04 1234567891011121314151617181920212223242526272829303106


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

リベンジ石鹸 2007年10月01日

先日、とんでもなく恐ろしい出来上がりになってしまった 猫石鹸羅琉 泣き のリベンジとして、蜂蜜入り石鹸の第2弾を製作しました♪
今回は、前回の失敗を生かしてミツロウと蜂蜜の量を少なめにしたおかげか、キレイに出来上がりました~~。にっこり
soap

蜂蜜入りということで、型も蜂さん使用です。Honey
でも、ミツロウも蜂蜜も少なめにしたので、独特の蜂蜜香もほとんど感じられない。。。(-▽-)
うーん、まだまだ修行が必要です。

そして、恐ろしい猫型石鹸と同じ型を使ったキレイな出来上がり例をお見せします(笑)。
neko

こちらは先日、1ヶ月の熟成期間を経て解禁した カレンデュラ石鹸☆

カレンデュラ(Calendula)の別名は ポットマリーゴルド で、日本名は

  トウキンセンカ となります。

私は乾燥した花びらしか見たことないんだけど(笑)、キク科の植物でオレンジ~黄色の花を付けるそう。
そしてこのカレンデュラの効能はとっても素敵で、

飲用: 経周期を正常化を促す、更年期障害の緩和
外用: 殺菌・消毒作用、皮膚の再生を促す 
 などなど・・・

実は、アズミラの動物用チンキにも使用されてるので、見たことある人もいるかも。^^

このカレンデュラ石鹸は、カレンデュラの花びらをオリーブオイルに漬けこんで浸出油にして、それを石鹸に使用したもの☆
花びらも加えたので、所々に黄色が見え隠れしてます。
見た目的には今までで1番キレイにできたかも(笑)。

使用感としてはしっとり目を狙ってたのに、どっちかというと夏向きのサッパリ目になっちゃいました。
しっとり系のシアバターも加えてたんだけど、ちょっとココナッツオイルを使いすぎたみたいで、いきなり寒くなってしまったイギリスの冬使用には乾燥しすぎかも。^^;
でも、泡立ち抜群、溶けにくさもなくてシャンプーバーとしても使用感よし!!
ということで、ココナッツオイルの量を減らしてまた作ってみたい石鹸の1つになりました~♪

調子に乗ってもう1つ。
コチラは、イギリスのスーパーで安く売っている 日本酒 と、日本で以前買ってきてた  ヨモギパウダー を使用した、とっても和風な石鹸。
yomogi

本当はヨモギ入りの石鹸生地をマーブル模様に入れたかったんだけど、2層になってしまって(汗)、まぁ、これはこれで良しとしよう(笑)!

こちらはあと1週間後に解禁予定なので、使うのが楽しみで~~す。^^

そして、話は石鹸からズレてしまうんだけども・・・
例の 英国カモシカ兄&台湾嫁 の近況報告です(笑)。
実は彼ら、

 人に不親切にするといつかは自分に返って来るんだよー

という教訓の見本みたいな状況になってます。^^;
先日、本当に自己中心的に自分たちの結婚式を済ませた彼ら。
結婚式のあとに、台湾嫁の配偶者ビザを申請したそうです。

彼女がイギリスにやって来たのが今年の3月で、その時の彼女は 6か月間の学生ビザ を取得してきていた。

実は・・・イギリスの法律では、外国人が学生ビザの状態でイギリス国内で結婚するのは難しい。
それでも結婚したいなら、ちゃんと手続きを踏んだ上で結婚しなければならない。
私も英国カモシカと結婚したときは学生ビザの状態だったので、その難しさは十分に承知している。
そして、結婚に際しては “Certificate of approval” という、いわゆる “結婚の許し” をイギリス政府から貰わなければ、イギリス国内で結婚することはできない。
*興味のある方は、“イギリスでの結婚” をご覧ください☆

まず、“結婚の許し” 申請のための大前提としては 6か月以上の学生ビザを取得してイギリスに入国していること なおかつ 申請時に 3ヶ月以上の学生ビザが残っていること というのがあるんだけど・・・

実際は、この 6ヶ月以上 というのがあいまいで、6ヶ月 ぴったり の学生ビザ保持者の場合、審査が下りないことが多いそうな。^^;

