09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

タマは、撃たれたのかもしれないです 2007年05月20日

コメントの返事の前に記事だけアップすることをお許しください。
私の記憶が薄れる前に、ちゃんと記録として残しておきたかったので。 
自分の記録のためなので、気分が悪くなる方もいるかと思います。
興味のある方だけ読んでください。
ゴメンなさい!!(>_<)
以前、タマが エアガンで撃たれたかも・・・ ≫傷の原因

という記事を、去年の11月に書いたのを覚えている方もいるかと思います。

今日の朝(19日午前10時半頃)、英国カモシカはちょっと町まで用事があって、徒歩で出かけました。
そして、家の外で隣人に話しかけられたそうです。
隣人は ココ で記事にした、警察沙汰になっていた、うちの隣に住んでいる隣人です。
この家庭は息子の家庭内暴力が絶えない家庭で、時に警察を呼ぶことがあります。

話は戻り、その隣人の男性(暴力息子の父。60歳代)は英国カモシカに

 「あんたのトコ、猫何匹飼ってるの?」

と聞いたそうです。 
そして

「あんたのトコの猫を撃とうとしたんだけど、どうも失敗したみたいだね」

と言ったそうです。
英国カモシカが 「もしも本当に撃とうとしたのなら、今すぐに警察に通報するけど」 と言ったら、すぐに

「イヤ、冗談だよー」

と訂正したそう。
そんな気分の悪いやつは相手にせずに立ち去ろうとした英国カモシカの後姿に向かって、この男性はさらに

 「あの猫、殺すべきだよ」

とヒトコト言い放ったそうです。

もちろん英国カモシカは帰宅後すぐに、彼が何を言ったのかを私に報告。
ブチキレタ私は、すぐに隣の家に行きました。

そこで言われたことは

「猫は殺戮マシーン(Killing Machine)で、野生動物の数が減っている」

ということ。
私が

“うちの猫のうち3匹はほとんど外へ行かないこと”
“夜(1番狩りをする時間帯)は安全のため、猫たちは家の中に居る事”
“雪&グンタは今までリードなしで外に出たことはないこと”


を伝えると、今度は
 
「猫を家の中に閉じ込めておくなんて、アンタは残酷な人間だね」


と言われました。
彼ら(息子はその場には居ませんでした。夫婦のみ)の言い分は、猫は家の中では生活できず、しかも4匹も室内で飼うから猫が凶暴になる、ということです。

うちでは、もともと野生的な野良猫で、外の世界で生きてきたタマは外出しています。
野生だった猫を室内に閉じ込めておくのは “残酷だ” と指摘されたので、外出許可にしました。
でも他の猫たちは、室内生活を平和に送っています。
そしてタマは、他の猫たちと喧嘩をすることはあっても本気で襲うことはありません。
それどころか、暇さえあれば雪&グンタを舐め回しているので、チビズたちからはとても慕われている。

でもこの隣人はそれでも猫を室内に閉じ込めておくのは残酷だと言うので 「じゃ、うちの猫を見に来てください。それでも残酷だというなら仕方ないです」 と言ったんですが

「あんた、馬鹿じゃないの?見になんて行くわけないだろ」

ということです。

「では、全ての猫を外に出せということですか?」 と聞くと

「猫は殺戮マシーンだから、野生動物を殺す」


という答え。

「あなたが猫を嫌いなのは勝手だけど、そんなに動物が好きならば、猫も動物なので撃たないでください」

と言ったんですが、

「猫は嫌いじゃないよ。
うちでは猫3匹も飼ってたんだから。
今までだって、うちの庭で近所の猫にエサをやってたのに、今じゃ庭に来なくなった。
アンタんとこの猫がいつもあの猫を襲ってて、あの猫を殺したから来なくなったんだ」


と言われました。

タマが他の猫を殺すような喧嘩をしたならば、タマも大怪我をして帰宅するので気付きます。。。
ちなみに、彼らの家のサイズはうちと同じ。
4匹飼うのが多すぎと責めるなら、3匹も4匹も同じ。
雪&グンタは2匹で同じ空間を共有するほど仲良しなので、スペースを争うことはありません。
そしてこの隣人の飼っていた猫は外出していたそうです。
そこを責めると

