07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Gruff @ Birmingham The Glee Club 2007年03月11日

では、これまで見たグリフライブの最終日(まだ4月にもう1度見るけど。^^;) のバーミンガムのレポートです♪ 
今回は、かなり文章が多いです。^^;

3月6日、バーミンガムの コメディークラブ(たまに音楽もやります) The Glee Club にて。
別に、グリフがおかしいからコメディークラブを使っているわけじゃないです(たぶん・・・笑)。

バーミンガムは、一応私にとっては地元になるので電車にてバーミンガム入りしました。
おかげでこの日は英国カモシカのお供なしです。^^;
実は英国カモシカ、これだけ何度もグリフのライブ見て、Super Furry Animals も見てるけど、全然ファンじゃありません。。。
いつも一緒に来ているのは、ただ単に私が車の運転ができなくて、電車を使ってしまうと最終を逃して日帰りできなくなるから。^^;
でもなんだかんだいって 

 『グリフって、いつ見ても本当にいい人そうだよねー』

なんて言っているし、たまに

 『プディヌ~~イ♪』
          とか
 『グバデシヨーーーン♪』 

とか歌ってるし(笑)、実は結構ファンなんじゃないかしら、と思ってます。^^

今回も 「こんなに何回も見たくない!!」 と言っていたので、バーミンガムは友達のみさちゃんと行ってきた。
女同士の方が楽しくていいわ、やっぱり。^^;

会場はシート席ではなかったので、早いもの勝ちで中に入って並べてあった折りたたみのイスに座る、という形式。
私たちはとりあえず早めに会場に着いていたので、1番前のイスをゲット☆
ばっちりとLisaちゃんを写真に収めてきました。^^
Lisa

やっぱり可愛い~~~。
9Bachはこの日、ハープの人が来てなくてたった2人でのライブとなった。
でも、ハープあってこそ!! の 9Bach なので、ちょっと物足りない気も。。。
9Bach の演奏後、メンバー自らが限定シングルの販売を始めたので買いに行ったんだけど、なんとLisaちゃんに

『前にどこかで会ったっけ?』

と聞かれました。
なんだか、グリフに覚えててもらえるよりも嬉しいかも(笑)。
最初に見た2か所ではアジア人は私だけで、しかも前の方に座ってたからきっと覚えていたんだと思うんだけど。^^
それでも嬉しいです。

その後の Voices of The Seven Wood もガッチリと1列目で写真撮影に成功!
VOTSW

この調子でグリフも~~♪ と思っていたんだけど、VOTSW の演奏後にアナウンスが入って

『カメラの使用は固く禁止します。もしも守れない人は出て行ってもらいます』 

だそうです。 (T_T)
そっかー・・・グリフは写真撮影が嫌いなのね、やっぱり。
ということで、今回はおとなしくカメラは引っ込めておきました。^^;

今回のグリフは、ステージに出てきたとたんに

 『実は今日はすでに疲れててねぇ。理由は後で話すけど(笑)。』 

なんていう言葉を吐いていて、ちょっとイヤーな予感。
それでもちゃんと、ここでも避難経路の説明と救命胴衣の着用方法を教えてくれました。^^
1曲目の 『CANDYLION』 はドラマーとベーシスト付きで、、疲れているというわりには他の会場よりも本格的な仕上がり!
でも、やっぱり・・・。
2曲目からは、グリフのギターのチューニングがむちゃくちゃで、一生懸命音を合わせているグリフの横でLisaちゃんが一言。

 『そのギター、ホントに音がむちゃくちゃよ・・・(-△-;)』

会場もLisaちゃんも、苦笑いしながらグリフを待っていた状態。^^;
それでもなんとかチューニングをして演奏開始したんだけど、どうもいつもよりも “ヘン度”高め というか・・・ボロボロでした。^^;
グリフ初体験だったみさちゃん、いきなりこんなグリフを見せて大丈夫だったのかなぁ。。。とちょっと心配でした。

セットとしては、前半は他の会場とほぼ変わらず。
ここでも1人で 『Gwn Mi Wu 』 や 『Pwdin Wy 1&2』 では、サンプリングしながら楽しんでいた。
そして、Lisaちゃんが戻ってくる直前になってやっと、なぜこの日はライブ開始前からグリフが疲れていたのかを話してくれた。^^

