02 1234567891011121314151617181920212223242526272829303103


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

イギリス人のマナー 2005年03月13日

去年の夏、英国カモシカと私が日本に行った時に改めて感じたことは
 『日本はきれい』 ということ。
英国カモシカは、大阪の駅のプラットホームの清潔さにえらく感銘を受けていたし、どのお店もとってもキレイ。 
イギリスに長く住んでいると、日本の感覚というのを忘れてしまいがちなんだけど、やっぱりイギリスは汚いと思う。
道はゴミだらけ、電車の中もゴミだらけ、店の中も汚い。
shop

shop2

これは、先日バーミンガムでパジャマを探していたときの風景。
別にこの店が特別ってわけでもなくて、かなりの店が日常茶飯事、こんな感じ・・・。これも、週末とかじゃなくて、平日の昼間。
買う気も失せるわ
これがバーゲンともなると、ありとあらゆる物が床一面、足の踏み場もないほど散らかっている。 
誰も気にしないし、誰も拾わないから汚くなる一方・・・ 

英国カモシカは日本のお店で、5才くらいの女の子が床に落ちていたテディー・ベアを拾って元の位置に戻していたのを見て
『こんなのイギリスじゃ絶対ありえない』
と言っていた。
確かに、イギリスの子供たちは床に商品を落としても気にしない、ゴミもポイ捨てしている親を見て育ってて、イギリスの至る所は汚いっていう現状の中で成長しているからね。
のんびりしてるイギリス人は好きだけど、逆の表現をすればガサツ
日本人の感覚を捨て切れない私には、どうしても許せんわー。
2005年03月13日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。