08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Faling Lips @ Birmingham Academy 2006年04月25日

注)今回は長いです。興味のある方のみどうぞ♪
   続きのページは写真が多くて重いです!


先日ニューアルバムも発売されたFlaming Lipsのライブに行ってきました~~♪
紙吹雪
 
Wayne

steven

kirakira

場所は私の大嫌いなバーミンガム・アカデミーでしたが、なんと昨夜はBBC RADIO1がやって来てライブ中継をしていたので、なんだか会場全体が興奮気味。
いつもやる気のないバーミンガムが盛り上がってました(笑)。
そして今回のFlaming LipsのUKツアーもここバーミンガム、ロンドンそしてエディンバラの3ヶ所だけだったのでイギリス各地からファンが集まってきたものと思われます。
当然チケットもソールドアウトで、普段は入れない会場の2階まで人で埋まっていた!
今回のツアーの様子など前もってチェックすることもできたんだけど、楽しみは取っておこう♪ と事前チェックしてなかったので、前座が誰なのかも全く知らずに会場へ。
で、いきなり出てきたのはスポーツジムから出てきたばかりのような、この黒人の姉ちゃん(笑)。
the go team

おまけにツインドラムの1人(ボーカルも担当)とギターの女の子(ボーカル、タンバリン、ピアニカ、キーボード等も担当)は日本人!
その名も The Go Team です~~~♪
このいでたちで度肝を抜かれ、最初の音が出された瞬間からやられた~~~!
この “宝物” を発掘した時のような気分は久しぶりに味わいました。
前座バンドって、たまにスゴイ掘り出し物バンドが現れるので大好きです。
The Go Teamもインパクト最強、音は最高!
基本的に女の子ボーカルは嫌いな私も彼女は気に入った。
こんな、パンツ見えそうな(笑)セクシーな格好して、腰クネクネさせたりロシアンダンスみたいなのを始めたりと典型的な黒人さんノリなのに全くいやらしさがなく、健康的で笑ってしまった。
メンバーみんなが楽器を持ち替え、日本人の女の子たちもボーカルを取ったり、曲もヒップホップあり、アコースティックあり、パンクありと様々。
the go tean girl

でも何をやってもとにかくポップで嫌味がなく、メンバー全員がステージ上で飛び跳ねて会場も大盛り上がり。
前座とは思えない弾けぶりでした~!
いやー、これ、絶対にアルバム買います。
次に単独ライブやるときは見に行くぞ~~~!!
The Go Teamって名前だけは聞いたことがあったけど、こんなに良いとは思ってなくて音チェックをしてませんでした。
しかも日本人がイギリスで(My Spaceのページによると、ロンドンとブライトン在住のようです)頑張っているのを見るのは嬉しいもんです。(^0^)

さて、続いてはFlaming Lips  
開始前には最近お馴染みの風船の登場。
彼らのライブでは、いつもどこからともなく大量の風船が客席に現れ、客はそれをポンポン飛ばして遊ぶことができる(笑)。
風船

そしてステージ上では、メンバー自らがセッティングやサウンドチェックをするのも恒例。
Steven(ギター、キーボード est..)
steven

Wayne(ボーカル)のマイクスタンドには小型カメラが付いていて、後ろのスクリーンにカメラの映像が映し出される。
Wayne
screen
 
ちなみに正式にはメンバーではないんですが、サポートドラマーのKliphは Super Furry Animals の大ファンで、SFAのネット掲示板にも時々顔を出してたりしてます(笑)。
そんな彼なので、この日も彼のTシャツには CYMRU(Wales語でWalesの意味) の文字が!
会場のSFAファン&ウェールズ人を喜ばしてました。
散々ステージ上に姿をさらし、ライブ開始前からファンに向かって話しまくった緊張感ゼロ(でも好き)のWayne(話し好きボーカル)たちも1度ステージから姿を消し、いよいよ本番の開始~~♪

な、なんとオープニングBGMは SFAグリフ の唄う 
♪Flaming Lips is coming into the town~♪
という 『Psyclone』の替え歌。
約3年前のFlaming Lips UKツアーでグリフが前座としてゲスト出演した時に唄ってくれたものなんだけど、その時に録音したものなのかは不明。
でも間違いようのないグリフの声に、またまた私を含むSFAファンは大興奮(笑)。
そして、いよいよステージ上に現れたメンバーと、たくさんの
踊るエイリアン&サンタクロースたち
alien

エイリアンとサンタの持つピカピカ光るライトと紙吹雪と飛び交う風船の中でメンバーも大喜び。
ちなみに紙吹雪はメンバー自身(特にWayne)が袋から取り出してまきます(笑)。
start

chaos2

ベースのMichealはいつも無表情なんですが、ちゃっかりとガイコツTシャツなんかを着ているところがニクイです(笑)。
音と光と紙吹雪と風船の洪水の中、メンバーもプレスカメラマンもまともに仕事ができずに大笑いして、最初から和みまくりのいいスタートを切った。
Chaos


そしてWayneはこの日のライブが中継されているのを知っていて わざと ラジオで放送できないような言葉を連発しておりました。。。
そしてステージ上のサンタは キリスト教 の代表で、エイリアンは サイエントロジー信者(カルト宗教団体です・・・ こちらをどうぞ)の代表で・・・なんてことを言い出し、会場中がサンタとエイリアンに対してブーイングを始めたんですが、それをまた わざと あおっていたWayne・・・。
こんなものをラジオで流してしまって大丈夫なんだろうか・・・とこっちが心配に。
  注)海外で宗教と政治の話をするのはケンカのもとです。

