05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

羊とグリフと馬と♪ 2007年04月22日

昨日書こうと思っていた、ウェールズでの2日間♪

ウェールズへ行った理由は、私の好きなバンド Super Furry Animals のボーカルのソロライブを見るためなんだけど、ライブ会場となったのはウェールズの国立公園 Brecon Beacon に程近い Treorchy という町です。
もとは炭鉱で成り立っていた町で、炭鉱が廃れてしまった現在、チェック柄で有名な バーバリー の工場があったので、Treorchyには工場で働いていた人がかなり居た。

でもつい最近、イギリスに残っていた最後のバーバリー工場である Treorchy工場 が閉鎖された。
理由は、雇用賃金の安い中国へ工場を移動するため。。。
グリフも含めた数人のミュージシャンなどによって、閉鎖に抗議してチャリティーイベントも開かれたんだけど、やっぱり工場は閉鎖されてしまいました。

イギリスの様々な会社は賃金の安いインドや中国に工場を移動させる傾向にあって、かなりの問題になっている。
それまで工場で働いていた人たちは仕事がなくなるし、名前だけはイギリスブランドとして有名でも、実は製造している国はイギリス以外ってのはやっぱりヘン。
なによりも、海外に工場を移すということは会社にとっては支払う賃金が少なくなって嬉しいだろうけど、イギリスの国にとっては何の利益にもならない。
と、まぁ思うことはたくさんあるんだけど、Treorchy はそんな悲しい背景のある町です。

とりあえず天気も良かったので、Treorchyに行く途中に Dare渓谷 というとこに寄ってきました♪
ウェールズといえば、忘れちゃならないものは 
Dare渓谷

イングランドとは一味違う、渓谷や山が点在するウェールズだけど、至るトコに羊が。^^;
道路脇にも羊が居るので、車の運転には注意です。
道

後姿の長い尻尾が可愛い。 
road

寄り道しながらたどり着いた Treorchy だけど・・・
かなり寂れてて怖かったです。

この日は日帰りするにはちょっと距離もあって大変だったのでホテルを取っていたんだけど、電話で予約していたホテルにたどり着いてちょっとビックリ。
ホテルとは名ばかりで、パブの2階にお泊り♪ 
しかもホテルはウェールズ・ツーリストボードによる 星1つ(笑)。

たった1つしか星が付かないなら、星の表示はしないほうがイメージアップにつながるんでは・・・。(-▽-)

でもパブの人はいい人で、猫のベティーちゃん もお出迎えしてくれました(笑)。

グリフのライブについては、また後日書きます☆

翌日は、せっかく近くに来たことだし Brecon Beacon国立公園 へ。
ウェールズの道路標識は、どこへ行っても 2ヶ国語
ウェールズ語と英語で書いてある。
welsh

上に書いてるのがウェールズ語で、下が英語。

 と  の飛び出し注意”  のサインです。^^; 

そのサインの通り、道行く先で羊&馬に出会いました。
半野生化していたポニーだけど、人懐こくて近寄ってきました。^^
pony

その後、ビジターセンターにて車を停め、約2時間ほど国立公園内を散歩。
brecon beacon

かなりのどかです。^^

手前に見える矢印は Public Foot Path のサイン。
public foot path

このサインがあれば、たとえ見た目は誰かの牧場だろうと Public → 公共  の歩行者専用の道なので、堂々と歩いても大丈夫です☆
ただし、 Public Foot Path から外れると、不法侵入となってしまうので注意(笑)。

そして、やっぱりここでも羊がいっぱい。^^
sheep1

羊たちが、体が痒いときに使っていると思われる木♪
sheep

今は子羊の季節でどの羊も子供連れで
  
   子羊がお母さんを探して泣き叫ぶ声

が響き渡ってましたが。
oyako


そしてここでもやっぱりお馬さん。
horse

horse2

みんな人懐こいので、歩いているとドンドンと集まってくる(笑)。
馬が怖い人は注意。^^

この子は SHIRE HORSE と呼ばれる種類の馬で、元来は働く馬として飼われていた馬。
毛むくじゃらの足元が特徴。
shire horse

荷物を引っ張ったり、畑で働いたりと力の強い頑丈なお馬さんです。

やっぱりウェールズはいいわ~~☆

(日本以外で)世界で1番好きなトコは?

