09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ご飯考 2006年07月23日

雪ちゃんが下痢をしてしまいました。。。
しかも血が混ざっていたので、日曜日の夕方だったんだけど緊急で獣医さんに駆け込んだ。
今日の朝から食欲がなくて心配してたんだけど、グンタと一緒に駆け回って遊んでるし、どう見ても元気は元気。
夕方になれば食べるかなぁ、と期待していたのに拒絶されて、その直後に血便だったので慌ててしまった。
正直、 FIPとかだったらどうしよう・・・とか。
こういうとき、心配性の私はすぐに最悪の事態を想像してしまうので困ります。 

熱もないし、感染症ということもないようで、持参した血便を一見して
『エサを変えましたか?』
と聞かれた。

実は、一時預かりさんが使用していたエサがスーパーとかで安売りしている “肉類4%” とかの大手安物仔猫フードだったので、なんとか少し質の良いものに変えようと昨夜から Natures Menu の肉類70%という仔猫フードを少し混ぜていたところだった。

獣医さん曰く 

 『この子はたぶんアレルギーとまではいかないけど、敏感なお腹を持っているんだと思うよ』

ということ。
念のために抗生物質の注射を打ってもらって、胃の粘膜を守るペースト状の薬をもらい、これから3日間は消化しやすいという ROYAL CANIN の療法食を食べさせるように指示された。
ROYAL CANINって、以前タマにも “あの猫” にも拒否されたイヤな思い出のあるエサなんだけど(笑)、取り合えず3日間はこれで様子を見てみることにした。

本猫の雪ちゃんは食欲は落ちてしまったものの、いたって元気です。
本日はこんな3ショットも☆ 
ちょっと英国カモシカがだらしなく脱ぎっぱなしにしている靴が邪魔だけど。 
3匹

チビッコたち2匹は昼寝の最中で、タマは2匹に向って
 『シャーー と威嚇したんだけど、もちろん2匹は無反応(笑)。
で、横で監視も兼ねて一緒に寝てしまいました。

タマはたまに “キレて” しまい、その時は英国カモシカにさえも本気で襲い掛かるから注意が必要なんだけど、落ち着いているときはこうやって一緒に過ごせるようになった。

そして、遊びに来た “あの猫” を見ては、目をまん丸にして興味深々の雪(笑)。
mannmaru


グンタのお腹は丈夫なようで、大人用の手作り食をツマミ食いしてもピンピンしてるんだけど、雪ちゃんは注意が必要みたい
でも、安心して与えられる仔猫フードってなかなかなくて、ヤラーとかも考えてみたんだけど仔猫フードは製造してないし。。。

そこでイギリスの猫雑誌で目にしたことのあった、仔猫フードも製造しているイタリア製のホリスティック・フードを試してみようかな、と。
でも、今回やっと見つけて購入したこちらは成猫用です。
Almo

『Almo Nature』 というブランド名で、材料は全て 離し飼いの動物、または 海で取れた魚 のみ。 
でも日本には輸入されてないようです。

ちなみに今回買ってみたうちの1つ “マグロ&海老” を開けてみたんだけど、本当に 小エビ が丸ごと入っていた。
ちなみに材料は
 マグロ55%
 小エビ20%
 煮汁24%
 米1%

以上!
本当にこれだけしか入ってないらしく、カリカリと合わせてあげるとバランスが取れるということ。

しかし・・・カリカリを拒否されてしまったら と思うと、いくら材料が良くても心配かも。

雪ちゃん・・・いったい何を食べれば大丈夫なんでしょう??
それとも、安物の方が合ってるっていうことなのかしら・・・。
2006年07月23日 | Comments(6) | Trackback(0) | 猫ごはん
コメント
No Subject
雪ちゃんグンタくんがやって来てまだそんなに経っていないのに、
大人猫さんたちといい感じになりましたね(^^)

そうですか~、雪ちゃんはお腹が弱い子なんですね。
みるぼちゃんも小さいときお腹が弱くて、しょっちゅうユルウンしてました(^^;)
でも消化酵素サプリメントをゴハンに混ぜるようにしたら、とても健康的なウンをするようになりました。
1歳になった頃からは、サプリを入れなくても大丈夫になりましたよ。
ただ、なぼちゃんは消化酵素が体に合わないらしく、食べるとゲーゲー吐いちゃうので、
うっかりみるぼちゃんのゴハンを食べないように見張っているのが大変でした(-.-;)
猫さんの食べ物の好み(向き不向き)は本当に難しい・・・
dau URL 2006年07月24日 11:58:34 編集
No Subject
多頭飼いで一番手間が掛かるのは、食事が違う場合ですよね。
家も片方ダイエットフード、片方はむしろ栄養価があるもの食べて欲しい(食が細いので)
のに、ダイエットしたくないオデブはヤセのご飯を狙う為、手間(監視)が大変。
お好みや体質も違うから、飼主としてはめんどいと思いつつ義務だよな~な状態です。
でも、美味しそうに食べるにゃんこを見てると頬が緩むので・・・仕方がありませんよね(笑)
でも、お好みがいつ変わるかもビクビクですよね(汗)
みつる URL 2006年07月24日 12:36:28 編集
No Subject
雪ちゃん、かわいい・・・でもおなか壊してカワイソウ・・・。やっぱり子猫は手がかかるんですね。お母さん(日本カモシカさんですね)頑張って下さい。でも本当にきちんと面倒見てて偉い!そしてこのキャットフードおいしそうですね。人間のワタシが食べたいくらい。

