07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

うちの親にも読ませたい 2008年12月22日

アルゼンチンで、野良猫たちが行方不明になっていた1歳の子供を保護して “餌” まであげていたというニュースが。^^
餌が何だったのかは・・・ちょっと考えたくないんだけど(笑)。

  猫たちが行方不明の幼児を保護する

赤ちゃんと猫の同居に関してウダウダとイチャモンをつける人間はたくさんいるけど(汗)、それと同時にたくさんの同居経験者の方たちが言っていたことは
 
『猫は相手が無力な赤ちゃんというのは本能的に分かるから、赤ちゃんを襲うことはない』

ってことでした。
納得。^^

猫は本来、犬とは違って単独行動を取る動物と言われるけど、とくに野良猫の世界では群れをなして生活することが多いそうです(メス猫に多い)。
時には多数のメス猫同士で、数匹の仔猫の世話をすることもあるんだとか。

うちの場合も野良生活の長かったタマは雪&グンタの面倒をよくみているし(寝場所は横取りするけど、2匹の毛繕いは欠かしません・・・笑)、多頭飼いの家庭では一般的な “身勝手な猫” のイメージとは違う行動がよく見られるはず。
今の家に引っ越し前は、タマは外に出かけてはゴミ箱を漁り(^^;)、フライドチキンやポークステーキを持ち帰ってグンタと一緒に分け合って食べてたっけ(笑)。

こういうニュースこそ、うちの母親に知ってもらいたいなぁ、と思います。
ちなみに、うちの母親はいまだに猫と赤ちゃんの同居には反対してます。(-▽-)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  2008年12月23日 11:20:37 編集
No title
>鍵コメさん
うんうん、さすがに生後半年までは猫と一緒に添い寝は心配ですよね。^^;
寝返りがうてるようになると、猫に寄りかかられても自分で体位を変えることができるようになるので大丈夫なんだそうです。
とりあえず、最初の1ヶ月くらいはギャーギャーとウルサイ赤ちゃんを怖がって猫たちも近づかないと思うので(笑)、猫避けネットで様子を見たいと思います☆
日本カモシカ URL 2008年12月23日 21:24:00 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。