07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ベルギー “ほぼ” 一人旅 2006年09月25日

イギリスに約7年間も住んでいて、ベルギーに出かけたのは今回が初でした。
しかも、ハネムーン代わりだったとは言え、

   ほぼ1人旅。  

英国カモシカは会社が出張費として旅費を負担してるので、前もってベルギー行きの飛行機を予約していた。
彼の仕事は、実は飛行機の安全装置に関するものなんだけど、なにを隠そうこの私は

飛行機恐怖症  デス。。。


いくら英国カモシカに説得されても、できることなら飛行機には乗りたくないので(汗)、1人で海底トンネルをくぐりユーロスターでベルギー入りを果たしました。

その後、私にとって初めてのベルギー、しかも英国カモシカも 初めて 利用するブリュッセル南駅で待ち合わせをしてから、宿泊予定地であるゲント(Gent)へ列車で行くことになっていた。

なんだかこの計画の時点で、かなり嫌~~な予感がします(笑)。

ユーロスターが到着するブリュッセル南駅にて、英国カモシカを待つこと約1時間。
とりあえず、来る気配がないので駅のカフェで ベルギー・カプチーノ とメニューにあったので試しに頼んでみた。
なにが出てくるのかと思ったら、ミルクの代わりにクリームがどっさりと乗ったカプチーノの登場~♪
ベルギーカプチーノ

しかもこのカフェには シマウマ が客として座ってます(笑)。
シマウマ

ホントに普通に座っててビックリしたんだけど、ベルギーでは結構普通のことらしい。
ほかにも大きい鶏がカフェの椅子に座ってたりしたので(笑)。

約3時間が経過。 
英国カモシカに言われていたことは、もしも飛行機が遅れたり、お互いを見つけることができなかった場合のことを考えて

  『夜8時になっても会えなかったら、1人で列車でゲントに行き、ホテルで待っているように』

ということだった。
でもまさか、

 “会えないなんてことはないだろう♪”

と軽く考えてたんだけど、夜8時になっても英国カモシカの気配なし!
しかもここはベルギーで、言語は フランス語 か オランダ語(フランドル語-Flemish)

でも、ほとんどの人は英語を話すと聞いていたので、恐る恐る駅員さんに話しかけると
 と~~ってもキレイな英語で返答が(笑)。

それでも時刻表なんかは全部フランス語/オランダ語だったので、なんとなーくで書いてある意味を予想し、なんとか電車に乗ってゲントに到着(汗)。

ヨーロッパの言語って基本的にラテン語を基礎としているので、スペルとかもなんとなく似ていて、フランス語もオランダ語も話せない私でも意味を予想することができました。^^;

駅で捕まえたタクシーの兄ちゃんも、片言の英語を話せたのでホテルにも到着できたんだけど、英国カモシカはまだ到着してないとのこと。
結局やって来たのは私が到着した 1時間後!!
飛行機が遅れたんだそうで。。。

実は、このままベルギーに1人で放置されるのか?? とビクビクしてました・・・。 

翌日は英国カモシカが朝から会議だったので、1人でゲント観光を☆
一応、ここは観光地ではあるんだけどあまりメジャーではないので観光客も少なめ。

私の実家は広島の近くなんだけど、ゲントの町には広島と同じくトラム(路面電車)が走っていて川もたくさんあって、一瞬、
  『ここは広島(笑)!?』
と思ってしまいました。
聖バーフ大聖堂
ゲント街並み
 
川辺の有名な景色
ゲント

川にかかる橋。この橋の向こう側には古い町並みが並ぶ。
橋


私が旅行する時の1番の目的は

 ★そこの空気を楽しむこと
 ★食べて飲むこと


なので、前もってガイドブックでチェックしていた内容は食べ物とビールについて(笑)。

おかげで、名所もチェックせずにひたすらゲント市内を歩き回ってたので、ベルギー旅行を計画されている方にとっては 全く 役に立たない内容ですいません!

ちなみに私が犯した最大の間違いは、

 ベルギーでは、フランス語とオランダ語の2ヶ国で多くのものが表記されている

と思い込んでいたこと。

基本的なフランス語は英国カモシカから教えてもらっていて、メニューなども理解できるようにと、自分が食べたい料理のフランス語名だけは覚えていた。
しかし・・・ゲントは オランダ語圏で、メニュー表記も
 オランダ語!

私の下手な意味の予想なんて役に立たず、全く理解不能でした。。。(*_*)
みなさん、旅行前には基本的なことは調べてから行きましょう♪
って、普通はみんな下調べしていくもんですよねぇ(汗)。

それにしても、ベルギーのほとんどの若者は、私がオランダ語もフランス語も話せないとわかると、妙なアクセントもない 完璧な英語 を話せる方がほとんどで・・・。
もしかして、3ヶ国語ペラペラ?? 

