07 1234567891011121314151617181920212223242526272829303109


スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 | スポンサー広告

イギリスの日本食 2005年08月21日

今日は天気も良かったので、ウスターから車で約40分ほどのバーミンガムに行ってきた。
バーミンガムやウスターを含むWest Midlandという地域には、ちゃんとした日本食レストランや日本食材店というものは皆無なので、日本食が食べたい時は中華レストランに行き、自分を騙し騙し食べるしかない。。。
しかし、最近になって『Wagamama』という“なんちゃって日本食レストラン”がバーミンガムにオープンした。 
一応ちょっとしたオシャレなイギリス人たちが “私って日本食通なの” みたいな感じで集う場所です(笑)。
そして、チェーン店なので、大抵のイギリスの主要都市には店舗がある。
先日、早速ここの売りの “ラーメン” を試してみた。
そして、今日は “カレー” を試してみようともう1度行ってみました~♪
日本食嫌いな英国カモシカが今回頼んだのは前回私が頼んだ『チキンラーメン』。
Chiken Ramen

炭火焼のような鶏肉がどっさり & ホウレンソウ。。。
おまけでメンマとネギがちょびっと乗っている。

ホウレンソウとはなんとも斬新な!!
麺はまあまあ、イギリスにしてはコシもあって合格!
スープはかなりあっさり目の和風スープなので、豚骨大好きの私には物足りないんだけど、日本食に飢えている私にはとりあえず・・・OKです(それでも日本食の雰囲気は味わえるので我慢するしかない)。。。
そして今回私が頼んだのは『チキンかつカレー』。
Chicken Katu Curry

見た目は合格??
しかし、味の方は・・・・
これ、絶対チャイニーズのカレーの素を使ってるだろー! 
という塩っ辛い、コクも深みもないお味でした・・・。
やっぱりね、日本食は日本でしか食べられないのよね。
おいしいラーメンが恋しいわ~~~!
その後、お口直しにバーミンガム市街で行われていたちょっとしたワインフェスティバルに寄ってきた。
Wine Feastival1

Wine Feastival2

この小さなワインフェスティバルは “ドイツ産のワインをもっと飲んでもらおう!” という目的で行われたようで、ワインは全てドイツ産。
もちろん売ってる方々もドイツ人でした。
酒好きの私にとって、ドイツ産ワインはちょっと甘ったるくて物足りん!って感じなんだけど、ここではそのイメージを覆すためにドライワインを押しまくっていて、私もかなり満足。
食べて飲んで、いい休日や~~。
2005年08月21日 | Comments(6) | Trackback(0) | イギリス生活
コメント
なんちゃって日本食♪
いや、ラーメンの方はなかなか良さそうではないですか。
あっさり塩味って感じで。
暑さでくったりしがちな私には、ぴったりかも。
カレーは、、日本系でもインド系でもいいけど、どっちかにハッキリして欲しいですね。
どっちつかずの「変な味」は、いただけません。

なんちゃって日本食店って、結構面白いものがありますよね。
れっきとした日本人に見えて、実は日系○○人が料理しているお店も、びみょ~な味を出していたりして、笑えることがあります。
それを食べて「これが日本食だ!」と思い込んじゃっている人を見ると、あまり笑えないですが(恐ろしや;;)。
ガナッシュ URL 2005年08月22日 20:33:04 編集
「なんちゃって」日本食なんてうまいこと名づけましたね(笑)。ロンドンのチャイナタウンの「東京ダイナー」なんて中国人がやってましたからねえ(笑)。焼き魚に味噌汁なんてあったそうです。高いので私は行ったことないんですが。

ドイツ・ワイン私は好きなんですよね。アルコールはほとんど飲めないんですが、ドイツのだとジュース感覚で飲めるんです。以前飲んだモーゼルの白はフルーティーで甘くて私向きでした。
ライブではもっぱらギネスでした。せいぜいハーフ・パイント(笑)。
Googie URL 2005年08月23日 03:05:46 編集
>Googieさん
「東京ダイナー」知ってますよーー!
あ~、やっぱり中国人がやってたんですね。。。
1度だけ入ったことがあるような気が・・・かなり前のことなんで記憶があいまい。

実はギネスが私がビールにハマッたキッカケです。
最初はブラックカラントのシロップ入りで飲んでたんですけど、今ではそのままグビグビいってます~♪
日本カモシカ URL 2005年08月24日 02:56:06 編集
>ガナッシュさん
このカレーがまた・・・どっちつかずのお味でした。。。
ラーメンの方は、肉食のイギリス人の食事に疲れたお腹に優しいあっさり味なんで、また食べようかな、と思いました。
“日本食通”のイギリス人の方々、本物の日本食を食べるとビックリ!だと思います(笑)。
日本カモシカ URL 2005年08月24日 03:10:44 編集
東京ダイナー
 東京ダイナーは中国人ではありませんよ!社長はリチャード ヒルズさんというイギリス人です。社長はこのように延べてられます。
 「今年で開店13年を迎える東京ダイナーの原点は、今からおよそ17年前の私の日本滞在経験にあります。と言いますのも、当時ロンドンには高級懐石料理店しか存在していませんでしたので、私の日本料理に関する認識もそれを基準としていたのです。つまり、芸術品のような料理を物静かに口に運ぶ、儀式のような食事が日本では日常的であると思っていたのです。ところが、実際の日本の姿は驚くほど私の想像と異なっていました。当然、高級な料理も食文化の頂点として存在していたのですが、一方では、大衆的で気取りのない料理が人々の日常生活の本流として存在していたのです。

 さて、こうした日本の本当の姿を見て来た私は、ここロンドンであの日本を是非とも再体験したいと願うようになりました。その結果、「日常的な」日本料理への思いが募る一方、「日本にあるような普通の料理店をロンドンに作ればきっと成功するだろう」というひらめきへとつながって行ったのです。結果的に私のこのひらめきは正しく、東京ダイナーは開店後一ヶ月で黒字に転換し、現在でも安定した営業を続けています。」

シェフ、ウェイトレスはほとんど日本人ですが、たまに日本語ができる外国人などが働いています。



ちぃ URL 2005年08月28日 21:22:37 編集
>ちぃさん
はじめまして。
東京ダイナーは、イギリス人の方の経営だったんですね。失礼いたしました。
私も以前、ロンドンの日本食レストランでバイトをしていた時期があるんですが、そこでも中国人や韓国人が働いてました。
特に日本語が話せるというわけでもなかったので、会話は英語でしてました。
ロンドン生活、なつかしいです。。。
日本カモシカ URL 2005年08月30日 22:21:47 編集

管理者だけに表示する
HOME

名前

同居動物

twitter

過去の記事

ライブドア・ブログ

カレンダー

コメントありがとー

カテゴリー

MyblogList

リンク

トラックバック

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

ブログ検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。