09 1234567891011121314151617181920212223242526272829303111


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

Swine Flu = 豚インフルエンザ 2009年04月29日

うへっがっくり と思うニュース。

英語では Swine Flu、日本語では 豚インフルエンザ ですが、イギリスでは既に4件のケースが確認されています。
そのうちの1件は、うちからも近いバーミンガム。
イギリス初の患者として最初に確認されたのは、スコットランドのカップル(メキシコに新婚旅行に行かれたそう・・・お気の毒に)、その後イングランド内でもロンドンとデボン、そしてこのバーミンガムのケースが確認されました。
皆さん、メキシコから帰国されたそうです。

とくに気になるケースはデボンの12歳の女の子のケース。
メキシコから帰国後は元気だったのでそのまま学校に行き、その後に体調が悪くなって感染が確認されました。
学校ではもちろん他の生徒とも接触しているので、このまま感染が拡大されないことを願います。

そしてその後にローカルニュースを見ていると、バーミンガムの豚インフル感染者の方は正確には “バーミンガム” ではなくて、バーミンガムに近い Redditch(ウスター州) の方だということでした。

ウスター州とは、私の住むウスター州です。(--;)

しかもローカルニュースによると、ウスター州のタミフルの在庫がないために、服用が必要な人が今現在もタミフルを服用できていない状態とのこと。がっくり

やっぱりウスターの医療、最悪。

ゴードン首相が言うには、イギリスは豚インフルに対して “well prepared” ということだったけど、イギリスのタミフルの在庫はイギリス国民の半数分しかないそうです。汗
もし豚インフルが大流行した場合、イギリス内ではタミフルの取り合いになるんだろうな。。。

そして更に うへっ と思ったのは、メキシコから帰国された方々への空港でのインタビュー。
皆さんが揃って言っていたのは

 『帰国直後に空港でチェックがあると聞いていたのに、何もなくて拍子抜け』


ということです。´д`トホホ
やっぱりイギリス。(--;)

それでも近いうちに、政府が豚インフルに関するリーフレットを作成してイギリス中の家に配布する予定だとのことでした。
イギリスって病院での院内感染も多いし、一般的な清潔感覚も 「・・・(汗)」 と思うことが多いし、国内での二次感染が始まったら止められないんじゃないかなぁ、とちょっと怖いことも考えてしまいます。うーん

今のところメキシコから帰国された方のみに感染が確認されていて、イギリス国内での二次感染は確認されてません。
症状も軽いとのことです。

アメリカでは生後23ヶ月の幼児が死亡されたとのことで、本当にお気の毒です。
もしもイギリス内で流行した場合、子供には優先的にタミフルを回してもらえるのかしら・・・? とちょっと気になるところ。
本当に、このまま感染拡大が治まってくれるといいんだけど。
2009年04月29日 | Comments(6) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
No title
タミフルの備蓄は日本も同じようなもんですよ。むしろ、軽いインフルにもどんどん使ってるので、将来的に、もっと恐ろしい高病原性鳥インフルエンザが蔓延したとき、日本は相当危機だといわれています。

イギリスは「リレンザ」があるのでは。リレンザもフルーにききます。これはグラクソスミスクラインの薬なので、イギリスの薬です。

普通にマスクしている人がいない国だから、なんか予防でマスクするの恥ずかしいですよね。でもそういうのや、手洗い、うがいが一番良いとおもいます。
とんとろぶうちゃん URL 2009年04月30日 19:40:31 編集
No title
やっぱりうがい、石鹸での手洗いが一番効果があるようですが、目に見えないだけに怖いですよね。
あとは免疫力を落とさないためにも、無理をしないのがいいかも知れないと思っています。

日本にも陽性反応の出た方がいるとの事。ただし、機内検疫で見つかって、すぐに病院に搬送されたそうです。
うー、くわばらくわばら(雷じゃないですけど…)

インフルエンザの予防には丁寧な歯磨きに加えて「舌磨き」が効果的、と言う説もあるそうです。
外出先は、病院が一番危険…って言う気がしますが(汗
先ずはお二人が元気なら、子カモシカちゃんも大丈夫では無いかと思います。

お互い気をつけましょう!

