06 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

できることから・・・ 2006年04月06日

最近、イギリスでちょっとした話題になっているのがイギリス発のコスメブランドBODY SHOP
日本にもたくさん支店のある、あのBODY SHOPです。 
コスメ業界でいち早く “動物実験反対” というスローガンを掲げて大成功したBODY SHOPは、先日フランスのコスメ会社ロレアルに買収された。
ロレアルといえばコスメ界の大手で、特別なポリシーも掲げずに世界中で成功を収めた会社で、 たった3年前 にBODY SHOPの創始者アニータさんが非難していた会社。

多くの化粧品の成分は動物実験を行って安全性を確認しているので、何のポリシーも掲げていない会社は動物実験をしている可能性が高い。
私が動物実験について初めて知ったのは、日本のBODY SHOPで手にしたこんなチラシがキッカケ。

“ウサギは涙が出せないので化粧品の成分を目の中に入れても涙と一緒に排泄されず、実験に使うには最適の動物としてよく利用されている”

当時、ペットとしてウサギを飼っていた私はこのチラシにショックを受けて、それ以来 “動物実験反対” のスローガンを掲げているBODY SHOPのファンでした。
それだけに、今回のニュースはちょっとショック。
しかもアニータさんが非難していたロレアルに?!
同じくショックを受けた人たちはいたようで、先日オックスフォードでもこの 
    『BODY SHOPの身売り』 
に対する抗議運動をしている人たちを見かけた。

そして同じくイギリス発の自然派コスメブランドの LUSH は、いち早く抗議のスローガンを店頭に掲げた。
『今も動物実験に反対してます』
LUSH

『Body Shopに愛想をつかした?』
BS

BODY SHOPの言い分は、
『BODY SHOPの製品はこれからも動物実験はしないし、ロレアルも1989年から動物実験を行っていない』 ということです。
でも・・・この “1989年から動物実験を行っていない” ってのが曲者で、ロレアル自体が動物実験を行わなくても、他の会社が動物実験を行った成分をロレアル製品に使用しているようです。
こちらを参考。
Naturewatch
Cosmetics Design.com

法律により、1990年以前から存在する成分は安全性を確認しなくても化粧品に使用できるんだそうです。
でも、それ以降に開発された新しい成分は動物実験によって安全性を確信することが法律で義務付けられていて、多くの “動物実験反対” というポリシーを掲げている会社は1990年以前の成分を使用することによって、動物実験を避けている。

BODY SHOPも、自社製品には新しい成分を使用せずに新しいコスメの開発をしていたんだけど、親会社がロレアルとなると
   BODY SHOPの売り上げ = ロレアルの売り上げ
ってことになってしまいます。。。
それでは動物実験をサポートすることになるので、動物実験を反対している団体などによって
   BODY SHOPボイコット運動
が起きている。
この問題、しばらくは賛否両論ありそう。

そして “動物実験反対” を支持している私ですが、
実はロレアル商品がうちにあります。。。
選択肢があれば使いたくないんだけど、特別なポリシーを掲げている会社の製品って値が張るし、スーパーやドラッグストアーでは売ってないので、ついつい安く手軽にスーパーで買える物に手が伸びてしまう。
もっと簡単に安く買えるようになればいいんだけど。。。
私もBODY SHOPを非難できる立場じゃないんだけど、お金と時間に余裕があるならば、動物実験してない製品を買うようにしてます。

