06 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

★ Doctor Who ★ 2005年03月10日

Doctor Whoイギリスのテレビ局BBCは一応、国営放送なので (正確にはTV Licenceという、日本でいうNHK受信料みたいなのによって成り立っている。でも国によって管理されているわけではない) CMは流れないんだけど、~Coming Up!~ みたいな感じでこれから放送される番組の予告CMを流している。
 
そして、最近BBCでよく流される予告CM。
ほかの予告とは全く違い、この男女2人が無言で立ち、タイトルも何もなくただSFっぽい音楽だけが流される。
 
イギリス在住の人なら気付いたかもしれないけど、イギリス人なら誰もが知っている あの 番組が帰ってくる。
それは『 DOCTOR WHO 』
『Doctor Who』は、BBCで1963年~1989年にかけて放送されたSFドラマ。基本的には子供向けなんではないかな? それでも大人のコアなファンがたくさん、今もカルト的人気がある。
 
Tardis当時の1エピソードは約25分。“時間の支配者(Time Lord)” のDoctorTARDIS(という名のタイムマシーンでいろんな場所に行き、毎回ハラハラさせるシーンで終わって次回へ続くという典型的なスタイル。
 
Doctorは心臓を2つ持っていて、体が古くなったりダメージを受けると新しい体に生まれ変わることができる。なんで、これまでに7人の違う顔の“DOCTOR”がいる。
 
英国カモシカも含め、いろいろな人が1番好きなキャラにあげるのはDaleksDaleks
これはDoctorの敵キャラ。そして、みんなが口を揃えて言うのは
『子供時代、Daleksがすごく怖かったということ。私も♪懐かしの~♪みたいなテレビ番組で1シーンだけとかなら見たけど・・怖いか??
 
しかし、このDoctor Who人気も英国カモシカの反応を見て理解した。先日トイレに入っていた彼。そのとき、テレビでDoctor Whoの予告が流れ、例の有名なテーマ曲が・・。
「おーーー!!!ドクター・フー~~~~~!!」と叫んでトイレから出てきた。
ただの予告だってば・・・。
このテーマ曲、解散しちゃったけど私の大好きだったOrbitalもカバーしてた。グラストンベリー・フェスティバルで聴いたときには感動もんだったなぁ。
BBCのDoctor Whoサイトではカウントダウンも始まってます。
現在の時点であと、16日と6時間25分45秒でDoctor Whoが見れるらしい。 
ということは・・3月26日の7時からね。 とりあえず、見てみるか!


2005年03月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | Doctor Who
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。