05 12345678910111213141516171819202122232425262728293007


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

すでに興味なし 2009年01月13日

本日から英国カモシカは ジョージア(グルジア共和国) に出張です。
以前計画されていたグルジア共和国への出張がロシアとの紛争のために延期されたため、今月の出張となってしまったんだけど・・・なんともタイミングが悪い。汗
とりあえず、いきなり破水、なんてことがないことを願います。。。^^;
そして来週はドイツに出張なので、来週も気が抜けません。

私のエコー検査ですが、本日になっても予約確認の手紙が届かなかったため総合病院に電話をして確認したところ、ちゃんと予約は入っているとのことで一安心。
ということで、今週の木曜日にエコー検査を受けてくることになりました。
結果が問題なしであれば、あとは・・・助産婦の件を解決させればいいんだけど、こっちの件はまだまだ長引きそうな予感が(汗)。
正式な苦情の手紙に関しては、私の英語力で馬鹿にされて相手にされなかった時の事を考えて英国カモシカの英語力をお借りしたいので(^^;)、英国カモシカが帰国するまでお預けです。

それに加えて子カモシカを迎える準備も本格的に始めなければならないので、今日は家の中にプラム(乳母車)を登場させました。
プラム

イギリスでは出産後すぐに(生後2日くらいで^^;)外出を始めるので、巨大なプラムで寝ている新生児もよく目撃します。
私は車の運転もしないから外出の際には公共の交通機関を利用したいのに、こんな巨大なプラムじゃバス乗車も拒否されるし困るなぁ・・・と思うんだけど、ここはもうイギリス式で行くしかなさそう。

ベッド部分の表面に取り付けているのは猫避けネットで、このネットがどれだけの効果があるのか試したかったのに猫たちはみんな揃ってプラムの存在を無視。がっくり
前回、初めてプラムを猫たちに見せたときはみんな大興奮で中に入ろうとしていたのに、すでに興味を失ってしまったらしいです。うーん

このプラムのベッド部分は取り外し可能で、うちではこれを最初の数ヶ月間の子カモシカのベッドとして使用する予定だから猫たちが無関心ってのは良いことではあるんだけど(笑)、なんだか拍子抜け。^^;

そして私の体調は、臨月目前となり後期ツワリ真っ只中です。
大きくなったお腹に胃が圧迫されて、常に胃酸が逆流状態。sc07
喉も胃酸で炎症を起こしているらしく、食べ物は何を食べても美味しく感じられないし・・・。
おまけに夜は、ベッドで横になると胃酸が物凄い勢いで逆流するので胸が痛くて痛くて、心臓麻痺でも起こすのか?? と思ってしまいました(笑)。^^;
仕方ないので今は枕を高~~~くして、なるべく胃酸が上がってこないようにして寝ています。

そんなこんなで・・・
とにかく私は疲れ果てたので 「ガス代が勿体ない」 だの 「温度が高すぎ」 だの文句を付けて来る英国カモシカが居ない今は、暖房をガンガンに効かせた部屋でヌクヌクしてリラックス(笑)。花

そして当然!
猫たちもこのヌクヌク感を楽しんでます。^^
リビングに猫たちの姿が全く見えなかったので家の中を探してみると、グンタは定番の温水パイプの下に設置されたベッドでヌクヌク。
暖かい

いつものように半目を開けて、カメラだけは意識してます(笑)。

タマは猫タワーの上に、雪ちゃんは人間用のベッドの上でリラックスしてたんだけど、どこをどう探してもターディス嬢の姿だけが見当たらず。
心配になって色んな場所を探した結果、彼女が居たのはバスルーム(笑)。

暖房用の温水パイプの下で伸びてました。^^;
暖かい

やっぱりみんな、家の中の暖かい場所は把握しているらしいです。羅琉 喜

写真を撮っていると静かにリラックスしたかったターディス嬢に怒られてしまったので(^^;)、私はそのまますぐに退散しましたが(笑)。
見ないで

明日は、出産後に全く自分の時間がなくなってしまうことを考えて、久々に美容院へ行ってショートカットにする予定。

しかし! いつも私が頼んでいた “黒髪&剛毛に慣れているイギリス人美容師さん” が不景気の影響でクビになったらしく、新しい美容師さんに頼むことになってしまった。
この新しい美容師さんはオリエンタルな人種の髪の毛を切ったことはないらしく、いきなりショートカットを頼んで大丈夫なのかと心配です。汗
とんでもない髪型になったら、当分の間は帽子をかぶり続ける予定(笑)。
コメント
こんばんは
こんばんは。
着々と(?)準備が整っているようですね^^
そういえば、ロンドンからグルジアって直行便があったかもしれないですね。ロシアは、今もケンカの最中ですので、グルジア行きの航空機の運航がストップしたままです。

