03 12345678910111213141516171819202122232425262728293005


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

雪ちゃんの天敵現る 2007年06月23日

うちが出戻って来てかなり落ち込んでいるカモシカ家ですが、不幸中の幸いというか・・・
査定料金として支払っていた約7万円ですが、ギリギリのところで査定を中止してもらえたため、お金も 保留状態 にしてもらえました☆
この保留状態のお金は、次に “新居” が見つかったときに査定料金として使用してもらう予定です。
良かったわ、ホント。 
7万って安い金額じゃないし、引っ越しでどんどお金が出て行く時の7万はかなり大きいので。^^;

今日の昼間は新居候補を見に行ったり、ネットで物件探しをしたりとまた忙しい日々に戻りつつあるんだけど、このところ雨降りだったイギリスでちょっと晴れ間が覗いたので、雪ちゃんにハーネスを付けて庭散歩に出た。

実は雪ちゃん、また最近になって皮膚アレルギーの症状が出てきていて、おハゲが出来てます。(>_<)
耳の後ろに1つ、顎の下に1つ、首の後ろに1つと 計3か所 もハゲがあって、唇も腫れている。
その診察のために今日の夕方には獣医さんに行く予約も取ってあったので、病院に行く1時間前に雪ちゃんと共に庭に出たんだけど・・・。

久しぶりの庭で張り切って走り回っていた雪ちゃん。
ビンクスも加わって追いかけっこなどもしていたんだけど、そのうち虫を追いかけて1人で遊び始めた。
もちろんリード付きだから私の目の届く範囲内で走り回っているし安心していたんだけど、何かに飛び付いた雪ちゃんがいきなり高くジャンプした。
そして左前足を地面から持ちあげた状態で呆然としている。

しばらくすると必死に前足を舐め始めたのを見て、いったい何が起きたのか分かりました。^^;

雪ちゃんはハチに飛びかかり、
前足をハチさんに刺されました。。。


刺されたのが、獣医さんに会いに行く直前で良かったわ。^^;
病院に到着したころには目で見て分かるくらい前足が腫れていました。
bee

刺したハチはたぶんミツバチだし、他に腫れている箇所も見つからないので心配する必要はないとのことです。^^

獣医さんでは、おハゲの治療&ハチに刺された腫れを抑えるためにステロイドの注射を打ってもらいました。
アレルギー対策に関しては、環境管理ではできる限りのことを頑張っているし、おかげでグンタの喘息の発作はすでに1ヶ月も起きていない。
でも雪ちゃんのアレルギーはしつこくて、毎日のハナクソと唇の腫れが収まってくれません。(>_<)
そして定期的に出現するおハゲ。。。

アレルゲンを取り除く努力をしても治まらない症状なので、今回は 抗ヒスタミン剤 を3週間分と体質改善のための サプリ を処方してもらいました。
薬

これなら副作用もないし、現在のところはこれで症状が緩和されるかどうか様子を見る予定。
でも、抗ヒスタミンは猫にはあまり効果がないそうで、雪ちゃんにもどれだけの効果が見られるかは試してみないとわかりません。 
ステロイドの服用に関しては、やっぱり長期的使用は副作用が怖いので今は使わずに、どうしても症状が酷い時だけは今回のように注射で使用という方向で対応していくことになります。

ステロイドを避けたい理由はもう1つあって・・・
ステロイドって食欲を増加させるという効用もあるので、おデブの雪ちゃんには使えません(汗)。
病院で測った本日の雪ちゃんの体重 5キロ
獣医さんにも

『昔は体重がなかなか増えなくて心配してたのにねぇ。。。
あの頃が嘘みたいね。^^;』


なんて言われました(汗)。

今日はハチに刺され、注射まで打たれてしまって散々な1日だったけど、病院ではいつものように獣医さん&看護婦さんに愛想を振りまいて人気者だった雪ちゃん(笑)。
今は元気に走り回って遊んでいるし、このまま足の腫れが引いてくれれば問題なさそうです☆

そしてグンタは、私たちが食べ終わった生クリームの入れ物に顔を突っ込み、中に残っていたクリームを舐めようと必死になっていた。
でも・・顔が生クリームだらけなんだけど(笑)。^^;
クリーム

『満足~
美味しかった
2007年06月23日 | Trackback(0) | 猫の健康
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。