そして兄の台湾人嫁の場合は、私が口が酸っぱくなるほど兄に

 『彼女と結婚したいと思ってるんなら、イギリス入国前に婚約者ビザを取得させた方がいいよ。
それか、7か月でも8か月でもいいから 絶対に6か月以上のコース を申し込んで、 6ヶ月以上の学生ビザ を貰ってイギリス入国させるように!!』
 

と言っていたのに、兄は私の言うことは無視。
そして、彼女は6か月の語学コースの申し込みのみでイギリス入国してきた。

というか・・・・最初から彼女はイギリスに来たくてたまらなかったので、初めて兄と会った時に
 「あと2年以内に子供を産まなきゃいけないから、早く結婚しないといけない」
と言って、2人のためにホテルのダブルルームを予約、そこで結婚話が出たらしいので(汗)、どうして最初から婚約者ビザを取得してイギリス入国しなかったんだろう・・と思う。

何を考えてるんだか分らないまま、兄と彼女は一緒に暮らし始め、ビザの残りが3ヶ月ギリギリになったトコで “結婚の許し” の申請をすると言い始めた。

私は

 「やめたほうがいいよ。 
移民局のルールでも 6ヶ月以上の学生ビザ保持 って言ってるし、彼女の場合は6か月 しか 学生ビザがないんだから却下されてもおかしくないよ。
却下されても申請費用は戻って来ないんだし、勿体ないと思う。
1度台湾に戻って、婚約者ビザを申請するか(イギリス国内では学生ビザ→婚約者ビザという変更はできないので)、2人で台湾で結婚してイギリスに帰って来るのが1番安全な方法だと思うよ」


と何度もアドバイスした。
しかし、そのアドバイスさえも兄は無視。
それどころか、
「俺たちの仲を壊そうとしてるんだろ?ネガティブ思考は嫌いだ」 
みたいなことを言われました。。。

そして、私の予想は外れて彼らは “結婚の許し” をゲットして、先日の滅茶苦茶な結婚式に至る・・・。

彼女がイギリスにやって来たのが3月。
そして、今は9月。
そう! 彼女の学生ビザはそろそろ切れるんです。^^;

そこで学生ビザから、イギリス人と結婚した者のみが申請できる

  配偶者ビザ(日本カモシカも現在は配偶者ビザ保持してます♪)

の申請をした彼女。

が・・・
見事に却下されました~~。汗;

却下の理由は、彼女が結婚前に6か月の学生ビザしか持ってなかったから。
そして、彼女は1度台湾に帰り、改めて台湾で配偶者ビザを申請してイギリスに帰って来るように との命令が英国移民局より出たそうです。

もちろん兄たちは、彼女のビザ申請が却下されたことに関して、

 私には一切何も伝えてきてません。^^;

英国カモシカ両親と英国カモシカには泣きついたらしいんだけど、どれもこれも私の居ないときを見計らって(笑)。
この件に関しては、英国カモシカも、ましてや英国カモシカ両親も全くの無知。
泣きついたところで、彼らが助けてくれるわけもなく(笑)。

唯一、これまで8年間も合法的にイギリスに居座って、定期的に移民法について調べまくってる私しか知りませ~~ん♪
「ネガティブな日本カモシカ」 のことは嫌いみたいなんで、私とは話したくもないみたいなんだけど(^^;)、ネガティブと現実思考は違うと思うんだけど・・・?

私から見ると、今回の 配偶者ビザ却下 は正当な理由あってのことだと思うし、当然の結果だと思いマス。
それに、1度台湾に帰って配偶者ビザを取得してからイギリスに再入国しろ、とちゃんとアドバイスもくれていることだし、今回の措置は親切な方だと思う。

それなのに、今度は

「却下するなんてひどい!!告訴する」

と言い始めました・・・。(-▽-)
そんなことしたら、この先ず~~~っと、移民局の彼女に関するデータには 『ルール違反ってことでビザ却下したら、今度は告訴しやがった! 』 という記録が残ってしまうだけなのに。

もう訳わからないです、彼らは。
イギリスの移民局の怖さを思い知って、裁判でお金と体力を使い果たしてください、としか言えない(汗)。
でも、裁判で勝てる見込みなんてゼロに近いと思うけど。^^;

私だったら、素直に台湾に帰って配偶者ビザを申請しつつ、友達と美味しいものでも食べながら少ない自国での時間を楽しむと思うけど・・・。

因果応報ということですね。
人の親切を仇で返した上に、私たちの初めての結婚記念日をぶち壊し、他人の言うことには耳を傾けないからこういう大変になるのよ。

同情の余地なし!!

