05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ヨーロッパにて、フードのリコール? 2007年05月12日

ご存知の方が多いとは思いますが、アメリカ、カナダにて、ペットフードの大規模回収が行われています。
念のため、リコール対象商品リストのページへのリンクは コチラ。 

対象商品を食べた犬や猫の死亡数は、 合計約4000匹 (または8500匹。発表ソースが違うので確定できません) とも言われています。

これまではアメリカ、カナダのことばかりが表に出て騒がれていましたが、どうやらフードの汚染原因とされる中国からの小麦グルテンが *オランダを経由* してアメリカへと輸出されたという情報があります。

ニュースソース * ABCニュース
Pet Food Recall: Why It Took So Long
“The chemical melamine was found in the wheat gluten shipped from China through the Netherlands and then to the United States.”
『中国からオランダを経て、アメリカへ輸入された小麦グルテンの中にメラミンが発見された』

少し気になっていたので調べていたところ、こちらを発見しました。

ニュースソース (注:オランダ語です)
the FAVV (Federal Food Standards Agency)
でも私はオランダ語はさっぱり分からないので(汗)、英訳してあるページを見つけました。

"Belgium has imported 40 boxes each containing 24 items. The Food Agency is trying to find out where these products have been sold but has not received any information from the USA supplier as yet. " 
『ベルギーは(リコール対象商品)を40箱、各24商品入りを輸入していた。
国の食品機関はこれらの商品がどこへ卸されたのかを確認しようとしうとしたが、アメリカの配給元からはなにも情報を受け取っていない』


分かっているのは、合計で160箱のリコール対象商品が、ヨーロッパへ輸入されていたらしい、ということです。

そして、汚染製品を製造した Menu Food は5月5日、
ヨーロッパ向け商品 7種類 のリコールをしていたことを認める発表をしたそうです。
ただ、商品名をはっきりとは発表していないので、どの商品がリコールされたかの確認不可能。

私が見つけた英語の個人ブログによると、

Nutro: Choice Complete Care cat
Nutro: kitten food


以上のものが、すでにヨーロッパにて回収がかかっていた、という情報がありました(情報ソースは不明)。

「合計7種類」 という事だったので、こちらの製品名のもの全てだと思われます。
猫缶なのか、ドライフードなのかは不明。
今のところは、Nutro製品は避けるのが安全かと思います。

ドッグフードはリコール対象とはなっていなくて、キャットフードのみとのこと。

ヨーロッパ在住の皆様、お気をつけください!
そして、なにか他に情報をお持ちの方は是非ともお願いします!
2007年05月12日 | Comments(11) | Trackback(0) | 猫ごはん
コメント
アメリカのFDAによると、4/27/07の時点で、米国内での被害は4000匹強だそうです。色々な情報が飛び交ってると思うんですが、米国の情報に関してはFDAのサイトが一番だと思います。以下のURLはこちらでリコールがかかった商品の一覧表です。何かの足しになればと思って、コメントしました。早く収拾がつくと良いですね。

http://www.accessdata.fda.gov/scripts/petfoodrecall/
mika URL 2007年05月12日 05:44:48 編集
初めまして。うにわさと申します。二匹の猫姫と一匹の王子(ヒト)と同居中です。
いきなりですが、日本ではこの『フードリコール』問題が殆ど取り上げられてません。ネット上で飼い猫の健康に特に気をつけている感じの方たちが互いに情報交換している程度みたいです。
病院で処方食の一環で紹介された商品も含まれており、情報が少ないだけに感心のある方たちの間では困惑ムードいっぱいです。
ドイツの『アニモンダ』というメーカーに行き着いた方が殆どでしたが、かなりお高め(処方食より高いとの事!)な上に、取り扱いしているお店が少なく、入手自体がだいぶ難しいみたいです。
日本でも手に入り安い、お勧めのメーカーとかご存知でしたら教えていただけないでしょうか?
いきなりですみません。よろしくお願いします。
うにわさ URL 2007年05月12日 17:57:49 編集
北米意外の流通商品もメーカーはきちんと発表して欲しいですね・・・
5/2の追加リコールにもヨーロッパ向け2種とありましたが
情報からはブランド名の特定が出来ません・・・。

http://www.fda.gov/oc/po/firmrecalls/menu05_07.html
A further two varieties for Europe have been added to the recall list.
Momiji URL 2007年05月12日 19:16:10 編集
>mikaさん
死亡数を確認するのは本当に難しいですよね。
飼い主からの報告がなければ死亡数には加えられないし、獣医さんが死亡原因を確定できなければ、それもやはり死亡数には加わらないし。。。
でも私も、FDAがやはり1番信用できると思います。
リコールも、どんどんと新しいブランドが加わっているし、11日付けのニュースでは、もう1社(名前はまだ明かされていません!)がリコールをする予定と書かれていました。(>_<)

