03 12345678910111213141516171819202122232425262728293005


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

少し上達 2009年03月02日

お久しぶりです☆
今は子カモシカもお腹いっぱいで寝ているので、いまのうちに更新を(笑)。
なかなかパソコンを開く時間が取れないので、もうしばらくはボチボチ更新になってしまう予定です。^^;

子カモシカは元気いっぱいに育ってますが、私の方はまだ下の部分が痛くて痛くて・・・。
現在はウスターの総合病院にてほぼ毎日、傷の治りが少しでも早くなるようにphysiotherapy(理学療法??)を受けてます。汗
先週言われたのは、傷が完全に治るまでにはあと2~3週間はかかるだろうということでした。がっくり
うぅぅ・・・なんとかもっと早く治ってくれないものかしら。(>_<)

しかも “なるべく横になって動くな” なんて言われてるけど、今日から英国カモシカは仕事復帰したので動かないわけにもいかず、子カモシカの授乳も横になったままでは難しくて、だからと言って動くと傷の治りは遅くなるし・・・(汗)。

私がこんな状態なので、今週は英国カモシカがあと数日ほど休暇を取ってくれることになってくれたんだけど、英国カモシカ母からは
 
 『これ以上、英国カモシカに休暇を取らして迷惑をかけないように


と言われる。。。
痛いものは痛いし、動きたくても動けないのに~~~。´д`トホホ

今は、私が出席した妊婦学級を主催していた NCT(National Childbirth Trust) という妊娠~出産後までのサポートをしているチャリティーグループを通して Valley Cushion という、クッションの真ん中が谷間のように凹んでいるクッションを貸してもらってます。

Valley Cushion

ヴァリークッション

ドーナツ型クッションも使ったんだけど、このクッションはエアークッションで左右の山の部分を自分の好みの硬さにできるので使い心地も良くて、どうしても座らなければならない食事時などに役立ってます。

私がこんな状態なので猫たちの写真もあまり撮れないんですが(^^;)、ターディス嬢は日に日に子カモシカ大好き猫になっていってます。花
赤ちゃん好き

子カモシカが入っているキャリーコットに体をスリスリしているし、私が泣いている子カモシカを抱いて近寄ると体をクネクネさせて大喜び。kao02
赤ちゃん好きの猫が居るってのは聞いたことあるけど、ターディス嬢のこの変化にはビックリ!

でも、とにかく子カモシカの近く居たいようで1度はキャリーコットに飛び込んでしまったので注意が必要デス。汗
子カモシカのことを好きになってくれたのは喜ばしいことだけど、まだ子カモシカの体が小さいので目が離せません。^^;

気のせいか、顔つきも優しくなった??
パーディー

そしてタマも少しだけ、リラックスする様子が見られるようになりました☆
ゴロン

子カモシカが同じ部屋に居ても、以前のように猫タワーでごろ~んと♪
タマ

そして現在は、夜も雪ちゃんだけは私たちの寝室で一緒に寝てます。
男衆は相変わらず怖がって、子カモシカが寝ている私たちの寝室には近寄ってこないんだけど(^^;)、女の子たちは一緒に寝たがって夜になると私たちのベッドに陣取っている状態。苦笑い

でもターディス嬢は必要以上に子カモシカに近寄りたがるので、子カモシカがもっと大きくなるまでは一緒の部屋で寝かせるわけにはいかなくて部屋から出てもらってます。^^;

雪ちゃんは子カモシカが居ても怖がらない代わりに、別に子カモシカにそんなに興味もないようなのでし猫避けネットを子カモシカのベッドに取り付けた状態で同じ部屋に寝ることにしました。
そして、夜中に子カモシカが泣き叫んでも雪ちゃんは全くの無反応(笑)。
子カモシカに近寄る様子も全くなしです。

