07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

ベッドに寝たのは・・・ 2005年06月07日

今日から英国カモシカはベルギーに1泊2日の出張です。
ホントこの人、出張多すぎ!! 来週は2泊3日でスイスに出張だそうな。
ま、仕事だから観光する時間もないらしく、かわいそうと言えばかわいそうだけど、ちょっとうらやましい!!
昨夜は出張前夜だから早めに寝たんだけど、深夜1時半にDiglisの 
ミャ! ミャ! ミャ!』 
という聞きなれた嬉しそうな声で起こされましたーー・・・。
確認するまでもなく、お土産を持ち帰ってきたDiglis・・・・。  
最近気付いたんだけど、鳥を食べる時はいつも1階のリビングで、ネズミの時は私たちの寝ているベッドの下で食べる。。。。
ということはネズミかーー、今日の犠牲者は。 ご冥福を祈る。。。 
食べている音を聞きたくなかったので英国カモシカに頼んで、Diglisを寝室から出してもらいドアを閉めたんだけど、しばらくするとドアをガリガリと引っ掻いて鳴き出したので眠れやしない!!
ドアを開けるとネズミをくわえて嬉しそうに立っている彼女・・・。
結局、彼女はベッドの下に潜り込んでネズミを完食。。。
今日は寝不足です~~~。
そして翌朝、リビングに行くとなんと!!
タマがDiglisのベッドで寝てた~~~!ベッドの中のタマ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この際、誰が寝てもいい!
 
誰かがこのベッドを使ってくれるなら買った甲斐があるというもの。
最近、タマの方が家猫の素質があるんじゃないかと思い始めた。
Diglisはやっぱり、少しずつだけど私の膝の上で過ごす時間も減り、これまで通りの勝手気ままな彼女に戻りつつある。  子猫のように私にまとわり付いていた数日間の彼女が懐かしいなぁ、なんて(笑)。
私たちが起床したのでDiglisも起きてきたんだけど、その姿を見て外に出て行ったタマ。 
するとDiglisがベッドに気付いて・・・・中に入った~~~!ベッドの中のDiglis
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かなりお気に召した様子。  2匹ともこのベッドに満足したみたいで良かった! 


2005年06月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 動物
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。