>うにわささん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
やはり日本国内で問題が起こったわけではないので、情報が少ないんだと思います。。。
イギリスでも情報はほとんど皆無と言った感じで、ネットで検索しようにも、イギリスに関する情報は何も出てこない状態です。(>_<)
私もかろうじて、英語の個人ブログやHPから情報を仕入れている状態です。
アニモンダはドイツのブランドなので、とりあえずは安心だと私も思います。
ただ、うちではアニモンダが不評で(T_T)、全く食べてもらえないので使えません(涙)。
たぶん確実に安心と思われるフードは、“オーガニック”と言われているフードだと思います。
ヤラー以外では、Evanger's というブランドのものや、FORZA10(http://www.forza10.co.jp/)などがオーガニックフードを作ってます。
でも・・・Evanger'sは日本で販売されていないようです。
FORZA10は、販売はされているけど日本での値段は高いです。
あとはアズミラ(AZMIRA)などが安心ではないでしょうか?
こちらのサイトでは、いわゆるホリスティック系と言われるフードをたくさん扱っています。
http://www.ninnananna.jp/shop-non-frame-menu.htm

ただし、この店で扱われている Natural Balance も、アメリカではリコールがかかってます。。。(>_<)
私自身、なにが安全なのか自信がなくなっていて、今は輸入物よりも日本国内産のものの方が安心かもしれない、と思ってます。。
あまりお役に立てなくてごめんなさい!
日本カモシカ URL 2007年05月12日 20:09:57 編集
>momijiさん
色々と情報をありがとうございます!
イギリスではこれに関する情報が皆無と言った状態で、少数の人たちが情報収集に駆け回っている状態です。
ヨーロッパにも輸出されていたことは確実なのに、商品名を明かさないというのは本当に困ります。
せめて、ヨーロッパ内での問い合わせ先でも明記してくれていれば助かるんですが。
ヨーロッパ内での商品名が全く不明ということで、1番安全なのはアメリカのリコールリストに加わっているブランドは避ける、という方法かと思ってます。(>_<)
そして、オランダ経由で小麦グルテンがアメリカへ入ったということは、そのグルテンがオランダでも使用されていた可能性大だと思うんですが・・・(汗)。
意味もなしに、グルテンがオランダを経由して、アメリカに輸出される理由がよく分かりません。。。(-▽-)

とりあえず、どんどんと新しいブランドがリコールリストに加わっているので、今のところはうちでは、手作り食メインになりそうです(汗)。
日本カモシカ URL 2007年05月12日 20:31:25 編集
オランダ経由なの?
今さ、アタシの地震なんかの時ようの非常備蓄食がきれちゃって、できるだけ100%オーガニックを探してるんだ・・・
蛋白質は少ないんだけど前もmixして使ってたヤラーが一番オーガニック率が高いかなって・・・オランダの商品なんだ・・・大丈夫かなぁ・・・
FORZA10のBIOのウェットも100%オーガニックらしいけど・・・長期保存やスペース考えるとドライで探したいんだって・・・
中国、人間用のシロップ薬にも昔ワインの酸化防止剤に使ってた不凍液ジエチレングリコール?入れたの輸出して400人近く死んだ人だしてるでしょ?なんとかしてとりしまれないのかなぁ・・・
にゃんこもおウチの人も安心してたべらるものや使えるお薬なくなっちゃうよ・・・(=T^T=)
Gavi URL 2007年05月13日 19:21:43 編集
>Gaviちゃん
たぶん全部がオランダ経由じゃないと思うんだけど、オランダ経由のものもある、ってことだと思う。
でも、オランダに1度は輸入されていることは確かだから、オランダ国内にグルテンが流通していてもおかしくないよね(汗)。
このあたりをハッキリしてもらいたい。
ニュースではアメリカに関することにしか触れていないから、ヨーロッパのことは全く不明なの。 (T_T)
ヤラーはうちでもずっと愛用してるし、たぶん大丈夫だと思うんだけど。。。
それにオーガニックにこだわっているってことは、材料選びにもうるさいと思うんだよね。
怪しい中国からの材料は仕入れていないと思いたい。
メラミンが混入していた原因も、材料費を安くあげるためにグルテンにメラミンを混ぜ込んで、それで重量を増やしていたらしいし。(-▽-)

