05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

イギリスの猫ホテル 2007年01月12日

ふと思うことがあったので、イギリスの 猫ホテル について書いてみたいと思います。
たぶん、イギリスの猫ホテルは日本とはかなり違うと思います。^^

私は日本でペットホテルというものを使ったことがなくて、旅行に行く時も親戚にペットを預けたりしてました。
だから日本の猫ホテルがどういうものなのか判らないんだけど

  ・・・部屋は完全室内でしょうか??

イギリスでは、外の風景が見えるように外に猫部屋が設置されている所が多い。
大抵の部屋は、木製の ペン(PEN) と呼ばれる小屋で、透明なプラスチックで両横を囲んでいて(猫風邪の防止用)、正面は金網。
ペンの正面には鍵が付いていて、小屋の前には長い廊下のようなものが付いていて、金網などで囲まれている。
廊下の端っこには更に鍵付きのドアがあり、脱走防止に備えている。
この写真だと判りにくいかもしれないけど、こんな感じです。

 Cosy Cats Cattery & shop より
庭を見渡せるように、ペンがすらっと並んでます。
ガーデン

鳥のエサ台があるので、やって来る鳥を眺めることができる。
birdtable

これはスタンダードルーム。
2階建ての寝床で1階部分にトイレを設置。

ぺん1

イギリスでペットケアについて勉強したときにペットホテルについても学んだんだけど、こういう形態の猫ホテルが基本☆
各ペンにはペットヒーターが設置されていて、冬の寒さに備えている。

写真のホテルは、私たちがベルギーに旅行に行った時に使ったところ。
 Cosy Cats Cattery & Shop ♪

場所もうちから車で20分弱なので、そんなに遠くもない。
そして何よりも、オーナーのカップルがとてつもなく良い人たちです。^^ 

最初に偵察(笑)に行った時に、猫について弾丸トークを始めて、本当に嬉しそうに猫について話していたのが印象的でした。^^;
話の内容も、猫エサの選び方、野良猫の保護についてなど、
  猫飼い同士の世間話。

私もついつい、猫エサについて話し込んでしまったほどです。

この方達は野良猫保護にも力を入れていて、自分達でも

  保護猫10匹 

を飼っているほど。^^;

私たちはホテルについて聞きたかったのに、とにかく猫についての話が止まらない(笑)。
タマのことを話すと 「元野良猫だったなら大変でしょ?」 と色々とアドバイスまでもらいました。^^
野良猫保護に詳しい方たちなので、タマを泊まらせるにも安心。

そして Cosy Cats のHPもあるんだけど(上のリンクから飛べます)、猫ホテルの選び方についてのアドバイスなども詳しく書いてあり、猫サイトとしても使えます。

このホテルはエサは頼めば何でも仕入れてくれて、処方食も常備、エサ代は滞在費込み。

とりあえず、色々と偵察に行ってきた中では1番気に入ったし、前回初めて猫たちを預けた時も、毎日の様子を書面に書き留めて報告してくれ、その様子を見る限りは全く問題なし!! 

うちの状況を話すと、 スタンダードペンを3つ 借りるのでがいいのでは?ということでした。
タマとターディス嬢には一部屋ずつ、雪&グンタは同じ部屋に泊まらせて、昼間は3つのペンの壁を取り払い(簡単に取り外し可能☆)みんなで遊ばせることができるからだそうです。
それはいい考え!
それならみんな寂しくないし、壁さえ付ければターディス嬢はチビズにエサを強奪されることもないし。

◇普段の食事風景◇ 
食べるのが遅くて(20分くらいかかります・・・)さっさと自分のゴハンを食べ終わったチビズに取り囲まれるターディス嬢。。。 
いつも私がガードしてるからターディス嬢のゴハンには手出しができず、イライラしてるチビたちです。^^;

food1

food2

food3

このホテルは前回、ターディス嬢のために私が冷凍保存可能な手作り食を持参してもイヤな顔1つぜすに了解してくれたし、本当に猫好きな人たちだし、言うことなしなんだけど・・・。
でも~~~!!(>_<)
やっぱり、どんないい人たちに世話してもらったとしても猫たちが心配です。。。

