10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

オーストリアン・パブ 2005年03月08日

明日からまた、英国カモシカは出張。ここ最近、出張が多すぎる。
今回はまたブリュッセルで、しかも明日は飛行機の時間が早いので、
  朝5時半起き・・・
それなのに、珍しく英国カモシカが「パブに行こう!」なんて言い出した。
『ま、朝起きなきゃいけないのは私じゃないから』 と、即OKで、夕飯に日本のカレー を食べたあとでパブに繰り出した。
 
今日は、ビール好きの私がウスターで5本の指に入ると思っている、大好きなオーストリアン・パブへ。
ここは経営者もオーストリア人で、もちろんビールもオーストリアのビール! 
実は日本に居たときは全くビールの飲めなかった私も、イギリスでは飲みまくり。理由は、ただ単に、日本の炭酸が効いてスカッとするラガーがキライだっただけみたい。
イギリスでもラガーは人気あるんだけど、こちらでは室温で飲むエール(炭酸なし)とかビター(これも炭酸なし、かつエールよりもクリーミーな感じ)とか種類が豊富。 
まず私は、日本でも入手可なアイリッシュ・スタウトのギネスにブラックカーラントのジュースをほんの少し加えたスネーク・バイトという飲み物から初めて、その後エールやビターも飲み始め、今では立派なビール・ドリンカーになってしまったビール
そして、このオーストリアン・パブのビールはイギリスの物とはまた違うんだけど、うまい!!
これは、私の1番好きな“ダーク・ビール”。 名前はドイツ語なんで私は覚えられず、いつもダーク・ビールと呼んでいる。 他にラガーやWheat(小麦)のビールもあるんだけど、いろいろ試した結果これが1番! 
エールが好きな人にはイケると思う。
 そして、このパブが他のイギリスのパブと違うところは、パイント・グラスじゃなく、リットル・グラスを使っているところ。写真は0・5Lのグラスで、
1パイントとほぼ同量。
パブ
 たまに日本みたいにジョッキで飲んでいる人もいるけど。
 
最初にこのパブがリットル・グラスを使ったときに『イギリスの伝統を壊している!』みたいな論争もあったらしいんだけど、私からすれば馬鹿らしいわ。だって、このパブはオーストリアン・パブでしょ?? ブリティッシュ・パブじゃないんだから・・。クリスプス
 
そして、もうひとついいこと、それはこのポテトチップス。 地元の農家がハンドメイドで作っていて、袋には作った人の名前と芋の種類も書いてあり、しかもおいしい~~!
なかなかスーパーとかで買えないんだけど、ここのパブでは常備してるからいつも食べてる。
 
 
 
でかい猫
パブからの帰り道、でかい猫に会った。そして・・・追いかけられた・・・。 ただフレンドリーなだけだったんだろうけど、そのうち私たちの足元でゴロゴロと転がり始めたので、その隙に逃げました(笑)。こっちの猫、でかすぎ!!
 
そして家が近くなった頃、なにか後ろに気配が・・・。 なんだ、Diglis,あんたかい!帰宅Diglis
Diglisも夜遊びしてたみたいで、3人仲良く一緒に帰宅。
早めに切り上げたんだけど、それでも時刻は夜10時すぎ。
 
明日5時半起き・・・
 
頑張ってね、英国カモシカ。
私はゆっくり寝かせてもらうよ。
 


2005年03月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。