07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

根暗な猫 2006年03月02日

今日は、先日見つけた日本人の方と共に、その方の友達の 日本妻 x イギリス夫 さんの家に遊びに行ってきた。
そしてなんと、明日はまたまた他の日本人の方を紹介してもらえることになり、なんだかトントン拍子に輪が広がってます。
しかも今日会った方は、地元のカレッジの大人用夜間コースで日本語を教えているということで、今日は私もその授業に参加してきた♪
いやー、良かった! 
これでウスターでも生きていけそうですわ(笑)。 

そんなことで舞い上がっていたんですが、今日の夕方帰宅した時、 
玄関開けたらゲロだらけ でした・・・。
1箇所にゲロじゃなく、6箇所に分けてキャットフードを吐いた後。。。
今日は朝は時間がなくてタマにも市販のキャットフードをあげたので、そのゲロを見るだけだとタマのものなのかターディス嬢のものなのか不明。
ただ2匹とも元気でエサも食べているし、様子を見ることにします。
ただ時期が時期だけに 
    “もしかして鳥インフルエンザ・・・?” 
という考えが頭をよぎりましたが。

そして、今日のターディス嬢はいつもにも増して根暗だった。 
そう、ターディス嬢の性格を的確に表現する言葉をなかなか思いつかなかったんだけど、 根暗 という言葉がピッタリということに気付きました。
ターディス嬢のお気に入りの水飲み場は 部屋の隅っこ
1日に何度も、壁を見つめながら水を触って過ごすのが彼女の楽しみです・・・。
根暗

他にも水飲み場はあるのに、いつもここばかり使うのでボールの水はすぐに空っぽになる。
とにかく人間と過ごすのが好きではないようで、『姿が見えないなぁ』 と思っていると大抵どこかに隠れている。
タオルを閉まっておく小部屋の中。
根暗2

甘えてくることも滅多になければ、感情表現するわけでもなく、全てを内に秘めているようです。
子猫時代の彼女は男の人と2人で住んでいて、その飼い主さんも昼間は仕事で夜もほとんどターディス嬢と遊んであげなかったようで、うちにやって来るまでは孤独な生活をしてたみたい。
だからこんなに内向的な 根暗猫 になっちゃったのかなぁ。。。
2006年03月02日 | Comments(3) | Trackback(0) |
コメント
ターディス嬢が、カリカリしか食べ物を受け付けないのも、人にベタベタ甘えないのも、子猫の時を寂しい環境で過ごした名残なのかもしれないですね。(しんみり)
カモシカさん達の愛で、少しずつ人に甘える事を覚えていってくれたら嬉しいなぁ。

あの子もカモシカ家に毎日来てくれて(↓)嬉しい反面、病気の事を考えると躊躇する面もありますよね。
あの子の不幸な状態が好転するように、ネット越しですが祈っています。
無責任飼い主が放棄を宣言してくれないかしら・・・(ボソッ
白桃 URL 2006年03月03日 23:44:29 編集
なんだか、うちのももと重なる部分があるような。
小さなころ放ったらかしにされていた子って、自分以外のものを信じられないし、どう接していいか分からない。人間の子供もそうだからターディス嬢もそのへんが理由かも…。
愛情がもらえないことや冷たくあしらわれるよりも『無視』『親が子に関心がない』というのがもっとも子供の心にダメージを与える要因らしいので、ターディス嬢もそんな寂しい生活だったのではないかしら。
でも今は日本カモシカさん達もいるし、なにしろ面倒見のいいタマちゃんがナメナメしてくれるし、ちょっとづつ変わっていきそう。
猫団子が出来るようになれば、脱!根暗猫ですよ、きっと。
nyanmyupurin URL 2006年03月04日 02:06:53 編集
>白桃さん
前の飼い主さん、小さなアパートの一室に住んでいたらしくて、いつも同じカリカリばかり与えられていたようで、うちに来た時はミルクさえも飲まなかったんですよ!
今はやっとミルクも飲むようになったし、猫缶もたまに口にするようになったので、少しは進歩したのかな?
でも、いまだに体を触られるのは嫌いみたいです。v-409
“あの猫”はいつもお腹をすかしているので、絶対に鳥やネズミを採って食べてるはず。。。
私も実は、飼い主さんがお世話放棄してくれるのを祈ってます。v-392

>Nyanmyupurinさん
私も、もたんとターディス嬢は似てるところがあるなぁ・・・と思ってました。
子猫時代の経験って、人間の幼児期と同じでとっても重要なんだそうですね。
タマはターディス嬢と仲良くしたくて仕方ないみたいで、昨日も毛繕いをしようと頑張ってたんですよ。v-344
でも、人間に触られるのも嫌がるターディス嬢はタマに触られるのも我慢できないみたいで、タマを蹴って逃げていきました。。。
素直になればもっとラクなのに!
日本カモシカ URL 2006年03月04日 06:24:47 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。