07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

元気になってね 2005年09月03日

まだ、ガンダルフの死から立ち直っていない私とゴラムです。。。
ゴラムの食欲は、昨日に比べると少しはマシ・・・かなぁ。。
ただお皿にエサを入れるだけだと食べてくれないので(前だと自分からエサの要求をしていたのに)、ガンダルフの匂いの付いた藁を私の膝に置き、そこにゴラムを乗せてエサを口に運ぶと、なんとか食べてくれている。
後は、私が野菜をかじって、『エサの時間だよ、食べに出ておいで』 とゴラムに伝えてやらないといけない。。。。
今まではガンダルフが先にエサを食べ始めて、それを合図に 『安全』 を確認したゴラムも食べ始める、というパターンだったので、この先が不安。
しかも好き嫌いが本当に激しくなって、芝生しか食べてくれなくなってしまった・・・。
病院でもらった食欲増進剤もあまり効き目なし。 
でも、全く食べてくれないわけじゃないのでそれは嬉しいかなぁ。
仕方ないので、今日は庭で取ってきた芝生をお皿いっぱいにして、ガンダルフの匂いの残る藁の中での食事タイム。
ゴラム

とにかく何でもいいからお腹に入れてくれれば、私は嬉しいわー・・・。
ウサギやモルモットは体のつくりが特殊で(犬&猫と比べて)、デリケートな動物なので心配が尽きません。
以前飼っていたウサギも、腸の動きが止まってしまったためになすすべもなくて、ただ側にいてやることしかできず、悔しくて悔しくて・・・。
あんな悔しい思いはしたくないので、ゴラムにはなんとしてでも元気になってもらいます!! 

そして今日は、ガンダルフのお墓にバラの花を植えてあげた。
ガンダルフのお墓

大きくなって、キレイな花を咲かせてくれるのを待ってます!
2005年09月03日 | Comments(3) | Trackback(0) | モルモット
コメント
元気に
目を疑いました。
ちょっと立て込んで凹んでいる間に、まさかガンダルフくんが。
心配な時にお邪魔できず、声をかけることも出来ず、申し訳ないです・・・
生まれ変わる前の成が最後に使っていた、
布団代わりの私のマフラーとかタオルとか、
2年半経つけどいまだに枕元から離せません。
「ガンダルフ藁」もゴラムくんにとって同じようなものなのかな。
ゴラムくんも、日本カモシカさんも、元気になってくださいね。
お花とお供えするごはんのかわりに。
v-254v-22v-254v-22v-254v-22v-254v-22
キレイな薔薇が咲きますように。
りゅう URL 2005年09月05日 22:38:08 編集
>りゅうさん
お言葉ありがとうございます。
動物との別れは、人間との別れと同じくいつになっても慣れることはできないですよね。。。
私も、10年前に死んでしまった愛犬の写真をイギリスにも持ってきていて、今も大事に飾ってます。
ゴラムがいるので、今ここで、私が凹んでしまっては・・・と自分に言い聞かせてます。
きっと1人ぼっちになってしまったゴラムの方が、もっと辛い思いをしていると思うので。。。
日本カモシカ URL 2005年09月06日 01:49:16 編集
ゴラム君、元気になって!
ガンダルフ君が悲しいことになってしまって、ゴラム君もショックを受けているんですね。
なにしろ、生まれたときからずっと、いっしょにいたんですもんね。
人間と違って、旅行もしないし、ほんとにずっといっしょに。。
祖母宅で飼っていた犬2匹の内1匹が亡くなったときも、そうでした。
残った方は、いつも相手のことが気になり、嫉妬してばかりの犬だったんですが、それでもずっといっしょにいた仲間がいなくなると、相当にショックだったみたいです。
一気に老け込んだようになっちゃいました。
ゴラム君は、ちょっとでも早く元通り、元気を取り戻してくれるといいですね。
ガナッシュ URL 2005年09月06日 09:11:51 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。