ま、これがペットを飼う者の性でしょうか。(T_T)
2007年01月12日 | Comments(7) | Trackback(0) |
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2007年01月13日 01:16:41 編集
No Subject
シツコク失礼します(汗)

「内容意味不明の本物B級」て!ウケたわぁめっちゃ!ぎゃはは!でも見たいわぁすんごく(笑)でも最初から今までのドクター・フー見るの、ちょっと大変そうでもあるなぁ、もちろん時間的にじゃなくて金銭的に(爆)集めたくなるのが悪いクセだわ...TorchwoodもDVD買いたいし...いかんいかん。

や、復活シリーズのDVD、いつか貸して~っ!や、今ふと思ったけど、「復活シリーズ」というのは、新しいシリーズを指すというのでいいの?Little Britainのナレーションの人、タイムロードなんだよね?子ども時代のイアンちん、彼にフォーリンラブしたらしい。彼のを特に見てみたい。

しかしキャプテンJohn Barrowmanとイアン同い年なんだよね、ビューティー度の違いに驚くわぁ(笑)ついでにゴードンラムゼーも40じゃない?これもこれで驚くわぁ(笑)
みさ URL 2007年01月13日 02:38:23 編集
イギリスって感じですね~
すご~い!! こんなの オーストラリアではありえない!

というか 相当お金払わないと ダメw です。 やっぱりこちらは 犬大国だからかな? 後は 窓とか開けると一年中暑いので 動物がへたってしまう っていうのが あると思います。イギリスでは ヒーター完備だけど こちらでは エアコンが必要??? 

イギリスって 寒い!とか 暗い!とかあるけど 北国生まれ&育ちの私には 本当にいいところです・・・。 涼しいところに 移住したい・・・。

グンタ君 ターディちゃんに 「ね ちょーだい」って おねだりしてる? カワイイですね~。子猫とか 子犬とか 本当にカワイイなぁ。いいなぁいいなぁ。
プリシラ URL 2007年01月13日 07:22:47 編集
No Subject
すごいですよ、これ。至れり尽くせりな環境かも。だってキャットタワー付だし2階建てだし、広いし!ヒーター付だし!日本の場合のペットホテルとは、全然違いますよね。
確かに場所が変わると猫達も不安になったりするとは思うけど、自然の中にあるというのは素敵な感じです。昼間は皆で一緒になれるような構造というのもいい感じですよね。でも、4匹一緒のほうが、安心できそうな気もするけど?ご飯のときだけターディス嬢を別部屋にとか…?一番皆ニャンズが快適で過ごせる方法を、今から考えて決めるのも色々迷いが出て大変そう。
ほんと、旅行が出来なくなりますよね、猫と暮らしていると。私もまったく、家から離れられない病ですもん(笑)。
nyanmyupurin URL 2007年01月13日 14:57:35 編集
No Subject
>みさちん
またミクシーの方にでもメールするね。
私が日本に帰ってる間にでもボックスセット貸すよ☆
私もトーチウッドのDVD欲しいんだけどねぇ。
たぶんボックスセットが出ると思うんだけど、ちょっと値下げされた頃にでも買おうかなって思ってるわ(笑)。
ドクター・フーの復活シリーズが、現在のクリストファー・エクレストンからのヤツね。
それまでのは、完璧に別物っていってもいいくらい、とにかく作りがB級!!
Little BratianのナレーターはTom Baker。
英国カモシカもやっぱりドクターと言ったらTom Bakerで、人気度もかなり高いカリスマ(笑)ドクターよ、彼は。
かなりの奇人変人って感じの人で、私もこの人のやってるドクターを見たんだけど、ずば抜けてヘン!!
大好きよ~~~!^^
デイビッド・テナントは英国カモシカと同じ年くらいのはず。
なんだか肌が違う(笑)。
ラムジーは絶対老けすぎ!!(-□-;)