それにしても、こういうときでもネコたちが、そばにいると少しは癒されているのかなぁ、と勝手に想像しています。

実はカモシカさんのブログを拝見していて、30年前くらいに家族でロンドン駐在していたときに、弟が生まれたのをずっと思い出しました。夜中に、父親が来るまで、母親をどこかに連れて行ったのを子供ながらかすかに覚えています。自分だけが夜中に家に残された不安がフラッシュバックしたのかもしれませんが。

なにはともあれ、元気なお子様を授かりますように遠くからお祈りしております^^
てっちゃん URL 2009年01月14日 06:51:37 編集
No title
いやぁ、オリエンタルの人の髪を切った事の無い人にショートカットを頼むのはチャレンジャーですねぇ。ヘルメットみたいな髪型にならない事を祈ってます(笑)。私は、もうロングヘアのまま、臨月を迎えようか、と思ってます。とりあえず小ちゃい人が下の方にいすぎて、足の付け根を圧迫されて座ってられないし...でもおかげで胃の圧迫は少なくて済んでるので、そう言う意味ではラッキーかな。何はともあれ、お互いに寝貯めでもしておきたいもんですね(笑)。

木曜日の検診が良い結果であります様に。
mika URL 2009年01月14日 14:58:17 編集
No title
>てっちゃんさん
まだロシアとグルジア共和国は喧嘩状態なんですね。^^;
私も、初めてグルジアに出張に出かける、ということを聞いたときはビックリして本気で止めました(汗)。
当時は、まだ紛争が収まっていないときだったから・・・。
今は比較的落ち着いているらしいけど、帰国するまでちょっと心配です。
そうそう!
確かヒースローからだとグルジア行きの直行便があります。
でもうちはヒースローまで遠いので、近場の空港からドイツまで飛び、そこで乗り換えてグルジア入りをしたようです。

てっちゃんさんご家族はイギリスにも住んでらしたんですねー!!
外国で1人で取り残されるのって不安はあるんだけど、お察しの通り(笑)、猫たちには本当に助けられてます。
「腹減った」とか「遊べ」とか、常に何か要求してくるので気も紛れるし(笑)。
猫たちが居てくれて、本当に良かったと思います。^^

>mikaさん
胃が圧迫されるのも個人差があるらしくて、元々の胃の形状とかも関係してくるらしいですよー。
私は胃下垂だから、さらに圧迫が激しいみたいです。(>_<)
足の付け根が圧迫されて痛いって、もういつ出産になってもおかしくない状態ですよね。^^;
お互い、頑張って寝溜めしておきましょう(笑)!

今回の美容院行きは、美容師さんがクビになったってのを聞いた時点で諦めようと思ったんだけど・・・この機会を逃すとあと半年は確実に美容院なんて行けそうにないし(汗)。
帽子持参して美容院に出向きます(笑)。
これもニット帽をすっぽり被れる冬だからできるチャンレンジで、夏場だったらこんな無謀なことはしないだろうなぁ。^^;
身の回りに、イギリス人にショートにしてもらってヘルメット状態になった日本人が数人いるだけに、覚悟はできてます(笑)。
最悪の場合はベリーショートにしまーす。(-m-)
日本カモシカ URL 2009年01月14日 19:06:30 編集
No title
もうすぐですね~(^^)
私もいきなり破水&陣痛を心配して家から出るのが怖かったのを覚えてます。
結局1週間も遅れましたけどね(^^;)
それでもお1人で・・・っていうのは心細いですね・・・。
英国カモシカさんも仕事先でドキドキしてるかもしれませんね(+。+)

