08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Radio1セッション/Gruff Rhys! 2005年02月22日

さて、昨日も書いたように、Super Furry Animalsのヴォーカル、Gruff RhysのRadio1による公開録音のスペアチケットがもらえたので、行ってきましたー、BBC。
これがBBCのMaida Valeスタジオ。  
bbc

思っていたより大きかった。中はちょっと迷路のようになっていて、グリフは録音終了後、ちょっと
迷っていた・・。

このセッションはBBC Radio1の番組、“One Music With Huw” のためのもので、来ていたのはチケットの当たった約20人くらいの人たちと、関係者たち。
録音スタジオは、本当に小さくてビックリした。
ちょっとしたバルコニーがあり、オーディエンスはそこからも演奏を見ることができるし、下に下りて、椅子に座っても良し、地べたに座っても良し。とってもリラックスした雰囲気で安心したー。 
友達のGくんはバルコニーに続く階段から、私は地べたに座って見てました。
リハーサルも和やかな雰囲気で、グリフもずーっとニコニコしてるし、全く緊張感とかもなし! 
グリフらしいと言えば、グリフらしいなぁ。 
そして、番組の録音開始。 
なんとグリフ、
キーボードでのコードを間違ってました・・・・。 
しかし、それに慌てるわけでもなく、何もなかったかのように普通の顔してた、天然グリフ。 
オーディエンスに「何かリクエストある?」と聞いて、Super Furry Animalsの曲を演奏したのはいいものの「やっぱりわからん!」と途中で中断(笑)。プロ意識ってものはないんかい?? 
でも、この人はいつもこんなだし、これで許されてしまうキャラだしね、いいんだろうね、これで(笑)。 
vpcprder

guitar

今回もウェールズでのソロ・ツアーと同じく、テーブルの上に様々な小道具を並べていたグリフ。
kodougu

bugpipe

手前に見える白い箱は、グリフ曰く「バグパイプ」だそうです・・・。
確かにバグパイプっぽい音がしてたなぁ。
そして、後ろの方に見える、カラフルな筒のようなものが「嵐の音」
この筒の裏に太い針金のようなものが刺してあって、嵐の時の風の音のような音が出せる。
これは、鳥かごの形のオルゴール。中にはちゃーんと小鳥もいた。
tori

そして、トウモロコシのマラカス~!
corn


でも、今回はこれは使わず、マッチ箱をマラカスとして使ってた・・・・。
matches

“EXTRA LONG MATICHES” 
うちにもこれと同じものがあるよ~。
手に持つ部分がとても長いんだよね。

そして、これがグリフの大好きな小さなキーボード♪  
よーく見ると、鍵盤にいろいろ書き込んである。
keyboard

演奏の合間にDJブースに入り、何曲か選曲したグリフ。 
しかも曲は、ラウンジ・ヴァージョンのサウンドガーデン(アメリカのハード・ロック・バンド)の“Black Hole Sun”と、ウェールズバンドのDatblyguによるカセロール(イギリス料理の1つで、シチューのようなもの)についての曲。 とことん天然なグリフでした。
studio

そして、グリフとともに記念撮影! 
headphone


「はい、これ」と手渡されたのはスタジオにあったヘッドフォン。 
2人でヘッドフォンしてハイ、チーズ! 
ほかの人たちも一緒に写真を撮ったりしていたけど、スタジオにあった電話を片手に、とかマイクを片手にとか、みんなにポーズをとらしてました。。
本人もかなり楽しんでいた様子。よかったねー、グリフ。

セッション終了後、グリフ、DJのHuw、Gくん、その他数人とともに、近くにあるパブへ!! 
私はグリフに手渡されたギターのチューナーを、Gくんはたくさんのコードを手に、そしてグリフはギターと大きなバッグを抱えて、スタジオを出た。

グリフの車にそれらを置いて、さてパブへ!!
グリフは、ウェールズの首都カーディフからロンドンまで車を運転してきたそう。
でも、
  「いつも自分の車が見つけられないから、今日は木の前に車を止めたんだ」  と言っていた・・。
しかもかなり真顔で・・。
しかしその道一体は道路に沿って木が植えられていたのでした。。。 

イギリスでは、少量なら飲酒運転は許される。
でも、グリフは車の免許を取ってまだ数年(というか・・もう数年経つ)だから、
「まだ運転に慣れてないし、今日は車を運転するから飲まない」
と言って、ライムジュース。
そして、私たちにはビールを買ってくれた太っ腹なグリフ。 
グリフ曰く、Colwyn Bayで着ていたかなりヤバイ白スーツは25ポンドで買ったんだそう。
みんな、かなりマニアックな音楽の話で盛り上がり、グリフの友達の1人が家に帰るというので、車で送ってあげるため、グリフも帰ってしまった。
今日はロンドンに泊まり、明日にはカーディフに戻らなければいけないらしい。 

ちなみにグリフのケータイの着信音はニワトリの鳴き声
そして、髪の毛には寝癖が。 

そして私は、Gくんとともにセッション前からビールを飲みっぱなしだったため、最後の方の記憶があいまいなのがくやしい~。
そして、グリフがずーっと横に座ってたのに、ほとんど話してないのよねぇ・・・。 
緊張してたわけじゃないんだけど、何話そう~~なんて考えてて、結局ほとんど話せなかった

この写真はパブでのグリフ。
コートの胸には I  Berlin バッチ。
この前、ベルリンに行ったから買ったんだって。 
前に偶然道で会ったときはニューヨークの夜景かなんかのポスターを手に持ってたよね、グリフ。

最高な夜でした♪ 
pose
2005年02月22日 | Comments(0) | Trackback(0) | Super Furry Animals
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。