なんとなーく予想はしていたんだけど、前日はツアーの休暇日でカーディフに帰っていたんだそう。
そして、Voices of The Seven Wood こと Rickくん と一緒に、グリフのお友達の ex Gorky's Zygotic Mynci のボーカル Euros Childs のライブを見ていたんだそうです。

そう!!実はこの日、
グリフのライブが行われたバーミンガムの、お隣の町 Wolverhampton では、この Eurosくんのライブが行われていて、おかげで私は行けなくてかなり悔しい思いをしてました。。。。(T_T)

グリフも 『今日は、たまたま同じ地域でぼくたち2人ともライブをやってるから、みんなEurosを見れなくて残念だったね』

と言ってました。^^;
そして前日にカーディフでEurosくんを見たグリフとRickくんは、

ウェールズ界では超大御所(笑)Meic Stevens氏 

と一緒に飲みに行ったんだとか。^^;
注)Meic Stevens は、ウェールズのボブ・ディランとも言われる人で、ウェールズ語でサイケ・フォークをプレイし続けている方。
Super Furry Animalsは彼のファンで、先日はMeic氏の65回目の誕生日を祝うイベントに出演してました♪


グリフたちはギネスを数パイント、そしてその後はワインを。
Meic氏はバーガンディーワインを 数本 飲み干したんだとか。。。

そしてここで、Meic氏が重大発言をしたんだそうです。。。

誰もが知っている ジミ・ヘンドリックス ですが、なんとMeic氏はジミ・ヘンドリックスが亡くなる前日に一緒に飲みに行ったんだそうな。
で、ジミ・ヘンは、イギリス人が パイントグラス(イギリスでは、1Lという単位ではなくて、パイントという単位を使ってビールを注文します) を使って酒を飲んでいるのを面白がっていたんだそうです。
そこでMeic氏は バーガンディーワイン をパイントグラスで購入し、それを味見したジミ・ヘンは、たいそうそのワインを気に入って、次は自分で同じワインを パイントグラス で購入!
そのまま物凄い量のバーガンディーワインをパイントグラスで飲み続けて、その後ジミ・ヘンは吐きまくり

・・・・翌日死亡。

Meicは直接ではないにしても、ジミヘンを殺してしまったんだそうです。^^;

・・・まぁ、誰も信じてないと思うけど(笑)。

こうして世間話のようなことをしたあとは、私の大好きな Meic Steven氏の曲
  『 Y Brawd Houdini 』
を演奏☆
その昔、まだSFAがデビューしたばかりのころに、ライブでいつも演奏していたのがこの曲なので、なんだかいろんな思い出が蘇って来て嬉しかったです。

そしてLisaちゃんがステージに戻って来て数曲演奏。
アンコール前の最後の曲は、私も聞いたことのない曲で、楽器の使用は一切なし!
グリフとLisaちゃんの2人で、テーブルを ガンガン と叩いて歌うという、かなり力強い曲。^^;

そしてバーミンガムでは、一旦引っ込んでからアンコールとして 『Skylon』 を演奏した。
今回は、グリフではなくて 『CANDYLION』 でドラム&ベースを担当した人がまた参加。

ちょっとボロボロのライブではあったけど、Meic話 なんて聞けて 『 Y Brawd Houdini 』 も演奏してくれたので、個人的にはかなり満足です☆

1.CANDYLION
2.The Court of King Arthur
3.Lonsome Words
4.Cycle of Violence
5.Beacon in The Darkness
6.Colonise The Moon
7.Gwn Mi Wu
8.Pwdin Wy1
9.Pwdin Wy2
10.Y Brawd Houdini
11.Gyrru Gyrru Gyrru
12.タイトル不明
  ~アンコール~
13.Skylon

mug
コメント
No Subject
あ、あれ?カモシカさん最終的には4日間行く予定だったんですか!?(笑)
いいなぁ~。コメディクラブ…うーん、面白いから、そっちでも十分イケるかな。(笑)
でも写真撮影がダメって珍しい…グリフが嫌なのかなぁ?
確かに、会場は狭そう(思い込み?)だし、あからさまにフラッシュを
たかれると煩わしいし…。
うううう、一昨年くらいに東京の某パブでプロモで来たグリフがアコギを
やった時、めちゃくちゃ写真撮っちゃいましたよ。(汗)
なにせ、生ファリーズをあんな至近距離で見たの初めてだったので…。(大汗)
かなり至近で撮ったのある…グリフ、ごめん。(^ ^;

