05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

タマの友達 2005年07月23日

タマは人間よりも猫と一緒にいる方が好き。 
Diglisが居た頃は、いつも彼女の後をチョコチョコと付いて回っては、彼女に嫌がられていたくらい。
なので、タマのためにもう1匹、猫を迎えることにします!
先週行ったRSPCAで見かけた子猫ちゃんたちがずっと気になっていて、RSPCAに戻ろうかなぁ、と思っていたんだけど彼らの「FIV陽性の猫はその場で処分」という方針が、どうも気に食わん。
しかもその時に見た子猫ちゃんたち、3匹とも風邪をひいていて、見るからに調子が悪そうでした。。。
その時に話をしたおばちゃんもイヤな感じで、最初に言われた言葉が
「何が欲しいの?何色?」
ハ??? 何が欲しいって猫に決まってるじゃん。
しかも何色って・・・・。 服選んでるわけじゃないんだから・・・・。
これが天下の名高いRSPCAとは、ホントに恥ずかしいったらないわー。
で、風邪ひきの子猫ちゃんたちは、その状態で外にあるケージの中に入れられていました。 
子猫、しかもまだ生後2ヶ月くらいの子猫なんだから、室内で看病してやってくれ、頼むから! 
そのおばちゃんは
『薬やってるからそのうち良くなるんじゃない?元気になるまで里子には出せないから』 
だって。
何かがおかしいと思う。 
できれば地道に頑張っているCAT PROTECTIONを応援したいので、彼らの猫をもらいたいなぁ、という気持ちの方が強くなっている。
RSPCAは健康な猫でも収容スペースがなければ殺してしまう、というのが気になって、彼らの猫を“保護”してやった方がいいのか・・・。
今日のタマ、少しはリラックスしたようでこんな格好で寝てました。
 
tama

sheep

でも、やっぱり昨夜も泣き喚いてました・・・・。
心が痛むわ。
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。