みね URL 2009年04月30日 21:05:19 編集
豚インフル
こんにちは。

実は私、カナダ BC州 バンクーバー在住ですv-12
(カナダに移住して10年が過ぎました)

ここバンクーバーでも感染者が見つかっています・・・

出来る事なら、外出時はマスクを使用したいのですが、今、バンクーバーでマスクをして歩いた日にゃぁ、周りの人達は『ドン引き』して、誰も近づいてこないでしょう・・・v-293

いやぁ、しかし、海外のいい加減さ?!は、何処も同じレベルですねぇ・・・

とりあえず簡単に出来る『手洗い&うがい』で、お互い気をつけましょう!

のりふぇい URL 2009年05月01日 16:09:32 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2009年05月01日 19:35:10 編集
No title
>とんとろぶうちゃんさん
イギリスの場合、国立医療は常に金欠状態なのでタミフルはよほどの事がない限り処方されないかな?^^;
その点では、まだ国民半数分の備蓄はあるんじゃないかと思ってます。
リレンザって、イギリスでは全く無名です。
今現在はタミフルが必要と言っているだけで・・・。
リレンザがタミフルよりも高価だったら、これまた余程のことがない限り処方してもらえないかも(汗)。
マスクも然り・・・です。
この国でマスクして外出したら変人扱いされます、きっと。(--;)
イギリスでは、このまま大流行してしまうんじゃないかと心配です。

>みねさんうがいですが、英国カモシカに言ったところ 「ウガイで予防できるなんて聞いたことない」 と言われました。
恐るべしイギリス人です・・・。(--;)
日本の方はただのインフルエンザだったそうですね。^^
でも今は、アメリカから日本の米軍基地にやってきた幼児(乳児?)が検査中だとか?
うちの実家も米軍基地の真横なので心配です(>_<)
舌磨き、実行してみます!
子カモシカが居るので気をつけないと。。。
イギリスの病院は出産で行くときも恐怖でしたよ。
院内感染しそうで。(--;)
本当に、お互いに気をつけましょうね。
日本カモシカ URL 2009年05月02日 00:33:17 編集
No title
>のりふぇいさん
カナダも、色々な(悪い)点でイギリスと似ているそうですよね。^^;
私もイギリス在住10年目なんだけど、このいい加減さには今もビックリさせられます。(--;)
マスクも同じく、イギリスでもドン引き、またはテロリストと間違えられそうです(汗)。
手洗いも、トイレを出るときに手を洗わずに出て行く女性の多さを思い出すと、この国では定着しなさそうです・・・。

お互いに感染国在住ということで、今後のニュースが気になりますよね。
自分たちだけでも手洗い、うがいを頑張って予防しましょうね。^^

>鍵コメさん
はじめまして。
読んでいただいてありがとうございます。

妊娠33週目ということは、もう臨月間近ですね!
そんな時に豚インフルエンザなんて本当に心配なことと思います。
私も妊娠中はトラブル続きだったので、お気持ちお察しします。。。
ご家族の方の様子はどうですか?
今現在検査中の方々も多くいるようで、どうも結果が出るのが遅れているようですよね。
私も子カモシカがいるので、普段以上に気をつけるようにしているけど、目に見えないウイルスだけに心配です。
鍵コメさんは妊婦さんだし、日本のご家族に頼んでマスクを送ってもらうのも良いかもしれないですよね。
せめて家の中でだけでもマスクをしておくとか・・。
さすがに外出時にマスクをすると、イギリスでは変人扱いされそうだし(汗)。
本当にお気をつけください。
このまま何事もなく、元気な赤ちゃんをご出産されることを祈ってます☆
日本カモシカ URL 2009年05月02日 00:46:00 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。