…日によって…、ライヴの出来にむらがあるのはわかる。
でも…ギターのチューニングが合っていないほどって…。(笑)
それが、ファンの怒りをかわないのは…グリフの人徳の成せるワザ?(笑)
いつもよりヘン度高めって……?ははは。(^ ^;

ゴーキーズは一体いつ見たのが最後だろう?
エイロスくん懐しいなぁ~。ソロも観てみたいけど、日本には来ないだろうなぁ。
そういえば、ゴーキーズって日本盤、エイベックスから出てたんですよねぇ…、
い、意外でしたが…ちゃんとサポートしてくれてたのかしらん。
カモシカさん、もし、いつか観に行ったら、レポして下さいね♪

ひゃはは、ジミヘンの話もすごいですね。
ジミヘンってオーバードーズで亡くなったんでしたっけ?
それにしても…飲み過ぎですよぅ(笑)御年65歳でそんな…。(笑)
下戸に囲まれて育ったワタシは水の様に酒を飲み干す方々には
ある種、畏敬の念を持っております?(笑)
SFAってたまにポン!って知らない曲を演奏したりするけど…
そうなのかー、Stevens氏の曲のカヴァーもしているのですね。

Gyrru Gyrru Gyrru…って頭の中でエンドレスで回り始めると、
と、止まらないっ!(笑)マグカップ可愛いですね、Duty Free?(笑)

kuma URL 2007年03月12日 01:59:55 編集
No Subject
>Kumaさん
本当は5か所行く予定でチケットも取っていたんだけど、初日のNewportは英国カモシカが急に出張に行くことになってキャンセルしたんです。(T_T)
Newportなら電車で行ける場所だったんだけど、終電で帰ってこれる距離ではないし泊りがけとなると猫たちの世話をする人が誰も居ないので、泣く泣く諦めました。
でもNewportのライブに行った人の話によると、Readingの方が良かったらしいので、とりあえず安心しました。^^
会場はどこも小さいですよー。
日本で見るSFAのライブ会場よりも小さいと思います。
写真は私もいつも至近距離でバシバシ撮ってたから、それでも私は嫌われたのかもー(T_T)。
確かに、バシバシとフラッシュを使われると気が散ると思うし。。。
ただでも演奏能力が??なグリフなので(笑)、余計な邪魔が入ると困るのかも。^^;

私もゴーキーズは、かれこれ4年前くらいに見たのが最後かなぁ・・・?
解散のニュース聞いたときはかなり残念で、今回のエイロスくんのライブの情報を入手したときに 「やった~~~!!!」 って喜んだのに、グリフのチケットを取った後だったから日程的に無理で・・・・。
でも8月にウェールズのBreconで行われる The Green Man Festival にエイロスくんも出演することが発表されました。*^^*
チケットはすでに購入済みなので、グリフもエイロスくんもフェスで見れます~~♪

Gyrru Gyrru Gyrru って、“下痢 下痢 下痢” って聞こえません・・・?(-_-;)
英語では “Driving Driving Driving” って意味なんだそうです。^^;
日本カモシカ URL 2007年03月12日 06:26:10 編集
No Subject
ああああああっっ、カモシカさんそれを言わないでぇぇぇ。(笑)
うん、ちょっと微妙な発音かも…(爆)Gyrruってドライブって意味だったんですか、
それでプロモがああいう感じなんですね、納得。
ウェールズ語ってなかなか意味調べられないし、ちょっとジレンマ感じます。
ここのサイトでちょい発音が聞けるけど、とにかく不思議ー。
スペリングからは想像がつかない発音がでるわ、でるわ。(笑)
http://www.yo.rim.or.jp/%7Erhiannon/jp/index.html#
でも理解できるようになったら…素敵だなぁ…(遠い目)
kuma URL 2007年03月12日 23:25:43 編集
>Kumaさん
私、あの曲を初めて聞いたときに 「え??下痢~~???」 って思って英国カモシカを呼んできて、2人で大爆笑したんです。^^;
「ドライブ」って意味だってことは、私もグリフに聞くまで知りませんでした。
うちにはウェールズ語の辞書が3冊もあって、意味も調べてみたんだけど、3つくらい意味が書いてあって、いったいどれがタイトルの意味なのかはわからなかったんですよ。
ウェールズ語の文法の本も持っているんだけど、やっぱり発音がどう考えても無理!!
喉に詰まったような音とか、どう頑張ってもできなくて(汗)。
フランス語の発音とかも難しいと思うけど、ウェールズ語もかなり難しいです。。。
ウェールズ語を理解できるようになると、ウェールズに行って大歓迎を受けますよ~~~。^^
日本カモシカ URL 2007年03月14日 00:19:09 編集
バーミンガムのレポーーっ!や、この記事に出てくる「みさ」ってワタシですよkumaさん。(無理やりコミュニケーションを取ってみるワ~)

や、改めてカモちん、この日は前日に続き家までリフトももらって、お世話になりましたサンクス!

