06 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

疑いの余地なし!! 2006年08月02日

英国カモシカが出張に行ってしまって留守だった昨夜、タマの威嚇は本当にひどかったです。。。(T_T)
家中を歩き回って

 「ウ~~シャ~~!!!」 

を繰り返し、見ているこちらが心配になるほど(涙)。
常に気分が高ぶっているようで、

こんなに常に興奮していたら心臓麻痺でも起こしてしまうのでは?? 

と思ってしまうほどです。。。

私の顔を見ると牙を剥きだし唾を撒き散らして、物凄い興奮状態。
でも絶対に、本当に私に噛み付いてきたりはしないんだけど、この興奮状態が続くというのは、タマの健康にいい影響を与えてるとは思えません・・・。 

仔猫が来る前からこの状態だけど、先日Princessrubyさんに指摘されるまでは
 「もう少し様子を見ていたら治まるんじゃないのか?」
と淡い期待もしていたんだけど、この状態を改めて目の当たりにして考えると、1度きっちりと病院で検査してもらうべきだと思います。

ターディス嬢&チビッコも、興奮状態のタマを不安そうに見守っている。
こわい

雪もグンタも、威嚇されるのはあまり気にしていないらしく(その時は恐くても、すぐに忘れてしまうみたいで、タマに寄って行ってはまた威嚇されるので、タマの気が立っているときは隔離してます・・・)、無邪気に遊んでいる。

でも繊細なターディス嬢の様子が心配なので、気をつけて尿の観察をしていたところ・・・ 
出ました。

ストラバイト

どう見ても、このキラキラしているのは 結晶 だと思うんですが
前回の尿検査では問題なしだったけど、その時にたまたま出てなかっただけで見逃されてたんじゃないの???
これが結晶じゃなかったら、この白くてキラキラしてるのは何??

私は実際に結晶を見たことがないので、実際に結晶を見られたことのある方、確認をお願い致します!

ターディス嬢は女の子だから尿毒症になる危険性は少ないし、尿もちゃんと出てるので緊急にどうのこうのって事はないけど、日曜日の雪&グンタの予防接種の際に、この写真と共に(オシッコ取れたらそれも)ターディス嬢も連れて行くことにします。。。

こうなったら、ターディス嬢の平安のためにも、私の心の平安のためにも、タマの凶暴化の原因究明をするつもりです。
2006年08月02日 | Comments(8) | Trackback(0) | 猫の健康
コメント
No Subject
御礼を言うの、遅くなってしまいました。
7/31に贈り物いただきました。
ちょっと凹んでいたので、とてもうれしかったです。
ありがとうございます☆
例の如く、枕元にまず飾って、それから頂きます。
葉っぱも育つといいなぁと。

タマちゃんの様子は、少し前のハクと同じです。
ハクの場合はのどと歯が痛いのと、自分が大事にされてないことの
やつあたりとかが入り混じって、大暴れ&みんなに唸って威嚇してました。
それが、ハクを病院に連れて行って、のどとかの薬をもらった後、
急に態度が変わりました。
通院&投薬=自分もちゃんと大事にしてもらえる、ってわかったようです。
・ごはんを真っ先にがっついていたのが、みんなを先にして自分は順番を待つ。
・みんなにケンカを売らない。
驚くほど穏やかな性格に急変しましたよ。
タマちゃん、口の中とかどこかに異変はないですか?
忠猫だから・・・外敵から守ろうとしていたのが、
過剰反応してわけわかんなくなったような気もします。

ターディスちゃんの尿は、キラキラ加減が写真ではよく判明しませんが・・・
目で見てわかるくらいの大きな結晶(石じゃなくて)の場合、
膀胱とか傷ついて血尿が出ることが多いです。
それがないなら、尿砂が流れ出てるだけかなとも思いますよ。
pHチェックができれば、結構その辺の目安にもなるかも。
こちらで手に入ったら、あとで送りますね。

りゅう URL 2006年08月03日 12:05:29 編集
No Subject
はじめまして。
コメントありがとうございます。たくさんいるんだ~猫さん。

結石かどうかはわからないけど、検査をしてもらったほうが良さそうですね。
様子見て・・って思ってるうちに悪くなったら後悔しますもん。イギリスではどうかわからないけど、
日本には尿phをチェックする猫砂があります。テープ状のものもあり、
尿がアルカリ性になってないか調べるものです。
人間のおしっこなんかを調べるチェッカー用紙(薬局で売ってるかもですよ)なんかを使うのも
いいかもしれません。アルカリになってたら、要注意~
タマさんどうしちゃったんでしょう。何かあったのかな?
また来ますね~
ぴか URL 2006年08月03日 14:32:14 編集
No Subject
なんだか大変なことに…なってますね。
猫って実は社交的な性格だっていいますよね~、
どちらかというと、なるべく喧嘩はせず、穏便に済ませるとも聞きます。
最近のタマちゃんどうしちゃったんでしょう?
ちょっと前まではターディス嬢に絡んだりしてたのに。
どこも具合が悪くなければ、いいのですが…。
体の調子が悪くて、英国カモシカさんが出掛けると余計に
不安になるとか…。でもご飯はちゃんと食べてるんですよね?
猫に詳しいカモシカさんにはたいしたアドバイスできませんが…。
タマちゃんの威嚇が収まりますように!

