09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

妙な品揃え 2006年10月01日

イギリスに来てから思ったこと。

日本には世界のものが溢れている!

イギリスで売っていて 「あ、これいい!」 と思うもののほとんどは日本でも売っている。
でも、日本で愛用していたアメリカ製、フランス製、ドイツ製、なんていう海外輸入ものは、イギリスでは売っていないことが多い。

ベルギーで買ってきたドイツ製の洗剤 も日本では売っているのに、距離的にはドイツからとーっても近いイギリスでは売っていない。

私が使いたいキャットフードのアズミラ(アメリカ製)も、イギリスでは未発売なのに日本では売っているなんて状態。
イギリス・・・同じ英語圏だしラベルも変えなくていいから販売もラクだと思うんだけどなぁ。

そんな感じで私が欲しいもののほとんどがイギリスでは手に入らないので、実は結婚式前に日本のネットショップで注文して自宅へ配送してもらい、結婚式の時に親に持参してもらったものがけっこうある。
その中で気に入ってるものがこの消化酵素。
Dr.Goodpet - Feline Formula
Feline Formura

あ、この消化酵素はもちろん私用ではなく 猫用 です(笑)。
最近は落ち着いてきたものの、雪ちゃんはお腹が弱かったので購入した消化酵素なんだけど、毛玉を除去しやすくする作用もあるというのでタマにもいいかも~♪ 

イギリスでは滅多に目にすることのない パウダー状 で使いやすくて、ほとんど無味無臭
上に振り掛けてもほとんど見えない。
今日の手作りご飯はサーモン。
子猫用にはバランスを補うため、子猫用カリカリとヤラーのカリカリを追加♪
salmon


ご飯に掛けても猫たちも気付かないらしく、それどころか食欲が増した?? と思うくらいよく食べてくれている。
food

効果のほどはまだ良くわからないんだけど、

 良く食べてくれる☆ 

というのは重要ポイント!

大人猫たちも問題なく食べてくれていて、これからも使っていきたい一品。

しかしこれ、アメリカ製 です。。。

アメリカのものが日本経由で、日本語での説明が書いてある紙切れと共にイギリスへやって来たって・・・なんだかやるせないものがあります。

イギリスでなら英語のままで売れるから販売も簡単なのに、なぜ売ってくれない?? (T_T)
2006年10月01日 | Comments(5) | Trackback(0) | 猫ごはん
コメント
No Subject
お久しぶりです。

>日本には世界のものが溢れている!

まさにその通りだと思いました。
だから一時帰国を考える時、何をお土産に持って帰ったらいいのか
全然解らないんですよね。今更紅茶、、、、か??

お腹が弱い猫ちゃん用だなんて素敵~。

送ればせながら、ベルギー旅行記拝見しました。
ほんとうにご飯美味しいですよね。思い出すだけでヨダレです。
ビールの写真がどれもおいしそうでした。
shibako URL 2006年10月02日 08:48:22 編集
No Subject
ヨーロッパの国はどこもそういうところがあるのかも?
国同士が近いから自国の産業を守るため?
日本は僻地だかし・・・(アウトレットショップが郊外にあるのと同じ理由?)
アズミラもないのかあ。。。
カモシカさん、輸入業でもやるかっ♪
ねこえさショップ~

グンタさん、すごいね、歯。
親知らずとは違うんだよね?不思議。
ぴか URL 2006年10月02日 13:35:22 編集
No Subject
ほんとだーフシギですねぇ。
アメリカもの→日本経由→イギリスへって・・・世界ほぼ1周?
食べ物とか輸入の規制があるのでしょうか。謎です。
最近はねがずっと軟便だったので、フルーツザイムを缶詰に混ぜてます。
カリカリのどれかが、はねのおなかにあってないのかなーとか、
もしかしてアレルギー?とか思いましたが、今のところちょっと安定。
胃腸の調子がいいと口腔内もよいって猫友だちのblogにコメントあったので、
やっぱり大切だよなーって再認識しました☆
こうやってみると、グングンとユキちゃん、同じ大きさに見えますねー。
りゅう URL 2006年10月02日 13:55:47 編集
No Subject
サーモンを食べさせてもらえるなんて、日本カモシカさんのとこのにゃんこたち、なんてシアワセなんでしょう。ワタシなんて高くて食べられません!

話は変わってものですが、多分マーケットの規模ではないかな?と。日本は可処分所得が多いし、人口も多いですもの。こちらは国は広くても、人口が少ないのでマーケットが成立せず。しかも猫は害獣だったりしますし。やっぱり日本カモシカさん、ネット通販をお勧めします。E-bayで売ったらダメでしょうか?
princessruby URL 2006年10月02日 20:01:26 編集
No Subject
>Shibakoさん
こちらこそ、遊びに行ってなくてごめんなさい!
私も日本に帰るときのお土産選びには困ってます。
紅茶もねぇ・・・もうイギリスに7年もいるので 「また紅茶??」 なんて感じだし(笑)。
Shibakoさんもベルギーに行ってきたんですもんね!
現在、英国カモシカはルクセンブルグに出張中なんですが、どんなものが美味しいのかチェックしてきてもらってます(笑)。
お土産も楽しみ~~!
もちろん、お土産は毎回のように食べ物をお願いしてます。^^;

>ぴかさん
自国の産業を守るためってのはあるかも!
大陸ヨーロッパはきっと支えあって存在しているところがあるから、お互いの国のものを出輸入している割合も多いと思うんだけど、イギリスは島国だから。
プライドも高いし他国のものは、たとえヨーロッパからでもあまり入れたくないのかも。
でもアズミラがないのは辛いです~~~!

グンタの歯、親知らずみたいに見えますね(笑)。
歯の本数が多いと、こんなにも別の生物に見えてしまうのかー、とグンタの口を繁々と見てます。^^

>りゅうさん
フルーツザイムを使ってる人も多いですよね!
かなり迷ったんですよ、フルーツザイムにしようか、Feline Formulaにしようか。
でも、毛玉処理効果があるというのでこちらにしました。
しつこく続く軟便は、アレルギーの可能性ありですよねぇ。。。
アレルギーというほどじゃなくても、何かの成分に過敏になっているのかも。
ターディス嬢もヒルズでハナクソ出ちゃったし、はねちゃんも何かの成分があってないのかもしれないね。
胃腸の調子がいいと、食べ物の良い成分もしっかりと吸収できて、体調も良くなってくるみたいですよね!
あなどれません、消化酵素~☆

>Princessrubyさん
サーモンあげたけど、本猫たちは 「肉出せ!!」 って顔してて不評でした。(T_T)
やっぱりイギリスの猫は肉食ですね。
マーケットの違い・・・それも一理ありそう!
日本ってペット産業がかなり盛んだけど、イギリスは動物保護の精神は素晴らしいけど、食事や健康管理に対する姿勢は低い(汗)。
ま、人間に対する健康管理も「??」な国なので、食事に気を使う飼い主さんも少ないと思います。
肉類4%含まれていないキャットフードを 「普通」 と思って疑問にも思わずに購入している人がほとんどのイギリスで、アズミラなどのホリスティック・ケアは受け入れられないのかなぁ。
悲しいです。
日本カモシカ URL 2006年10月04日 02:28:13 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。