09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Bath 2006年04月20日

2日目は Bath 観光からスタート♪
英国カモシカはバースの大学に行っていたので、この日のガイドは彼に任せました(笑)。

この日もあいにくの雨・・・。
でも、バースの観光名所とい言えばローマ時代浴場跡の
Roman Bath Museum
この写真の部分以外は屋内なので、雨の日もOK!
Bath

水はかなり汚いです。。。
これだけの温泉が沸いているんだから、キレイにして
  温泉
として提供してくれればいいのにー!!
と思うのは日本人だからでしょうか(笑)。
この博物館では日本語の音声ガイド(無料)もあるので、英語が苦手な人も楽しめます。

イギリスの歴史は侵略されっぱなしの歴史で、このお風呂もローマ帝国の支配下にあった時代にローマ人によって作られた物だけど、温泉自体はその前から沸いていたようです。
温泉と言っても日本人の感覚とは全く違って、もっと 神聖な物 として使用されていたそう。
その後はバースの町をぶらぶらと歩き、三日月形の家が立ち並ぶ Royal Crescentを見たり買い物をしたり。 
Royal Crescent

ただ・・・とにかく天気は最悪でした(涙)。

Bathでかなり時間を費やしたので、その日に行く予定だったストーンヘンジは翌日に持ち越し。
とりあえず、その日に泊まる予定のB&Bへと直行~。
ここはとってもお薦めです!
Swaynes Firs Farm
Grimsdyke - Coombe Bissett
Salisbury - Wilts - SP5 5RF
Tel. 01725 - 519240
e-mail: swaynes.firs@virgin.net

名前からもわかるように、ここも農家♪
HPも充実しているので興味のある方はチェックしてみてください。
鳥がいっぱいです(笑)。
B&B 鳥

ここには池が2つあって、この池はアヒルたち専用。
池にいるアヒルたちはペットとして飼われてます。
池の外にいるアヒル、ガチョウ、ニワトリたちは卵を産むので、その卵は食卓へ直行(笑)。
広~い敷地内は自由に出入りOKなので、まずはアヒル、ガチョウ、ニワトリのいる敷地へ。
ゲートを開けたとたんニワトリたちが一斉に私たちに向かってきて恐かった・・・。
chicken

オスは私たちを見て一斉に “コケコッコー” と鳴き叫ぶし。。。
オス

お次はクジャクにこんにちは。
クジャク

ここには犬と猫も住んでいて、なんと猫には専用の大きな家が与えられています。
スージーの家 猫ドア付き♪  
Suzyの家

中にはヒーターも完備してあった。
Suzy

スージーは15年もこの農家に住んでいるおばあちゃん猫だけど、元気に敷地内を歩き回っていた。

そして期待していた朝食も農家で取れた卵、ローカル生産のソーセージやベーコンなど盛りだくさん。
手作りのジャムも、この農家で取れた果物を使ったオーガニック・ジャム♪
 
前日のB&Bも良かったけど、個人的にはここの方が好きです。
農家のおじさんは話し好きで、本当に気持ちよく過ごすことができました♪

では最終日へと続きます。。。
2006年04月20日 | Comments(6) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
温泉跡地の建物、すごくいい雰囲気なんだけど、たしかに水、汚そう。ここが綺麗なお水だと、かなり見た目が良くなること間違いなしなのに、惜しいですね。そして温泉として入れたら最高。水着着用で体とかは洗えなくていいから、入れたらいいのに~。

キリリィとしたお顔のスージーおばちゃんですね。こんなに大きなお家にひとりなの?
でも動物もいっぱいいるし、寂しくはないわよね?

そして、わたしもオーガニックのジャム食べたいよー!文字だけ見ててもこの景色の中で採れたものかと想像すると美味しそう!
nyanmyupurin URL 2006年04月24日 03:41:48 編集
日本人なら歴史ある名湯を放っておかないよぉ~。勿体ないですよね。掃除をしながらキレイに使ってあげたほうが、お風呂が傷まないと思うんだけど。バースの人達も商売っ気がないなぁ(笑)。
生みたて卵はお土産に買えたりするのかしら?私なら持って帰ってご飯を炊いて、こっそり(イギリスは普通の卵は生食禁止ですよね)生卵ご飯しちゃうだろうな。(笑)
白桃 URL 2006年04月24日 07:01:38 編集
い、いやん。このファーム素敵。このスージーさん、お家与えられちゃって。しかもヒーター完備とは。こういう話を聞くと、「さすがイギリスだな~」と感心してしまうのはワタシだけかな?ところでバースのそのお風呂、「乳白色の温泉なのね」と思ってたら単にキタナイだけですか!足くらい、入れるのかと思ってたのに~!カモシカさんたちの今回のミニツアーのコース、これからのおでかけシーズンにぜひ参考にさせてくださいまし!
sumo URL 2006年04月24日 15:16:14 編集
>Nyanmyupurinさん
このお風呂、いちおう注意書きとして 『お湯に触れないように』 って書いてあるんですが、その理由として 「水を殺菌してないので」 って書いてありました・・・。
この水の色といい、触る気も失せました(笑)。
スージーちゃんはとてもフレンドリーで、15歳には見えなかったですよ~~!
こんな田舎に住んでれば、動物も幸せだろうなぁ、とふと思いました。v-398

>白桃さん
ここの水は鉄分が多いみたいで、白桃さんの言うとおり、放っておくとどんどん痛んでしまいそうです。。。
ここがお風呂大好き日本人と西洋人の違いなんでしょうか(笑)?

確かに!! 生みたて卵を売ってもらえばよかった~~~!!
生卵はさすがにちょっと恐いけど(笑)、自宅でオーガニックな卵を食べられるなんて最高ですよねぇ!

>sumoさん
私はこのファームステイを1番楽しんだんですよ~~!
ここはファームだけど、動物好きでファームやってるみたいです。
スージーの家も、15歳だから足腰弱いみたいで、中には階段が付けてありました。
こんなのもやっぱりイギリスならではだと思いますよ。
Bathのお風呂、足を入れたければどうぞ(笑)。
でも、この水を実際に見るとその気も失せるかも。v-391
お湯は温かいらしいですよ。
湯気も出てたし!
日本カモシカ URL 2006年04月24日 17:05:37 編集
ほんと、もったいないですね~!
日本人の有志のメンバーで、風呂掃除に行きましょうか?!…なんて。

そんなところで実際に入れたら、ほんと素敵なのに。。

このB&B、素敵ですね。
居心地が良くて、つい連泊したくなりそうです。
公共交通機関でも、行けるんでしょうか?

ガナッシュ URL 2006年04月29日 20:50:23 編集
>ガナッシュさん
イギリスに住んでいて恋しくなるものって、暖かいお風呂と温泉!!
冬場はずっと、『温泉に入りたーい!!』と言い続けていた私なので、このバースのお風呂を掃除するって言うなら喜んで参加しますよ(笑)。
このB&Bですが、公共機関で行くのはかなり難しいかと・・・。
Salisburyの町からちょっと離れた小さな村にあるので、タクシーを使わないとたどり着けないかも。。。
ファームハウスって、たいてい何もない田舎にしかないので、私も旅行者時代は泊まりたくても泊まれずに悔しい思いをしてました。
日本カモシカ URL 2006年05月01日 19:00:01 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。