しかもステージ上でサンタとエイリアンを戦わせてました・・・。

最終的にはブッシュ批判なども始めて、ますます 「これをラジオで流して大丈夫なんだろうか・・・」 と思ってしまった私。
で、実はこの日のライブの模様はこちらから聴くことができます♪
でも来週の月曜日までしか有効じゃないので、聴きたい方はお早めに!
私は既に聴いたんですが、 やっぱり ここに書いたWayneのヤバイ発言は 全て 消されてました。
しかも2曲ほど削られてましたが、Wayneのインタービュー付き。 
上のリンクへ飛ぶとライブの写真なども見れます。
番組自体は4時間で、開始20分後くらいにThe Go Teamが、約1時間後にFlaming Lipsが登場します♪ 
拡声器

Flaming Lipsの音を聴いたことのない方、ボーカルのWayneは音はずれまくりです(笑)。
毎回のことなので、ご愛嬌ということでこれに偏見を持たずに、機会があれば是非とも彼らのライブを見てみてください♪

ではここで、小物好きな彼らの小道具紹介を。
スモーク噴射機。
smoke

ストロボマシーン&拡声器。
ストロボマシーン

ストロボ

ファンお馴染みのカエルくん。
カエル

おもちゃのアニマルキーボード。
動物の鳴き声が出ます。
ライブではこのキーボードを使った曲を1曲披露してくれたのに、ラジオでは削られてました。
アニマルキーボード

巨大風船製造マシーン。
巨大風船

・・・でこれを割れるまで膨らまして、割れた後は中から紙吹雪が!
バーン

ローディーさんもこんな格好。
ローディー

ヘンな声で唄えるチューブ(“Yeah Yeah Yeah Song” で使ってます)。
Tube

英国カモシカにはちょっと刺激が強すぎたようで
『あいつらは狂ってる!!でも・・・楽しかった!』と言っていた(笑)。
本当に楽しいライブで大満足です~~~!
彼らのライブはいつも良いけど、今回の盛り上がりぶりは妙なものがあった。
たぶんイギリス各地からファンが集まってきてたからかな?
本当に楽しくて、なんだか古い友達と馬鹿騒ぎしてきたような気分です♪
ラスト

セットリストはこちら。
セットリスト

実は私、結婚式にFlaming Lipsの曲を使いたいなぁ、と思ってます。
SFAファンとしてはSFAの曲を使うべき?(笑)とは思うんだけど、Flaming Lipsはとーっても思い入れのあるバンドだし、やっぱり 『Do You Realize??』 に勝る、結婚式に使えそうな曲はないかな、と。
ではでは、次回のFlaming Lipsライブは6月。
しかもSFAも、英国カモシカの好きなDepeche Modeも一緒に Wireless Festival@ロンドン にて♪
待ちきれません~~~!! 
2006年04月25日 | Comments(3) | Trackback(0) | Live Review
コメント
飛び交う風船にヒラヒラ紙吹雪、スペイシーな空間にエイリアン×サンタ・・・無茶苦茶なライブですねぇ。でも楽しそう!!!Wayne、じっとしてればダンディなチョイ悪おやじなのに、毎回このはじけぶりなんでしょうか??今年サマソニに出演するんで、カモシカさんのレポを読んだらがぜん楽しみになってきましたよ!おんなじ小道具持ってきてくれるかな~?ローディの衣装とか。
前座のThe Go Teamは去年フジロックでちょい見しました。黒人のおねーちゃんが飛び跳ねるパワフルなステージで、殆どが彼らを知らない客だろうに盛り上げてましたねー。でも日本人がいたとは・・・全く気付かなかったです。
それにしても写真よくとれてますね~。よくみるとスーパーマンもいるや。
そう、WirelessFesはSFAとデペが出るので両カモシカさん、これは行くしかないべと思っておりました。去年行ってみての感想は、フェス自体はコンビニエントすぎて、フェスの醍醐味はなかったけれど、移動が楽なんでサクサク動けて快適でしたよ。
みそ URL 2006年04月29日 00:48:09 編集
きゃー、やっぱりリップス最高ですわ!
見たかったー、というかその場にいたかったー。すごいショーになってますね。

メンバーの立ってる位置がファンと同じ高さなんですよねリップスって。垣根はむしろファンのほうにあって(彼らはスターだから、とか)、メンバーのほうにはないんですよね。不思議なバンドです。

日本ではサマソニに出演なので楽しみです。
Googie URL 2006年04月29日 10:19:20 編集
>みそさん
うーーー・・・今年はサマソニもフジも盛りだくさん!!
うらやましい~~~!!
Wayneは何やっててもダンディーよん。v-415
でも、だんだんと顔がグリフに似てきているような気がするのは私だけ??
そうそう、このWireless Festivalに英国カモシカが行くことにしたのは、テント生活しなくてもいいから(笑)。
私としてはフェスの醍醐味はテント生活!って感じだからガッカリなんだけど。
で、Hay on Wye Festivalのてチケットも取ったんで行ってきますわ。v-10

>Googieさん
そうそう、彼らはファンと共に過ごす時間を楽しんでいると言うか、なんだか普通の人たちなんですよね!!
『Fearless Freak』のDVDとか見てても目線が一緒で、友達感覚だし。
Wayneは1度、ゆっくりと会話をしたい人の1人です(笑)。
サマソニ、出るんですよね~~!!!
うらやましいですよ!
また6月のフェスの様子もアップすると思うので楽しみにしててください♪
日本カモシカ URL 2006年05月01日 19:16:08 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。