どうせ、何かアドバイスしたって怒るだけなんだろーし。
私たちは、面倒だったけどちゃんと移民法に則って結婚してて良かったわ、ホント。^^;
2007年10月01日 | Comments(12) | Trackback(0) | 石鹸作り
コメント
わー、石けんいっぱい~。
はちみつ石けん、きれい~!
そしてライオンキングもかわいい~。
わたしも二日前にまたカレンデュラ石けん仕込みました。
型入れを失敗してしまったので(どういうこっちゃ)出すのがコワイ。
っていうか出す前からきったないのが分かっているので、がっくり。
日本酒石けんも!楽しみですねー。
あ、よもぎ石けん、寝かせまくって使ってみたら少しは泡立ちが良くなってましたよ。

そして!あ~らら~。
配偶者ビザ却下・・・・。
いい気味~・・ぢゃなかった、あらあら・・・(←根性ワル・・・)。
っていうか、なんか学んでほしいね、このことから。
多分ムリっぽいけれど。
日本カモシカさんは色々アドバイスしたのにねぇ。
もー、ほっといて声高々に笑っておこう!
kao URL 2007年10月01日 20:21:18 編集
>Kaoさん
ホントは、この蜂蜜石鹸はハチミツの香りにしようと思ってたから精油も何も入れなかったんだけど、そしたら完全な無香料になってしまいました(汗)。
ミツロウと蜂蜜の量が多いと甘~~い匂いになるんだけど、失敗しやすい。
少なくすると香りも何もなし!
この加減が難しいー!
カレンデュラ石鹸って、私はマカダミアナッツの石鹸に花びらを加えて作るのが最近のお気に入りです。
自然にピンク色の石鹸に黄色の花びらが映えてキレイなの。^^
型入れ失敗したって・・・私のライオンキング石鹸みたいな感じ(笑)?
是非とも、どうなったのかブログで見せてくださいねー(笑)。^^
うちのヨモギもそろそろ解禁だけど、もうちょっと待った方が使いやすくなるのかな?

で、ビザ却下って久々に聞きました。^^;
ロンドンで学生やってた頃はたまに聞いてたけど、配偶者ビザを却下された人なんて今まで会ったことないです(笑)。
これってかなり危険な状態だと思うし、彼女の学生ビザが切れる前に(もうすぐのはず!)イギリス脱出しないと「不法滞在」になっちゃうよ~♪
告訴だなんだっって意地になって騒いでると、不法滞在で強制退去にもなりかねないのに・・・そこんとこを甘く見すぎ!
まぁ、もうどうなっても私は知ーらないっと。^^;
日本カモシカ URL 2007年10月01日 22:09:42 編集
こんにちは~(^^)
英国カモシカさんの日記読んでて不思議に思ったんですけど、
石鹸って結構簡単に、しかもいろんな材料混ぜてもできるんですねぇ♪
特に日本酒とヨモギ石鹸、すっごく興味あります~!
私もチャレンジしてみようかなぁ(。。)

台湾妻さん、どこまでも我が道なんですね。
移民局を敵に回してイギリスでぬくぬくと住めると思ってるんでしょうか?
なぜ却下されたかは考えそうにないですね、この人…(^^;)

この先どうなるのかちょっとドキドキ(わくわく?)します(--;)
Chie URL 2007年10月01日 22:24:24 編集
石鹸、綺麗ですね☆ 売り物みたい。
私もカレンデュラ、試したいと思っています。(WELEDAだけど♪)
石鹸か~。
なんか興味出てきたけど怠け者の私に出来るかな?
配偶者ビザ、最近は大変ですよね。
私は速攻で取れる時代に取れたので・・・。
自国に戻って申請って最近は常識かと思っていたけれど・・・。
こういう人達がいるからホームオフィスも仕事が増えて、
益々ダメになるんですよね。料金値上げとか。
裁判するなら国に帰っておいしい物!の方が全然良さそうですよね!
キャト URL 2007年10月01日 22:25:48 編集
石鹸、ステキですね☆ 
手作りだといろいろ入れられて、自分に合う石鹸も作れるんですね。魅力だわ、と思いつつも、腰の重い人間なので、自分では作らずに、日本カモシカさん製作の石鹸を眺めて楽しませてもらいます。

