10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

モルモットと引きこもり 2005年05月08日

今日から3日間、英国カモシカはスイスに出張。 
日曜日なのに朝8時には家を出て、空港へ向かった。
残された私は、朝の8時からゴラムの餌やり・・・。
food

野菜をみじん切り状態にして、ゴラムを膝に乗せ野菜を口に押し込む。こうやって手で餌をやると、彼の好き嫌いがよーくわかる。 
嫌いなものを口に入れようとすると、イヤがってそっぽを向いてしまい、それでも無理やり押し込むと 

     ペッ と吐き出す。

彼の好きなものはキュウリ、セロリ、リンゴ、メロンなど。 
ニンジンとトマトはどうしてもお腹がすいて、これ以外に食べ物がないときにだけ食べるので、口に入れても吐き出す。。
彼なりにこだわりもあるようで、しばらく野菜や果物を食べるとそれ以上食べるのを拒否。  
そしてペレット状のモルモット・フードか、牧草を要求する。
dry food


しかもモルモット・フードも薄茶色のものしか食べない。
彼に要求されるままに餌を与えていたんだけど、自分の餌を食べ終わったガンダルフにその様子を ジーッと見つめられて なぜか罪悪感を感じる私。。 
せっかくの日曜日なのに・・・。  

寒かったけど外はいい天気だったので、Diglisは窓辺で日向ぼっこしながら熟睡。
sunny

ちょっと面倒なんだけど、モルモットは定期的に餌を食べてないと血糖値が下がってしまうらしいので、3、4時間おきに餌やりをしてます。。。 

さらに最悪なことに、モルモットには おもらし をする癖があるのよーー(涙)。
 
膝の上に乗せておくと、そこでジャーっとされるのでタオルなどを敷いておかないと大変なことになる。
ガンダルフはどこでもジャーなタイプなんだけど、少し繊細なゴラムは 『したくなるとモゾモゾと動き出して小屋に戻りたがる仕草をする』ことに気付いた。 
そこで小屋に戻してやると、小屋の中でジャー。
エライ!! 
トイレのしつけが出来るなんて思ってもなかったわ。 
ま、教えたわけじゃないけど、モルモットにもそんな繊細な面があったんやねー。
私の今日の食事は、英国カモシカがいないので(彼は日本食が好きではないので)、昨日買ったチャイニーズの新鮮な豆腐を使っての揚げだし豆腐! 
大根おろしとかあれば最高なんだけど、今回は具なし。
でも、うまかった!
2005年05月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | モルモット
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。