そして相変わらず、子カモシカのことを怖がりまくりのグンタ。^^;
グン

一体いつになったら慣れてくれるんだか(笑)。
2009年03月02日 | Comments(8) | Trackback(0) | 猫と赤ちゃん
コメント
No title
お祝いが遅れまして失礼をば・・・
日本カモシカさん、ファミリーのみなさん、おめでとうございます!いやー、何年も前からのお知り合いが出産したようで、嬉しいです。ネットって不思議ですね(^^)
英国の産後事情は、思いやりが足りな・・げほげほ、という感じで、ヤキモキしてしまいますが、とにかくお大事になさってください。
誰がなんと言おうと、大変なものは大変、痛いものは痛いんです。
私は産後、筋肉痛で3週間、鎮痛剤なしでは動けませんでした。
43時間かかって産んだので、力入り過ぎて筋肉痛になり、産後のホルモンの影響で痛みがなくならず、全身くまなく筋肉痛で。周囲の目にめげず、母乳に影響しない鎮痛剤ずっと飲んで甘えてました。
英国カモシカさんは、痛いのにけなげにがんばってますよー。がんばりすぎず、できるだけ寝てくださいね。
ターディス嬢ちゃん、先が楽しみですね。
はいむ URL 2009年03月03日 01:00:51 編集
No title
ターディス嬢^o^/
かわいいったらかわいいです。
ほんと、お顔がかわりましたね!
自信に満ちているというか。
自然に微笑んでいるというか。
わー、なんだかどきどきわくわく。

そして日本カモシカさん、
はいむさんのおっしゃるとおり。
周りがなんと言ったって、痛いものは痛い。
英国カモシカさんは、母親にとっては息子かもしれないが
現在は自分の家族を持つ一家の長で、
日本カモシカさんのパートナーなのだから
自分の家族と歩くのが当然ですよ。
ワガママでも何でもありません。
必要だし、他にどうしろというのか。
お大事にしてくださいね。
ぴか URL 2009年03月03日 02:07:41 編集
辛いですね。
痛みは苦痛ですもんね。
そしてまだ2~3週間もその痛みに耐えないとダメなんですね。
日本と違ってイギリスは医療事情が酷すぎです。
日本カモシカさんは良く頑張ってますね。

お姑さんの言葉に愛を感じられない。
出産は人それぞれだからお姑さんは軽かったかも知れないけど…
日本カモシカさんの姿を見てその言葉?って思いました。
ムッキー!って感じですよ。ホント。
日本カモシカさんが楽な生活スタイルで頑張って下さい。

ターディス嬢…やっぱり優しい顔立ちですよね。
私も写真を見てそう思ってたんですよ。
凄くカワイイv-10
猫ちゃんも良いなぁ~って日本カモシカさんの日記を読むといつも思うんですよ。
猫ちゃんは私には上手く飼えそうにないからまたウサさん飼いたいなぁ~って思うんですよ。
実際、ウサさん売ってると必ず見てるけどなかなかこの子!って子に出会えないのが現状なんですけどね。
でも、日本カモシカさんの日記を読んでいつもほんわか気分に浸ってるんですよ。

更新はゆっくりで全然構いません。
日本カモシカさんのペースでボチボチ更新して下さいね。
お身体を気遣って下さいね。
Tiny URL 2009年03月03日 22:42:31 編集
こんにちは
すくすく育っているとのことで安心です。
横に裂けちゃったのでしょうか?
それだと治りが遅し痛いそうです。でも悩んでも治るのを待つしかないですものね。
英国と日本では考え方が違うからしょうがないのでしょうね。
うちも有休はありますが10年で一回も取っていませんから 私が出産になっても旦那は当てにできません(笑)
猫の手を借りたいって言うのはこういうときなんですね。無理のないように頑張ってくださいね。
ヤムヤムママ URL 2009年03月04日 15:53:08 編集
おめでとうございますヽ(^。^)ノ
可愛い子カモシカさんのお誕生おめでとうございます。
お祝い後れを取りました。<(_ _)>
それぞれの猫ちゃんたちの関わり方が面白いですね。
男性群のビビリ!!特にグンタくん可笑しいです。
ドンとこいの雪ちゃんは平気!!
一番驚いたのはターディス嬢ですね。
優しげなお顔、隠れていた母性本能が姿を現したのでしょうか!