そんなにたくさんライブとか行く事ないけど、この日のライブはある意味衝撃だった。だって常に何かがオカシイ。カモちんが「見守る」って言ってたのが、う~んなるほどと(笑)クセになりそうな夜だった、うん(笑)グリフビギナーのワタシは、手作り感満載のエンターテイメントがナイスだったと思ったよ。(3Dにしようとしたけどできんかったというのにはウケたけどっ)彼の音楽は、とても優しく心地よかったワタシ。

でも、カモちん一緒じゃなかったらどうリアクトしていいかわからないライブだったかも?(笑)ウェルシュアクセントの英語なのかウェールズ語なのか、もはやわからんとこあったしね(笑)カモちん全て解読してたからすごいわぁ。

チャリティショップの人にこの日のライブの事をきかれて、こんな感じだったよ~って話したら、「...ウェルシュ!」って言ってたよ、「さすがウェルシュ」という感じで。ウェールズ、面白い人多いのかっ!?(ところで「プディヌ~~イ」「グバデシヨーーーン」って何!?ウェールズ語?)
みさ URL 2007年03月14日 09:16:13 編集
>みさちゃん
Mちゃんにしようかなぁ、と思ったんだけどね、別に本名でも正体バレナイカなぁって思ってたのに、自分でばらしてるわ(笑)。

私もライブは今まで数えきれないほど行ってるけど(そのためにイギリス来たし…笑)Super Furry Animals/グリフ のライブはやっぱり変わってる。^^
とくにグリフソロはねー。^^;
たぶん前もってグリフのことを知らないと 「ただの頭おかしいヒト」 か 「ただの素人」 と思われるかかも(汗)・・・?
グリフのひっどい訛りは、テレビで字幕が付くだけあるでしょ?
前にアメリカ人のファンにSFAについてインタビューしてたのを聞いたことあるけど、「ライブは良かったよ。でもボーカルが何言ってるんだか、歌詞もなに歌ってるのか理解できなかったけどね」 って言ってたし。(-▽-)
私がグリフの言ってることを理解できるのは、この10年間イヤってほど何回もグリフの言葉を聞いてきたからよー(笑)。
すごい訛りのわりには話すのがとってもゆっくりだから、慣れれば理解しやすいと思うんだけど。^^;

ウェールズ人は WACKY な人が多いので有名だからね。
みんなマジックマッシュルーム食べてるとか(笑)。
私の知ってるウェールズ人もヘンな人多いし、ウェールズバンドはオカシイの多いし、とくにウェールズ語を第一言語として話す北ウェールズ出身の人はオカシイ人が多いよ。^^;
でもいい人が多いも北の人だから、あのヒドイ訛りさえ理解すれば本当にいい人たち。

「プディヌーイ」も 「グバデシヨーン」 もウェールズ語♪
曲のタイトルよ。
スペルは 「Pwdin Wy」 と 「Y Gwybodusion」 ね。
どう見ても発音できないけど(笑)。
日本カモシカ URL 2007年03月14日 20:24:02 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年03月14日 22:47:26 編集
blogがリニューアルされてる!以前よりもサクっと動きますね!
グリフ~、そろそろ肝臓に来るお年頃だからお酒もほどほどにしてほしいねぇ。バンフみたいにお酒に飲まれるよ(爆)
Meic Stevensさんの曲、WELSH RAREBEATに入ってたね。この曲しかしらないけど(汗)
マグカップ、本当にかわいいわあ。オフィシャルから買っちゃおうかな。でもポンドがかわいくないわ。
前から思ってたんだが英カモさんとグリフって波長が合う気がします。のんびりしてるとことか。違う?
みささん、お久しぶり!初グリフはいかがでしたか?リアクションに困った?次回はぜひご一緒したいですわ!

