08 12345678910111213141516171819202122232425262728293010


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

帰宅しました 2006年04月02日

やっと帰宅しました~~♪
えーっと・・・、とにかく疲れた(笑)。
タマとターディス嬢は2匹とも元気いっぱいで、特にタマに至ってはかなり寂しかったようで、家中を付いてまわって
    『ウー、ウー、ニャ~ゴ、ニャ~ゴ』 
と妙な鳴き声で鳴いてまわってます。。。
ペットシッターさんによると、タマは威嚇し続けて ターディス嬢は2階から降りてこなかったんだとか。

では、まずはうちにお客さんがやって来た日のことから。
マンチェスター(イギリス北部の町)で英国カモシカの好きなバンド Depeche Mode を見る前日、うちに日本人&イギリス人カップルさんが来て “日本へいってらっしゃい飲み会” が開催された。 
私たち以外の人間を見ることに慣れていないタマとターディス嬢がどういう反応を示すのか興味深々だった私たち。
タマの反応は・・・最初は挙動不審になって尻尾を膨らましてビビリまくり。
イギリス人の旦那さんには 『シャー と威嚇したものの、マタタビの木を与えると熟睡してしまいました♪
タマ

一方のターディス嬢は、お客さんに興味深々で麻雀をしてた私たちの邪魔しまくり。
邪魔

邪魔2

でも5分もすると興味を失って、
その後はずーーーっと2階に引きこもり・・・。
やっぱり根暗なのねぇ。。。
全く正反対の反応を示した2匹ですが、無事にお客さんを見送りました。

では、ここからはライブ報告で~す♪ 
初日は、英国カモシカの大好きな Depeche Modeをマンチェスターにて。
会場はマンチェスターの町の中にある M.E.N(Manchester Evening News)
私は大抵の音楽は好きで、ロックもテクノもパンクもなんでも来い、なんですが、どうしてもダメなのが80年代ロック。
Depeche Modetってもちろん今も健在なんですが、80年代を行き抜いてきたバンドなので、やっぱり80年代の匂いがプンプン。
確かにやってることは面白いし、音楽的にも嫌いではないんだけど、好きってわけでもなかったので今まで1度も生で見たことはなかった。
しかも会場は大きなアリーナ。。。 
どんなに好きなバンドでも、アリーナほど大きい会場でライブを見る気が起きなくて常に敬遠している日本カモシカなので、今回のライブは何もかもが初体験。
結論から言うと、そんなに悪くなかったですわ。
でもバンドメンバーの顔なんて豆粒でしたが(笑)。
Depeche Mode

ファンの方も30~40歳代の方がメインで、服装も80年代からスッポリ抜け出て来たような方がたくさんいてビックリ!
もちろん英国カモシカも 80年代の人 になってました(笑)。
ライブの感想としては可もなく不可もなく、やっぱり私にとっては “英国カモシカの好きなバンド” でしかないですわ。
とってもご機嫌な英国カモシカと共に、翌日は英国カモシカ兄とも合流してバーミンガムで再び Depeche Mode を観る。。。

で、昨夜はやっと私の好きな MOGWAI のライブ~~!
会場は打って変わってオックスフォードの小さなカレッジ内。
今回の収穫はサポートバンドの THE MAGNIFICENTS です。
音的にはシンセを使ったピコピコ音のパンクという感じ。
テクニックもあるし、曲もいいし、私も英国カモシカもかなり気に入ったんだけど、何がスゴイってこの人がすごかった! 
the magnificents

ライブの間中ずっと、
目が血走ってて額に血管が浮いてた(笑)。
2台のアナログシンセを操ってボーカルも担当してたんだけど、血走った顔のまま、左手が色んなところに。。。
自分のお尻を触ったり、ポケットの中に突っ込んだり、痙攣してたり・・・。
曲と曲の間に何か言おうとしてるんだけど全く文章になってなくて支離滅裂だし、会場の客もどう反応していいんだかわからずボーゼン(笑)。
どうやら緊張すると発作が起きてしまう方みたいで、『自分でも止められない』 と言ってました(笑)。
ただ! とにかくライブは最高!!
ライブ後にアルバムまで買ってしまいました~。

そして、Mogwai。
セットリストはステージの床に張ってあったものなのでちょっと見難い
ですが、こちら。 
Set List

最初はメンバー全員、緑のジャージを来てステージに登場。
green

Stuart
 
ニューアルバムからの曲がメインだったけど、アルバムヴァージョンと比べるとかなり爆音アレンジがなされてました。
Stuart(ボーカル)は最初から最後までワイングラス片手にご機嫌。
わざわざステージにボトルをキープして、他のメンバーに勧めるも断られる・・・。
NOISE

最後は2人で爆音ノイズを残したまま去っていきました♪

興味のある方へ。
時間のある時に写真をアップするのでお楽しみに。
2006年04月02日 | Comments(7) | Trackback(0) | Live Review
コメント
こんにちは。ご訪問いただきましてありがとうございました。

