05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

コッツウォルズへ♪ 2006年08月16日

ヨーロッパは今がホリデーシーズン。
なので、大陸ヨーロッパからもイギリスへ観光客がたくさんやって来る季節。
今週は、英国カモシカが仕事がらみで知り合った イタリア人カップル がイギリス観光にやってきたので、うちから車で40分ほどの コッツウォルズ地方 へ観光に行ってきました♪

まずは私の好きな Bourton-on-the-Water という小さな村へ。
ここには何回も来てるんだけど、その理由はというと、とーーーってもB級な鳥園 “BIRDLAND” があるから。^^;

イタリア人カップル、せっかくイギリスに来たのにこんなところに連れてきていいのだろうか・・・

と不安になったんだけど、本人たちは結構楽しんでいるようで鳥の写真など撮って喜んでいた。
今回の目当てはこの赤ちゃんペンギン☆
peuguin baby

生後3ヶ月だそうです♪
この BIRDLAND ではオウムが放し飼いだったりするなど柵がないところが多い。
ペンギンのプールも柵はあるものの人間の腰くらいの高さなので、ペンギンに触れたりもできる。
このペンギンも人間に興味があるらしく、自ら至近距離まで近付いてきた(笑)。
friendly


こんなトコばかりではあまりにも申し訳ないので(汗)、このあとはコッツウォルズの村の1つ、Taunton というところに行ってみた。
『行ってみた』 と言うのも、コッツウォルズは小さな村の集まる地域で主要都市というものが存在しないため、 

   “村を見に行く”

ことがメインの観光となるので。
初めて行った村なんだけど、見事に何もありませんでした。
Taunton

村の中心というものもなく、ひたすら続く1本道を歩いていると前方から
  黒い犬と共に馬車に乗ったお婆ちゃんが!
horse

なんだかスゴイ。 
別に観光のためじゃなくて、普通に馬車に乗ってる人がいるんだぁ~~~! とビックリしてしまった。

懲りずにひたすら1本道を歩き続けていると、今度は 
 
  DOVE COTE =鳩小屋

が現れた。
この建物は、純粋に鳩のための建物です(笑)。
dovecote

中はこんな感じで、ちゃんと鳩が住んでいる。
hato

普通に日本で見かけるような都市鳩は、英語で Pigeon と呼ばれ、山鳩は Wood Pigeon

この建物の名前 “DOVE COTE” の DOVE は、普通の鳩より小柄なものを差す場合が多い。
よく見かけるのは Collard Dove(シラコバト) とか。
ちなみにこの DOVE COTE に居たのは、普通の 鳩=Pigeon でした。

Pigeon だとあまりいいイメージがないんだけど、Dove と言うと、ちょっと高級っぽいなぁ、と思うのは私だけ(笑)?^^; 

都市からちょっと離れると本当に田舎になるのがイギリスのいいとこなんだけど、今の季節は道端に野生の果物がなっていて勝手に食べたりできる。
これは ブラックベリー の茂み。
Blackberry

blackberry up

このまま食べても甘くて美味しい~~!!  
ちなみに赤いのはまだ熟れてなくて、黒くなったら食べごろ♪
ブラックベリーはスーパーでも売ってるんだけど、道端に生えてるので 袋持参 で摘んでいる人をよく見かけます(笑)。

うちからそんなに離れていない場所なんだけど、ちょっとした観光気分を味わえてリフレッシュできた1日でした☆
2006年08月16日 | Comments(4) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
No Subject
あ~! ついに(笑)、コッツウォルズに行かれたんですね♪
ボートン・オン・ザ・ウォーターには、私も行きましたが、メインになるところ
なので(連休中でもあったし)、人だかりがすごかったです。
その下の「Taunton」には行ってないんですが、今でも馬車が普通に
使われているんですね~! すごい!v-405
後ろに写っている車も、なんだか年代物っぽいし…。
私もその村、行ってみたいです♪

それにしても、この鳩さんたちいいわねぇ。。
私の6畳の部屋と交換する気ない? v-389

赤ちゃんペンギンは、思わずいたずら書きしたくなりました。
だって、バットマンに似てるし! v-397
valvane URL 2006年08月20日 14:56:02 編集
No Subject
>Valvaneさん
あまり近いと逆に行かなかったりするのが観光地だと思うんですが、コッツウォルズもその1つです(笑)。
その昔、ロンドンに住んでいたときは憧れのコッツウォルズだったのが、簡単に行けるようになるとその熱も冷めてしまいました。。。^^;
Tauntonは全く観光地じゃないですよ~~。
道路地図を見て、「Pictureresque Village」 って書いてあった村の中から適当に選んで行ってみただけなんです。
観光客がいないぶん、お土産屋などもなくて普通の町並みが保存されてるので、普段の暮らしぶりとかをみてみたい場合にはいいかもしれないですね。
ただ・・・道を歩いている人間をほとんど見かけませんでしたが(笑)。
日本カモシカ URL 2006年08月21日 04:42:49 編集
No Subject
ワタシも行きましたコッツウォルズ!いや~やっぱり行かないと!って思いましたが、確かに何もなかったような記憶が・・・。しかも冬に行きましたし(汗)。おかげでクロテッドクリームがおいしかったですよ!

ブラックベリー、前住んでいた家に生えていて、冬になると実がなっていました。みかんとレモンもあったのですが、みかんは夜中にポッサムが食べるので戦いでした。しかしどうしてかブラックベリーは食べなかったんですよね。ワタシは摘んでジャムにしていましたが・・・。後、大学のフェリーつき場にも自生していて、食べごろになると学生たちに食べられて丸裸に(w
princessruby URL 2006年08月22日 18:20:24 編集
No Subject
>Princessrubyさん
コッツウォルズって有名だけど、下手に名所の村とかに行ってしまうとコッツウゾルズの醍醐味は楽しめないし、かといって無名の村に行くと本当になにもないんですよね(笑)。
しかも冬になんて行ってしまうと、枯れ果てた野原とか見て悲しくなってしまいます。^^;
あ、でもクロテッドクリームは旨いです~~!!
それにしてもさすが、オーストラリアですね。
オポッサムが食べるって(笑)。
ブラックベリーですが、うちの庭にも生えているのを発見しました。
でも発見がちょっと遅くてほとんど熟れすぎの状態だったので、来年に期待です。
日本カモシカ URL 2006年08月22日 21:32:41 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。