06 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Trail Of Dead @ ロンドン 2005年03月17日

昨日のMull Historical Societyのライブが延期になってくれたおかげで、昨日の夜は早く寝ることができた。
今日から2日間のミニ・ツアーだから体力が必要っと・・・。
 
今日は、これまで何度も見た・・・And You Will Know Us By The Trail Of Dead(以下TOD)のUKツアー初日。
今回はロンドンからスタート。私は今日の初日ロンドンと明日のノッティンガムに行く予定。ツアーといっても今回は、この2公演&マンチェスターとグラスゴーというたったの4公演のみなんだけど。
ロンドンの会場はロックの町、カムデンにあるElectric Ball Roomにて。
この会場に来たのは今回が初めてだけど、思ったよりも大きくてビックリした。
去年の12月に彼らがライブをしたULU(ロンドン大学内)よりも少し大きかったのではないかな。
サポートバンドは2バンドで、最初のバンドはTODと同じアメリカはテキサス出身のバンド、The Blackコンラッド、ビオラ
音はTODよりもかなりポップで、ちょっとカントリーっぽい雰囲気も。そして、TODのメンバーのメンバーもライブに参加!
ジェイソンは1曲のみマラカスで、そしてコンラッドはビオラで参加。普段は見られない姿を見ることができ、サポートバンドなのにTODを見ることができるお得なバンドでした。
 
The Black終了後、友達と共に会場内をフラフラしていると、ドラマー兼ヴォーカル兼、破壊魔(笑)であるジェイソンに再会!前回のツアー以来初めて会うにも関わらず、彼はまったく変わらずいつものようにフレンドリーでハイテンション!
そのうち2番目のサポートバンド、Division Of Laura Leeが始まった。ジェイソンによると彼らはスウェーデン出身らしい。「すごくいいバンドだよ」と彼は言っていたけど、私たちは話に夢中で全くバンドを見てなかった。。。 明日は見ます。
 
そしていよいよTOD開始!TOD
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラッド
 
チケットはソールド・アウトではなかったものの、会場はほぼ埋まっていた。
ニュー・アルバム“Worlds Apart”からの曲を中心に、昔の曲もあり。オーディエンスはかなり盛り上がっていたものの、私はちょっと「うーん・・・」という感じ。
悪くないし、いい感じに盛り上がってはいるんだけどパワー不足というか・・。
彼ら独特の破壊力があまり感じられなかったのが少し心残り。
UKツアー初日ということもあり調子を出し切れてなかったのかな?
とりあえず少し歯切れの悪いライブではあったけど、まだ明日があるし。そして明日のチケットはソールド・アウト!! これはかなり期待大。
 
私のTODツアーでの楽しみは、音楽はもちろんのこと、いつもの仲間たちに会えることもかなり大きい。それにしても、初めて彼らを見てからかれこれ5年も経ってしまったのね。
今回も、いつも一緒に行くburngirlちゃん、Melodyちゃんと彼女のパワフルお父ちゃんなどみんな勢揃い!
ライブ終了後は、みんな揃って会場近くのパブへ。
そして今日はなんとSt.Patrick's Day。これはアイルランドの守護聖人、聖パトリックの日なんだけど、私にとってはもちろんギネスの日!
これは飲まなきゃ損!ってことで飲みまくり、明日、一緒にノッティンガムにも行くMelodyちゃんの家にたどり着いた時刻は約3時半・・もちろん朝の。。 
おまけにそこからガールズ・トークも始まり「これはヤバイ・・・」と自分たちに言い聞かせ、私たちが無理やり眠りについたのは朝6時頃・・・
しかも翌日、私とburngirlちゃんは朝8時には(この時点では2時間後・・)家を出て日本領事館に行く用事が。。。 
ノッティンガムで死んでそう~~・・・。 


2005年03月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | Live Review
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。