>プリシラさん
イギリスも犬大国ではあるけど、動物愛護大国でもあるから。^^
猫ホテルも 「これだけはクリアしなきゃいけない条件」 というのがあって、それをクリアしてるとこじゃないと飼い主も使いたくないから、大抵のとこがこの写真みたいな感じなんですよー。
条件の内容も、最低の部屋の大きさだとか、外が見える窓が必要だとか、二重ロックで廊下付きじゃなきゃダメだとか、色々とうるさいんです。
でもお陰で、結構どこもいい感じで値段も手頃です。^^
でもイギリスもどんどんと暑くなって来てるし、去年は37度くらいまで気温も上がったからエアコン必要です~~~!(>_<)
北国生まれのプリシラさんには、オーストラリアはかなりきつそうですよ(笑)。
英国カモシカの姉夫婦が約1年ほどオーストラリアに住んでたけど、あまりの暑さに耐えられずにニュージーランドに引っ越してしまいました。^^

雪もグンタももう8ヶ月なんですが、いつになったら大人になるんでしょ??
いまだに仕草も行動も子猫ですよー(笑)。

>Nyanmyupurinさん
日本の猫ホテルってもっと小さいんでしょうか?
たぶん室内だとは思ったんですが、大きさだとか設備だとか知らないもので。^^;
ヒーターは、やっぱり冬はかなり寒くなるイギリスなので必需品です。
しかも部屋が外に面しているからなおさら!
私たちがこのホテルを気に入った理由は、この環境のせいでもあるんです。
鳥が遊びにきて、緑がいっぱい!
おまけにこのホテル、昼間は猫たちのためにラジオまで付けてくれるんですよ(笑)。
自宅の環境と似た音がした方が落ち着くだろう、という配慮からです。
タマ、雪&グンタは一緒のほうが落ち着くだろうとは思うけど、ターディス嬢はどうだろう(笑)。
オーナーさんには、様子を見てもらって一緒にいてもストレスが溜まっていないようなら、食事時以外は一緒にしておいてもらえるように頼むつもりです。^^
こういう時って、多頭飼いでよかったなと思います。
みんな一緒だと不安な気持ちも軽減するだろうし☆
と、いいように考えたいんだけど、やっぱりNMPさんのおっしゃるように不安です。^^;
私もどんどんと出不精になっていってます。(>_<)



日本カモシカ URL 2007年01月14日 07:47:58 編集
No Subject
すごーい、ひろーい、きれーい!!しかもキャットタワーまであるっ(@@)
私は利用したことがないんですが、日本のペットホテルは病院の入院ケージと変わらないと思いますよ。
せまい室内に入れっぱなしなんじゃないかなぁ?
こんなに広くて外も眺められて、なんて羨ましい限りです。
さすがペット先進国イギリス。
日本もこういう風になればいいけど、いかんせん敷地の確保が難しいかも(^^;

2月に日本に来られるのですね(^^)
2週間のホテル暮らし、みなにゃん快適に過ごせるといいですね。
日本カモシカさんも心配だろうけど、久しぶりの日本を存分に楽しんでくださいね(^^)
TAMI URL 2007年01月14日 22:19:32 編集
No Subject
>TAMIさん
病院のペットケージと変わらないって・・・かなり小さくないです???
それはちょっと酷いかも。。。
信頼できる知人や実家に預けていも心配なのに、ペットホテルがそんな状態だと、さらに落ち着いて旅行なんて行けないですよねぇ。。
それに猫たちもかなりストレスが溜まりそうです。
外が見えるほどじゃなくても、せめてもう少し広さが確保できるとマシなのかもしてないけど、敷地の問題もある日本だとそれも難しいのかもしれないですね。v-390

日本行きの航空券の仮予約を済ませました。
これでほぼ確実に2月に来日決定です(笑)。
友達に会って、美味しいもの(ラーメンなどでOK・・・w)食べて。。。
と色々とやりたいことはあるんだけど、いつも帰国するたびに時間がとっても早く過ぎていきます。(T_T)
今から予定を立てて、時間を有効に使えるようにしておきたいと思います。^^
日本カモシカ URL 2007年01月15日 06:32:14 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。