「猫3匹は娘が飼っていたから関係ない」

と言われました。

「あなたが殺戮マシーンという猫を過去に飼っていて、しかも他人の猫に庭でエサやりまでしていたなら、全く話の筋が通っていないじゃないですか?」

と私が言うと

「あんたはガイジンだから分からないかもしれないけど、イギリスには “発言の自由” というものが許されていて、何を言おうと勝手なの。
中国なんて猫を食べるじゃないの?
アンタの方が動物虐待する可能性のある危険人物だ」


と反論されました。
私は中国人じゃないし、動物の肉を食べているこの隣人たちも同罪です。
会話の最中に、大きな蜂が飛んできて彼らの家に入ろうとしたので私が手で止めると

「ほら!今アンタは虫を殺そうとした!」

と言われました。
蜂は、室内に入るよりも外に居る方が良いので、それで蜂のためを思って手で追い払ったんだけど、頭の弱い彼らには分からなかったようです。
彼らは以前、うちの屋根の一部が壊れてそこに鳥が巣を作っていたときに

「鳥が巣を作っているじゃないか!
迷惑だから、今すぐに穴を埋めてくれ」


と苦情を言ってきました。
穴が開いているのはうちの家だし、私たちはそんなのは無視したけど。
すると今度は

「あんたたちが穴を埋めないから、今度はコウモリまでやって来たじゃないか!
穴に入っていくのを見た」


と言ってきました。
コウモリなんてイギリスでは珍しいので、地方新聞が取材に来るかもしれないです。
是非とも見たいと思ったけど、私たちがコウモリを目にすることはありませんでした。
ちなみに穴は、鳥が巣立つまで放置しましたが。
彼らからすると、ただ単に、雛鳥の声がうるさかったんだと思います。

うちで猫を4匹飼っていて、そのうち3匹は室内飼いというのは私たちの勝手だと思います。

その点に関して彼らに何を言われようと構わないんだけど、タマを撃とうとしたというのは無視できない。
タマが外に出て行くのが問題ならば、タマが鳥やネズミを捕っているのを目撃したり、庭で糞をしたりしているのを目撃したら、すぐに連絡をくださいと頼みました。
そうしたら私がすぐに駆けつけて、タマを取り押さえられるので。
でも 「腰が悪いから、わざわざ報告になんて行きたくない」 というので、電話で報告できるようにうちの電話番号を渡そうとしたら、受け取りを拒否されました。


「では、タマをどうすればあなたの気が収まるんですか?」


と聞いたところ、

「あの猫は殺すべきだよ」

と言い放たれました。

うちでの猫の飼い方に口を出されようと、人種差別的な発言をされようと、この隣人家庭は頭の弱い家庭だと思うので無視するけど

「撃とうとしたけど失敗した」
「殺すべき」


という発言は無視できません。
そして、獣医さんにタマの傷が銃で撃たれたものかもしれない、と指摘されたこともあり、何とかできないものかと考えています。

とりあえずは、イギリス最大の動物保護団体 RSPCA に報告しました。
この団体は、健康な動物でも殺してしまう団体なので私は好きではないんだけど、アニマルポリス的な役割を果たしているので、法的なアドバイスをもらうには最適な団体。

そして、ターディス嬢、雪&グンタを保護してくれた CATS PROTECTION にも相談のメールを出しておきました。

今日は1日、英国カモシカと2人で引っ越し先を探してました。。。
猫たちの安全を守れないなら猫を飼うべきではないと思うし、この隣人はこれまでも何度も 「問題発言」 をしていたのに、オカシイのを分かってタマを外に出してしまったのも私の責任だと思ってます。

ビンクスをここに残していかなければならないのは本当に心残りだけど、英国カモシカが出張で居ない時にいつも凶暴化するタマを家の中に閉じ込めておくのは至難の業で、いつも脱走されてしまいます。

隣人と大喧嘩をした今、逆上した彼らに庭に猫の毒でも盛られたら大変だし、彼らが外国人に対して良い感情を持っていないことも分かっているので、引っ越しするのが1番安全だと思いました。

彼がタマを撃ったという証拠さえ掴めれば。。。
と思うと、本当に悔しいです。
今のところは、なんとか頑張って猫たちには室内生活をしてもらいます。

イギリスは日本よりも安全だと思っていた私が馬鹿でした。

<本日のグンタ>
咳の発作 - 朝1回。人間用ベッドの上で
毛玉ジェル - なし
2007年05月20日 | Comments(18) | Trackback(0) |
コメント
なんと言ったらいいのか わからないのですが・・・。