ところで、↑の台湾人妻さんの配偶者ビザのお話ですが、かなりビックリです。
今までの因果がめぐりめぐっているような、とは思えど、コレはスゴイ!! (失礼)と思ってしまいました。
私が結婚したときとは、法律も違ってきちゃっているからよく分からないのですけれど、政権側にたてついてもいいことないよな~と。ま、今まで日本カモシカさんが口を酸っぱくしていってきたことを完全無視しての結果なのだから、これから何を言っても無駄だろうなーと思いますが。(爆) 
これを機会に少しは学んで欲しいものですね、と、人事ながら思います。
これからどうするんでしょうねぇ、本当に。
しいこ URL 2007年10月01日 23:57:43 編集
この石鹸いいですね!
売れそうですよ!
ネット通販とかしてみてはいかがでしょう?
特に緑茶とか 蓬とか アジア風味で売ったら結構いけると思うんですが。
で Soothing とかね 効能つけて 名前は日本語で筆書き。
いけそういけそう。

そして 例の台湾妻&英カモ兄さん。

あらららら・・・大変なことになってるんですが 大変なことになってるの理解してないようですね。
たとえやり方がダメダメでも あちらには権威があるんですから 何かあったら一生入国できません ってことになってもおかしくないんですが。

だけど 前もってアドバイスくれるなんて 親切ですよねー。
先日聞いた話では オーストラリアの移民局から 永住権申請が却下されて(理由は不明) 10日間で出国してください と 通知が来たのに 後片付けしてて出ないでいたら 強制退去扱いになった人がいるそうです。
5年間入国禁止 だったかしら?

そちらで同様な目にあったら 英カモ兄さん どうするんでしょうね?
多分 イギリス移民局の記録はどこの国でも入国審査時にアクセス可能。
どこかに住もうにもやっぱり書類は提出しないといけないわけで 当然! 英国連邦はムリですよね~。
どうするんだろう?

でもね 裁判沙汰になったら 家族の仲が本当~~~~にぐらつきますよ。
お金なくなったら 多分親御さんと 英カモさんに泣きついてくるし やっぱり親兄弟だと断れないでしょう。
そしたら どうしてこんなにしてあげなくては? 何もしてくれないのに・・・って 想いが皆に湧いてくるんですよね・・・。

あ 私が経験したのではなくて そういう事例を見たんです。
で 弁護士さんが上のようなことを言ってました。
プリシラ URL 2007年10月02日 17:43:22 編集
なんだか、大変ですな英カモ兄さんたち。
私たちもそんな事にならないように、善後策を考えなくては~~、としみじみ。
って言うか、簡単に考えすぎでしょ。
なぜに、まんぎーさんの言う事をしっかりと聞かなかったのかなぁ~。
hiromi URL 2007年10月02日 21:34:32 編集
>Chieさん
石鹸には、ほぼ何でも入れられますよ。
野菜ジュースもOKだし、カレー粉だって入れられます(笑)。
石鹸作りも簡単と言えば簡単なんだけど、苛性ソーダを使うので危険が伴うんです。
日本だと、苛性ソーダは印鑑がないと買えない劇物なんですが、イギリスでは普通に薬局で買えます(汗)。
それでも危険なことに変わりはないので、手袋にゴーグル、長袖で腕を保護して苛性ソーダの蒸気を吸いこまない注意が必要☆
その点さえしっかり押さえて、石鹸作りトライしてみてください~~。^^
楽しいですよ。
台湾嫁はねぇ(汗)、どうなろうと私の知ったこっちゃいないんだけど(どうせ私が何言ったって聞かないだろうし^^;)、私を巻き込まないでくれればそれで良いです。
外国人としてイギリスに住んでるのに、自分の立場さえもわきまえない態度が恐ろしいです。。。

