09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ガラクタ処分 2007年06月05日

※応援ありがとうございます。
なかなか、皆さんのブログに遊びに行く余裕がなくてごめんなさい!
早く落ち着けるように頑張りたいと思います。

イギリスでは週末になると
 カーブーツセール 
と呼ばれる、いわゆるガラクタを売るマーケットが各地で開かれる。

イギリス英語では 車のトランクのことを “ブーツ(boot)” と呼び、 “カーブーツセール” とは元々、車のトランクに雑貨などを並べて広場などで売っていたことから付いた、ガラクタ市の呼び名です。

うちも、家を売るためにガラクタを処分している最中なので、どうせなら少しでもお金になった方が助かるし(笑)、カーブーツセールに参加して、うちのガラクタを売ってきました。^^
カーブーツセールの参加料は1600円。
でも、英国カモシカの両親とお兄ちゃんの雑貨も一緒に売ってあげることにして、参加費は割り勘にしてもらいました。

そしてこのカーブーツセールですが・・・たいていのものが早朝から開始される。
参加の予約は必要ないので早く行った人から場所取りができるんだけど、ほとんどの人たちが開始前から会場となる空き地などへ到着してます。
私たちが参加したものは、 朝の6時開始 だったので、眠い目を擦りながら6時15分くらいにやっと会場にたどり着いた。

でも! すでに大勢の人が商品を並べて売り始めていて、それを買っているお客さんもたくさん!
日曜日の朝っぱらから、よくこんなことできるなぁ、とある意味感心してしまいました。^^;
カーブーツ

大抵の人は、テーブルなどを持参してそこにありとあらゆる “不用品” を並べて売るんだけど、値段は安くしないとまず売れない。
私たちも、楽器や縫いぐるみ、台所用品などを100円くらいで売り、「これは売れないだろー」 と思われるような体用のスポンジ(未使用ですw)なども売りました(笑)。
ちなみにスポンジは30円で売れてビックリ!
カーブーツ

そして今日は、うちを売るためには少しでも外観をキレイにしておかないといけないので、窓のペンキ塗りです。^^;

2階の窓枠を外側から塗るために、高い梯子に登っている英国カモシカに興味深々のタマ&ターディス嬢。
窓

2匹は2階の窓から何事かと下を見下ろしているんだけど、私たちは開いた窓から2匹が落ちてしまうんじゃないかとヒヤヒヤ状態でした(汗)。
タマ&ターディス嬢

そして本日、私たちが購入したい家に対して購入希望を申し入れました。
私たちは、全国チェーンの大手の不動産屋さんを使ってカモシカ家を売ろうとしているんだけど、何かと親身になってくれる良い不動産屋さんで助かってます。

イギリスで家を購入するプロセスというのは オークション に似ていて、売り手の希望価格の 90% くらいの値段で購入交渉するのが一般的なんだそうです。
家の売り手は、買い手の購入希望価格によって 「了解」 または 「却下」 という返事を購入希望者に伝え、売り手、買い手が納得の行く値段になるまで交渉は続きます。

ただし、この交渉は一対一で行われるわけではなく、売り手に対して購入希望者が多数になるのが一般的。
しかも、他に何人の購入希望者がいて、いくらの価格を提示しているのかが分からないぶん、オークションよりもたちが悪い。(>_<)

そして購入希望者も、数件の家に購入希望を出すことができる。
おまけに、買い手の購入希望が 「了解」 されたとしても、買い手はドタキャンできます。
このイギリスの売買システムは、売り手も買い手も頭が痛いものなので、家の売買にはストレスが付き物です。。。(T_T)

たとえ売り手が私たちの提示値段で 「了解」 してくれても、私たちの家がすぐに売れなければ、交渉成立したあとでも 「却下」 されることがあって、最終的に支払いが終了するまでは先が見えないのが現実です。
私たちが購入希望を出している家が出戻ってきたのも、購入希望者の家が予定通りに売れなかったために、契約が流れてしまったからなんだそうです。。。

そこで、私たちの不動産屋は、経験不足な私たちの代わりに相手の不動産屋と交渉をしてくれて

 『3週間契約』

というのを取り付けようとしてくれました。
要は、相手側に3週間は売却を停止してもらう代わりに、その3週間で私たちの不動産屋がカモシカ家の集中売り込みをするから、という申し入れです。
そして私たちもドタキャンはしないし、うちが売れれば絶対にお宅を買います、という条件。

でも・・・予想通りに却下されました。
おまけに、私たちが提示した購入希望価格も却下されました。

仕方ないので、通常言われる 希望売り価格の90% というのを超えた値段で、再度交渉しなおしています。。。
でもいまだに返事なし。(>_<)

売り手としては、もっと良い値段で良い条件の人から購入希望が来るのを待っているんだと思います。
日本のように、引越しも簡単にできないので本当に頭が痛い。(T_T)
当分、このオークションのような交渉を続けつつ、私たちも自分の家を売らなければなりません。
買い手と売り手の腹の探り合いというか・・・。(-▽-)

