04 1234567891011121314151617181920212223242526272829303106


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Gruff Rhys @ Reading & Brecon 2007年03月08日

ひゃー、遅くなってしまいました。^^;
無事に グリフ2連ちゃん & 昨日のバーミンガム でのライブを見てきました~。
とりあえず、またまたマイナーな話になってしまうと思うので、興味のある方は読んでください。

まずは、3月3日のひな祭りの日に Reading の South Street Arts Center で行われたライブが、私にとっては今回のツアーの初日となった。
4時くらいにレディングに車で到着して、とりあえずは会場の場所をチェックをしようと思い道行く人に道を聞きつつ辿り着いたんだけど、やっぱりかなり小さな会場。^^;
で、外壁にはこんな手作り風のポスターが(笑)。 
poster

どこの素人かと思ううようなびっくりポスター(笑)。
でも、ちゃんとチケットはソールドアウトしました。^^;

これで会場の場所はわかったので、とりあえずは開始までの時間潰しをしようと町に向かって戻ろうとしたら、道に面した会場のドアが開いているのに気づいた。

そして、ドアのところに立っているのは グリフ。^^;

毎度のように今回もやっぱりグリフに遭遇してしまったんだけど、また ストーカー してると思われそうでイヤーン。(-▽-;)
あくまでも、いつも偶然に出会ってます。^^

でも、これまた毎度のようにいい人だったグリフは、自ら私と英国カモシカに寄って来て 『元気?』 と言って 握手 を求めてきた。

普通、ファンが握手求めるものでしょ(笑)!!

でもそれがグリフのいい人なところで、そのあとは

 『中に入る? ほら、これがステージなんだー♪』

と組み立て中のステージの様子を見せてくれました☆
やっぱり天然だわー(笑)。
ステージ上のテーブルには、いつものようにライブで使用する小道具が置いてあって、そこでふと以前グリフがその小道具の1つを失くしたと言っていたことを思いだした。

『失くした小道具は見つかったの?』 

と聞いてみたところ、誰かが新しいのを買ってきてプレゼントしてくれたと言ってました。
良かったねー。^^

でも・・・ 肝心な 「日本へ行く予定があるのかどうか」 については聞き忘れてしまいました。
ゴメンなさーい!!!(>_<)

その後、ライブ開始の8時ちょっと前に開場に戻ったんだけど、私たちが1番のり!

今回のツアー会場のほとんどは劇場などのイスのある会場だったんだけど、この日のチケットには席番号は書いてなかった。
でもスタンディングでもないだろうと思っていたら、やっぱり。^^;
会場内には パイプ椅子 が並べてありました(笑)。

ライブ終了後の様子。
dalmesian

penguin

犬はダルメシアンで、ペンギンも居るということは、たぶん 『CANDYKION』 の歌詞にちなんで、わざわざ段ボールで作ったのかしら…(汗)?
で、犬とペンギンがいるならもちろん!
CANDYLIONもステージ上にドーンと居ます。^^
candylion

実は今回、グリフはどうやら

  写真撮影禁止

という方針のある会場を選んだようで、これまで行った3か所とも写真撮影は禁止!
というわけで、ほとんど写真は撮れてません。
ほとんど というのは、客もライブの最後のほうになると我慢できなかったようで写真を撮り始め(汗)、私もそのドサクサに紛れて数枚ほど写真撮影しました。^^;

今回のツアーもグリフは友達を従えていて(笑)、まずは Andy Votel のDJからスタート。
そして客は、会場で 1ポンド(約200円) で売られていた 3Dメガネ付き“機内誌” を読みながら、各自楽しむ。^^
こちらが機内誌です(笑)。
in-flight magazine

内容は濃くて、 CANDYLION航空の歴史、 機長のグリフ含む社員の紹介^^;非常時に備えての説明、 などなど。
かなりおバカです。
duty free

なぜ飛行機かというと、たぶんそれは今回のアルバムのラストの曲が 「飛行機で空を飛ぶこと」 に関する曲だから?

とりあえずグリフの考えることなので(笑)。

客のほとんどがイスに座り、私たちも1番前の丸テーブルの席に付き、最初に出てきたのは
 9Bach

9Bachのボーカル Lisa Jen は、今回のグリフのアルバムにボーカルで参加しているウェールズ人なんだけど、見た目はかなりオシトヤカな女性といった感じ。
でも、一言口を開くとそのイメージがガタっと崩れ(笑)、ウェールズ訛りバリバリのお姉ちゃん。^^;
でも、そのウェールズ訛りが可愛くて、見た目に似合わないガサツな発言と行動がとにかく可愛くて可愛くて。
私が男なら絶対に惚れるだろう、という可愛さでした(笑)。