かわいい猫ちゃんたちですね。いいなぁ~2匹も猫飼って、イギリスで暮らして・・・憧れます!今年イギリスへ旅行する予定だったのですが(ロンドン⇒マンチェスター⇒スコットランド)予算の関係で中止になりました(涙)。

また遊びに来ますね。
Rubybrissie URL 2006年04月03日 13:26:56 編集
おかえりなさいまし~~v-238
沢山楽しんでこられた様で何よりです♪
タマさん&ターディス嬢も寂しかったんでしょうねえ・・・。
それにしても・・・私的に今回気になったのは・・・麻雀のハイ(←実は名前は知らない(笑))が日本のより薄いっ!!!v-12
むう・・・そおか薄いから自力で立てなくて、この木のスタンドで立てるのですね・・・っ☆彡
そしてイギリスの方は麻雀できるのですか???(笑)素朴な疑問☆彡
白雪 URL 2006年04月04日 06:06:44 編集
お帰りなさい。
うふふ、タマちゃんよほど留守中、気が張っていたんではないですか?日本カモシカさん達が戻ったから、マタタビなくても安心して眠っちゃったんじゃないかな。
しかし、お嬢様、初対面の人間に憶することなく興味のある麻雀のパイに突進。そして好きなだけ確認作業が終わったら引きこもりですかー(笑)。ターディス嬢から見たら、人間って下々の者って感じなのかしら?
nyanmyupurin URL 2006年04月04日 11:34:48 編集
おかえりなさい☆
やっぱり、自分が好きなバンドのライブだと、
会場がどこでもノリが違いますよね^-^。
ターディス&タマちゃんの対比がすごい。
2匹とも性格というか本性というか・・・
笑ってしまいました。
でも、お留守番終わってほっとしたかな?
私も麻雀パイが気になった。
薄いペラペラだと、積めないのでは?
と思ったけど、ちゃんと2段に積んでありますね・・・
じゃらじゃらかき混ぜるの、大変そう。


りゅう URL 2006年04月04日 18:31:05 編集
>Rubbybrisseiさん
こちらこそ、いらっしゃいませ♪
イギリスへ旅行の予定だったんですね。
スコットランドへ行けなかったのは残念ですねぇ。
私もスコットランドは大好きです!
イギリスも、住んでしまうと毎日同じ風景で日本に住んでるのとかわらないなぁ、なんて思ってしまいます(笑)。
結局、日常になっちゃうんですよねぇ。。。

>白雪さん
楽しんできました~!
麻雀のパイって日本のは厚いんですか??
日本でやったことないから知らなかった。e-263
実は、イギリスで麻雀デビューしました(笑)。
この麻雀セットは英国カモシカが持ってたものなので、たぶんイギリスで買ったものだと思うんだけど、ほとんどの人はやり方を知らないです、やっぱり。
そういう私も、英国カモシカに教えてもらいました(笑)。

>Nyanmyupurinさん
ターディス嬢は根暗だけど、自分は高貴な生まれだと思っているようですよー(笑)。
下々のものは相手にしてもらえません。
しかも私と英国カモシカは、彼女の シモベ なので、眼中にも入らないようです。v-391
プライドが高くて下の者と一緒に居たくないから引きこもりやってるのかしら(笑)??

>りゅうさん
猫たちのことは心配だったんだけど、やっぱりライブとなると楽しんでしまいました~!
忙しかったけど、いい息抜きになりました♪
そうなんですよー、タマとターディス嬢って本当に正反対。
2匹が同じ猫族だなんて信じられないくらいです(笑)。
やっぱり麻雀パイって、イギリスのは小さいんですね。
これしか見たことがないので、簡単なのか難しいのかもわかりませ~ん(笑)。
日本カモシカ URL 2006年04月05日 06:36:04 編集
忠猫タマちゃん、お留守番がショックだったのね。(笑)いじらしくて可愛いわぁ。こんな時って、ニャウリンガルで聞いてみたくなりますね。
イカモシカさん達が、実は麻雀もされるとはびっくりです。(笑)ギリスの麻雀牌、初めて拝見しました。牌が薄くなってるんですね。ルールもイギリス式に変化しているのでしょうか?
どなたか大出血なさいました?(笑)
白桃 URL 2006年04月05日 17:45:38 編集
>白桃さん
あー、ホントにニャウリンガルが欲しいですよー!
タマって、1度鳴き出すと警報機のようにずーっと鳴き続けるんですが、何を言いたいのかさっぱりわかりません(笑)。
麻雀って日本ではやったことなかったんですが、1度始めると病みつきになりそう(笑)。
イギリスのルールって日本とはちょっと違うかも!
あと、漢字が読めないイギリス人のために、アルファベットが書いてあったりしますよー。
イギリス人は、麻雀が賭け事に使われる物って知らないみたいなので私も黙っておきました。v-392
英国カモシカがハマッてしまうと困るので(笑)。
日本カモシカ URL 2006年04月06日 20:31:12 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。