後、前に聞いたんですが肉が苦手な猫もいるとか。魚の方がおなかにあってる、とか言うことで、人間にもそういう人いますよね。もしかして雪ちゃんはおサカナ派なのかもしれませんね。(Rubyは断然肉ですが)
princessruby URL 2006年07月24日 15:40:49 編集
No Subject
>dauさん
ターディス嬢とは上手くやっているみたいだけど、タマとはまだ大変そうです(汗)。
でもまだ2週間だし、今からですよね☆ 気長に頑張ります。

仔猫ってやっぱりお腹が弱いんですね。
みるぼちゃんに消化酵素があったのなら雪ちゃんにも大丈夫かな??
同じ女の子だし(笑)!?
雪ちゃんもツマミ食いの名人で、すぐにグンタの食事を横取りしようとするんですよ。
この3日間ほど、雪ちゃんは療法食以外は口にしちゃダメって言われてるのに~~~!
多頭飼いって、こういうときに大変ですね。(^^;)
消化酵素、うちでも雪ちゃんのお腹が良くなったら試してみまーす。
アドバイス、ありがとうございます☆

>みつるさん
一方はダイエットが必要ということは、うちのタマ&ターディス嬢の状況と同じでは?
うちもタマ(おデブ)がターディス嬢(痩せ)の食事の残りをツマミ食いするので、タマはどんどんと貫禄が付いてってます。。。
で、ツマミ食いを止めようとすると 「シャーー」 と脅されるんですよねぇ・・・(涙)。
仔猫のうちはけっこう何でも食べてくれるから療法食もラクだけど、大人猫に療法食をあげようとすると好みができちゃってるから大変ですよね。
うちもターディス嬢はカリカリ中毒で食べてもらえるものを探すのが大変です。
膀胱炎体質なのでカリカリは少なくしなきゃダメなのに~!
現在の所、七面鳥/鶏肉などあっさりしたお肉使った手作り食なら食べてくれてます。^^

>Princessrubyさん
このAlmo Natureは、普通のツナ缶と変わりありませんよー。
人間でも十分に食べることができます☆
非常食にいいかも(笑)?
なんたって食にこだわりのあるイタリア人が作ってるものだし~!
そしてこれまた、1番の輸入先はドイツのようです。
ドイツも製品の質にはうるさい国だし、そのドイツで受け入れられてるということはかなり信用度は高いです。
うちでもドイツ製品っていくつか使ってるけど、どれも安全&エコ製品で大満足だし。

欧米の猫って、日本の猫ほど魚って食べないですよね。
どうも肉中心のキャットフードが多いし!
仔猫フードもチキンでした。
雪ちゃんのお腹が良くなったら魚も試してみて、どれが1番合ってるのか試してみないと!
日本カモシカ URL 2006年07月24日 20:25:28 編集
No Subject
前々から思っていたのですが、
グンタ君のおなかのうずまき模様、メイにもあるの。
メイの小さい頃によく似てるなぁと思ってて。
この横たわり写真、ほんと似てるの。
雪ちゃんももちろんだけど、グンタ君も元気で長生きしてね。
たくさんごはん食べるんだよ。
雪ちゃん、一時的なものだと思うけど、
ごはんのアレルギーは早めに検査しておいた方がいいですよ。
積もり積もると、後が大変。
りゅう URL 2006年07月26日 11:05:37 編集
No Subject
>りゅうさん
このコメントを見て 「もしや・・・」 と思ってすぐにりゅうさんの所に飛んで行きました。
やっぱりだったんですね。。。
本当に本当に残念です。
このまま持ち直してくれるんじゃないか?って思ってただけに・・・。
今はなにも考えず、ゆっくり休んでくださいね。
本当に良く頑張りましたよね。
ここまで頑張っている人を、私は今まで見たことないですよ。
メイちゃんはなんて幸せだったんだろう、と思います☆
グンタはメイちゃんに似てるんですね。
嬉しいです!
メイちゃんの分まで、頑張って長生きして欲しいです。

きっと頑張り屋のメイちゃんだから、今は空の上からりゅうさんや猫屋敷のみんなを見守ってくれているはずです。
お疲れ様、りゅうさん。
日本カモシカ URL 2006年07月26日 19:08:53 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。