と聞かれると、私の答えはイングランドではなくて ウェールズ。^^;
ウェールズ人の友達がいたり、好きなバンドや音楽がウェールズのものだったり、ウェールズ語が好きだったり、というのも理由なんだけど、なんだか私の肌に合う土地です。 

何度も引っ越したいと思うけど、実際に住むと田舎すぎて結局イヤになってしまうんだろうな(笑)。
でも、猫にとってはかなり良い環境です。
経済的にはイングランドよりは貧しくて、何かと問題の多いウェールズなので本当に頑張ってもらいたいな。

<本日のグンタ>
咳の発作 - なし
毛玉ジェル - なし
 
2007年04月22日 | Comments(7) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
Brecon Beacon!!
目下、夏の渡英の計画中ですが…もうWalesが恋しくて、笑。
去年初めて行くまでは、情報が少なすぎて、半分肝試し気分だったんですけど、またあの空気と空のもとでの~んびりできるのが楽しみでしょうがないです♪
kuny URL 2007年04月23日 15:39:05 編集
いつもと違う イギリスの風景(ウェールズですよね 正確には)堪能させていただきました♪

ずーーーーっと前に ウェールズの山 っていう映画を観たんですが 確かに田舎。
おれっちの山が 丘になるのは 許せん~~~!と 丘(村民にとっては「山」ですが)に 土盛ってしまうんですよね・・・。
当時 まだコメディ要員ではなかった ヒュー・グラントが主役でした。

青々とした緑がいいわ♪と 干ばつに悩む オーストラリアからでした。
真面目に 野菜とか果物の値段 2割くらい上がってるみたいな気がします。
プリシラ URL 2007年04月23日 17:19:47 編集
>Kunyさん
8月まであと3ヶ月♪
楽しみですよね~~!
ウェールズは私も恋しいです(笑)。
何度行っても、道路標識が2ヶ国語になった瞬間が嬉しくて、嬉しくて。
ウェールズでの時間の流れは、イングランドよりも確実にゆっくりのような気がします。^^

>プリシラさん
「ウェールズの山」って、私の好きな映画の1つですよーー!
コメディーなのか真面目にやっているのかが全く分からない、ウェールズ人の性格をうまく表現している映画だと思います。
なんか、山の測定をしにきたイングランド人を誘惑したりしてましたよね(笑)。
あの山のモデルがどこなのか、とっても気になります。^^

オーストラリアはまだ干ばつ続きなんですか?
イギリスも最近は雨不足気味だったんですが、今日はやっと雨が降ってくれました。
明日から1週間ほど留守にするし、庭に植えている野菜が心配だったので、今日のは恵みの雨です。^^
日本カモシカ URL 2007年04月24日 06:10:20 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年04月24日 17:24:31 編集
ご無沙汰してますー。先週あたりに
マイPCがクラッシュしまして、こそこそ夜中に
他人のパソからログしてます。(汗)

雪ちゃん、アレルギーだったんですね。アレルゲンを見つけるのって難しいらしいですけど‥
外の雑草とか可能性高そう‥‥。うちのワンも
アレルギーの疑いあると言われてるんですが、今のところ、症状は現れて無いです。
でも本当に、最近ってアレルギーもちの犬猫って多い!雪ちゃんもグンタくんも酷くならないようにケアできればいいですね。