9Bachのメンバー構成はどうもちょくちょく変わっているようなんだけど、Readingでは3人編成。
ボーカル 兼 鉄琴&箱形のアコーディオン 担当のLisa。
そしてギターの男の人とハープの女の人。
曲は全てウェールズ語で、Lisaちゃんが内容を英語で説明してくれたんだけど、この人はウェールズ語が第一言語なので、 英語の単語がちゃんと出てこなくて苦労していた(笑)。
その気持ち、痛いほどわかるわ~~~。
その説明してくれた歌詞の内容も 「男の子が釣りに行って来て、ニジマスを釣って来た。それはお父さんにプレゼントして、お母さんにはミシンをプレゼントして、自分の恋人には絞め殺すためのロープを」 とか、

 『暗い曲でごめんね~~

なんて笑いながら演奏。
内容は暗いんだけど、曲自体はとってもキレイで、ハープの音がとっても印象的なウェールズ・フォーク。

お次に出てきたのは、

 Voices Of The Seven Woods こと Rickくん。
ギター1本での登場です。^^
この彼、自分の持ち時間が30分もあったのに演奏した曲はたったの3曲!
なんと、ギターのチューニングが上手くいかなくて、おまけに体の調子が悪いとか言って話し続けて、その日の朝から食べたものを克明に説明(笑)。
やっぱりグリフの友達だわ・・・。
音の方は、ギターの音をその場でサンプリングしながらいくつも重ねて爆音を作り上げるという、かなりプログレ・ロックに近い音。
こんなにテクニックはあるのに、この日の彼はどうもダメ~~~な感じだったけど(笑)。

そして、いよいよ登場の グリフ でーす☆

いきなり流れはじめたのは、日本語での機内アナウンス!
「このたびはご搭乗ありがとうございます」 という言葉に続き、「荷物は前の座席の下へ置き・・・」 といういつも飛行機の中で聞く “あの” アナウンスが。
日本語に続いて英語でも同じことが繰り返されて、気づくと客席の後ろからグリフとLisaちゃんの登場~~~!!

グリフは 飛行機の機長の衣装 を、Lisaちゃんは、蛍光青っぽい色のスチュワーデスの衣装・・・??
いや・・・ なにをイメージしたのかよく分かりませんでした。^^;

2人とも手には “機内誌” とライトを持って、イスに座っている客を照らしながら、シートベルトを着用しているかどうかをチェックしながらステージへと(笑)。
このへんは、私たちも頭の中でイメージを働かせながら。^^;

そしてステージまでたどり着いたあとは、避難通路の説明と避難の方法、救命胴衣着用の方法を、2人で大真面目な顔して説明。^^;
この写真は翌日の Brecon でのライブのものだけど、こんな感じ。
クリックで少し拡大します♪
衣装

とりあえず客席は笑いっぱなし!!
その後はテーブルに座って、2人で可愛く 「CANDYLION」 でライブ開始。
table

写真は、フラッシュなしで撮影した Reading での数少ない1枚です。^^;

途中でLisaちゃんはステージから去って、グリフ1人になってからは、1枚目のアルバムからの曲も数曲演奏して、ここからがグリフの(天然)本領発揮!!
鳥籠入りの小鳥ちゃんも健在で、それに続いて鳥籠に入っていない小鳥(鳥の鳴き声が出るおもちゃ^^)、プラスチックのラッパ、マッチ箱、とにかくいろんなものを使って 即興サンプリング をして、グリフワールドを展開してくれた。

その後Lisaちゃんが戻って来て、最後はまた衣装を着用して 飛行機のイス に座って “Skylon” を☆
gruff and lisa

Lisaちゃんは、イスに座ったまま “機内誌” を読み続け、たまに疲れて眠り(Skylonはかなり長い曲! w)かなりの演技派でした。^^;

最後は Voices Of The Seven Wood、9Bachのギターの人も加わって全員で締め♪

その後、普段Super Furry Animalsとしてはアンコールをやらないんだけど、ここではグリフとLisaちゃんが戻ってきてもう1曲演奏。
でも聞いたことのない曲で、タイトルは不明です。

セットリストも、きっと誰かゲットした人のを見せてもらえるだろうと思っていたら、ゲットした人を見るける前に即効で車に戻って家路を急がなければならない時間になってしまって、バタバタと会場を去ってしまったのでゲットできませんでしたー。(T_T)

でも翌日のBreconではちゃんと自分でメモを取ったので、そちらを参考にしてみてください。
内容的にはほぼ同じだったはず!

