06 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

許せん・・・・(怒)! 2006年04月09日

昨夜、うちにお客さんがやって来た。
先日知り合いになった、日本人の方の旦那さん(英国人)なんだけど、奥さんの日本人の方は現在、日本に一時帰国中です。。。
うちに電話をかけてきて、奥さんもいないし1人で寂しいというので
 『1人で寂しいのならどっかで会おうか?』 と提案したところ、私たちに尋ねるでもなくうちにやって来ることに決めて、勝手にやって来ました。
ま、彼はそういう人なんだろうということで気にしないようにしていたんだけど、前回うちにやってきた時にタマをからかって、恐がったタマに威嚇されていた人だったので私も内心、
『タマ、2階へ逃げるのよ!! なんて思ってました。
でも今日は、 
『猫ちゃんにプレゼントを持ってきたから』
と言って、ビニール袋から 焼鮭のほぐし身 を取り出した。

しかもこの鮭ってば、長期間保存OKのやつじゃなく、普通に生の鮭を焼いてほぐしたものをパックに入れてあるだけの物で、もちろん保存料なんて入ってないものです。

これで私も “結構優しい面もあるのねぇ” とちょっと彼を見直した。
しばらく世間話などをしたあと、タマにこのを与えることになったんだけど、この鮭になんだか 青紫色の点々 が付いているのを見つけて 『何これ・・・?』 とは思ったんだけど、旦那さんは既にパックを開けてタマに鮭をやり始めていた。

タマが鮭を半分くらい食べたころ、英国カモシカが
『わざわざタマの為にありがとう。』 と言うとこの旦那さんが 
『礼ならボクの奥さんに言って!』 なんて言い出した。
え・・・?
奥さんは1週間も前に日本に一時帰国したでしょ??
と不思議に思ったらこの旦那さんは笑顔で

『奥さんが買ってきたんだけど、冷蔵庫の中に入れっぱなしになってて古くなったから食べたくなくてねぇ!(笑)』

なんて言うじゃないの・・・・。
ここで初めて賞味期限を確認すると、
        3月27日   !!!!

12日前の日付!!!
しかも、保存料なしのただの鮭のほぐし身!
まさか青紫色の点々はカビ???

私も英国カモシカも言葉を失って呆然としてしまったのに、彼は1人で
『大丈夫!大丈夫! そんなぁ、いつもエサは何やってんの?』 なんて言い放った。。。。

私たちが激怒&タマの身を心配してドヨーンとしているのに気付いたらしい彼は、その後すぐに家に帰って行った・・・。

それからは猫の病気の本を片っ端から開いて 食中毒 のページをチェック。
時刻は夜の10時半だったんだけど、あまりに心配になったので24時間体制の救急動物病院へ電話をかけてアドバイスを貰いました。。。
『猫の胃は強いし、まず大丈夫だから心配しないように!』 という言葉を貰って少しは安心したものの、昨夜は心配でほとんど眠れず。

鮭を食べてから約24時間たった今、タマは元気です。
今日はあまりに外に出たがるので、一緒に散歩に出かけた。
外に出ると絶対に私たちの側を離れないので、白鳥がいても鳥インフルエンザをもらう可能性はないだろうと思ったので、散歩がてら川まで。
川へ

白鳥

家へ

ただ私はいまだに怒りが収まりません。。。。
日本人の奥さんには悪いけど、彼女にはなんの罪もないんだけど、この旦那さんはこれから先、うちには立ち入り禁止です。
本当に何もなかったから良かったけど、もしもタマが食中毒を起こしてたら彼を訴えてたと思う。
こういう人って、動物をゴミ箱か何かと勘違いしてるんじゃないかと思う。
本当に許せん!!!!! 
2006年04月09日 | Comments(10) | Trackback(0) |
コメント
こういう人、いますよね!動物だから平気だろう、って。ワタシは自分が食べても自分の猫には腐ってそうなものとか傷んだ物は絶対食べさせません!(たまに、勝手にトカゲとか食べてはいてたりはしますが・・・)

