09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

お嬢様の社会勉強 2005年07月29日

最近、英国カモシカに責められている。。。
実はタマのことについてなんだけど、
『野良猫だった彼が家猫になることはありえないんだから、彼を家の中で飼うのは残酷だ』という意見。

もちろん私もタマの『出して~~~!』という鳴き声を聞くのは胸が痛い。。。

でもタマを責任持ってうちの猫として飼うことに決めたんだから、今までのように
 “2,3日も姿が見えない”
 “どこで寝ていてちゃんと食べているかどうかもわからない” 
なんて状態じゃいけないと思うし、せめて夜は家の中にいる方が安全!
いずれは私も、タマを庭に出してあげるつもりなんだけど、ターディス嬢が来たばかりの今、彼を外に出したら帰ってこない可能性もあるし、あと1週間は待ちたい。
でも英国カモシカは私がいないうちにタマを外に出してしまいそうな勢いなので心配です。。。
そしてタマとターディス嬢ですが、進展が!

本日2度目の対面を果たした2匹(リビングのドアを開けた瞬間、ターディス嬢が外に走り出てしまい、偶然の対面なんだけど)、
今日はタマの勝利~~!
ジーッと固まっていたタマに向かって威嚇するターディス嬢。 
ゆっくりとその場を立ち去ろうとするタマを見て、その後を追いかけたターディス嬢ですが・・・ 『シャーーー!』 とタマに威嚇されてしまいました~~!  
お見事、タマ。
なんだかんだ言っても、野良の世界で生き抜いてきたタマ。
たった1度の威嚇とその鋭い目線でターディス嬢は縮こまり、私の後ろに隠れる始末。。。
その後はこんな感じ。    
お見事

負け

お腹を出してひっくり返るターディス嬢。
これが犬だと 『負けましたっ!』 の意味だけど、猫の場合はどうなのか?
その後はターディス嬢もタマに近寄らず、遠くから彼を眺めるのみ。
これで彼女も少しは学んでくれたかしら。
2005年07月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 多頭飼い
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。