こういう人がいるのって 本当に怖いです。
息子の暴力に耐えられないから 代わりに弱いもの苛めて 憂さ晴らししてるんでしょうね。

そんなこというなら 自分の足でも エアガンで撃ってみればいいんだ・・・。
プリシラ URL 2007年05月20日 12:06:21 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年05月20日 13:37:03 編集
∑(゚□゚*川えぇぇぇぇっ!
なんかすごいことになってたんだね。
警察や動物愛護団体に言っても、そういうおかしな人たちは何するかわからないから、日本カモシカおねえちゃんの考えるように、もしお引越しが可能なら引越したほうが安全だと思う!
イギリスって動物愛護が日本よりずっと進んだ国だと思ってたのに、びっくりしたよ。
そういえば前、やっぱりそういう論理で野良猫を射殺してもいいって法案があがったアメリカの州があったよね・・・
それにしても、そのおじさんの言ってることは論理としても意味をなしてないしむちゃくちゃにゃあ。
日本カモシカおねえちゃん、大変だけどがんばってね。
・・・なんか悲しくなっちゃうよね・・・
Gavi URL 2007年05月20日 16:38:18 編集
何か得体の知れない恐怖感、このお隣さんの存在は、
まるでホラーの世界のように思われます。

話しても分かり合えない種類の人間って何処の国にも確かにいます。
しかし、それで「殺す!」「射殺すべきだ!」
などと極端な発言をしますか!!