なんだか自分が恥ずかしくなってしまいました。

テレビも英語の番組を字幕付きで放送していて、たぶん耳も慣れているんだろうなぁ。
フランス語とオランダ語と英語が話せるなんて、本当に羨ましい限り!
おまけに、オランダ語とドイツ語は似ているからどちらかが話せると会話もスムーズ。
さすが大陸ヨーロッパだー! と感心してしまいました。^^
2006年09月25日 | Comments(6) | Trackback(0) | ベルギー旅行
コメント
No Subject
あ~ワタシここ、行きました。ツアーで行ったんですけど(連れであった母の面倒を見るのがいやでツアーにしたのです)、なんかここ見たことあります!
カプチーノ、ものすごくこくがありそうですね。でもおいしそう♪
そして何より、このシマウマ。なんでしょうね、これ?何かあるんだろうかベルギーでは招き猫の代わりにおいとく習慣があるとか?

フランス人よりハンサムが多く、ご飯が美味しく、カワイイ小物がたくさんあるベルギーにいけていいなぁ~と、英国カモシカさんに会えず大変な目に遭ったにもかかわらず、とても羨ましくなりました。あ、勿論三ヶ国語が話せることも、ですが、ヨーロッパの人に言わせると「それが普通」なんだそうです。そういえば、ヒンズー語と系列の言葉、3つくらい話せるアフガニスタンの人に会ったことがあるので、国境が近いところに色んな国があると、そうなれるのかなぁ~~~と羨ましいですね。
 URL 2006年09月25日 18:44:11 編集
No Subject
すごいなぁ。波乱万丈。
新婚旅行が危うく「すれちがい一人旅」に・・・v-12
3ヶ国語話せちゃうのがフツウって・・・恥ずかしいのは私の方です;;。
英語ですら血の気が引くほどキライなのに。
うーん。日本語なら古典とか好きだけど、どうしても外国語に意欲が…
私はベルギーって聞いたら=ワッフル☆
ワッフルってホントに有名なのかな・・・?
それにしてもシマウマには笑っちゃった^▽^。
りゅう URL 2006年09月25日 21:55:40 編集
No Subject
こんばんわー、お久しぶりです。
ええっと、お祝いコメントのナナシさんは私です。(笑)
あまりにもSafariが使えないので、ブラウザをFirefoxに切り替えてみたのですが…。
バグかなぁ?一応…、私が確認した画面だと、名前もHPアドも
ちゃんと記入されていたんですけど…、無気味なカキコになってごめんなさいです。(^ ^;

まとめてのコメント、お許し下さい。
いやいや…、猫ケーキ、超カワイイ!イギリス人不器用かと思ってたけど
やるじゃん!って思いましたです、ハイ。ターディス嬢とタマちゃんって
とこがなかなかニクイ演出ですね。
カモシカさんもカワイイ方ですね!ドレスの色すごくシックで素敵です。
SFAのライブで見た事あるかも~なんて、ちょっとサプライズも想像してた(?)
んですけど、やっぱり知らない方でした。(当たり前。笑)
英カモシカさんも優しそうな方で…、お幸せにーーーーー!。
それと…英国式の結婚式(?)って見る機会はそうそうには無いと
思うので、なかなか興味深かったです。
友達の留学時代の友人の日本人カップルが、イギリスで式を挙げようと
試みたらしいのですが…、やはり宗教上の理由で無理だったらしいですし…、
イギリス式は近い友人がイギリス人と結婚でもしない限り、見れないです、貴重です。(笑)

私もドイツへ友人を訪ねて行った時も大変でしたよ…。
その友人の住む町は旧東ドイツ圏だったので、ある年齢以上になると、
全然、英語が通じなかったです。(汗)しかもドイツ語表記ばっかだし。(笑)
でもそれもまた、楽しいんですけどねー。
オランダって英語普及率、高いって聞いたことあります。
でも、会えるハズの人に会えなくて、1人ってのは不安ですよね、
1人旅なら、最初から覚悟ができてますが。
同じヨーロッパでも大陸系はイギリスとはまた違った味があっていいですよね♪
オブジェがいっぱいなのかぁ…、シマウマは少しビビるかも?(笑)
トラム…懐しい響きです、シェフィールドで見たなぁ。
えっ、カモシカさんって広島方面の方だったんですか!
私の友人で、グラスゴーにいきなり旅立って行ったコも広島出身だったりします。
広島人は世界を目指すのでしょうか?(笑)

カモシカさん、英語が話せるだけでも立派ですよ♪
全然関係ないけど、この際、ウェルシュにトライしてみるってどうですか?
長々と失礼しました。
kuma URL 2006年09月25日 22:33:15 編集
No Subject
>Rubyさん
ツアーで行ったということは、私もちゃんと観光名所を回れてた、ということですよね。
良かった(笑)。
英語のガイドブックとか、もう読むのも面倒で(笑)、食べ物&飲み物のページしか気合入れて読んでなかったんですよね。^^;
ベルギー・カプチーノはコクがあって美味しかったです。v-10
シマウマだけど、ベルギーって漫画大国で 「タンタン」 とか 「スマーフス」(←知ってます?) の地元だから、遊び心のある国民なのかも?
ベルギーってどうも知名度も低い地味な国だけど、私はフランス行くくらいならベルギーでのんびりと楽しみたいかなぁ。
フランスよりもハンサムな人が多いとは、知りませんでした。
次回、また行った時にちゃんとチェックしてみます(笑)。
ヨーロッパって1つの国の中でも2ヶ国語とか3ヶ国語とか、入り混じってる国が多いですもんね。
スイスなんて4ヶ国語ですもんね。
みんながわかる言語が英語だから、自分の国の言葉じゃないにもかかわらず書類とかは英語で書かれてたりするそうですよ。
私も3ヶ国語くらい話せるようになりたいです。

