05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ホメオパシー治療について考える 2007年08月05日

しばらく忙しくて、ブログの更新がままなりませんでした(汗)。
この間、日本からやって来たお客さんと会ったりしていて忙しく過ごしていたんだけど、とうとうその方も土曜日に帰国してしまい、ヒースロー空港でお別れしてきました。

日本へ帰って行く人を送りだすたびに、なんだか寂しい気持ちになる日本カモシカです。(>_<)
私もニッポンに帰りたーい!!

そして、そんな間もちょこちょこと調べていたのは、雪ちゃんのアレルギー対策のためのホメオパシー治療に関してです。
前回のステロイド注射から明日で 10日目 なんだけど、やっぱりまた口の周りが ちょび髭グレー色 になってきた雪ちゃん。(T_T)
grey

このステロイド注射は 2週間持続性 とは言ってたけど、10日目にして症状が復活してきたということは、やっぱり雪ちゃんのアレルギー強度は結構強いのかなぁ。。

ホメオパシー治療に関しては、うちにはかなり前に購入した

 『Natural Health Care For Your Cat』

という本があるので参考にしてます。
本

作者はドイツのクラシカル・ホメオパスで、獣医師でもある Rudolf Deiser さん。
洋書にはなるんだけど、一応、日本のアマゾンでも購入できるみたい。

この本で取り上げられているのは、主に ホメオパシー と フラワー・レメディー についてなんだけど、体の部位別に目次が分かれている。
病気や体調不良についての説明はもちろんのこと、考えられる原因と家庭での対処法、どの程度の症状が出てきたら病院に行って診察を受けるべきか、などなど・・・かなり役立つ情報が満載です。
そしてなにより、 猫専用の本 というのが嬉しい。^^

ホメオパシーはヨーロッパ、主にドイツなどで盛んな民間療法で 

体にとって毒となる物質をごく少量摂取することによって、体の抵抗力を高める


という考え方が基となっている治療法。
ホメオパシーで使用される薬は レメディー と呼ばれて、見た目は直径2ミリくらいで糖衣状なので、なんだかお菓子みたいです。^^

ホメオパシーは、西洋医学の薬のように即効性を期待するよりも、漢方の使用などと同じく ジワジワと効いてくる薬 と思ってもらえると良いかと思います。

雪ちゃんのアレルギーについては、とりあえずアトピーに関する項目を参考に♪
おハゲに関する項目もあったんだけど、ハゲのほとんどは他に何か原因があって起こるものなので、やはり原因となるアトピーなどのアレルギーを直すのが先決。

アトピーの原因や症状に関しては人間のものとほぼ同じなので、アトピー持ちの私にとっては見慣れた説明でした。^^;

なので、ここでは 猫のアトピー独特 の説明のみを♪
まず最初に、猫にアトピーらしき症状が出てきたら ノミ駆除 & お腹の虫駆除 をすること。
猫のアレルギー原因で特に多いのが ノミ、ダニ、虫 だそうです。

肝心なホメオパシーでの治療方法だけど、同じ皮膚アレルギーでも色んな症状の出方がある。
乾燥性、滲出性、炎症を起こすもの・・・。
症状の出方によって、治療に使われるレメディーも変わってくるので、レメディーの選び方がかなり重要となってくる。

この本の中の色んな症状を読んでみて、ふと目が止まったのがこの説明。

患部から粘着性があるハチミツのような液体が出ていて、
 肥満で常に眠く、1日中お腹を空かしている猫


これは! まさしく雪ちゃん・・・!!
雪

こういう症状の子に良いのは、 Graphites12x というレメディーだそう。
注)ホメオパシー治療は副作用がないとは言われるけど、異物を体に入れることには変わりないので、レメディーを与える際は獣医さんに相談してください。

イギリスではホメオパシーは民間療法として浸透しているので、人間用のレメディーなら普通に薬局で簡単に買えるし、値段もお手頃。
それを動物に使用する場合は自己責任になってくるので、1番良いのはキチンとホメオパスの先生に相談して、その子に合ったレメディーを処方してもらうことだと思います。