長期間保存となると・・・やっぱりドライのほうがいいよね。
私もヤラー以外でオーガニックのドライって知らないかも。
今は、私もオーガニックでフードを使いたくて探している最中だから、見つかったらすぐに記事にするね。^^

中国では、醤油の材料として人間の毛髪を使用してたことがバレて、なんだか裁判沙汰になってたよ。(-◇-)
その醤油には発がん物質も含まれていたようなんだけど、すでに色んな国に輸出されてたらしい。。。
本当に、いい加減にしてほしいよね。
材料費を安くあげるためなら何も気にしないって感じがするから、ちゃんと取り締まれるような法律ができてくれればいいなぁ。。。
日本カモシカ URL 2007年05月14日 01:20:18 編集
お邪魔します
はじめまして。ペットフード事件簿さんからたどりつきました。皆さんのコメントをみていてとても勉強になります!これからもたまにのぞきにきますね。なんか、すべてに対して中国産って怖いですね。
lam URL 2007年05月15日 14:31:04 編集
はじめまして。
私はままるねこと申します。リコールのことに私も関心を持って調べいるんですが、本当に驚くことがいっぱいですよね!同時に隠されている事もたくさんあるような気もします。

http://www.favv-afsca.fgov.be/home/press/doc07/2007-03-27_menu-food_nl.pdf
http://www.nutro.it/
http://www.nutro.de/start_haupt.htm
もうご覧になったサイトと重なるとは思いましたが、ECのことで参考になったURLです。貼れるURLが超過しているので、後で付け足します。

翻訳サイトを使ってなんとなくですが、結局felinecrf-orgのまとめで当たっているのね?と思いました。
イタリアではひょっとしたら被害も?と思うと対応の遅さが残念です。youtubeでアメリカの15歳の猫ちゃんの最後まで記録したビデオ、安楽死に至った白いわんちゃんのせつない表情のビデオ(これは韓国ではナチュラルバランスと絡めて報道されてしまったようで関係ない!とNBは怒ってますが)、本当に心がえぐられます。

(いきなり、ごめんなさい。。。)
ままるねこ URL 2007年05月15日 20:55:34 編集
>lamさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
私も情報を追ってはいるのですが、ヨーロッパ内の情報に関しては収集が難しい状況です。
中国産でも全てが悪いということではないと思うんですが、さすがにここまで事態が大きくなると、やはり不信感が強くなってしまいます。。
中国のお国柄なども関係しているんだと思うんですが、本当になんとか取り締まってもらいたいなぁと思います。

>ままるねこさん
はじめまして!
ぴかさんのトコロや他の方のブログでたまにお見かけします。
IBDのサイトをお持ちのままるねこさんですよね。^^
コメント頂けて嬉しいです☆
私も実は、ままるねこさんのフードリコールのページをチェックしていました。
情報量が多くて、かなり助けられてます。^^
そしてこちらにまで情報を頂いて、ありがとうございます!

私が1番参考にしたのも、felinecrf-org のサイトです。
他人のサイトに、私のブログ内でリンクを貼ってしまうのはダメかなぁ、と思っていたのですが、コメント欄なら大丈夫ですよね。^^
あとは、こちら↓のブログも役に立ちました。
http://petfoodtracker.blogspot.com/
フード一般に関してのブログなんですが、フードリコールについても触れています。

この事件に関しては、本当に怪しいと思われることが多すぎて、どうしてここまで対応が遅いのかと腹立たしく感じてしまいます・・・。
やっぱり、何か裏にあるんだろうと勘ぐってしまいますよね。
私のフードに対する不信感も強まるばかりで、猫たちにとって1番楽しいはずのご飯タイムに不安を感じなければならない、という状況を異常にも感じます。
どんな些細な情報であっても、情報開示してもらえれば救える命があったかもしれないのに・・・本当に残念です。
日本カモシカ URL 2007年05月15日 23:01:55 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。