プラム、とてもかわいいです~♪
うちのプッシュチェアーもかなり大きくて(長くて)、バスの利用とか心配してましたけど、
ベイビー&ママ&老人&身体障害者にはみんな優しいと思うので
大丈夫だと思います(^^)♪少なくともリンコンは…

うーん、赤ちゃん、楽しみですね!!名前はもう決めてあるのですか??
Chie URL 2009年01月14日 20:35:30 編集
私もそんな時があったなぁ(^^)
後悪阻が始まって&胃の圧迫感で酷かった時、私も夜眠れなくて枕の下に何枚か毛布重ねて高くしてたっけ(^^;)
やっと寝れたと思って、朝起きると、高さの影響でか肩~首が痛くなったりもしてたし。笑

そそ、ウチは猫よけに、蚊帳みたいな?骨組みのあるネット?買いました。(よく用意した食事の上に被せるネットで傘みたいに開くやつありますよね、それの人間用みたいのです。笑)
最初はバウンサーとか、ベッドを買う予定だったんですけど、四匹の行動を見ていると、どれも無意味な気がして(-.-)、結局、あとは産んで共存させてから考える事になりました。

アレルギーが出ない事だけは、祈るしかないですし。

お互い、出産も猫達との共存も、頑張りましょうね☆

そして、英国カモシカさんが出張中との事で不安もありますが、逆に?暖房ガンガンぬくぬくでリラックスを味わって下さいな('-^*)/
ゆうこ URL 2009年01月15日 00:36:23 編集
No title
胃酸逆流…
結構辛いですよね。自分は普段でも調子が悪いとなりますよ~
食道が荒れて気持ち悪いし痛いし(涙)

検査の予定、無事に入ってて良かったですね。
少しでも安心して、出産当日を迎えられますように!

みね URL 2009年01月15日 18:20:37 編集
No title
>Chieさん
明日から35週目に突入だから、もういつ出てきても安心です。^^
ちなみに私の場合、母親も祖母も叔母たちもみんな陣痛前に破水してるんです、実は。(--;)
だから私もかなりの確立で破水が早いと言われていて、ちょっと心配です。
とりあえず英国カモシカには36週目以降は海外出張は入れないでくれ、と頼んでます。^^;

ウスターは、少しくらい大きくてもバギーだとバス乗車はOKらしいです(折りたためるから)。
ただし、混んでいるときは乗車拒否されるそうで。(>_<)
そしてプラムは大きい上に折りたためないから、混んでなくても拒否される方が多いみたいです・・・。
町まで徒歩で20分くらいなんだけど、歩くしかないのかも。^^;

子カモシカの名前ですが、20週目のスキャンで性別が判明した後にすぐ決めました☆
イギリスでも日本でも、なんとか通用する名前です。^^
もしこれで男の子が生まれてきたりしたら困るけど(笑)。

>ゆうこさん
そうそう(笑)。
枕を高くすると胃酸逆流は押さえられるんだけど、翌朝は肩や首が痛くなるから結局困っちゃうんですよねー。^^;
臨月に入れば少しはラクになるんですよね?
それまで頑張ります☆

その蚊帳みたいなお食事ネットみたいなの、私もネットで見たんですよー!!
ただし、日本のネットショップ(笑)。
イギリスって本当にリラックスしてるらしく、赤ちゃん用の猫避け用品ってこの猫避けネット以外に見かけないんです。
アレルギーどうのこうの・・・ってことも言われないし、気楽といえば気楽(笑)。
あとは・・・本当に産まれてみないと分からないですよね。
うちもそう思って、とりあえず様子見の予定です。
もしかしたら、猫たちは赤ちゃんになんて全くの無関心かもしれないし。^^;
お互い、共存できるように頑張りましょー!

>みねさん
みねさんも胃酸逆流するタイプなんですね。(>_<)
私も昔から胃が弱くて、胃潰瘍に胃酸過多と色々と経験して慣れているつもりではあったんだけど、それでも辛いもんは辛いですよね。。。
うぅぅ・・気持ちはとっても分かります。
とにかく今は、1回の食事量を減らしたりして対応してます。
検査は本日の午後に入っているので、また結果報告しますね。^^
いつも応援してもらってありがとうございます☆
日本カモシカ URL 2009年01月15日 21:01:45 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。