08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

イギリスは大騒ぎ 2006年08月10日

現在、イギリスの各空港はパニック状態です。

というのも昨夜未明、イギリス内で21人がテロリスト容疑者として逮捕されたから・・・。
うちの近くのバーミンガムでも、何人か逮捕されたみたい。

“航空テロ計画”崩壊
'Airlines terror plot' disrupted
(BBCニュース) 

なんでも自爆テロで、飛行機を空中爆発させようと計画していたんだそうで、ターゲットは
 イギリス→アメリカ 行きの飛行機。

英国内の警戒レベルは最高レベルの 『Critical』 まで引き上げられいて、これは

 『いつ攻撃されてもおかしくない、危険な状態』

という意味だそうです。。
でも私には全く実感もないんですが。

たぶん、現在のレバノン、イスラエル問題が関係してるのかなぁ・・・。
英国のトニー・ブレア首相は米国のブッシュ大統領に従ってばかりで、今回のレバノン-イスラエル問題での対応に抗議するために議員を辞任した人もいたし。 
そういう私も、トニーちゃんには早く辞任してもらいたい。 

この逮捕劇のため、現在 
  手荷物の機内持込は全て禁止!

小さめの財布とパスポートくらいしか持ち込めなくなっている模様です。
なんでも、今回のテロに使われる予定だったものが液体状のものだったようなので、ボディーローションなども持ち込み不可だとか。
赤ちゃん用品は、母親本人がチェックを受ければ大丈夫なようです。
キャンセルされたフライトもかなりあるようで、今後も混乱は続きそう。

発表によると、逮捕されたのはほぼ全員がイギリス国籍者と見られ、

  最高で10機の飛行機を同時爆破

しようと計画していたということ。

恐いといえば恐いんだけど、今までイギリス国内の空港の警備って甘かったと思う。
日本だとスーツケースはX線検査で徹底チェックだけど、イギリスでは国際線でもチェックインの時に検査なしで預けておしまい!
その後にチェックとかしてるのかは謎です・・・。

もしもスーツケースの中に爆弾とか入ってたらどうするんだろう
といつも思う。

手荷物検査も、日本だとペットボトルの中身もチェックするし、私は何度もベルト&靴のチェックも受けたんだけど(汗)、イギリスで止められたことは1度もない!

これをいい機会に、検査を強化してくれると嬉しいです。。。
2006年08月10日 | Comments(8) | Trackback(1) | イギリス生活
コメント
No Subject
はじめまして。ERIと申します。
今、ニュースを見ました!!
ショックです。
私は20日からイギリスのバレエ学校に留学するのですが、最悪なタイミングでこんな事件…です。
未遂で良かったけど、これからが不安です。。。
考えてもどうにもならないので、しょうがないのですが…

ERI URL 2006年08月11日 00:50:05 編集
No Subject
中東情勢が悪化して、紛争が起こり、一般市民が巻き沿えになって
多数の犠牲者が出たりと…、最近、良いニュースを聞くことが
できませんね。日本はつい先日まで、北朝鮮のミサイルの脅威に
さらされていたわけですが…、今度はイギリスでテロ未遂ですか。
今回も未然に防げて、良かったですね…、なんだかんだ言って、
 90年代以降もIRAのテロに悩まされてきた大英帝国ですから、
そこのところのノウハウがしっかり生かされているのでしょうか。

でも…、イスラエルの片棒担いでるのアメリカですからねぇ。
日本も正直ヤバいのでは。はぁぁ。

Kuma URL 2006年08月11日 00:58:06 編集
No Subject
>ERIさん
はじめまして☆
バレエ学校に留学されるなんて、それは楽しみですね!!
そんな時にこのニュースは本当にショックだったと思います。
今現在の状況は、まだ捜査の初期段階なのでハッキリとしない状況なんですが、2、3日中にはちゃんとした発表があると思います。
ターゲットにされていたのはアメリカ行きの飛行機なので、日本行きはそこまで影響が出るとは思わないんですが、それでも混乱が予想されます。
在英日本領事館からのメールでは、本日発着予定のロンドン往復便のチェックインは問題なく行われているということです。
不安だとは思いますが、警戒が厳しい今は1番安全な時期、と思って前向きに頑張ってくださいね。