愛護団体が進んでいる国、考えてみれば極端に動物虐待者も多いってことですよね。
守る動物が多いから「愛護団体」の活躍が必要と思います。

この極端な虐待変態者がお隣では、大変でしょうが
引越するほかに手が無いでしょうね。
逃げるが勝ってことでしょうか!!
ただ、ビンクス君もさらっていってほしいですね。
nekoboci URL 2007年05月20日 18:02:47 編集
変な人は国を問わずいるから、それが隣人だったのが不幸でしたね。引越し先が無事見つかると良いですね。どさくさまぎれでビンクス君も連れて行ってあげてください。
nao URL 2007年05月20日 23:22:21 編集
大変でしたね(><;)筋の通らないクレイジーな人は治りようがないですからね…。しかも隣人ともなると、猫ちゃんたちの命がかかってますから、引越しはやむをえないですね…。
でもなんか納得いきませんね!何の非もないカモシカ家が引越ししなきゃいけないなんて(--;)!!なにかガツンとやっつけられるような法的機関があればいいのですけど…。
主人共々、イギリスのクレイジーピーポーにはうんざりですよ~(▼皿▼)
Chie URL 2007年05月20日 23:26:48 編集
気が付いたら左手で拳を握っていました。
わーん、許せません。
百歩譲って本当にタマちゃんが可愛がっていた猫を殺したとしてもどうにもこの発言は許せません。
それにしてもベストな解決方が出ると良いですよね。
ビンクス君自身も選択出来ると良いのですが・・・。
アビオと銀治 URL 2007年05月21日 02:13:36 編集
久々に来てみたら驚く内容で・・・(><)
人として常識も教養のカケラも無い隣人ですね!
本当に隣人は猫を飼ってた事があるのですか?
その辺りの外猫さんを全部守りに行きたい!!
日本カモシカさん、どうかビンクスさんも連れて行ってもらえませんか?
元々のビンクスさんの飼い主では守ることは出来ないないと思います(ToT)
tomo URL 2007年05月21日 10:11:04 編集
最後まで読ませていただきました。猫のために変な隣人に抗議に行った日本カモシカさん、エライです。もし可能ならば、引越しされた方が良いと思います。そのうち猫だけではなくて他人にも危害を加えそうな人達のように思えます。私なら怖くて住めないと思います。ビンクス君はもし引越しする時、譲ってもらったらどうですかねー首輪にお手紙書いてみたら?
アリエス URL 2007年05月21日 11:07:01 編集
素敵なお庭があって、広いおうちで、隣人のことがなければ、猫達にとっても、とってもいい住まいなのに残念ですね。
でも、その隣人さんはエスカレートしたら猫だけで済まなくなりそうだし、即行動に英国カモシカさん移してくれてよかった。いつもの、暢気な調子でなくて。
タマちゃんが日本カモシカさんだけだと、凶暴になってしまうのは、この事も原因だったのでしょうか。
英国カモシカさんがいないと、隣人家のことが気になって。男の人でないと、その隣人さん達にかなわないとタマちゃんは思っていて、日本カモシカさんだけだと不安になり、そのせいで神経過敏状態になっていたことも考えられますよね。
ゴラムちゃん、ガンダルフちゃんの眠るお庭を置いて引越しするのは寂しいでしょうけど、自分達の安全が大事です。
大変な選択だったと思いますが、一日も早く環境のいい住まいが見つかるように祈っています。
ビンクスくんのことも気になるけど…。
隣人さんに出て行ってもらうことが出来たら、一番いいのにね…。
nyanmyupurin URL 2007年05月21日 12:05:19 編集
本当に、話の分らないというか、そもそも話を聞く気のないヒトってどこにでもいるんですね・・・。
とても理不尽なきがしますが、皆さんの安全を考えるなら『引越し案』は最良だと思いますよ。外が恋しいタマちゃんを閉じ込めるのは困難でしょうし、隣人夫婦にプラスして、その息子まで出てきたらそれこそとんでもない事態になりそうだし。
抗議に行った日本カモシカさん、本当にすごいと思います。すぐに引越しを考えてくれた英国カモシカさんも本当に家族として猫Sを愛しているんですね。
猫のためにそこまで!?なんていう人もいるかもしれませんが(私の身近には結構います T-T)家族だからこそ!ですよね。種族が違おうが同じ生きてる命ですから。
ただ残念なのはビンクス君のことですね。動物愛護とか法が整備されてるだけに、勝手に連れて行ってしまったら訴えられたりしそうだし・・・。虐待気味の飼い主っぽいんですよね?うまく話が出来て、一緒に行けたらいいですね。うまくいくようにお祈りすることしか出来ません(>-<)
うにわさ URL 2007年05月21日 14:14:24 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年05月21日 17:06:34 編集
>プリシラさん
怖いし、本当に許せません。
1度でも猫を飼っていたというのなら、動物を飼うということがどういうことなのか、わかっているはずと思うんですが。。。
分かってないんでしょうね。
元野良猫で手の付けられない凶暴猫のタマだから 「殺すべき」 なら、自分たちのコントロール不可能な暴力息子も同じ目に合わせればいいんだ。
同じ人間に危害を加える危険な息子なんだし、タマ以下だと思います。
自分たちが「暴力息子だから死ぬべき」と言われたらどういう気持ちがするか、考えてみたこともないんでしょうね。
許せません。


>カギコメさま
コメントありがとうございます。
とても嬉しく、心強く思います。
引越しは本当に悔しくて、今まで快適に過ごせるように費やしてきたお金や労力を投げ捨てるようなものなので、理不尽に感じています。
でも、もしも引越しをせずに猫たちに被害が及んだら、理不尽だからと引越しを諦めた自分を責めてしまうと思います。
だから引越し・・・となんとか自分を納得させている状態です。
暖かいお言葉ありがとうございます☆

>Gaviちゃん
私自身に危害を加えるって脅してくるんなら 「やれるもんならやってみろ!」 って強気で構えて、意地でも引っ越さないと思うよ。
でも対象が猫たちってなるとね、うちの猫たちを守るのは飼い主の責任だと思うし、守りきれないなら里子に出すべきだと思うから、とにかく引越しがベストかな、と思ってる。
動物愛護が進んでいる国だからこそ、それを気嫌いする人もいるみたい。
私もこの隣人たちに 「動物愛“誤”(室内飼い)している危険人物」 って言われたよ。
だって、外に出したら撃たれるなら、室内で飼うしかないし!
この人たちの理屈によると、動物愛護に関わっている人間こそ、動物に危害を加える可能性のある危険人物なんだってさ。
バッカじゃないの~~~~!!!
本当に、普通の会話さえも成り立たない人たちだと思うよ。
怖いよね。
日本カモシカ URL 2007年05月21日 18:40:36 編集
>nekobociさん
本当に、異常だと思います。
今までも「オカシイ人」とは思っていたけど、本当にこんな嫌がらせをしてくるなんて、想像もしてませんでした。。
普通の神経を持っている人間なら、国籍を問わず、こんな事はしないと思います。
「殺す」という言葉を他人に向かって発するということは「脅迫」と同類なので、いくら証拠がなくても怖いです。
どう頑張っても、この言葉を冗談とは取れません。。。
ビンクスに関しては、本当に難しい問題です。
飼い主さんが居るのは分かっているし、今までも何度か、ちゃんと首輪を付けてもらっていたんです。
最初は去勢されていなかったけど、最終的には私たちに指摘されて去勢もしたし・・・。
猫を飼うといっても色んな考え方の人が居ると思うし、私たちとは違う飼い方でもその人にとっては 「大切な猫」 なのかも知れません。
猫に自由を与えるのが1番、という考え方の人もいるかもしれません。
だから、勝手に連れて行くことはできないと思ってます。
飼い主さんともう1度ちゃんと話をして、私たちの引っ越しの理由も話して、ビンクスの将来については決まると思います。
私もビンクスを置いていくのは本当に心配です。

