猫は野鳥やネズミを食べちゃう動物なので、普通に人間用として売っている新鮮な肉(豚肉はダメだけど・・・)なら生でもイケルと思ってます。
あと、体の抵抗力が弱っている時(エイズや白血病陽性とか)も生肉は避けた方が良いと思います。
うちでは今まで半生状態の手作り食を1年以上あげてるけど、1度も食中毒起こしたことないですよ~~。^^
あとですね、タマにカビの生えた鮭をあげた人が以前いたんだけど(汗)、それに気付いた私たちは心配になって、夜間救急獣医に電話したことがあったんです。
で、猫のお腹はとっても丈夫で強酸性状態に保たれているので、少々腐った食べ物食べても大丈夫だって言われました。^^;
日本カモシカ URL 2007年10月08日 03:38:00 編集
>nekobociさん
ドリトル先生みたいな人です(笑)。
結局、雪ちゃんは病院に半日ほど預けたんだけど、私が連れに行ったときも「ほら、雪ちゃん。ママが来てくれたよ~~☆」と一生懸命に雪ちゃんに話しかけてました(笑)。
いい先生です。^^
イギリスは天気が変わりやすいので、1日1日で気温が全く違うんですよ。^^;
今日コートが必要なくても、明日はコートなしじゃ外出できない、というような変わりようなので、体調も崩れがちになってます(汗)。
肛門腺絞りですが、オスの猫ではよく聞きます。
今まで嗅いだことないですか?^^;
興奮したときとか怖がっている時に、強烈なオナラみたいな匂いがしたり、膝の上に寝ている時に匂いがして、その匂いが服について取れなくなったり。(-▽-)
マーキングの匂い付けための匂いが出てくるのが肛門腺だそうです。

お腹を舐める行為ってのは、お腹周辺に違和感や痒みを感じるからなので、ちょっと検査してみる価値はあるかもしれないですよね。
アレルギーと肛門腺の詰まりは関係ないそうです。
家猫の場合だと、平凡な日常で興奮することもないので、肛門腺から液が分泌される機会がなく、それで詰まってしまうことがあるそうですよ。
でも、肛門腺がなぜ詰まるのかに関しての決定的な原因ってのはよく解明されてないそうです。^^;

>アリエスさん
調理された鶏肉の骨は裂けてお腹を傷つけるのであげると危険って言いますよね。
うちでも、タマが時々 “狩り” に行って、骨付きのフライドチキンを持ち帰ったりすることがあるので(汗)、注意が必要です。^^;
生肉を与えることに関しては賛否両論あると思います。
手作り食を作っている人たちだと、生肉を推奨している手作り食の本が多いので生肉を与えていると思います。
うちの場合、こうやって骨付き肉をあげる時以外は、手作り食も半生です。
理由はやっぱり寄生虫とかサルモネラが心配なので(汗)。
ちなみに豚肉だけは、やっぱり猫でも生はダメだそうです。

>tomoさん
雄猫の場合は肛門絞りする子もいるみたいですよ。^^
女の子はあんまり聞かないかも(汗)。
どうして雪ちゃんの肛門腺が詰まってしまったのかは、今も原因不明です。
足の内側まで禿げてたり発疹があるのは、雪ちゃんも同じです。
心配ですよね。。。
今回、この獣医さんが言っていたのは、お腹を舐めるというのはお腹周辺、あるいは肛門付近に違和感を感じるからだそうです。
とくに肛門付近(後ろ脚含む)の禿げ方が酷い場合は、肛門腺が詰まっているかどうかをチェックしてみる価値があると言ってました。
肛門絞りは自宅でもできないことはないんですよ。
ネットでサーチすると、色々とヒットすると思うので参考にしてみてください。
で・・・分泌液は強烈な匂いがします(汗)。
エイズキャリアの子の場合、体の免疫力が弱い子が多いと思うんだけど、それで外的要因に過敏反応してしまうのかもしれないですよね。
アレルギーも免疫と関係してくるものだし、エイズが原因なのかアレルギーが原因なのか、原因究明はかなり難しくなってくるんじゃないかと思います・・・。
雪ちゃんも、これがアレルギーなのかどうなのか、未だに不明なんです。(T_T)
人間のアレルギーも未知の部分が多いし、もっと情報が出てきてくれると嬉しいですよね。
雪ちゃんの血液検査の結果はまた出次第報告するので、参考にしてみてください☆
日本カモシカ URL 2007年10月08日 04:04:02 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。