できることから、少しずつ・・・。
2006年04月06日 | Comments(7) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
判ります!!!最近ネット巡りをする様になってから、動物実験や毛皮の事を知って、私も毛皮は着ないし、なるだけ動物実験してない会社のモノを使うことにしましたv-237
でも以前と違う事をする事になるのに・・・BSは何を考えているのか☆
そお言えばご存知だと思うのですが、毛皮って"うさぎ"とか"きつね"って表示があっても、実はワンコやニャンコだったりするみたいです・・・。
白雪 URL 2006年04月06日 23:49:04 編集
>白雪さん
毛皮もそうですよねぇ。。。
ただ私は、牛や豚など食用の動物の毛皮や皮なら許せるんですよ。
食用として殺してしまうのなら、全部ムダなく使ってあげるのが礼儀だと思うので。。。
ただ、犬や猫を毛皮として使うなんて、ゼーーッタイに許せません!!
こういうことする人たちって、自分で動物を飼ったことがないんでしょうねえ・・・。
日本カモシカ URL 2006年04月07日 05:47:24 編集
私もBODY SHOPの姿勢って好きだったし、商品も好きだったです。ショップにあるパンフも企業の素晴らしい活動報告や姿勢が掲載されていて、私の住む田舎に12~3年ほど前に出店したときは嬉しかったけど、今はそこの場所、スターバックスに変わってしまいました。田舎では受けなかったのかな?この手の商品。私は好きだったし愛用していたものもあったので、なくなったときは悲しかった。きっと、そんな感じで売り上げが縮小気味で、身売りしなければ企業としての存続が難しかったのでしょうね。
でも、なにも真反対のことしてる企業に身売りしなくてもいいのにね。資本主義ってなんとも悲しいですね。
nyanmyupurin URL 2006年04月07日 10:47:35 編集
私も動物実験や毛皮は大反対です!
特に毛皮は残酷な内容を知り、かなりショックを受けました。
日本って毛皮や動物実験の反対などに力を入れておられる方が少ない気がして悲しいです。
欧州の方はわりと動物愛護を訴える方が多いですよね!
確かに牛や豚の皮は食用の副産物かもしれません・・・でも本当に[毛皮]だけ取られる動物の場合は、美しい艶の為にと生きたまま剥がれるなんて残酷過ぎて涙が出ます。
毛皮=セレブみたいなイメージ、どうにか変わって欲しいです。フェイクで十分!
tomo URL 2006年04月07日 16:34:46 編集
>Nyanmyupurinさん
うーーん、スターバックスに変わってしまったってのがなんだか皮肉ですよねぇ。
スターバックスも大手アメリカチェーンですもんね。
Body Shopってイギリスではかなりの地位を確立していて、身売りなんてしなくても十分やっていけそうなんですよ。
もっとイヤだったのが、アニータさんはロレアル内に顧問役として就任するそうです。。。
何もロレアルでなくてもなぁ、と残念に思います。

>tomoさん
日本って自分の意見をハッキリと言える土壌が確立してないから、 “反対!” ってハッキリと言えないのかもしれないですね。。。
あと情報不足なのかなぁ・・・。
私は約5年前、フェイク(見るからにフェイクっぽかったのに・・・!)だと思って買ったものがウサギの毛皮で、本当にショックで・・・。
でも買ってしまったからには大切に着てあげようと思って、今も着てます。
ホント、毛皮なんて、フェイクで十分ですよね!!
日本カモシカ URL 2006年04月07日 19:59:42 編集
ええ…! BodyShop が、よりによってロレアルに買収されたんですかi-198
それはショックですね~;;

ロレアルは“まだ安全性が確かめられていない”ナノテク化粧品でも、平気で販売するようなところですからね。
これからはBodyShopと言えど、安心は出来ないのかも知れません。。
そう思うと、つらいですよね。i-181

ガナッシュ URL 2006年04月10日 02:24:26 編集
>ガナッシュさん
そうなんですよ・・・。
よりによって、ロレアル。。。
買収でも合併でもいいけど、ロレアルじゃなくても・・という気持ちが大きいですねぇ。
これから先、Body Shopがどうなっていくのかわからないけど、私はLUSHで買い物をすることにしました。
どちらもウスターの町の中にあるんだけど、やっぱりLUSHかな、と。
日本カモシカ URL 2006年04月10日 04:22:13 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。