>Kumaさん
イギリス人はテロ慣れしている国民なので、今回のことも比較的冷静に受け止めているようです。
そういう私も、ロンドンで実際にIRAのテロを身近に体験したり(仕事に通うのに毎日使っていた橋が爆破されました・・・汗)、BBCの前玄関が爆破されたときにすぐ近くに住んでいたり、とだんだんと感覚もマヒしてきてます。。。
テロ未遂のニュースは日常茶飯事なんですが、誤認逮捕だったりすることも日常茶飯事で・・・でも、やはり今回のは本物みたいですね。
トニーちゃんがアメリカの片棒担ぐのをやめたところで、イギリスも相当嫌われている国だと思うので状況は変わらないんでしょうねぇ・・・。

今回のテロ容疑者はパキスタン系英国人だったようなんですが、イギリス国内のイスラム教徒の方々に対する風当たりが心配です。

日本カモシカ URL 2006年08月11日 04:45:57 編集
No Subject
大丈夫ですか!!!!
ってか最初にこのニュース観たとき最初に日本カモシカさんが頭に浮かびましたっ!!
てかイギリスに知り合いは日本カモシカさんしか居ませんけどね(笑)
まあ空港なので・・・日本カモシカさんはあまり行かないかもだけど・・・英国カモシカさんは利用頻度が高そうだし・・・。

なんでも赤ちゃんのミルクも、親が味見ってか中身は赤チャン用ミルク♪・・・だと証明しないと機内に持ち込めないんですよね???
白雪 URL 2006年08月12日 01:07:24 編集
No Subject
>白雪さん
大丈夫ですよ~~。
飛行機恐怖症(笑)で、空港になんて近付きたくもない私には全く影響はありませんでした。
でも英国カモシカは今月末に出張を控えてて、PCがないと仕事にならないのに機内持ち込み禁止になってしまったら、試しにPCを預けて壊れてなかったらラッキー、または出張自体をキャンセルするかという状況。
どうするんだろう・・・(汗)。
それまでに状況が落ち着いてくれてればいいんだけど。
手荷物検査はかなり厳しくて、ミルクの味見もしてましたよー。
本も持ち込み禁止だから、長時間のフライトの場合は大変そう!
今は夏休みだから子供連れて飛行機に乗る予定の人も多かっただろうに、i podもゲームボーイも本も持ち込み禁止って、子供にはキツイだろうなぁ、と思います。
日本カモシカ URL 2006年08月12日 02:03:04 編集
No Subject
イギリスでも、空港はパニックになっているんですね。。
でも、国民はやはり冷静なんですね。やっぱり。。

私がイギリスに滞在していた間にも、何度かテロ未遂の見出しが新聞に
載っていたことがあるので、未遂だし、それほど大騒ぎにはなっていない
んだろう… と思っていたら、この書き出しだったので、一瞬驚きました;;

でも、IRAによるテロはよくあっても、アルカイダ系は今まで(前回のテロ
をのぞくと)なかったことですものね。イギリス政府もピリピリしているん
でしょうか。

機内持ち込みですが、液体状のものとiPodなど機器類に対しては厳しく
なっているようですが、その他は普通に持込めるみたいです。
でも、イギリス便では透明袋に入れないといけないって、、
ちょっと恥ずかしかったり。。

TBさせていただきました♪
valvane URL 2006年08月13日 03:38:59 編集
No Subject
金曜からずっとこのニュース追っていました(おかげでブログの更新もほったらかし)。

西洋クリスチャン世界と中東イスラム世界ってもう1000年以上も戦い続けている上に融合ができないような違いがあるのですが、そのまま互いに無視して共存していければよかったのに、中東には石油がある・・・というこの状況では西洋社会の介入も避けられなかったのか、と思います。

うちの政治オタクのオットの人に言わせると、イスラム世界は処刑やイスラムルールに従った女性虐待などが続いているからイスラエルがそこで自国を守っていこうとすることは当然だし、建国から既に50年以上が経過しているので既に国家として認められるべきだ、というのですが、そしたら台湾はどうなるの、チベットはどうなるの、って話に発展してしまいますよね。東ティモールだって独立したいのに、それは産業がないんだから意味がない、インドネシアの属国でいればいい、というのはなんだか一致していないし。

話し合いで解決、というのも相手が話し合いに応じなければ意味がないし、経済制裁してもそれで苦しむのは普通の人たちだし、そのせいで余計にテロリストが増えることにつながっているという事実もあるし。