>キャトさん
WELEDAのカレンデュラは私も使ってました。
ベビーオイルが愛用品で生活に欠かせないものになってたんだけど、石鹸を作り始めてから肌が乾燥しなくなったので(ワ―イ!)必要なくなりました。^^
お勧めですよー、カレンデュラ♪
石鹸作りは、苛性ソーダの扱いさえ気を付ければ楽しいですよー。
けっこうハマります。^^
キャトさんは、2年前くらいに行われた移民法の大幅改正に巻き込まれなかったんですね。
羨ましいわー。^^;
私は法律変わった直後にビザの書き換えやら結婚やらで、ほとんど情報もない中、手探り状態だったんです。
しかもビザ代高すぎだし!!
私も、ビザの書き換えは自国に帰ってって今の時代は常識だと思ってたけど、逆らいたいんでしょうね(汗)。
逆らうとロクなことはないんだけども。^^;
とにかく!私のビザに影響が出なければどうなろうと知ったこっちゃないです(笑)。

>しいこさん
私も必要がなければ石鹸なんて作らないと思います(笑)。
私はアトピー持ちで普通の洗剤類を使えないので、手作り石鹸は必需品なんです。
私も、イギリス日本みたいに完全無添加の純石鹸を売ってれば、わざわざ自分で石鹸を作ることもないと思います。^^;
ビザに関しては、外国人が外国で住んでいくには絶対必須で、それを発行してくれるのは英国政府ってことを理解してないんじゃないかと思います(汗)。
政府を怒らすと、外国人なんてすぐに国外に放り出されて再入国拒否だってできるのに。^^;
こんな事態になっても告訴だなんて言ってるってことは、彼らはこれからも変わらないと思います。
自分の思うように進まないのが現実なんだから、現実を受け入れてほしいと思います。^^
日本カモシカ URL 2007年10月03日 04:51:28 編集
>プリシラさん
石鹸って直接肌に使うものだから、売ろうと思ったら薬事法とか絡んでくるんですよー。
だから簡単には売れないみたいです。
残念!

台湾人嫁も兄も、さっぱり自分たちの置かれた状況を理解してないと思いますよ。
直接話してないから分らないけど、事態の深刻さを理解してるなら告訴なんてしないですうよね。(-▽-)
例の、オーストラリアで博士号取ってた方を思い出してしまいました(笑)。
台湾嫁は、自分はイギリス人と結婚したんだから追い出されるようなことはない、って思ってるのかもしれないけど、旦那と子供がイギリス国内に居ても、母親だけ強制送還って自体もあり得るのに。
ましてや、兄たちの場合は本気で偽装結婚を疑われてるんじゃないかと・・・(汗)。
私から見ても、状況が怪しすぎるし。^^;
とにかく、裁判してもいいけど私たちには迷惑かけないでほしいです~~。(>_<)
私のビザに響いてきたりしたら大変!!
私も1年後に永住権の申請しなきゃならないし、その時に親類に強制退去されたアジア人がいるってバレたら不利になりそうだし。

「強制退去された経験があるかどうか」「ビザを申請したが却下された経験があるか」ってのは、新たなビザの申請、更新の際にかならず書類の質問事項に含まれてるので、隠せないです。
そういえば、そうでしたね~。
強制退去されたら5年間は再入国無理です、イギリスも。^^;
こういうことを知ってたら、告訴なんて考えないと思うんだけど・・・教えてあげてもどうせ無視するだろうから、何も言う気はありません。^^;
家族仲は、今の時点ですでに悪いですよー(笑)。
私なんて、彼らからはすでに家族扱いされてないですもん(爆笑)!
彼らのために金なんて出しませ~~ん。
ちゃんとルールには従いましょう♪ です。