>naoさん
うちは英国カモシカの持ち家だったので、いくら隣人が変人でも、簡単に引っ越すことがはできずにいました。
今までは、ここまで露骨に嫌がらせを受けたことはなかったし、タマが傷を受けて帰ってきたときにも、まさか隣人がしたこととは想像もしませんでした。
いくらイヤな人間たちでも、普通の神経の持ち主、ましては60歳代の老人がこんなことをするとは思いませんでした。。。
だから、タマが傷を受けた時は、子供たちのイタズラだと思ってしまいました。
でも、隣人は普通の神経の持ち主じゃないと判明した今、やはり引越しは避けられません。
ビンクスには飼い主さんがいることが分かっているし、どんな飼い主さんであれ、その人なりの方法で猫を愛しているんだと思います。
これまで何度か首輪を付けてきたこともあったし(そのたびにビンクスは首輪を紛失してました)、全くビンクスを気にかけていないわけではないので、やはり勝手に連れて行ってしまうと、飼い主さんは悲しむことと思います。
自分の猫を失う辛さは、失って初めて分かるものだと思うので。。。
ビンクスに関しては、飼い主さんとちゃんと話し合って決めます。
何もせずに置いていくわけじゃないので、安心してください。

>Chieさん
この前まで、Chieさんたちが家を探している、って話だったのに、いきなり私たちも同じ状況になってしまいました。
いきなりのことなので、何も計画していなかった私たちにとってはかなりショックです。
つい最近、ドアや窓を新調して貯金が出て行ったんです(涙)。
あのお金を返して欲しい。
猫の脱走防止のために付けたゲートも、庭に植えている日本野菜も、このまま置いていかなければならないのが悔しいです。
イギリス人って変人奇人が多いと思うけど、この隣人もその「変人」の範囲内だと思っていました。
実際に危害を加えてくる人間は、もうただの「変人奇人」の範囲を超えてます。
危険です。
でも・・・証拠がない限り、どんな法的機関も動けないんです。
とくに被害者が「猫」だと、警察なんて当てにはならないです。
RSPCAが動いてくれることを願うばかりです。
日本カモシカ URL 2007年05月21日 19:04:41 編集
>アビオと銀治さん
私も毎日、隣家とつながっている壁を見つめながら心の中で五寸釘を打ってます。。。
許せません。
あんな危険人物たちが、何もなかったように平和に暮らしているというのが本当に理不尽です。
でも、猫を守る責任は飼い主にあるので、理不尽という人間の感情は押し込めて、猫の安全のために引越します。
まだうちの猫たちはみんな若いし、これから先もここに住みながら、猫たちの身の安全を心配しながら過ごすのは私にとっては拷問のようです。。。
ビンクスに関してはちゃんと飼い主さんが居て、飼い主さんなりに何度か首輪を付けるなどして努力もしているようだし、勝手に連れて行って悲しませることはしたくないと思ってます。
ただ今のままの世話放棄状態では心配だし、ちゃんと飼い主さんと話し合うつもりでいます。
でも、きっと飼い主さんは「大きなお世話」と逆上する可能性大ですが。
でも、私たちはもうここから引っ越すので関係ないかな、と。。^^;