自分の家の売却支払い、新居の購入支払いの終了までは安心しないように。
希望を持ちすぎると辛いだけだから。


というありがたい言葉を、不動産屋からいただきました・・・。
なんだか、やっぱりイギリスはイヤです。(T_T)
2007年06月05日 | Comments(7) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
気に入る物件が見つかったからといって
買える訳じゃないのがもどかしいですね。
でもそういう簡単に手に入らないところも
ステータスとなる部分なのでしょうかね。

上手くストレス解消しながら頑張ってくださいね。
何も出来ませんが応援していますよ♪
きっと追い風が吹いてきてくれてるって思います(*^^)v
Ganbaruneko URL 2007年06月05日 14:38:43 編集
タイミングってありますから。うまくいかないように思えても、実はその裏に意味があったり。悪い方にばかり考えないことが大事!って友人の受け売りですけどね(^-^;)
うにわさ URL 2007年06月05日 20:26:02 編集
何だか、大変なんですね…。家の売買って…知りませんでした(--;)私たちの場合は売り手も買い手も友達で、「この人に売る」「この人のを買う」っていう風にすでに決めているので楽ちんですが、赤の他人同士になると大変なのですね。。

今後家を売るときの参考にさせていただきたいです。。

それにしてもカーブーツセールの参加料安いですね!リンコンは3000円ぐらい取られますよ(><)

Chie URL 2007年06月06日 01:39:18 編集
>Ganbarunekoさん
ホント、目の前に物件があって買う気満々なのに、後から来た人に取られちゃう可能性大なのが辛いです。
猫たちの安全のためだから妥協はできないし、好条件の家はどうしても逃したくないです。
次にいつ、こんな好条件の物件が出てくるのか分からないぶん、決まるまではストレス溜まりそうです。。。(>_<)
応援していただいてありがとうございます。(*^^*)

>うにわささん
そうですよね。
今はどうしてもイライラしてしまいがちなので、どうしても物事を悪い方に取ってしまいがちです。
反省。(>_<)
この物件がダメならいつでも他の物件を当たれるように、今は毎日のように売り出し物件のチェックをしてます。^^
早く、良い報告ができればいいんだけど!^^;

>Chieさん
家の売買はストレス溜まるって聞いてはいたけど、知れば知るほどイヤになってくるこのシステム。
もうちょっとラクに売買できるように、法律で取り締まってくれればいいのになぁ、って思いますよ。
おまけに、物件の値段以外にも税金、物件の保存状態のチェック費用、弁護士の費用などなど・・・とにかく莫大な金額が必要です。
Chieさんとこは、不動産を通してないんでしょうか?
それだったら、手数料の分だけ安上がりに済みますね。^^
家は、1度買ったらできればもう売りたくないです。
こんな面倒なことをまたするなんて、想像しただけでも本当に頭が痛い!(>_<)

リンコンのカーブーツって3000円もするんです??
高い~~~!!!
ウスターには5箇所くらいでカーブーツが開かれるんだけど、どこも相場は8ポンドくらいですよ。
参加費があまりにも高いと、カーブーツセールをする意味なんてないですよね。^^;
日本カモシカ URL 2007年06月06日 05:05:14 編集
うわ!すごい!
それは大変!
こっちなんて お金借りるのもものすごく簡単なので 家が売れなくても家買っちゃうヒトなんて ざらです!
イギリスって 知れば知るほど 大変な国なんですね・・・。
グチが出るのもわかります。

無事に お目当ての家が手に入りますように~。
プリシラ URL 2007年06月06日 20:39:22 編集
クローズドのオークションってのは理解できるけど、やっぱり相手が何人いて、相手はどんな人で、本当はどんな希望を持っていて…とかわからないのって、大変ですね。本当に終わるまで確定しないなんて、すごいストレスになりそうです。大きなお庭付きの家を目指して、頑張って~!
valvane URL 2007年06月09日 21:07:58 編集
>プリシラさん
オーストラリアってそんなに簡単なんですか??
イギリスもクレジットカード地獄に陥っている人たちはたくさん居るけど、やっぱりローンが組めなくて家の購入をドタキャンする人も多いので、オーストラリアよりは難しいんだと思います。
イギリスのシステムって、なんだか無駄なものが多いような気がするし、ちゃんと機能してないシステムが多いような気がするし・・・たぶん要領の悪い国なんでしょうね(汗)。
イヤ~~~。(T_T)

>Valvaneさん
オークション式で家を売ることも多いんですよん、イギリスでは。
とくに、借金の担保として取られちゃった家とかはオークションで売られます。^^;
でも、オークションを嫌がる人の方が多いので、普通の家の購入手続きくらい早いもの勝ちにしてくれたっていいのに~~~!って思います。^^;
日本のように、表示値段がそのまま価格になってくれれば、どんなに物事がスムーズに進むことか・・・(汗)。
ストレス溜まる一方です。^^;
日本カモシカ URL 2007年06月10日 21:41:30 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。