私、旅行でUK内は結構回ったんですが、
ウェールズだけは行ったことないんですよねー。和む!和む風景!いいなぁ‥‥。
馬が可愛いです!
でも日本に比べてすべての動物が人懐っこい気がするのは私だけでしょーか?
日本じゃ、外猫って呼んでも寄ってこないけど、イギリスでは殆どのコが返事してくれたり、遊びに来てくれた記憶が。
なんでだろう~。
Kuma URL 2007年04月26日 01:38:40 編集
ウェールズ、のどかで良い所ですね。
何故か、「ベイブ」を思い出してしまいました。
確かあの映画はオーストラリアだったかしら!?
映画といえば、炭鉱で成り立っていたイギリスの映画
「ブラス!」とか「リトルダンサー」とか好きな映画ありますが
一番好きなのは「フル・モンティ」です。(笑)
ちょっと脱線しましたが、この風景を見ていると映画の世界だ!!
と、思ったものですから^^;

さて、こんな田舎でコンサートですか!?
イギリスのロックグループは大メジャーなグループしか知らないものですから・・・
すみません( _ _)!




nekoboci URL 2007年04月28日 16:42:12 編集
>Kumaさん
PCクラッシュしてしまったんですね。^^;
私はネット中毒なので(笑)、それはかなり辛い!
アレルギーは、私自身が原因突き止めるのに苦労してます(汗)。
太陽光線アレルギーとかは分かりやすくて委員だけど(^^;)、アトピーに関してはよくわかりません。
日本で有名どころのホコリやらダニやら動物の毛やら検査したんだけど、どれも反応なし!
どうやら界面活性剤がダメらしい、ってことだけ判明してます。^^;
人間でこれだけ大変なのに、猫や犬のアレルギーとなるとコントロールは更に難しいですよね。。
Timくんもアレルギー疑い?
本当に、最近はアレルギー持ちの人間や動物が多いです。。。

ウェールズは、絶対に行くべきですよーー!!
イギリスのどことも違うし、山や渓谷がたくさんあるので迫力もあります。
おまけにノンビリしてるし。^^
イギリスの動物が人懐っこいのは、たぶん人間慣れしているからかなぁ。
とくにイギリスの猫は散歩猫なので、飼い猫でも外を出歩く子がほとんどなんです。
だから外猫といえど、猫ドアを使って自由に屋内と屋外を出入りしている子たちだから、知らない人に対する恐怖感も少ないんだと思います。^^
日本の場合は猫は完全室内飼いが多くて、外に居る子は野良猫や地域猫がほとんど。
中には虐待経験ある子も居たりするし、だから人間には寄っていかないんじゃないかなぁ・・・と思います。
私は近所に猫友(飼い主の方じゃなくて 猫 です ^^)がたくさん居るんだけど、みんな飼い猫さん。
ネームタグを付けている子がほとんどだから、いつも道で会うたびに挨拶してます(笑)。

>nekobociさん
ベイブものんびり風景ですもんね!
私もイギリスものの映画はほとんど見ているけど、やっぱり「フル・モンティ」の横に出るものはないです(笑)。

アメリカのハッピーエンドものとは違って、なんだか脱力系な映画が多いですよね、イギリスって。
おまけに、あの映画の世界そのままのイギリスも存在したりします(汗)。
変わらない苦しい生活だから、開き直って笑ってしまおう♪

「フル・モンティ」 や 「リトルダンサー」 の舞台はイングランド北部だけど、ウェールズも炭鉱で支えられていた地域なので、やっぱり同じ匂いがします。^^;

私の見に行ったグリフは、ウェールズの出身なんですよ。
だから、いつもツアーにはウェールズが組み込まれてます。
それも田舎ばっかり(笑)!!
普段なかなかライブなんて見られない町に行ってくれるので、会場では子供連れの親子の姿もちらほら。^^
田舎活性の良い機会でもあるので、これからもどんどんと田舎ライブを行って欲しいです。
日本カモシカ URL 2007年05月03日 22:53:52 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。