09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

知りたくないこと 2007年06月15日

昨日、庭を完全に脱走防止にするにはどうすればいいんだろう・・・とネットで色々と検索していたときに、イヤなことを目にした。

 「庭」「脱走防止」「猫」
という3ワードで検索して、偶然目に入って来たのは BBCのこの記事。
 Gardeners' pet hate for cats(ガーデナーの猫嫌い)

2003年の記事なんだけど、かなり恐ろしい内容でした。
イギリスは、ご存じの通り動物愛護が盛んな国。

これは、The Mammal Society(哺乳類協会)という組織が約4000人を対象に行った
 「あなたの庭で見かけて嬉しい動物は?」 
というアンケートの結果です。
1位 ハリネズミ
2位 アナグマ
3位 鹿
4位 キツネ
5位 コウモリ
6位 灰色リス
7位 ネズミ
8位 ハタネズミ
9位 ウサギ
10位 モグラ
11位 猫
12位 ラット(ドブネズミなど)


この記事以外にも猫に関するコメントがいくつか載っている記事も発見して、そこに出ていたコメントは隣人が私に言ってきた事とほぼ同じでした・・・。
猫がただ単に “嫌い” なのではなく “Hate(憎い)” と言っている人がほとんど。

イギリスは動物愛護精神が行きすぎて、猫は野生動物を殺し、野鳥を殺す悪者という地位を確立してしまっているようです。
猫も同じ動物 だということを忘れている人のあまりの多さに、正直言って心底ゾーッとしました。

もちろん、猫好きな人もたくさん居るとは思うけど、猫嫌いな人は日本人以上に嫌っているようです。
たぶん理由の1つには、イギリスではガーデニングが盛んだということも含まれていると思う。

イギリス人は動物好きな国民だなんて、ホント笑わせてくれる。(-▽-)
英国カモシカは、隣人の件があったのに
 「あんな人間は例外で、イギリス人は動物好きだから大丈夫」 
なんて言っているけど、自分の国の事は悪く思いたくないんだろう。
現実に目を背けないでほしい、英国カモシカ。

BBCの記事に載っていた猫嫌いのコメントの1つです。

"I slow down for horses... But speed up for cats!" :-)
“(道路で)馬を見たらスピードを落とす、でも猫を見たらスピードをあげる”


天下のBBCのサイトが、2ちゃん化してました。。。
イギリス最低。
猫たちは、外には出したくありません。
2007年06月15日 | Comments(4) | Trackback(0) |
コメント
最後のBBCのサイトのコメント・・・ありえない話ですよね!?馬は良くて猫がダメってこと?同じ動物でしょ!ってか身近にいる分猫のほうが可愛いと思うのが人情だと思うんですけどね。
でも日本でも、何の悪さもしてない、ただ家の庭を通過していく猫のために、わざわざ毒入り(ねずみ団子?)のご飯用意しているようなヒト、普通にいるみたいですから。
そういうヒトに限って私動物って好きなのよ~とか平気な顔をして言うんですよね。

英国カモシカさん、きっと自分=イギリス人。自分=動物好き。イギリス人=動物好きって考え方してるんじゃないかなあ。
にゃんこ達と遊んで、リラックス、リラックスですよ♪きっといい方向に動きますよ!
うにわさ URL 2007年06月15日 14:35:49 編集
んげ~ッ・・・( ̄^ ̄)
ムカつくのも通り越した感じ(--;
前に動物愛護の勉強をした時、イギリスでのSPCAや動物愛護発祥の理由が、昔、娯楽のための牛イジメや、過酷労働で弱った馬などにかなりの虐待をしてたからというのを知って、こりゃ法律でも作らないとヤバイ人種だったのかしら~・・・と感じたのを思い出しました。
今は日本も危険人物増えたけど(汗。
まぁどこの国でもイロイロあるのは解るけど、動物愛護先進国のイギリス人のイメージが急下降中^^;
tomo URL 2007年06月15日 16:28:20 編集
うっひゃあ~ って 声が出そうに・・・。

やっぱり 狐狩りが貴族のスポーツのお国柄だから・・・ですか?

ちなみに 蝙蝠と ポッサムなら たくさんいますが。
ポッサムだって かわいいけど 屋根に住むとそこで オシッコしちゃうので 屋根が腐るので害獣扱い。

つくづく 人間が一番の害獣だよな・・・と 実感してしまいそうになりました。
プリシラ URL 2007年06月17日 21:23:34 編集
>うにわささん
たぶん、この感覚は人種差別をする感覚と似ているんだと思います。
同じ “動物” だということが理解できないので、同じように愛情を感じることができないのではないかと思ってます。。。
そして私の知人のイギリス人も猫嫌いで、自分の子供に 「猫は evil(邪悪)だ」 と教えてます。
親の言うことなので、当然子供もそう信じてしまいますよね・・・。
そして将来は猫嫌いに育つんだと思います。
茶漬くんのように、小さなころから動物と接することは本当に重要なことだと感じます。
とにかく、猫嫌いな人が多い国だということを頭に入れて、これからは注意して生活しようと思います。

>tomoさん
イギリス人はもともと差別意識の強い人種でもあるので、こういった感情を持っている人が多いのも納得いきました、なんだか。(-_-)
猫を嫌いな人が悪いってわけじゃないんだけど、どうしてここまで憎むのか・・・私には理解不能です。
ゴキブリやどの昆虫とは違って、猫は感情豊かで見た目も可愛い動物だし、そんな動物を駆除の対象としか見られないだなんて、悲しい人種です、イギリス人は。。。
イギリス好きな人は、私のブログを読むと失望してしまうかもしれないですね(汗)。
ごめんなさい!(>_<)
でも、悪いトコばっかりじゃないですよー、イギリスも。^^;

>プリシラさん
私はこの記事を読んで、体がスーッと寒くなりました。
ちょっと、人種差別と重ねて見てしまったんですよね。
猫に関してのコメントの 「猫」 を 「ガイジン」 に置き換えると、テレビでよく聞く差別発言にそっくりだったんです。
人間なんて、同じ人間同士で差別して、むやみに殺人犯したり、本当に怖い動物です。
とりあえず、猫たちは守らなきゃって思いました。
日本カモシカ URL 2007年06月18日 06:20:33 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。