kumaさんこんにちは。人サマのblogで勝手に横やりごめんなさい。私も某パブイベントに行きましたよ~。ほんと、あれは近かったですね。
なんか、司会の人がグリフ直伝の怪しいウェールズ語を教えてくれましたね。どんなでしたっけ?cat drink carrot?だかなんかいうと、別の意味のウェールズ語になるという・・・だめだこりゃ何も覚えてませんわ。
みそ URL 2007年03月16日 00:04:03 編集
例のVistaくんが重くて重くて。。。(T_T)
メモリも増やしたけど、やっぱりやや重くて、しかも文字表示がメイリオだかなんだかに変わっちゃったから、画面表示もおかしくなって、仕方ないからブログをガラッと変えるしかなかった。
ちなみにIEも使いづらいような気がして、Firefoxに変更したの。
本当に手間のかかるVistaくん(涙)。

グリフね、本当にほどほどにしないと、このバーミンガムではかなりヤバかったよ。^^;
バンフはもうお父さんになったのかしら(笑)?
マグカップは、値段のわりには材質とかは100円ショップ以下かも。(-▽-)
別に使っていて不便とかじゃないんだけど、ちょびっと安っぽいよ。
でも、デザインがかわいいから許す!^^
グリフって今までに何度か Friends of The Earth(環境保護団体) のイベントに参加してるでしょ?
英国カモシカは、Friends of The Earth のウスター支部を仕切ってるから、まずこの時点で環境問題語らせると気が合うかも?
あとは政治問題語らせると、かなりディープな会話ができるかも(笑)。
のんぼりしてるのに、変なとこでムキになる。^^;
あ、でももしかし私、無意識のうちにグリフ似の人を探してたのか(笑)??(*0*)

グリフ直伝のウェールズ語って 「Carrot tea」 じゃなかったっけ?
I love you だか、そんな意味だったような気が。。。

そうそう、みそさんとMさんには近いうちに “機内誌” が届くのでお楽しみに。^^
日本カモシカ URL 2007年03月16日 05:56:42 編集
マグカップ、100均並か~。やはりmade in china?
「Carrot Tea」・・・あーそんなだった気がします(汗)
でもって、みんなで唱和したのはいいが、グリフには
ちっとも伝わってなかったような。まさにあの現場で
グリフは異邦人でした。
バンフ、5月くらいじゃなかったかな?←やはりうろ覚え。

機内誌が届いちゃうの?うちに?うれしいわぁ!
どうもありがとう!
Mさんには内緒にして驚かせよっと。
みそ URL 2007年03月18日 23:17:29 編集
マグカップ、普通だと底に Made in ●● って書いてあるのが多いのに、これは何もなし!
ただの焼きっぱなしのカップにキャンディーライオンを印刷しただけって感じ。^^;

「Carrot Tea」ってグリフ自身が言っているビデオもあったよね?確か。
グリフはイングランドでも異邦人だから。^^;

機内誌は、あと2、3週間くらい気長に待ってね~~。
私はどうも行動がトロイから(汗)。
日本カモシカ URL 2007年03月19日 07:05:32 編集
すいません、人様のブログで勝手にこんなカモちん(汗)しかもちと遅かったね(汗)

や、みそさんお久しぶりです!kumaさん、こんにちはー!

いやカモちん、グリフね、今CD聴いてるんだけど...ってこのsfaの方のCD、イマイチどの単語からどの単語までがタイトルなんだかわからないわYO!で、そのCD聞いてるんだけど、なんか好きだわ~、何言ってるのか一言もわかんないけどーーっ(爆)

でもなんだか不思議。心地よくて、また聞いてみたくなる。

「Ni Yw Y Byd」という曲、いいなあ~と意味わからないまま聞いてたけど、今調べたら、We Are The Worldって意味なんですね~。Gwn Mi Wnも好きだけど、これまた今調べたらYes, I Know? ウェールズ語って面白いですねーー。全然読めないけど^^;ついでに、昔の教え子思い出します、苦し紛れに答案に書いてた英単語はウェールズ語みたいだった...。

また他の曲も聴いてみたいと思います~^^
kumaさんみそさんカモちん~みさでございます。 URL 2007年03月20日 06:31:56 編集
>みさちゃん
あ、あのウェールズ語の長ったらしいタイトルのアルバムもグリフのソロアルバムなのよ(笑)。
Super Furry Animalsとしてのアルバムは、あそこまでダメ~~なものではないのよ。^^;

「Ni Yw Y Byd」は私も大好き!
なんか和むよね。
興味があればSFAのアルバムも聞いてみてやー。
今年中には、バンドとしての新しいアルバムも出る予定だし。^^
日本カモシカ URL 2007年03月20日 22:49:19 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。