専門医に相談するのが1番なのは分ってるけど、身近にホメオパシーに詳しい獣医さんも居ないし、とりあえずは今の獣医さんに相談して使用してみようかなぁとは思ってます。
でも、まずはその前に皮膚科専門医の先生のアドバイスをもらうのが先かな?
2007年08月05日 | Comments(9) | Trackback(0) | 猫の健康
コメント
雪ちゃんの治療方針いいのがみつかるといいね。
皮膚科の専門のお医者さん、いい方法みつけてくれるといいなぁ♪
ホメオパシー日本だと獣医さんでホメオパスの人もいるんだけど少なくて、電話でレメディを決めてもらうんだぁ。(1回2時間位お話するよ)
アタシのホメオパスの先生も関東の人なんだけど北海道の患畜さんもいるよ。
12Xだったら何か起きたもやめれば大丈夫だと思うけど、同じにゃんこでもホメオパスさんによって処方は全く違うみたい。いろいろな流儀とか臨床経験で変わるみたいなの。獣医さんと相談して雪ちゃんにあったホメオパスさんみつかるといいね。
Gavi URL 2007年08月06日 08:50:47 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年08月06日 09:12:59 編集
お疲れ様です~。

>肥満で常に眠く、1日中お腹を空かしている猫

・・・これは 笑っていいのですか だめなのでしょうか???

ホメオパシー 効くといいですね。
こちらにそんな気の効いた物はあるんだろうか?
謎。
プリシラ URL 2007年08月06日 20:50:24 編集
>Gaviちゃん
今週、もう1度獣医さんに会いに行って、それから専門医の先生に相談することになると思うから・・・治療方針が出るのはもうちょっと先になるかな?
ホメオパシーに限らず、なんとか体の負担が少ない方法で治療していければいいなぁ。
ホメオパスも、クラシカルとプラクティカルって2種類あるんだよね?確か。
私の持ってる本はクラシカルのだから、その子独自の体質だとかに焦点を置いてるみたい。
私の行ってる獣医さんは、サプリだとか水療法だとか、薬を使わない治療方法も提供してるから、なにかいい治療法が見つかると嬉しいんだけど。。。

>鍵コメさん
コメント、ありがとうございます!
ホメオパシーを学んでいる方からのコメントは本当に嬉しいです。
イギリスではホメオパシーは浸透しているんだけど、薬局にたくさんレメディーがあるだけで、今まで実際にホメオパスには会ったことないんです。
日本で、配合された漢方が薬局で売られているような状態です。^^;
私も風邪薬や、アーニカの塗り薬だとかは使ったことあるんだけど、効果のほどがなかなか見えないので本格的な使用になかなか踏み切れずにいました。
でも鍵コメさんもおっしゃるように、レメディーがヒットすると本当に良く効くみたいですよね!
ホメオパシーもそうなんですが、バッチフラワーレメディーも、イギリスでは対象が人間、動物限らず、資格者でないと処方をしてはいけないことになってます。
だから、私が使うとしても自己責任になってしまうんですよね(汗)。
私の知識は学校などで学んだものじゃない独学になってしまうので、ちょっと不安もあるんですが、雪ちゃんが少しでもラクになるように治療法模索中です。^^;
日本カモシカ URL 2007年08月07日 00:39:47 編集
>プリシラさん
雪ちゃん、可愛いんだけど肥満なんです(汗)。
おまけに寝るか食べるかって生活してるから、太る一方で。。。
笑うツボかもしれないです、これ(笑)。
人間も動物も、肥満は良くないですね。
体が重いと動く気もしなくなるし、そうすると体調も悪くなるだろうし。
体重落としたらアレルギーも軽くなるのかな?なんてことも思います。^^;