>tomoさん
お久しぶりです!
コメントありがとうございます。
この隣人は、理屈を伴わない子供の押し問答に実際の暴力が加わったような、とても危険な人たちです。
ただ単に理屈の通用しない人物であれば無視できるけど、危害を加えてくる人たちは、こちらがすぐに行動を起こさないと本当に危険だと思ってます。
付近一帯の猫たちに関しては、野良猫は少ないんです。
ほとんどが飼い猫で、外歩きをしてる散歩猫。
だから猫飼いさんたちにこの隣人のことを広めて、注意を促すつもりでいます。
ただ、私がイギリス人ではないということで、逆に私が変人扱いされてしまうかもしれないけど、もう引っ越すので関係ないです。
ビンクスの飼い主さんも同じく、もう私たちは引っ越すので近所付き合いなんて考えなくてもいいし、今までのように世話してあげられなくなるので、飼い主さんと面と向かって話をしてこようと思ってます。
飼い主さんがビンクスを手放すつもりがなければ、私たちには何もできません。。。

>アリエスさん
私も怖かったんだけど、恐怖よりも怒りの方が強くて抗議に行きました。
タマが受けた傷はかなり大きく、そんな傷を負わせたことを1度は「自白」したのなら、なんとかして法的に裁いてほしかったからです。
老夫婦だけなら人間に危害を加えてきたとしても、自分の身は守れる自信はあります。
でも、この家の暴力息子は警察沙汰になるほどなので、やはり怖いと思います。
引越しは、理不尽だけど最善の方法ですよね、たぶん。。。
ビンクスは、現在のところ首輪をしてません。
今まで何度か飼い主さんが首輪をつけてたけど、そのたびにビンクスは紛失していたようです。
でも、飼い主さんの家の場所は分かっているので、直接話しをしに行ってみるつもりでいます。
譲ってくれるとは思えないんだけど、それでも注意を促すことはできるので。。。
日本カモシカ URL 2007年05月21日 19:28:05 編集
>Nyanmyupurinさん
今回の事件は、このまま私たちがここに住んでいたら私たちの離婚にも発展しかねない問題だと思ってます。
人種差別問題などもあって、私のイギリス人全般に対する怒りは頂点に達しているし、そこに猫の生命の危険まで絡んできたら、自分自身に歯止めが利かなくなるように感じてます。
それを知っている英国カモシカなので、すぐに引越しには同意してくれました。
ゴラム&ガンダルフのお墓、猫のために色々と努力した庭や、新調したドアと猫ドア、日本の野菜に手作りした池などなど・・・置いていきたくないものでいっぱいです。
お墓に関しては、墓石と、そこに植えたバラを掘り起こして持っていこうと思っています。
体はもう土に返ってしまっているので。。。
それ以外のものは、もう諦めるしかなさそうです。
また、1からやり直しです。
タマが凶暴だったのは、もしかしたら隣人からの虐待もあったのかもしれません。
早く気づけなかったことが本当に悔しいです。
引越しで1番ストレスを感じるのはタマだと思うので、英国カモシカには頑張ってタマの心のケアをして欲しいと思ってます。
次の引越し先は、猫の安全を第一に考えて探してます。
猫たちの幸せが、私の幸せにもつながると思うので。
ビンクスに関しては、難しいです。
飼い主さんと話し合うつもりなんだけど、譲ってくれる可能性は低いと思っています。
ただ、お世話だけはちゃんとして、雨の日や冬場は室内に入れてあげて欲しいです。
あとはただ、飼い主さんに頼むことしかできません。。。

>うにわささん
この隣人はただの自己中で、人種差別している危険人物です。
心の中で私を嫌うのは勝手だけど、実際に危害を加えてくるのは、猫たちにとって危険です。
そして猫たちの心配をしなければならないということは私のストレスにもつながり、ここでマトモな日常生活が送れるとは思えません。
英国カモシカが引越しに同意してくれて、本当に良かったと思います。
猫と言えども、飼い主にとっては家族の一員ですよね。
息子も居るこの隣人に、私たちの家族を思いやる気持ちが理解できないなんて、やはりそんなことも影響して、彼らの息子は暴力息子に育ってしまったのではないかと思います。
うにわささんの思っているとおり、イギリスでは動物愛語法がしっかりしているので、他人の猫を盗むと訴えられます。
動物病院も、他人の猫を勝手に連れて行っても診察はしてくれません。
だからビンクスに関しては、飼い主さんとキチンと話をしなければ解決できそうにありません。
ただ、今まで受けてきた印象だけで考えると、飼い主さんは自分の猫の飼い方に自信を持っていて、他人に口出しなんてされたくない、という人物でした。
でも、身体的虐待をしているわけじゃないんです。
ただ、世話放棄しているんです。
エサをあまりあげないし、雨の日も真冬も、絶対に家の中に入れないんです。。。
でも、それでも「自分の猫」と主張しているので、ビンクスを譲ってもらえる可能性は低いです。
とにかく、うちの隣で何が起きたのか、そしてタマが撃たれたことなどを話し、私たちがビンクスを心配していることを伝えるつもりでいます。