救急病院の方のアドバイスどおり、動物が丈夫なのは確かです。うちで飼っていた犬は腐ったもの食べても平気(拾った犬だったので、拾い食いとかすぐしたのです)でした。でも、自分の子供に腐ったもの食べさせる人いないのと同じですよね。飼い主にしたら動物でもかわいい子供と一緒!そういう人は出入り禁止、当然ですよ。
Rubybrissie URL 2006年04月10日 12:11:15 編集
> Rubybrissieさん
私たちがちゃんと賞味期限を確認してあげれば良かったんだけど、まさか、そんな古いものを 人の猫 にあげる人がいるだなんて思いもしませんでした。。。
しかも飼い主の目の前で!!v-405
うちではキャットフードも無添加のものを頑張って探してるし、時間があるときは私が手作りして何とか良い食事を食べてもらおうと頑張ってるのに・・・。
しかも、私たちがどんなに猫を大切にしてるのかも知ってるはずなのに!!!
食中毒起こさないから大丈夫、なんてレベルじゃないですよね、全く。
こういう気持ちって、動物を飼ったことのない人にはわからないんでしょうね、きっと。。。
日本カモシカ URL 2006年04月10日 16:49:22 編集
人様の飼い猫にそんな古いものなんて・・・。私はお肉屋さんで鳥の首とか、犬ならお肉買って行ったりしますもの。

動物飼ったことがない人にはわからないと思います、本当に。猫はオーストラリアではあまり好かれていないので、「猫がいなくなった」とか言うと「そのまま捨てちゃえば?」とか平気で(悪気はないんですが)言われたこともありました。本当に驚きました。
Rubybrissie URL 2006年04月10日 16:53:15 編集
ひどーい!!!(怒)
実際に動物を飼ってない人だと解らないんでしょうか・・・。
そう言えば(日本で)メンを庭先で日向ぼっこさせてたら、知り合いが勝手に菓子パンあげてた時はキレました。

動物飼ってる人だったら、アレルギーのこととか、その子の普段のフード事情が気になって逆に勝手に食べ物をあげるのは控えますよねぇ。
私も他の子にプレゼントする時はオヤツ類じゃなくてオモチャとかにしています。

その旦那さん、絶対立ち入り禁止ですね!
何か常識というか思いやりにも欠けてそうですもんね・・・。

でも、たまちゃんが元気にお散歩できて良かった♪
えり URL 2006年04月11日 04:43:45 編集
>Rubybrissie さん
オーストラリアも動物の扱いは良くないんですか?
なんだか残念ですねぇ・・・。v-390
イギリスは人間の扱いは最悪ですが(笑)、動物への対応は最高だと思います。
この国でなら日本よりも安心して動物を飼えるし、うちの2匹が生きている限りはイギリス暮らしを続けたいなぁ、と思います。
猫も犬も同じ動物なのに、本当に残念です。

>えりさん
動物は話しができないしペットの安全は飼い主にかかっているので、これからはもっと注意しようと思いました。v-393
私は最初、この旦那さんの感覚はイギリス人だから?? なんて思ったけど、英国カモシカから見てもやっぱりこの旦那さんの行動は常識外れみたいです。
この人、私たちに 『~~してもいい?』 って承諾を得ずに1人で何もかも決めて、うちにあるものを 『貸りてくから』 って持って帰っちゃうような人なんです。。。
うちに呼んでしまうと、私たちの目の届かないところで猫たちに手を出しそうで、恐くて呼びたくありません。
というか、立ち入り禁止です!!
本当にタマが無事で良かったです。
日本カモシカ URL 2006年04月11日 06:32:00 編集
ああ、絶句のこのイギリス男性。

ネコだと思って、というのと、「食べたくなくって」とそういう事を平気で言う人間性とね、もうええ、出入り禁止は当然、ね?

私も実家でネコ飼ってますが、確かに丈夫。だけど、↑の態度はどうなの?人としてね。しかもカモシカさんがどれほど猫を大切にしてるかも知っててソレかいっ?速やかに出てってください、ホントよ、ね。

でもどうなんだろう?私の周りの人オンリーというリサーチで申し訳ないんだけど、私の印象では、こちらの一般の人(単にペットとして動物を飼っている人)、動物のご飯をきちんと気にかけている人、少ないように思うなあ。ホント、「所詮動物のエサ」みたいな。ある人なんかね、冬だって、朝晩問わず、ネコ外に出しっぱなし。入れてあげてよ、と。現に、入れて欲しいって、私にスリスリしてるじゃないか、おなかもすいてるつうの!愛情不足なんだよ、基本的に!!と言ってもね、平気で「だってネコよ?」とか言ってね。聞く耳ナシ。こういう人って自分がナデナデしたい時のみ、「ファミリー」とか言っちゃってんだろうね。

