10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

花柄壁紙 2005年02月19日

先日、英国カモシカの友達が6ヶ月間の世界旅行から帰国した。滞在先はカナダ、ニュージーランド、オーストラリア、ペルー、インド、南アフリカなど。うらやましいなぁ!私もお金があれば・・!
そして昨日の夜は、彼女の無事帰国パーティーに行ってきた。
そこで、なぜか英国カモシカの家の壁紙の話に。
 
私が英国カモシカと出会った時点で彼は自分の家を持っていた。そして、最初に彼の家をたずねた時に強く印象に残ったのが壁紙。
家の内装はごく普通でシンプルなのに、リビングルームだけが
 花柄の壁紙花柄壁紙    
こんなんです・・。 なんか典型的イギリスのおばあちゃんの家みたいじゃない? そして、その後、ベッドルームも同じような花柄だってことに気付いた。男なのに花柄ピンクの壁紙?? ちょっと怖いよ~。

でも、もしかしたら彼のお母さんの趣味かも、とか、彼はこれに満足いしてるんだし、「趣味おかしい」なんて言ったら失礼?とかいろいろ考えてた。 しかし、おかしいと思ってたのは私だけじゃなかったみたい。パーティーで、お酒も入っていい気分になってた彼の友達が「やっぱりあの壁紙はヤバイよなー!」と言い始めて、実は英国カモシカもあの壁紙はキライだったってことが発覚! 家を買った時点でリビングは花柄壁紙で、他の部屋はあまりに汚かったために壁を塗り替えたけど、それで力尽き、リビングはそのまま放置したらしい。 それなら張り替えよう!と、今日はさっそく壁紙剥がし。

これが結構大変で、まだ壁の半分も剥がし終わってない。そして、Diglisは大喜び。今日の朝も、ベッドから出ていた私の足(私はどうも寝相が悪いようで、いつも片足がベッドから出てる・・)に飛び掛ってきた彼女は、今度は壁紙をターゲットに。マッドDiglis2

 

 

 

 

 

 

さんざん遊んだ後は、壁紙の残骸の上に嬉しそうに陣取っていた。Diglisと壁紙

 

 

 

 

 

そして新たな発見が!花柄壁紙の下にはなんと、キレイな緑の壁。緑の壁

花柄よりぜんぜんマシだよ、これ。なんで前の住人、この壁のままキープしてくれなかったんだ~。 今後、1週間は壁紙剥がしと色塗りでいそがしくなりそう。 ペンキの色はテラコッタ(レンガ色)になる予定。



2005年02月19日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。