07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ダニ? ノミ? 2007年05月14日

雪ちゃんの唇の症状が気になっていたので、日曜日の午前中に獣医さんに会ってきました。
まず、アレルギーの原因を突き止めたかったので血液検査を頼んだんだけど、安いものでも 1万6千円くらい はするそうです(上はもっと高い)。 
決して安いものではないということで、獣医さんからは 

『かなりの確率で怪しい原因が考えられるんだけど、それに対する対応をしてみて、それでも症状が収まらなかったら検査をしてみたらどう?』

というお言葉を頂きました。。。

私が、猫ホテル滞在中は症状が治まっていたこと、帰宅して2日後くらいから唇の腫れが見られたことなど説明すると、アレルギーの原因として1番怪しいと思われるものは、ずばり

 ダニ! ということです・・・。
雪ちゃん

前回のお見立てだと、たぶん 植物 だろうということだったんだけど、ホテル滞在中に症状が収まるということは、かなりの確率で室内に問題があると考えられる。
イギリスの猫ホテルの部屋は屋外の小屋のようなものが一般的で、人間の家のように家具もない。
おまけに掃除も簡単にできるようにデザインされているので、完全に掃除することもできるからダニが繁殖しにくいんだそうです。

でも人間の家には家具がある。
ベッドやソファーの中には、いくら頑張って掃除をしてもダニが繁殖しやすい。。。

英国カモシカはまさにその ダニアレルギー で薬を欠かせないんだけど、ダニを完全に排除するのが難しいので薬を飲み続けて症状を抑えている状態。

でも、その英国カモシカのアレルギーのお陰で(笑)、イギリスでは一般的な 全面絨毯の床 ではダニが大繁殖してしまうということで、うちでは絨毯を全て剝してフローリングの床生活をしていた!^^
イギリスの一般家庭と比べると、うちは雪ちゃんにとってはかなりの好環境~!

他に考えられる原因は、 ノミアレルギー。 
ノミアレルギーの子の中には、たった1か所ノミに噛まれただけでもアレルギー反応が出てしまう子も居るそうです。
本猫(雪ちゃん)が外に出なくても、多頭飼いで外に出る子が居る場合、いくら定期的にノミ駆除をしていてもノミが体に付いた状態で家の中に運ばれてくる可能性は高い。

室内に運ばれてきたノミが卵を産んでしまったら、体に付いたノミを駆除してもノミは発生してしまう。
だからノミアレルギーの子と一緒に生活するには、かなりの努力と労力が必要となります。

ということで、

まずはダニ、ノミ対策を完璧にした上で、症状が収まるかどうかの確認をするのが良いのでは?

という獣医さんの意見でした。
それでも治まらなければ血液検査で原因を特定する予定。

☆ダニ、ノミ対策として、まずは基本中の基本として
 家の掃除を完璧に!

掃除機をこまめにかけて、動物にも安全な殺菌効果のある洗剤で拭き掃除します。
そして、獣医さんにて注文してきたんだけど、
 猫にも安心なノミ&ダニ(卵も含む)を殺すスプレー
を吹きかけて、掃除で取りきれなかった卵や成虫を殺す。
そしてもっと完璧にするために、雪ちゃんにはノミ駆除の薬も毎月1回は実行する。

それでも駄目なら、ほかにもいくつか方法があるということでした。^^

本日はとりあえず、炎症を抑えるためにステロイドの注射だけしてもらいました。
でも、普段は別に薬でコントロールしなくても良いとのこと。

アレルギーとは長い付き合いになってしまうので、気合い入れて頑張らなきゃ。
グンタの喘息疑いも、もしかしたらダニアレルギーという可能性もあるので、2匹揃って症状が収まれば助かる。

ちょっと気になったのは、ほかの家に貰われて行った雪&グンタの姉妹だち。。。
イギリスのほとんどの家は一面絨毯張り。
ダニの巣窟です。

みんな元気にしていればいいんだけどなぁ。
心配です。
2007年05月14日 | Comments(3) | Trackback(0) | 猫の健康
コメント
雪ちゃん、ノミかダニの可能性が高いんだぁ・・・
なんかね、食べものアレルギーの対策が比較的楽で、吸引性のアトピーの対策が比較的めんどくさいんだって・・・
虫さんだと大変だけどさ、花粉とかカビに反応しちゃうコよりはまだ楽なのかなぁ?
アレルギーの血液検査はアタシもやったんだけど、ある程度の参考にしかなんないって。アメリカだとあんましあてになんないって言ってる獣医さんが多いってなんかに書いてあったよ。食べたことのないごはんに反応が出たり、日本に多い杉はOKで白樺に抗体がったりしたよ。(=^m^=)
なんかいい方法みつかるといいね。がんばるにゃ!(=^・・^)ノエイエイオーッ!
Gavi URL 2007年05月14日 08:36:53 編集
そうなんですか・・・。
う~ん 大変そう。
大人になったら 抗体できる とか ないのでしょうか?
とりあえず 落ち着くといいですね。
お掃除大変でしょうが おかあさんの日本カモシカさん 頑張って下さい!
プリシラ URL 2007年05月14日 20:49:19 編集
>Gaviちゃん
そっかー、吸引性のほうが対応難しいのかぁ。。。
でも、確かにそうだよね。
食べ物なら、手作り食にすれば原因を避けることも可能だけど、ノミやダニなんて目に見えないほど小さいから、気が付かないうちに家の中に入ってくるし、退治するのも難しいもんね(汗)。
イギリスも最近になって気温があがって、ダニ&ノミの活動が活発になってきたから、雪ちゃんのアレルギーも悪化したのかもしれないなぁ、って思ったよ。
イギリスも、アレルギー検査は目安程度にしかならないから、って言ってた。
抗体が見つかっても、それが絶対に排除できないようなものだった場合は知っててもあんまり意味ないから、って理由みたい。
まだまだアレルギー対策に関しては初心者だから(人間のアレルギー対策もサボり気味だったの・・汗)、これから気合入れて情報収集を頑張るよー。^^

>プリシラさん
ダニアレルギーだなんて、英国カモシカとお揃い。^^;
そして私はアトピーで皮膚の症状が出るから、雪ちゃんは私たちが悩んでいる問題の両方を持っていることになるんです。
これぞまさに家族!^^;
大人になったら抗体が消えるということは、あんまりないみたいです。
逆に1つアレルギーを持っていると、それが引き金となって他のアレルギーを誘発することもあるから、って言ってました。
とりあえず今の症状が軽い時期に、取り除ける原因は取り除いてアレルギー反応を抑えておくことが肝心みたいです。
頑張るぞ~~!
日本カモシカ URL 2007年05月14日 22:55:14 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。