まだまだ痛みが続いているカモシカさん
無理をなさらずにスローペースで過ごしてください。
nekoboci URL 2009年03月04日 17:30:47 編集
moshikashite
ターディス嬢は前世では子かもしかの乳母だったのでは?おもしろいですね、猫ちゃんによって性格が違うのは。傷が早く治るといいですね。
夫が妻を助けるのは当然のこと。自分だって好きで横になってるわけじゃないのですしね。義母さんも自分が来て手伝うって頭はないのでしょうか?と、自分のほうが熱くなってしまいました。
Marmite URL 2009年03月05日 16:07:35 編集
No title
>はいむさん
ありがとうございます!
こちらこそ返事が遅くなってごめんなさい。
イギリスの出産事情は、まだ若くて出産もスムーズに進んだ方にはそこまで負担にならないと思うんだけど、さすがに30歳を超えての初産だとキツイです。^^;
実は私も、母乳に影響しない痛み止めを2種類も飲んでました。
それプラス抗生物質も。(>_<)
本当に、最初の3週間は薬漬けでした・・・。
43時間も苦しまれたなんて・・・本当に大変だったんですね。
それは筋肉痛にもなりますよー。
出産は人それぞれなので、他人がなんと言おうと自分んお体のメッセージに従うのが1番だと思いました(汗)。
今はかなり回復してきたので、ホッと一安心です。^^;

>ぴかさん
ありがとうございます~~!
出産後でホルモンバランスが整ってないからか、母の言葉はかなりキツかったです・・。(--;)
結局、英国カモシカとも話して今は少し距離を置いてます。
イギリスって個人主義の国だから仕方ないのかもしれないけど、母達の世代と私や英国カモシカの世代とでは状況も違うんだし、私たちは私たちのやり方で進んでいこうと思ってます。^^
ターディス嬢は、今じゃ毎日とても嬉しそうですよー。^◇^
実は子供好きだったなんて、出産前は思っても見ませんでした(笑)。

>Tinyさん
ありがとうございます。
やっぱり母たちの世代を私たちの世代は考え方もかなり違うみたいです。
母達の時代は父親が育児にほとんど関わらなかったらしいし・・・。
いくら言ったところで理解はしてもらえそうにないので、今は少し距離を置いてます。^^;
猫、いいですよ~~~☆
私も昔は犬派だったけど、今回のターディス嬢の反応を見ていると、犬も猫もいいなぁと思います。
ウサギも大好きだけど、今はこれ以上家族が増えると大変そうだから無理かな(笑)。
すでに、子供が5人居る気分です。^^;
なかなか時間が取れないんだけど、ブログもゆっくり更新していきます☆
日本カモシカ URL 2009年03月22日 22:19:22 編集
No title
>ヤムヤムママさん
子カモシカは順調に成長中で、すでに4.3キロになりました☆

傷ですが、切った部分から更に裂けちゃったみたいです。
そしてカンシ分娩だったから、器具を突っ込まれたところが酷く打撲して晴れ上がっていたので、まずはその腫れをどうにかしなきゃいけなかったんです・・・。
育児休暇って、日本はまだまだ取りにくいみたいですね。
その点、イギリスは恵まれていて、法律で最低2週間の育児休暇を父親にも与えることが定められているんです。
それに里帰り出産などの習慣もない国なので、父親のサポートがないと母親1人になってしまうケースもあるため育児休暇も取りやすいのかな?
本当に、猫の手も借りたいです(笑)。

>nekobociさん
こちらこそご無沙汰してます。
返事が遅くなってごめんなさい!
猫たちの反応は私の予想をかなり裏切ってくれました(笑)。
ターディス嬢は本当にリラックスしてて、子カモシカがいる生活を楽しんでいるみたいです☆
それにしても男性陣はどうにかならないもんででしょうか(笑)。
子カモシカが成長して、猫たちと一緒に遊べるようになってからの反応が楽しみです。^^

>Marmiteさん
ターディス嬢は私が妊娠中からお腹付近にベタベタしてたし(笑)、何か直感が働いてたのかな、と思ってしまいます。
義母ですが、かなり自己中なとこもあるので、もう気にしないことにしました(汗)。
この国は、出産後に実家のお世話になるって習慣がないから、義母には何か手伝おうって感覚はないみたいです。(--;)
もう当てにはしてません。^^;
日本カモシカ URL 2009年03月22日 22:30:56 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。