この間、カモシカさんのお友達の猫ちゃんの話を読んでいて思い出したのですが…。
友達が数年前、白い猫と暮らしていました。ずっと室内飼いだったそうです。
ある日、そこの家のお母さんが、庭にでた時にガラス扉が少し開いた状態に
なったのに気付かずに庭仕事をしてしまったらしいんですよ。
ほんの僅かの時間に、そこから野良猫が室内に入ってしまい、
鉢合わせた友達の猫と大喧嘩。友達の猫はヒドイ怪我をおわされたらしいんです。
それから、しばらくして体中に湿疹みたいなのが出来て、
なかなか治らず、それが原因かどうかはわからないのですが、
ほどなくして天国に旅だってしまいました。
それってなんだったんでしょう?
わからないこと多いです…。
Kuma URL 2006年08月04日 00:07:37 編集
No Subject
仔猫とターディズ嬢が心配そうに見つめる写真で、いかにタマちゃんの威嚇がすごいのか、伝わってきます。
興奮し続けた状態でいることは、確かにタマちゃんの体に負担でしょうから、心配ですv-292
精神安定剤、にゃんが病気になった時(精神的な要因でなったと診断されたので)、処方されたことがありました。にゃんの場合は、精神安定剤は合わなかったけど、興奮状態のタマちゃんには、もしかして有効かも。でも、毎日飲ませるわけにも行かないし。
タマちゃんみたいな症状になった症例はないのでしょうか?獣医さんが、そのへんのこと臨床経験があり、分かるといいですね。
nyanmyupurin URL 2006年08月04日 13:21:29 編集
No Subject
階段の上から心配そうに見守る3ニャンの姿が可愛いです♪
って、こんな呑気な事言ってる場合じゃないですよね☆
ターディス嬢のオシッコ・・・結晶は私も見た事ないので何とも言えませんが・・・。
でもタマさんは"あの猫"サンが居るときはフツーなんですよね???
これはもお事情を話して"あの猫"サンを譲ってもらうしか・・・★←なんとしても、こっちへ話を持っていく私(笑)
イギリスにはACとかないのですか???
あればACでタマさんの本音を聞いてみるのが1番かな・・・と☆彡
白雪 URL 2006年08月04日 15:01:57 編集
No Subject
>りゅうさん
体の調子はどうですか?ちゃんと食べてますか?
草は育てるの簡単なので、たぶん放っておいても育ちますよ。^^
私にできることはこのくらいなんですが、猫屋敷の皆さんにヨロシクお伝えください☆
あと、お返しとかは気にしないでくださいよーー!!
困ったときはお互い様ですよ!

タマにはなるべく声をかけるようにしているんだけど、私が近付くだけで唸り声があがるので、もうどうしたらいいのか。。。
放っておいてあげるほうがいいのか、それとも本当は構ってほしいのかさえもわからなくなってきました。
どうも撫でてほしいみたいで、顔を寄せてきたりするんですよ。
でも、本当に撫でてあげると怒るんです(涙)。
そんな感じなので、口の中を見ることも無理な状態です。

結晶が出る時は血尿が出ることが多いんですね。
ありがとう、覚えておきます。
尿砂ってのは、別に悪いものじゃないんですか? って、自分で調べてみますね。
私の方が、りゅうさんよりも時間は有り余ってるし。^^;
その後、ここまで目に見えるキラキラは出てません。
とりあえずは、このキラキラしたオシッコ玉をそのまま獣医さんに見てもらうことにしました。
Phチェック用紙、前回獣医さんに聞いたところイギリスでは処方箋がないと購入できないそうなんですよ。
もしもそんなに高価なものじゃなくて、もしも好意に甘えてもいいのなら、お願いします。
あ、でも日曜日に獣医さんに会いに行くので、その時にもう1度Ph用紙のことを確認してみます。

>ぴかさん
わざわざ遊びにきてもらって、ありがとうございます☆
うちの猫たちは、今年に入ってから4匹半になりました。^^;
半分ってのは、1匹は “一応” 本当の飼い主さんがいるのにうちに入り浸ってるから(汗)。

ターディス嬢は今までにも膀胱炎を2回ほどやってるんですよ。
まだ1歳半なのに。。。
だから結石かどうかはわからないけど、ちゃんと調べてもらうことにします。
イギリスにはPHチェッカーは売ってないみたいなんですよ。
ネットで探したりもしたんだけど、やはりないようです。
人間用も処方箋がないと入手は難しいようで、ちょっと苦労しています。
またぴかさんの所にも伺いますね☆