>りゅうさん
ちゃんと計画してなかったのがダメなんですよね(笑)。
私も英国カモシカも適当なとこがあって、あまり深く考えずに待ち合わせとかしてしまったんです。^^;
英語とか、私も自分がイギリスに住むことになるなんて思ってもなくて、必要になったから勉強しなきゃならなくなったんですよー。
高校生の時とか英語は大嫌いで、受験に英語がない大学を探したくらいなんで(笑)。
必要にかられると人間って何でもできちゃうもんですね。^^
ベルギーのワッフルは有名ですよ~~!
自動販売機でもワッフル売ってるし、駅の売店でも売ってるし、ホントにどこにでも売ってました。
でもやっぱり焼きたてが1番!
美味しかったです☆

>Kumaさん
こちらから名前が読めないのは、私が英語版HPで日本語を使ってるからかな??
たまに表示がヘンになったりするんです。
でも誰からのメッセージなのかわかって良かった(笑)!
ありがとうございます☆

で、この猫ケーキですがイギリス人の方が作ったんじゃないんです(笑)。
確か東ヨーロッパのどこかの国出身の方でした。
だから、こんなに器用なんですよー(笑)!
SFAのライブ、去年の日本公演には全部行ったからどこかで会ってるかも??

イギリスでの結婚式は、教会で式を挙げようとした場合は宗教上の理由で断られることがあるんですよ。
イギリス人でも、キリスト教徒じゃない人がカソリック系教会で式を挙げようとしたら断られることもあるし。
私たちは宗教とは無関係なレジスター・オフィスというところで式を挙げたので、全く問題なしでした。^^
イギリスでの結婚式って、日本よりもリラックスしてる場合が多いので私は好きです☆

オランダ人ですが、私が会ったオランダ人はみんな英語ペラペラでした。
しかもオランダ人って知らずに話してたらイギリス人かと思うくらい、本当に完璧な英語!!
テレビとか英語番組をオランダ語の字幕付きで普通に流してたりするので、自然に頭に入るようです。
あとヨーロッパの言葉ってラテン語を基礎としてるので、単語も似てるんですよ。
だからオランダ語を全く知らない私でも、ずっと聞いてるとなんとなく話の内容が理解できたし!
だからヨーロッパ人が英語を勉強するのは、アジア人が英語を勉強するよりもずっと簡単だそうです。
日本人が韓国語を勉強するのが簡単なのと似てて。
ウェールズ語は・・・もう何年も前にトライして、文法の本が1冊、辞書なんて4冊も持ってます(笑)。
しかし!! 発音が難しすぎて未だに全く話せません。。。(T_T)
ボレダ、くらい(笑)。
日本カモシカ URL 2006年09月26日 08:57:23 編集
No Subject
新婚旅行は「ほぼ1人旅」から、あやうく「完璧に1人旅」になってしまうところだったんですね~! 無事に合流できて、よかったです。
そうそう、ベルギーの言葉! ワロン語とフラマン語が両方とも全域で話されているのかと思ったら違うんですよね。フラマン語圏はまだなんとか…、多少は予想がつくのですが、ワロン語はドイツ語・オランダ語系なのでまったく見当がつかず、私も苦労しました;; 陸地で他の国と繋がっていると侵略とかの危険性もありますが、言葉が似てきたりして、便利ですよね。(でも、ウェールズ語やケルト語は、全然似てないですね~;;)

もしまた行ったことがない駅で待ち合わせをするのでしたら、トーマスクック(時刻表)の購入をお勧めしますよ♪ 主要駅の構内図も出ているので、便利です。

valvane URL 2006年09月28日 10:48:55 編集
No Subject
>Valvaneさん
いやー、とにかく会えて良かったです(笑)。
もしも会えなかったら、飲みたいもの飲んで、食べたいもの食べてから、イギリスに帰国するつもりでいました。
やっぱり飲まなきゃ(笑)!
英国カモシカがフランス語できるので、通訳はお任せ!と、全く勉強せずに行ってたんですよ、実は。
そしたらいきなりのオランダ語で。^^;
でもオランダ語って、英語とドイツ語の中間みたいな感じなんですよ。
単語もかなり似てるので、ドイツ語もオランダ語も知らない私でも5%くらいは理解できました。
でも・・5%じゃ全く役立たず(苦笑)!!
ドイツ語の現況をしたいなぁ、と本気で思いました。
結構響きも好きだし、英語に似てるので勉強するのも簡単なんだそうです。
フランス語は・・・ウェールズ語の発音に似たものがあり、きっと発音できないと思うので無理!!(T_T)

次回、またどこかで待ち合わせするなら時刻表は買います。。。^^;
日本カモシカ URL 2006年09月28日 18:54:19 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。