あ、話ソレてすみません。が、タマどのが無事で何よりでした。
sumo URL 2006年04月11日 07:12:48 編集
さ・・・サイテーなヒトですね、ほんとにv-42
いろんな人がいるとは思うけど、
悪くなってるかもしれないものを、平気であげる神経が・・・
自宅に入れるのはやめた方がいいですよね。
「承諾ナシ」っていうのがコワイ。
そのうち何でも持っていきそう。
ヘンナモノ持ち込んで猫sにあげそう;;。
でも、タマちゃんの胃が負けないでよかったぁ。
もう消化は終わってる時間ですもんね。
ヒト社会の中での危険って、どこにあるかわからないなぁ。
りゅう URL 2006年04月11日 13:45:13 編集
日本カモシカさん、ご無沙汰してすみません。自分のブログもお休み中、そして父、甥が遊びに来ていたのでしばらくPC離れしてました。
うーん、困りましたね、そのかた。せっかく近所で日本人のかたとの交流を温めようとされているところなのに。
ちなみに、私の記憶が正しいとすると猫は腐ったものは食べないので、口に入れるものは逆に言うと大丈夫。だから鶏をやるときには骨をよく取ってからやる、と言いますよね。(鶏の骨は柔らかいからのどに刺さりやすい)
ま、この人一人を取ってイギリス人は変わっているとは言えませんが、要注意人物ですね。。。
Mari URL 2006年04月11日 20:43:07 編集
まー、何て人なのですか、この“もと”お友達は…。(勝手に元友達にしている、私…v-391)開いた口が塞がりません。
こんな、自分の身勝手な都合のよいように物事を解釈して平気な方は、ほーーーんっと存在がイヤです。まして身近にいるなんて、災難でしたね、タマちゃん。日本カモシカさんたちも、気分のよくない一日だったことでしょう。せめてタマちゃんに何事も無かったことが救いですね。

タマちゃん、リードを付けてなくても、ちゃんとそばを歩いてお散歩するんですね。羨ましい~。時々、そういう賢い猫ちゃん見かけますが、これ、憧れなんですよ。いいなぁ♪
nyanmyupurin URL 2006年04月11日 21:15:16 編集
>sumoさん
猫の胃が丈夫なのはわかるけど、もしもサルモネラ菌でもいたら大変!!
でもそれよりも・・・この非常識さが恐いですよねぇ。。。
うちの近所にも1人いますよ、猫の世話放棄してる方が(怒)。
その猫はうちに毎日やってくるのでうちでエサもあげまますが、あんな飼い主なら居ない方がマシ!!
私たちは、本気でその子をうちの養子にしたいです。

>りゅうさん
私もいまだに怒りが収まらなくて困ってます(苦笑)。
そうそう、この神経が恐いです。
1度こういうスゴイことをされてしまうと、もうこの人のことを全く信用できないんですよねぇ。。。
飼い猫たちは私たちに頼って生きてて、生きるも死ぬも私たち次第だなぁ・・・と今回は思い知りました。e-263
彼もサイテーだけど、私たちももっと気をつけないと・・・!!

>Mariさん
お久しぶりです~~!!
試験の方はどうですか?
そう、これがただのイギリス人だったら良かったんだけど、奥さんが日本人ってのが辛いところです。。。
奥さんは全く普通の日本人の方で、日本で猫飼ってた方なんです。
旦那さんがこんな人だとは知らずに先日、『イギリスでも猫飼ったら?』と彼女に提案してしまいましたが、今ならこのお宅で猫を飼うのは大反対です!!
たぶん、イギリス人が変わってるんじゃなくて、この人が変わってるんですよねぇ・・・。

>Nyanmyupurinさん
元お友達(笑)。
確かに、こんなことをされた後で友達関係を保つのはかなりキツイです。e-263
今日は電話がかかってきたんだけど居留守を使ってしまいました。
私の怒りがまだ収まっていない今、この旦那さんと会話をするのは無理!!v-393
なんだか悪夢の1日でしたよー、ホントに。

タマがリードなしで歩いてくれるのって、たぶん今まで外猫だったから、外出しても興奮しないからなのかなぁ?
ただ、私たちが外出する時に必ず後をついて来るので、走ってタマをまかなきゃいけなくて困ってます(笑)。
日本カモシカ URL 2006年04月12日 04:58:58 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。