05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

猫エイズのお話 2006年03月13日

以前、猫エイズ(FIV)&猫白血病(Felv)についてちょろっと記事にしたんだけど(こちらから)、エイズに関するリーフレットを CRUFTS(犬の祭典だけど、各種動物チャリティー団体も参加してます) で入手してきたのでまとめておきます♪
             情報源 ペットチャリティーBLUE CROSS
エイズの話

●FIV(Feline Immunodeficiency Virus)とは?
FIVは人間のエイズと同じく免疫系に支障をきたし、白血球にダメージを与えるため体の抵抗力が落ちてしまう病気。
猫間では感染するものの、人間に感染してしまうことはない。
1度感染してしまうと一生キャリアとなってしまい他の猫にうつしてしまう可能性があるので注意が必要。
注意点としては
 キャリアの猫は去勢、避妊手術をして感染拡大を防ぐ(FIVは主にケンカの噛み傷から感染する)。
 キャリアとなっても天寿をまっとうすることは可能なので、こまめな健康管理が大切。
 キャリアになると感染症やガンにかかりやすくなるので早期発見、治療を。
 他の猫にうつしてしまうことを防ぐため、又は感染症から身を守るためにも完全室内飼いを!


●FIVの症状は?
ほとんどの猫は見た目は健康そのもの。
感染した最初の数週間は、発熱したりリンパ腺を腫らしたりする猫も中にはいる。
感染が進行すると体重が減少したり、食欲が落ちるなどして元気がなくなってくる。
よく見られる症状は
 ★長期間にわたる下痢
 ★鼻水やくしゃみ
 ★目が腫れたり、皮膚に炎症が起きる
 など。
ガンにもなりやすくなるので注意が必要。


●どうやって感染するの?

FIVのウイルスは猫の唾液の中に存在するので、ケンカの際の噛み傷からの感染が多い。
FIVに感染している猫を噛んだり、その猫に噛まれたりすることによってうつるので、たった1度噛んだだけで感染してしまうこともある。
また母猫がFIVに感染していると、産まれてくる子猫の約15%も母子感染しているが、
 食器の共用やお互いをグルーミングしあうことで感染することは稀。
 交尾による感染率も低い。
 猫白血病(FeLv)より感染力は低い。


●FIVの検査
FIVに感染しているかどうかは血液検査によって判明する。
通常の感染症の場合、1度感染すると体の中にその病気に対する抗体ができて、2度目に感染した時は体にウイルスを撃退する力が付いている。
FIVの場合、体に抗体ができてもFIVを撃退できるほど強い抗体ではないため一生キャリアとなってしまう。
血液検査ではこの抗体が血液中に存在するかどうかを調べる。 
ただし、病院内で行われるテストは完璧ではないので、陽性の結果が出たら専門の検査施設において詳しい検査をして、本当に感染しているか確認することも可能。(←これはイギリス内での話なので、日本では獣医さんに聞いてみてください)
また、生後12週間以下の子猫の場合は感染していなくても陽性反応が出ることがある。
加えて、この検査ではFIVに感染後、最初の約12週間は陽性反応が出ない。


●治療方法は?
キャリアでも、健康であれば特別な治療の必要はなし。
   必要なのは優しい家族とおいしいご飯♪
最近の研究では FIVが寿命を縮めるとは限らない という報告がされている。
ただ体の抵抗力が落ちているので生肉、生卵、ミルクなどバクテリアがいる可能性のある食べ物は避けるようにする。
予防接種で感染症を予防することも大切だけど、 予防接種を繰り返すことで症状が悪化したケース が報告されているので注意が必要。
重要ポイントは
 6ヶ月おきの健康診断
 1ヶ月おきに体重チェック(悪化すると体重が減少する)
 何か変化があれば、すぐに獣医さんへ

口腔内に腫れ等が見られる場合、人間のエイズ治療に使用されるAZTという薬が効くことがあるが、高価で定期的な副作用のチェックが必要。
インターフェロン治療が効くこともあるが、完璧とはいえない。
ステロイドなどの免疫に関係する薬を使用する時は注意が必要!
リングワームの治療薬の中にはFIVキャリアの子に使用できないものがある。


年に数回のシーズン時期は猫にとってもストレスとなるので、去勢や避妊手術をすることによってこのストレスを軽減することができる。
ストレスが病気を悪化させるので、リラックスできる環境を。
relax
 

りゅうさん宅のメイちゃんがFIVとFeLv共にキャリアであることが判明しました。 
免疫力アップにつながるアイデアがあればご一報お願いします!
2006年03月13日 | Comments(7) | Trackback(1) | 猫の健康
コメント
Crufts楽しかったですね!日本カモシカさんとお会い出来なかったことだけが悔やまれますv-409実はメールしようか迷っておりましたv-356ロンドンに来られる際はぜひv-410