>カギコメさん
そうでしたか。。。
今は辛いことだと思います。
短い間でも一緒に過ごしたら家族ですもんね。
家族を失う喪失感は、本当に大きいです。
今は、もしかしたら猫のブログを見るのも辛いのではないかと思うんだけど、ご連絡ありがとうございます。
嬉しかったです。
室内飼い、室外飼い、というのは、みんなが抱える問題だと思います。
とくにイギリスでは(地域にもよるけど) 「猫は外に出した方がいい」 という考え方の人が多いとは思います。
その中で室内飼いをするのは、やはりちょっと風当たりが強いこともあると思います。
でも、室内でもちゃんと生活はできます。
CATS PROTECTIONでも、室内飼いするならば、徹底して室内で。
たまに外へ出すのは余計に残酷です、と言われました。

雪&グンタはリードなしでは外へ出たことがありません。
でも、外に出られないことをストレスには感じていないようです。
そして私も今回のことで、日本だけに限らず、動物愛護の進んだイギリスでも、他人のペットに危害を加える人間がいることが分かり、「室内飼い」にそれほど罪悪感を感じなくなりました。
こういった人間がどれほど居るのかは分かりません。
でも、猫を毛嫌いしている人たちが居るのは確かです。
この隣人の前にも、猫を毛嫌いしているイギリス人に会った事があります。
その方も、「猫は殺戮マシーン」と言って、実際に猫に石を投げていました。
だから、もしもまた猫を買える機会が巡ってきたならば、自信を持って室内飼いをしてくださいね。
他人の意見は、他人の意見です。
他人にあなたの気持ちは理解できないし、猫との絆も理解できません。
もしも今、なんらかの理由でご自分を責めているとしたら、うちのようなケースもあり得るということで、あまり自分を責めないでくださいね。
私は、タマを外に出してしまった自分自身を責めています。。。
日本カモシカ URL 2007年05月21日 20:08:36 編集
とんだ隣人もいたものですね! よく英国カモシカさんに、「撃とうとした」だの「殺すべきだ」だの言えたもんです。キ○ガイに刃物、以上ですね! 
それにしても、話をしようとしても話にならない、話がかみ合わない人間とは、話をするだけ無駄なので、ほっといて… と言うわけにもいかない状態、かぁ…。難しいですね。証拠さえ掴めれば、警察でも動物愛護団体でも、突き出せるのに…。私も悔しいです。
新調したばかりのドアや苦労して作った池のもこともありますし、私だったらわざと、頻繁にお隣を伺うようになるかなぁ…、懐に録音出来るものを忍ばせて。
valvane URL 2007年05月24日 01:49:35 編集
>Valvaneさん
影で隠れて動物を撃とうとする人がいても、怒りは感じても驚かないと思います。
でも自分でこういう発言をするというのは信じられません。
絶対に、頭がどこかオカシイとしか思えません。
頭がオカシイ人間と普通に会話をしても、ことが解決するとは思えないです。。。
そして、1度抗議して怒らせた隣人宅にまた行くのは、さらに彼らを逆上させるような気がしています。
仕返しで何をしてくるのか全く想像もつかないので、猫と自分の身を守るために、警察の力なしには何もしないのが身のためだと思ってます。
オカシイ人の行動は、常人には想像もつきません(汗)。

今は、直接行動を起こす代わりに、近所の人たちに何があったのか言いふらしてます。^^
みんなこの隣人のことは嫌いだったので(^^)、私たちに同情してくれてるのが救いです。
とにかく、近隣の猫飼いさんたちは何があったのかを知っているべきだと思ってます。
日本カモシカ URL 2007年05月24日 22:05:29 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。