>Kumaさん
普通、未去勢の猫の場合はケンカも多いんですが、去勢済みの男の子はケンカも少なくなって大人しくなることが多いんですよ。
タマはもともと人間が近付くこともできなかったような野良猫だったので、捕獲して去勢してからも簡単には近寄れない猫だったんですが、あるときを境に甘えん坊に大変身してしまいました。
だから、もしかすると精神的に不安定になっているのかもしれないです。。。
原因がわからないことには、私も心配で心配で・・・。

たぶんそのKumaさんの友達の猫ちゃんは、野良猫の子から猫エイズか猫白血病のウイルスをもらってしまったんじゃないでしょうか・・・?
ウイルスに感染したばかりの初期に、体に炎症が起きたりすることもあるそうです。
よくある感染方法の1つは、ケンカによる噛み傷です。
この病気の恐いところは、感染しただけの状態(キャリア)の時は見た目では感染していることに気付かない場合が多いので、母子感染したり、Kumaさんの友達の猫のように一見健康そうな野良猫さんでも媒体になったりすることなんです。
人間がHIVからエイズを発症するように、ある一定の潜伏期間を経て猫エイズや白血病も発症するんですが、これといった治療法がないので発症後は死に至る場合が多い悲しい病気です。
多頭飼いをしている家だと、その中の1匹がウイルスを持っていると隔離するように言われることが多いんですが、エイズなどは血がでるほど噛まれない限りは感染しないので、家猫で仲良く暮らしている場合は隔離しなくても感染していない場合が多いですね。
白血病に関しては予防注射があるので、これでほぼ感染を防げるそうです。
今も偏見が多い病気なんですが、早く治療法が見つかってほしいです。

>Nyanmyupurinさん
にゃんちんも精神安定剤を処方されたんですか。。。
やっぱりもともと外猫だった子は、ストレスを感じやすかったりするんでしょうか?
タマの場合、“人間に甘えたいけど恐い” という感覚がどこかに残っているのかもしれないです。
その感情が頭の中でゴチャゴチャになって混乱してるとか・・・?
自分がそんな混乱状態になってしまったら本当に辛いと思うので、なんとかラクにしてあげたいです。
Feliwayやフラワーレメディーではコントロールできないレベルのようなので、もしかしたら一時的に精神安定剤が必要なのかも。
人間でも、辛いことが続くと一時的に鬱状態になって抗鬱剤を飲んだりしますもんね。
もうこれ以上は自主判断ではどうにもできそうにないので、今回は獣医さんに従ってみます。
「ただ凶暴な性格なだけです」とか言われないといいんですが。。。

>白雪さん
タマの状態は心配だし、ターディス嬢のオシッコも心配だけど、こうやってターディス嬢と仔猫2匹が団結しているのを見ると、ターディス嬢1匹だったときよりは彼女にとって良かったみたい。
ターディス嬢1匹でこの状態に耐えるのは大変そうだし。
イギリスにもACはあるみたいです。
でもACっていうよりはヒーリングとかそっち関係メインで、直接会いにいかなきゃならないみたい。
タマを連れて会いに行くなんて、その行為自体がストレスになりそうで今は無理ですー。。。
ホントに、どうしちゃったんだろう・・・。
たぶん、タマも辛いんだろうなぁ・・・と見ていて思います。





日本カモシカ URL 2006年08月04日 17:54:23 編集
No Subject
>カモシカさん
なるほどー、猫エイズって確かに潜伏期間が長く、発症さえしなければ、
長く生きられるって聞いた事あったんですけど、
友達の猫は1年もしないうち…だったんですよ。
怪我は酷かったみたいなので、可能性大…。
もう今から10年近く前の話なので、当時はまだ一般的ではなかったのかなー。
「かもしれない」とは言ってたんですけど、ハッキリしなかったみたいで。

タマちゃん、落ち着くといいですねー。
もうあの猫さんに来てもらうしかありませんね。
Kuma URL 2006年08月04日 22:44:52 編集
No Subject
>Kumaさん
そうですねぇ。。。
潜伏期間には個体差があるので、一概には言えないと思います。
一生発症しない子もいるし、そうかと思えば若くしてなくなってしまう子もいます。
白血病の場合だと、3、4年以内に発病するとよく言われてますが、これも一概には言えないので・・・。
お友達の猫ちゃんは、もしかしたらエイズではなく白血病ウイルスだったのかもしれないですね。
白血病の方が発症率は高いそうなので。
噛み傷から感染する場合、怪我の程度には関係なく感染するときは感染しちゃうようです。
10年前と今とでは獣医さんの持っている知識もかなり違うと思うので、今なら色々と出来たことも多かったと思うんですが、お友達の猫ちゃんは残念でしたね。。。
日本カモシカ URL 2006年08月05日 00:17:03 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。