猫エイズ、実家の近所で流行った時期があって、家の子も喧嘩して出来た傷から感染してしまい助かりませんでした。でも、その子と兄弟猫で舐めあったりじゃれ合ったりしていた子は感染せず生きてるんです。4匹兄弟の内、その子だけはなぜか丈夫で、もう10歳になりましたv-91
免疫力アップに良い方法が見つかると良いですね。犬だとガーリックが良いんですけど、猫は違いますよねぇ。
えり URL 2006年03月14日 11:27:32 編集
猫エイズ。怖いですねえ。
食器の共有で感染しないってのは、人間のエイズと同じですね♪
ウチの子達は4ニャンとも白血病もエイズも大丈夫なのですが、これから誰かに感染される事もあるのですよね???
庭散歩の時は誰かソバに居ないと駄目だな・・・いつか野良猫サンが来るかもしれないし★
白雪 URL 2006年03月14日 14:50:11 編集
>えりさん
実は私も 『会場でえりさんらしき日本人がいたら声かけようっと♪』 なんて思ってたら、かなりの数の日本人が来ててビックリ!!v-405
去年行った時は3,4人くらいしか見かけなかったはず。。。
予想外だったので、えりさん捜索は断念しました(笑)。
でも、残念でしたよねー。

猫にも少量ならガーリックも与えていいんですよ~!
情報ありがとうございます★
えりさんもエイズで猫ちゃんを亡くしてたんですね。。。
“治療できない” って言われるほどショックなことはないので、なんとか治療方法を見つけて欲しいものです。v-409

>白雪さん
そうそう、食器の共用などは大丈夫なので、他の猫と一緒に飼っていても白血病よりは比較的感染しにくいようです。
エイズや白血病の感染度は地域によって違うようなので、獣医さんに聞いてみるといいですよ。
もしも獣医さんがたくさんのエイズや白血病の子を診ているようだったら、その地域の感染率は高いので注意が必要。
男の子の場合は、去勢手術しているとケンカに巻き込まれる可能性が低くなるので予防に役立つはず!
でも、ホントに密接なコンタクトがない限り感染はしないので、ケンカさせないようにするのが1番ですよ~!
日本カモシカ URL 2006年03月14日 17:54:29 編集
記事upありがとうございます。
うちはみんな野良の子だし、外猫みんな家の子にしたから、
病気の素を持ってる可能性はみんな高いでしょう。
これから順番に血液検査をするつもりです。
我が家では病気の素を持っていても、
隔離しないで生活をすることにしました。
メイ、白血病を発病した可能性が高く、
4日で血球数が約半分になってしまいました。
無理にごはんたべさせるしかないから、
リラックス・・・できるのかなぁ・・・凹。
りゅう URL 2006年03月14日 22:14:22 編集
いつもお気遣い感謝です☆
マヌカハニー、日本で買うと高かったので、
ニュージーランドから25+を取り寄せ中なのです。
1週間から10日かかるって書いてあったから、
そろそろとどくはず・・・です。
これ、なめると斬新な味で、なんか渋いんですよ;;。
ちょうど教えてもらったコンビタ社のはちみつ、
つなぎとして、東武百貨店に売ってたから買ってみた所です。
こっちの方が味がマイルドだった。
ササは平気でなめるけど、みんな「うえ…っ」な感じ…。
でもほんと、いろいろ調べたり考えてくれて、
気持ち的にすごくほっとします。ありがとうv-22

りゅう URL 2006年03月15日 13:40:22 編集
>りゅうさん
私も隔離しないことに賛成です。
今まで一緒に住んでいたんだし、エイズは移りにくいし、白血病は生後1年以上なら感染しにくいし!
隔離することが余計にストレスになってしまいますもんね。
貧血について、なにかいい治療法がないかしらべてみますね。
調べるのは趣味なんで(笑)気にしないでください。
コンビタのハチミツ、私も早速舐めてみます(笑)。
説明読んでるとなんだか体に良さそうだし、りゅうさんもハチミツ食べて元気でいてくださいね!
また何かあればいつでもどうぞ♪
日本カモシカ URL 2006年03月15日 18:10:11 編集
猫エイズの治療法
私の家では、かつて、十数匹の猫を、猫エイズで失っています

今回、インスピレーションが有りましたので、報告します

猫エイズに、【酒の粕】が、効果が有るようです

約二週間前、家の猫2匹…(一匹は1歳、もう一匹は3歳)に、

初期症状(目の粘膜に膿が広がり、目が開けられなくなる)・(硬いペットフードが食べられなくなる)・(鼻水やくしゃみ)が、現れていたので

【酒の粕】を竹輪の穴の中に詰め込み、輪切りにして与えました

約一週間ほどで、症状の改善が見られました

ただ、私の家では、現在これ以上、猫エイズに感染している猫がいないので

検証の続行が、不可能に成りました

もしも、誰かの家で、猫エイズに感染している猫がおられるようならば、試して見て下さい。

子羊のピッポ URL 2008年03月14日 19:29:21 編集

管理者だけに表示する
猫白血病や猫エイズ・貧血・ごはんを食べない時の工夫等について情報をお持ちの方は、ぜひ教えてください。
♯猫屋敷計画 2006年03月14日 22:08:55
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。