ではでは、急いでグリフレポート2日目を書けるよう頑張りまーす。^^;
2007年03月08日 | Comments(9) | Trackback(0) | Super Furry Animals
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年03月08日 02:44:44 編集
濃い!
そして 安い!
チケット 2600円・・・このパンフも200円・・・。
ライブ天国ですね~。

しかし 天然の人なのですね グリフって。
読んでるだけで こう スター感がなく その辺のおにーちゃんって感じです。
そこがいいんでしょうね。

9Bach気になります。
後でネットでチェックチェック☆

では 引き続きのレポート 楽しみにしています!
プリシラ URL 2007年03月08日 09:43:15 編集
No Subject
はじめまして、実はコソっと毎日オジャマさせていただいていました。
グリフのライヴ、ステキすぎですねっ!!ということで初めてコメント書かせてもらっています。
いっしょに回っているVoices Of The Seven Wood、9BachにAndy Votel…も見れてしまうなんて!と遠く日本でコーフン気味です。
この辺の皆さんがたくさん出るフェス、The Green Man Festivalに今年も行く予定なんですが、さらに楽しみになってきました。
プレイベント、Rite of Springは行かれますか?
そしてまた他の日のライヴのレポも楽しみにしています♪

それでは、勝手に書き綴ってしまいましたが…これからもお願いします。
kuny URL 2007年03月08日 10:25:43 編集
No Subject
きゃはは、面白いですね~、SFAでも被り物とかそれなりに演出(?)が
あるけど、まさにグリフワールド全開ですね。(爆)コスプレ(?)だぁ、いいなぁ~。
パンフもいいなぁ~。3Dになっているその極意は?(笑)
Lisaちゃん、綺麗ですよね~そんなキャラにはとても見えない!!でも好感度増。(笑)
グリフのボーカルって、女性ボーカルと相性がいいと個人的には思うんですけど、
Lisaちゃんとはホントにもうバッチリ。

YOU TUBEでこの↓映像を見つけて、「ライヴはこういう感じなんだ♪」って
思ってたんですけど、
http://www.youtube.com/watch?v=DTxBQDTXyYM
カモシカさんのレポのほうが数万倍楽しい。(笑)
なんだかすごく雰囲気伝わってきましたよ~。第2弾も楽しみにしてます。

kuma URL 2007年03月08日 22:21:52 編集
No Subject
>鍵コメさん
先ほどメールしました☆
えと、グリフはミュージシャンです。^^;

>プリシラさん
安いでしょ~~~!
バーミンガムのライブはたったの10ポンドでした。
イギリスのライブは、高くても20ポンド以内で見れてしまうのが嬉しいです。
まぁ、アリナー級のライブというかコンサートになってしまうともっと高くなるけど。^^;
どうせ私が見たいライブなんて、アリーナでなんてやれないから大丈夫です(笑)。
グリフはウェールズ人で、ウェールズ人は天然でぶっ飛んでいる人が多いんですよー。^^;
9Bachは、アルバムなどで聞くよりはライブの方がずーーーっと良かったです。
Lisaちゃんが可愛くて☆
惚れました。^^

>Kunyさん
はじめまして♪
音楽のこともSFAのことも最近は書くことが少なくなってしまったんですが(汗)、彼らの活動期になると私のブログも音楽仕様になります(笑)。
イギリスでライブをやるときは、グリフとしてもSFAとしてでも、たいてい自分たちの友達をサポートとして引連れているのが嬉しいですよね。
ファンとしても、好きなバンドや、自分の気に入りそうなバンドが一気に見られるチャンスなので。^^
The Green Manに行くんですか??
日本から来られるんですよね?
私も行こうとは思っていたけど、まだラインナップ待ちの状態でチケットは取ってません。
でもBreconだし、うちからも行きやすい場所なのでたぶん行くかな?
まぁ、問題はデペッシュ・モード以外の音楽を全く好きじゃない英国カモシカなんですが(汗)。
彼をなんとか説得して、フェスティバルでキャンプさせるのが1番大変そうです。
KunyさんはBreconまでどうやって行かれるんですか?
車がないとかなり大変だと思うんだけど。。。
Rite Of Springは、これまた辿り着くのが大変なHay on Wyeなので(汗)、英国カモシカが出張に出かけてしまう予定だったから諦めていたんです。
実は私は車の免許を持っていないので。^^;
それに、一緒に行ってくれる人もいなくて1人でドミトリーに泊まるのもなぁ・・・って思っていて。
でも、出張の予定が1週間変更になって、Rite Of Springの週末は暇になったんだけど、今となってはチケットがソールドアウトしているので無理です。(><)
Grrn Manにいらっしゃるときは、私たち(または私1人で)も行っているかもしれないので気軽に声をかけてくださいね~!