>Hiromiさん
ブログも読んでてくれたんだ!
ありがとう~。^^
ホントに事態の深刻さを全く理解してないみたいだし、私が何を言ったところで怒るだけだから、私は何も言う気ないです(笑)。
自分が外国人ってことをちゃんと自覚しないと、いつ強制退去って自体になってもおかしくないのに。。。
もう私は、彼らがそうなっても知ったこっちゃいんだけど(笑)。
Hiromiさんの場合、今は永住権の申請は無理だと思うけど、もう1度配偶者ビザの申請から始めたら問題ないと思うんだけど?
兄たちみたいにルール違反してるわけじゃないから。^^;
日本カモシカ URL 2007年10月03日 05:13:12 編集
あちゃ~、英国カモシカ兄さま、バカだねぇ~(>_<)。
自業自得ですよ、これは。
日本カモシカさんの親切なアドバイスを聞かなかったんですもの。
人のいい、英国カモシカさんがお兄さんに泣きつかれてお金を出したり、自らが何かしら動いたりしないよう要チェックですね。
台湾妻は、もうね、自分の法律で世の中回っていると思うなー!とここで毒を吐きたい気分。
記事を読ませてもらっているだけで、イライラする(-▽-) 。
日本カモシカさん、我慢して頑張っていますね。偉いですよ、頼れる人間がちょっと頼りにならない時がある英国カモシカさんだけなのに。(英国カモシカさん、ごめんね、ちょっとキツイ一言出ちゃった。)

それにしても、石鹸作りは売り物になりそうな出来栄え。販売資格とって石鹸の商売っていうのもアリですね☆
nyanmyupurin URL 2007年10月03日 15:08:42 編集
カモシカさん、またしてもご無沙汰気味で
ごめんなさい。
台湾嫁、ざまーみーって感じですよね。
それで移民局ともっと揉めて、数年間イギリス入国禁止とかにでもなって欲しいかも。(過激)でも、実際、普通の入国でもかなり厳しいので、下手に高飛車に出ると本当に追放ってありえますよね。カモシカさん、静観しちゃってていいですよ、親切で忠告したのに聞かないお兄さん夫婦が悪いんですから。
まさに因果応報。
でもちょっとすっきりしたかも?(笑)

手作り石鹸良いなぁ~、それにしても
すごく色々な型があるんですね。
マリーゴールドって、コンパニオン
プランツとしてもいいので、結構
高い薬効が期待できそうなイメージが。
匂いをかいでみたいなぁ。
Kuma URL 2007年10月04日 00:27:17 編集
>Nyanmyupurinさん
兄の人格を疑ってしまいます、正直言って・・・。
私に対しての酷い態度もだけど、ここまでバカだとは思いませんでした。
普通、自分たちが悪いのは分かり切ってるのに、国の機関を相手に、告訴なんてしないでしょ・・・。(-◇-)
私ももう我慢しきれず、英国カモシカにも 「私たちの結婚記念日は正式に変更するよ!彼らと一緒の日なんて御免だから」 って言っちゃいました。^^;
英国カモシカもさすがに、この告訴騒ぎには呆れてるみたいですよー。
英国カモシカ両親は 「告訴した方がいいのかなぁ?」 なんて私に聞いてきたけど、私の率直な意見を聞いて固まってました(笑)。
どう思ってたのかは知らないけど。^^;
今回の件で、台湾嫁のイメージが最悪になったことだけは間違いないので、今のところは私に迷惑はかからなそうなのが救いです(汗)。
お金に関しては、キッパリと私が財布を握っておきます!^^
石鹸の販売資格って、やっぱりもうちょっとマトモな石鹸を作れるようにならなきゃ無理かも(笑)。
ちゃんと使えるし、使い心地も悪くはないんだけど、いつもどこか失敗してるんですよー。
NMPさんにも送ろうって思ってたんだけど、まだ気に入るものができないので、もうちょっと待っててくださいね。^^;

>Kumaさん
ご無沙汰だなんて、気にしないでくださいね~~。^^
本当にそう!
移民局の怖さを全く理解してないようなので、英国カモシカに 「移民局相手に喧嘩したらどうなるか」 「1度でも強制退去させられるとどうなるか」 というのを説明すると青くなってました(笑)。
イギリス入国だけでなく、他の国への入国の際にも影響してくるので、私には移民局を告訴する勇気はありません。^^;
とくに、移民局の言い分が正しいと思われるときは尚更です!

マリーゴルドは元気の出てくる色なので私も好きでーす☆
でも、石鹸にすると香りは飛ぶんですよー、これが(笑)。
石鹸に香りを残すのってかなり大変です。
市販のは化学香料たっぷり使ってるから匂いが消えないけど、精油とかだと石鹸の熟成中に香りが飛んじゃうので、出来上がった石鹸は無香料に近いものに(汗)。
香りを残すことが、これからの課題です。^^;
日本カモシカ URL 2007年10月04日 21:13:17 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。