オーストラリアは英国大好き&女王の国だし、ホメオパシーとかもありそうな気がするんだけど、どうなんでしょう?
日本カモシカ URL 2007年08月07日 00:44:42 編集
ゆ、雪ちゃん。
Graphitesってそんなに面白い表現があったなんて。
悪いと思いつつ吹き出してしまいました^▽^。
私も今、いろいろレメディ選びで1ページ1ページ検討してるところです。
ホメオパスの方は、マテリアメディカの検索ソフトとかあるらしいけど、
市販されてないしなぁ。
どちらにしても、「実際に患畜をみないで診察」というやり方には信用をおけないので、
自分でデータベースっぽいの作りたいなーと画策してますが、
時間がサッパリないので進みません^-^;。
私は自分の体で高度もの実践&実験してるけど、
全然関係ないの飲んでも変化がないからちょっとつまらないです;;。
クラシカルとプラクティカルについて、いいとこ取りすればいいじゃん、みたいな、
勉強してる方のおもしろいサイトもありますよ☆
お水といえば・・・何かすごいお水があったような。
あ、nekobociさんやnmpさんも使ってるミネカライトはどうでしょうね?
りゅう URL 2007年08月07日 10:48:03 編集
雪ちゃん、綺麗なお顔がまたまたチョビ髭オヤジになっちゃいましたね(>_<)。
専門用語で(笑)カトちゃんぺっ!になってる…(^_^;)。
雪ちゃんのアレルギーって、すごく重いんだね(T_T)。
アレルギーが治ると「肥満で常に眠く、1日中お腹を空かしている猫」から脱せるということでしょうか。それもこれもアレルギーのせいだったと言うことなの?となると、雪ちゃんの肥満による他の余病を招く前に、アレルギー軽くしたいですね。
ミネカライトも試してみる価値はあるかもしれません。アトピーや皮膚炎にも効くと、ラベルに書いてあります。雪ちゃんに合うかどうか分からないので、もし試されたいようでしたら、少しお試しでお分けしますよ。
nyanmyupurin URL 2007年08月07日 18:47:04 編集
>患部から粘着性があるハチミツのような液体が出ていて、
 肥満で常に眠く、1日中お腹を空かしている猫

ダイレクトに自分の特徴を言われちゃうとちょっとカチンとしちゃうわよね~、雪ちゃん(笑
ほんと、すみません、私笑ってしまいました。

レメディ、試してみたいと思ってたんです。
まずは銀蔵さんを連れてくるときに。
レスキューレメディを使おうかなって。。。
その本、私も買って読んでみようかしら。

ようやく重い腰をあげ、来週あたりから獣医さん探しが本格化しそうです。
mixiの猫コミュ、ほんと助かります~
きらきら URL 2007年08月08日 20:17:41 編集
>りゅうさん
この本を書いた人はクラシカルの人だから、各猫の体質なんかを重視した結果の表現だと思います(笑)。
でもこれが人間用の本だったら、かなり失礼ですよね。^^;
データベースとか、イギリスだと英語版でなにかありそうな気がするんだけど・・・何かあれば記事にしますね!
それにしてもりゅうさん、自分で人体実験してたんですね。^^;
私もやってみようかなぁ~♪
ミネカライトって知らなかったので検索してみました。
へ~~、色んなことに使えるんですね!
でも・・・かなり良いお値段しますね(汗)。
イギリスでは売ってなさそうだし、日本から取り寄せとなると送料凄そうだし。(>_<)
イギリスで入手できるもので何かないか、まずは探してみます。^^;

>Nyanmyupurinさん
カトちゃんぺっ!って懐かし~~~(笑)!
まさに、そんな顔ですよね。
他にアレルギーの猫って見たことないから実感湧かないんだけど、獣医さんにも酷いって言われました。
ちなみに、私も今は日光アレルギーで湿疹に悩まされてます。(>_<)
日光に当たった時間なんて合計30分くらいだったのに(涙)。
私も雪ちゃんと一緒に体質改善に励むつもりです。^^;
雪ちゃんの肥満がアレルギーから来るものだとしたら、肥満改善のためにもアレルギー克服は重要になってくると思ってます。
ミネカライトですが、かなり良いお値段ですよね(汗)。
まずは、何かイギリスで代用品がないかどうか探してみますね。
お申し出、ありがとうございます☆

>きらきらさん
いやいや、私も 「これはまさに雪ちゃん!!」 って思ったから、笑うツボなんですよ。^^;
レスキューレメディーはうちでも使ってましたよ~~。
イギリスなら薬局で手軽に手に入るし、まずはきらきらさん自身も試してみてはどうでしょ?
猫にあげる場合は、水に垂らしたりご飯に混ぜたりすると良いですよ☆
苦味があるので、そのままだと嫌がられる可能性大です。^^;
フラワーレメディーだと、動物へのレメディー使用法についての本も出てますよ。
「Bach Flower Remedy for Animals」って本です。
アマゾンで購入できるので検索してみてくださいね。
日本カモシカ URL 2007年08月10日 04:26:49 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。