そんなに人を殺しても世界はよくならないのですが、人を殺すことで天国へ行けるという考えもあるから仕方ないのでしょう。

解決することってないんでしょうね、この問題は。
princessruby URL 2006年08月13日 13:01:37 編集
No Subject
>Valvaneさん
イギリスの各空港での騒ぎはかなり治まってきていて、ニュースもトップニュースではなくなってます。
でも・・・新たなテロの計画があるかも!? なんて騒いでますが・・・(汗)。
機内持ち込み品に関しては、まだやはり透明ビニール袋に入れていても持ち込めるものは限られているようです。
本などはビニール袋に入れていても持ち込みは禁止だし、この基準がよくわからないのですが。。。
詳しくはこちらからどうぞ。
最終アップデートは8月12日です。
http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/4778615.stm

チェックイン後に免税店で購入したものは持ち込めるようですが、アメリカ行きのフライトは食べ物以外は免税店エリアで購入していても持ち込めないそうです。

イギリス政府がIRAテロとは違った対応を取っている理由の1つに、アルカイダ系のテロだとIRAのような事前テロ予告がないからなんです。
しかも今回のテロで使われる予定だったものも、ペットボトルと携帯電話という普通に入手可能なもので、手荷物検査でも見つけにくいという理由からだそうです。
詳しくはまだ捜査段階なので発表できないそうなので、捜査終了次第もっと情報が出てくると思います。

>Princessrubyさん
この問題に関しては本当に難しいですよね。。。
とくにイギリスにおけるイスラム教徒の人口ってどんどん増えてきてるし、私の住んでる近くのバーミンガムなんて、人口の約半分近くを白人以外(イスラム系か中国系)が占めているので、宗教がらみの問題は避けて通れないし。
私もロンドンではイスラム教エリアに住んでいた期間が長くて、過去に付き合っていた人に道で暴力まがいのことをされたとき(汗)、イスラム教徒の若い男の子5人くらいに助けてもらったこともあるんですよ。
「女の子に暴力振るうなんてサイテーだ!!」 って言ってました。
毎日モスクに通うようなイスラム教徒でも、イギリス生まれの若い子は一般のイスラムのイメージとは違うよなぁ・・・と思いました。
ロンドンで1番親切にしてくれたのが、イギリス人ではなく熱心なイスラム教徒であるパキスタン人だったってのも皮肉ですよねぇ。。
そして、今回のテロの容疑者はイギリス国籍のパキスタン人・・・。
普通のイスラム教徒は白人と共存しているし、問題起こしてるのは1部の過激派だと思うんだけど、イギリス国内ではイスラム系への風当たりがキツイのが悲しいです。

イスラエルに関しても、アメリカやイギリスなどが勝手にあの場所に建国してしまったのがそもそも間違いですよねぇ。。。
実際にそこに住んでいるイスラエル人たちからすると、そこに生活基盤があって他の場所には行けない、という気持ちもあるだろうし。
しかし、アメリカがレバノン攻撃のために、今も武器を送り込んでるってのには反吐が出ます。

パレスチナからすれば、ヨソモノが我が物顔で自分たちの土地に住んでいるなんて耐えられないってのも、当たり前の感情。。。
私の実家ってアメリカの空軍基地があるとこなので、物心付いた時から  “私たちには絶対に立ち入れない外国” という地域が地元に存在してて、基地の外ではアメリカ人が犯罪起こし放題だったんですよ。
だから、占領される方の気持ちもわかるし。

たぶんイスラエルの問題って、全く正反対の宗教がからんでるからここまでややこしくなるんですよねぇ。。。
そして、1番辛い思いをしているのは一般市民。
明日には、イスラエルがレバノン攻撃を中止するというニュースが出てるけど、これで実際に中止してくれればいいんだけど。
でもこれも、一時的なものでしかないんでしょうね。
日本カモシカ URL 2006年08月13日 20:48:03 編集

管理者だけに表示する
大規模な航空機爆破テロ計画を、容疑者21人の逮捕により(MI5の活躍)未然に阻止…ということで、UK(特に空港)は、大変なことになっているようです。英発米行きの航空機、最大10~12機(!!)が狙われたそうですが、やはり
アンモナイト -Ammonite- 2006年08月11日 00:20:17
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。