09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Gruff/Ricahrd James/Bravecaptain@Wake Up Whitehall 2005年04月15日

今日は、 Trade Justice Movement のオールナイト抗議イベントの行われる日。
昨日までのいい天気はどこへ・・・・? 
今日は、雨は降るわ寒いわで、野外で抗議をしている人たちにとってはちょっと辛いだろうな。。。
でも私たちは、ぬくぬく屋内イベントの Wake Up Whitehall に参加。
会場はロンドン、Leicester SquareにあるThe Marquee Club。
今回も、またまた参加のスコットランド人のGくんと、グリフ初体験の友達のMちゃん。
このイベントに来ていた人たちだけど、半分以上が抗議イベントには関係ない人たちみたい。
みんな音楽目当て。。
そういう私たちもなんだけど!
10時開始の予定だったんだけど、9時半には最初の人(名前わかりませんでした。。。)の演奏開始。
で、そのうちグリフが会場に到着~~~! 
普通に入り口から、 ビニール袋 とギターなんかを抱えて歩いてきた。話しかけたかったんだけど・・・いつものように腰が引けて、小心者になってしまいましたわ・・・・。
そのうちグリフの友達、ウェールズバンドのGorky's Zygotic Mynciのメンバー、リチャード・ジェイムスのライブが始まった。
richard

グリフも私の後ろで、客に混じってちゃーんと見てました。
5曲くらい演奏したんだけど、最初の2,3曲は最近のゴーキーズのような、アコースティックな音。
彼はソロアルバムをレコーディング中だそうで、アルバムが楽しみ!
そして、いきなりやった初期ゴーキーズのような雄たけび入りの曲。 
うーん!やっぱりこういうのも大好きよん! 
ゴーキーズとしてのライブも早くやって欲しいもんだ。
そして、Radio1DJを挟んで、グリフの登場!! 
それまでまばらだった客も前方に集まってきて、かなりの人数がグリフ目当てだったみたい。
guitar

gruffy

グリフ、手にはガラクタ、じゃなく(笑)小道具の入ったスーパーのビニール袋を持って登場。
それを床に置き、最近のグリフのお気に入り、ギターの説明がはじまった。
グリフは右利き用のギターを左手で弾いているんだけど、見た目がちょっとかっこ悪いから、ダンボールで作ったこれをポケットから取り出して、ギターに装着。
これがこっこいいんだ、ということです。。
今回もソロライブだし、ソロアルバムからの曲を演るもんだと思ってたらなんと!SFAの曲をやってくれた~~~ 
グリフのソロも好きだけど、やっぱり絶対、バンドとしてのSFAの方がいい!
セットリストはこちら。

1.Fragile Happiness
2.Cryndod Yn Dy Lais
3.Colonise The Moon
4.Hello Sunshine


今回も、これまでのソロライブと同じく、バグパイプを持ってきてました。
でも、本物じゃなくて、白い箱の電動バグパイプ。 
それを例のビニール袋から出してきて、
『これはバグパイプです』
なんて言ってた。かわいいわー、グリフ。 
gruff up

で、いつもはアンコールを絶対にやらないグリフだけど、客と司会者に止められて、ステージに戻ってきた!! 
「うーん、じゃ何かリクエストはある?」と客に聞くグリフ。
みんな、『Mountain People』とか『Demons』とか定番の曲を叫んでたんだけど、誰かが『Fire In My Heart!!』と叫んで、グリフは
「そんなセンチメンタルな曲がいいの?」
と笑っていた。
でも結局『Fire In My Heart』をやってくれた。 
なんでもいいわよー、とにかくもっとやって~~!! 
でも、やっぱりその1曲で引っ込んでしまった。
たったの5曲。。。
ま、この後にまた別のところでライブやるみたいだし、いいかー、とその時は思っていたんだけど。。。
グリフの次はこれまた友達のBravecaptainこと、Martin Carr(ex Boo Radleys)の登場。ソロかと思っていたらバンド形体で出てきた~!
bravecaptain

bravecaptain2

正直言って、グリフのソロよりも楽しんだかも・・? 
ソロもいいんだけど、やっぱりバンドとしての音に弱い私。。 
かなりグルービーなエレクトロ・サウンドでかっこよかった。
Gくんは、
「早く次の会場(グリフがライブやる予定の)に行った方がいいんじゃない??」
なんて言ってたけど、結局 グリフとリチャードは2人でBravecaptainのライブを見てたみたい。 
で、Bravecaptain終了後に会場内にいた2人に遭遇!
Gくんがグリフに「Hello!」って言ってたんだけど、グリフは横にいる私の方を見てくれない。。。 
でGくんが私もいることを言うと、グリフが1言。

「あ、ゴメン、見えなかった」 

え~~~~ん、私、そんなに小さいか??  
優しいリチャードは 「大丈夫だよ、僕たちが大きすぎるだけだから」 と慰めてくれたけど。
で、このあとで別のところでライブをやるとグリフが言ったので
「で、その会場はどこなの?名前はわかってるんだけど場所がわからん」と私が言うと、

「あ、僕もわからん」

だと、グリフ。 
やっぱりね、聞いた私がバカでした。 
グリフたちは荷物を取りにバックステージに戻ったので、私たちも次の会場のWestminster Methodist Central Hallを探すことに。
でも、いろんな人に聞いてもみんなどこなのか知らず、結局タクシーをつかまえて連れて行ってもらった。 
で、これが会場。。。。 
え、、、何この人の数は。。。??
protest

どう見ても グリフ待ち じゃないよね?? 
中に入れるのかしら。。
かなりの人数、たぶん何百人って単位。
この外にいる人たちはマジメに抗議に参加している人たちで、この会場の中ではオールナイト・カフェや、誰かの講演だとか行われていて、Radioheadのトム・ヨークもここに居たと思われる。
ヘンなとこだと エアロビクス(笑) とかもあり!
誰が朝の4時とかにエアロビやるんだ~~?なんて思ってたら、女の子の団体が「早く中に入らないとエアロビ見逃しちゃう!!」なんて言ってたわ・・・。

そう、早く中に入らないと、私たちもグリフを見逃してしまう~~~!! 
でも、入場制限をしてて、3人出てきたら3人入れる、みたいな感じ。

でも、いつまで経っても入れる気配なし・・・。 
そうよね、誰が朝の3時過ぎとかに外に出たい?
しかも1度出ると、もう1度中に入るのは難しいのに。。。 
私たちもだんだん寒くなってきて、悔しかったけど今回は諦めて帰ることにした。
無念・・・。 
で、そこで気付いた。 
私、今回のライブの写真だけど、メモリー節約のためにでせっかくデジカメで撮った、The Marquee Clubでのグリフのライブ動画を消去した。
そして、その他何枚かの写真も・・・。 
全てはまた後で月のライブを見れるからという前提で。  
あーーーー、消すんじゃなかったわ!(T_T)
 
まあ、それでも結構な枚数撮ってるので、後日ウェブアルバムに載せてブログからリンクを貼る予定です。興味のある方はどうぞ。
2005年04月15日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。