10 12345678910111213141516171819202122232425262728293012


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

イギリスの庭 2005年05月21日

イギリスというと、ガーデニングってイメージを持ってる人は多いと思う。
英国カモシカの両親もガーデニングは大好きで、典型的なイギリス人といった感じの人たち。
その息子の英国カモシカも、ガーデニングに興味はある。 
でも最近は、そういうもんに興味のない私のリクエストにより、庭に生えている物はニンジン、ジャガイモ、イチゴ、コリアンダー、そして枝豆。。。  食べ物ばっかり(笑)。 農家と化してしまっている。
でも、彼の庭には私が引っ越してくる前から生えているバラがある。
気品のあるバラって、なんか典型的なイングリッシュ・ガーデンって感じというイメージのあった私。
でも、英国カモシカのバラはちょっと違う。。。  
庭から見るとこんな感じの白いバラ。 でもちょっと、逞しいなぁ、といった風貌。庭のバラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、塀の外からみるとこんな感じ。。。バラ、外から  外にはみ出てる・・・。
うちの横は草ボウボウの空き地になっていて、この小道は近所の子供たちの通り道になっている。
でもたまに、塀を乗り越えて英国カモシカの庭に忍び込む子供たちがいたらしい。
そこで英国カモシカはそれを阻止するために、トゲのあるバラを植えたらしい。。
だから彼にとっては、こんな風にボウボウに生えまくったバラは最高で、逞しければ逞しいほどいいらしい。
 
可憐で気品のあるバラのイメージからはほど遠いですわー。。


2005年05月21日 | Comments(0) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。