>Kumaさん
実は、今回のアルバムがかなり可愛く完成していたから、2005年のソロツアーよりは面白さ半減してるかな・・・? とか思っていたんだけど、やっぱりグリフはおかしいから(笑)。
アルバムの内容がどうなろうと、誰かと一緒にやっていたとしても、やっぱりおかしいみたい。^^;
YouTubeのは、今回見た3か所では全くやってくれなかった 「Con Carino」 が入ってるのが嬉しいです。
リンクありがとーー!!
3Dメガネは、セットの後ろのでかいCANDYKIONの絵を飛び出る絵にしたかったからだそうです。^^
赤とか緑とか使って描いたにも関わらず、メガネを掛けてみてもほとんど3Dになって見えなくて、グリフも 「ぜんぜん飛び出ない3D」 って言ってました。^^;
Lisaちゃんのボーカルは、本当にとにかく声がキレイで聞き惚れてしまいました。
ライブレポ、こんなので良ければ楽しんでください。^^
日本カモシカ URL 2007年03月08日 23:39:24 編集
No Subject
>日本カモシカさん
Green Manのフンイキに見事にノックアウトされてしまい、今年も日本よりはるばるGreen Manに行きますよ!すでにチケットも確保済みです、笑。
Breconまでは、ロンドン→アバガベニーまで電車で行って、そこからはシャトルバスという感じですよ!

>問題はデペッシュ・モード以外の音楽を全く好きじゃない英国カモシカなんですが(汗)。
すいません…あはは、なかなかハードル高いですねっ。
でも、ぜひぜひ口説ききってみせてください、笑。

Rite Of Spring…なぜか今になってイベント自体がキャンセルになってしまったみたいですね。何があったんやろう??

今年は今のところ5人で行く予定で、目指せティピ生活です♪
日本人を見かけられたら、間違いなく私たちだと思うので、こちらこそお会いできたら嬉しいです~。
kuny URL 2007年03月09日 10:14:25 編集
No Subject
>Kunyさん
Green Manはちょっとグラストンベリーの初期を思い出すような雰囲気らしいですよね!
私も去年、行こうと思っていたんだけど私自身の結婚式を9月に控えていたので諦めました。
結婚式のおかげでお金なかったし(汗)。
なので、今年が初めてとなります。
英国カモシカには 「デペッシュモードがライブやるときには付いていくから、SFA関連のときは一緒に来て」 と言って説得してあるので(笑)、今回も来てくれるようです。^^;
日本から5人も来るんですね!!! それはすごいです。
交通手段ですが、よく考えれば私たちも車で行ったら駐車場に困る。。。(-△-)
公共機関を利用することになるのかしら・・・?
駐車場があるのかどうかも確認せずにチケットを取ってしまいました。^^;
私はきっとグリフTシャツかなにか来ていると思うので、見かけたらお声をかけてくださいねー。
Rite of Springに関しては、全く情報がなくてなぜ中止になったのかも不明です。
チケットもソールドアウトだったのに不思議・・・。
日本カモシカ URL 2007年03月09日 23:54:02 編集
LISAちゃんに萌え
コメント遅れてすみません!詳細レポ、サンクスです。
ライブ会場に丸テーブル?ディナーショーですか?しかも機長コスプレ・・・
来日は予算的に無理だとは思うが、CANDYLIONのキャラは日本で受けそうだよ~。ジャケ買いで大ブレークしないかな。・・・ないな。
しかし、会場内ところどころにいるペンギンさんやライオンさん、めっちゃかわいいのぉ。それに3D眼鏡に(全然飛び出ない3Dって・・・)機内パンフ。何気に凝った作り。DutyFreeショッピング、本当だったらバカ買いしてしまいそうだ~。ボーっとしてるように見えて、細部までこだわってるねぇグリフ。実は完璧主義者?いや、もしそうなら歌詞を忘れて途中でやめてはしまわないか・・・
それにしてもLISAちゃんかわいいねぇ。綺麗な顔してウェールズ訛りに萌え~です。←わかんないよね。日本のオタク用語です(汗)
みそ URL 2007年03月11日 00:08:25 編集
No Subject
>みそさん
まぁまぁ、私もレポが遅れたから。^^;
この丸テーブルの真ん中には、実はローソクが立ってたの(笑)。
この写真はライブ後だからもう消えちゃってるけど。^^;
しかもこの赤いテーブルクロスがなんともいい雰囲気でした~~。
DUTY FREEだけど、ちゃんと売ってるのよー。
私はとりあえずTシャツ2種類とマグカップを買っちゃった。
って、アルバム以外はすべて高にゅ。。。(-△-)
グリフってば商売上手だから。^^
このキャラは絶対に日本では受けるよね。日本人の私にはたまらないキャラ(笑)。
イギリスでも、SFAファンにとってはたまらないキャラみたいで、客のほとんどはTシャツ&マグカップを買ってたし。
機内誌はもちろんほぼ全員購入♪
グリフは妙なところで完全主義者だとは思うけど、演奏に関しては全くこだわらないらしい。。。(汗)
ちなみに、The Green Manのチケット取ったので、フェスティバル行ってまいりまーす!
日本カモシカ URL 2007年03月11日 00:55:26 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。