05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

予定変更 (T_T) 2007年06月23日

うちの売却ですが、買うと言っていた家族がドタキャンしてきました。
すでに、ローンを組む際に必要となる査定料金約 7万円 も払った後だというのにー。。。
ちなみに、この7万円はすでに口座から引き落とされていた場合には返却されません。

お金をドブに捨てたようなもんです。

明日の朝1番でローン会社に連絡して、もしもまだ引き落とされていなければ、なんとか返却してもらえるように頼んでみないと・・。

ということで、私たちが購入予定の家も、私たちが家を売却できていないので、他の買い手を探し始めます。(T_T)

やっぱりね、世の中そんなに簡単には行かないものなのね。
2007年06月23日 | Comments(8) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
7万は痛すぎます。
それってキャンセルした人が払うべきなのに
そうはいかないのかしら?
とも買う引き落としストップできることを祈ってます。
占星術では今物事がトントンと進まない時期だから
もう一度考え直すにもってこいの時期なんです。
だからこれもまた追い風のひとつと受け取って
頑張ってくださいね♪
GANBARUNEKO URL 2007年06月23日 02:43:01 編集
家の購入って、本当に難しいんですね。
そんな、ドタキャンなんて…
そんなことを繰り返してたら、
いつまでたっても引越しできないですよね。
イギリス人は辛抱強い人が多いんだなぁ…

とにかく、査定料が戻ってきますように…
きらきら URL 2007年06月23日 05:53:57 編集
えっ!ガ~ンにゃあ!
間に合うといいね!
でもさ、日本カモシカおねえちゃんたちがお引っ越しするつもりだったおウチも新しい買い手がすぐ出てくるとはかぎらないにゃっ!
それにもっといいおウチも見つかるかもしれないし!
エイエイオーッ!でがんばるにゃっ!
Gavi URL 2007年06月23日 15:44:39 編集
う~~~ん。そうでしたか…。
でもでも、新たな買い手が現れることも考えられるし(自分達の条件に近い買い手が)、あきらめないでね。
物事が滞る時は、それなりに、やっぱり意味のあることだと思うので現実を受け入れて、次に出来るとこを考えてやっていく事で不思議と当初の目標を達成していたりします。
焦らず、そして願いをあきらめずですよ!
今はショックは大きいと思うけど、でも、タマちゃん達のためにも、頑張ってね。応援しています。
nyanmyupurin URL 2007年06月23日 16:20:53 編集
なんと!?残念としか言い様がないですね。
せっかく、動き始めた!ってカモシカさんご一家がホッとしていたところなのに。
でも皆さんが言うように、きっともっと良い条件とか、良い家にめぐり合うためなのかもしれないし。諦めずに頑張ってくださいね。
応援することしか出来ないけど・・・
うにわさ URL 2007年06月23日 17:49:43 編集
家の売買に関しては、イギリスは難しいことが山積していますね。
せっかくの良い話しでしたのに残念です。
しかし前向きに考えれば、これからもっと良いお家が見つかるかも知れません。
また、良い話が入ってくるかもしれません。

ここは我慢のしどころ、あせらずにじっくり待つことでしょうか!!
でも。7万円は痛い!! 悔しい!! 何とか返してもらえる手立て無いものでしょうか?
nekoboci URL 2007年06月23日 18:34:40 編集
>Ganbarunekoさん
ギリギリのところで査定を中止してもらえた為、7万円をなくさずに済みましたー。*^◇^*
不幸中の幸いとはこのことです。
お金は返ってこないけど、次の新居が決まったときにまた査定が必要となるので、そのときまで私たちの払ったお金は保留状態となります。
今日はまた、新居候補になりそうな物件を見て回っていたんだけど、なかなか良い物件がありません。(>_<)
少しでも早く引っ越したいのに、今年中に引っ越せるのかどうかも不明です。。。

>きらきらさん
査定料金は戻ってこなかったけど、今回は保留という形で、次の家の購入が決まった時点で今回のお金を使って次の家の査定をしてもらうことになりました。^^
家の売買については、イングランドのシステムが悪すぎます。
スコットランドのシステムは日本と似ていて、家を買うオファーを入れた時点でデポジットを払わなきゃいけないらしいです。
でもイングランドは古いやり方をキープしているというか、要するに変化が嫌いなので物事が良くならない国なんだと思います。(-▽-)
私たちは振り出しに戻った状態なので、いったいいつになったら引っ越せるのか、全く予想もつきません。(T_T)

>Gaviちゃん
なんとか間に合って、査定は中止してもらえたからお金はなくさずに済んだよー。^◇^
本当に安心した。
今回購入予定だった家に関しては、早いもの勝ちになると思うよ。
他の人が購入申し込みをして、その人たちがすぐに購入手続きに移れる人たちだとダメなんだけど、そういう人たちが出てくる前に私たちの家が売れればいいんだよね、要は。
でも・・・そんなに簡単に売れそうにもないし(汗)。
家の売買のシステムとか考えると、これが民主主義の国のやっていることとは思えないよー、ホント。
こんな風に、騙し合った揚句に家を手に入れても嬉しくないと思うのになぁ。。
日本カモシカ URL 2007年06月24日 06:27:04 編集
>Nyanmyupurinさん
とりあえず今日から、また新居候補を探し始めました。
不動産屋さんもすでに私たちの家の売り込んでくれているので、新しい買い手候補が現れてくれるのを待つしかないです。
新居候補は、これまでにたくさんの物件を見てきたけど私たちの予算範囲内で手が出る物件で条件の合う家ってなかなかないんですよ(涙)。
猫のための安全な環境と庭が付いている家、なおかつ町まで徒歩で歩ける物件・・・。
イギリスって貧富の差が激しい国なので、同じ町の中でも治安が悪くて住みたくない地域が多くて、それも良い物件が見つからない理由でもあります。
安全な地域は必然的に家の値段が高くなり、値段の安い家は危険な地域内にあるか家自体に問題があるかのどちらかです。^^;
とりあえず、また家探しに集中する日々となりそうです。(T_T)

>うにわささん
本当に、私も最初に電話で連絡をもらったときには体中の力が抜けてしまいました。。。
イギリスに住んでて学んだことは、何事も期待するべきじゃない、ってことなんですが、今回はその教訓を忘れてついつい喜んでしまってました。^^;
イギリスではよくあることなんですよ、こういうことって。
だから何事も期待しない。。。
なんだか寂しい国です。
とりあえずまた新居探しを頑張るしかないです。
こういう状況に疲れきって引っ越しを諦めてしまう人たちも居るほどなので、私たちも気合入れて頑張らないと・・・。(>_<)

>nekobociさん
本当に信じられないようなシステムです。
ドタキャンのおかげでお金を失ってしまう人が出てきたりするのに、そんなことも考えない人が多いのがイギリスです。。。
ルールなんてあってないようなものなので、とにかく用心してかかるに越したことはないかなぁと思ってます。
7万は、ギリギリのところで査定を中止してもらえたので、無駄に失くさずには済みました。^^
次回、新居の購入が決まってまた査定が必要となったときに、今回のお金を使ってもらうということになります。
とりあえず、今はお金を無駄にはしたくないので助かりました。^^
日本カモシカ URL 2007年06月24日 06:53:18 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。